R11sとnova lite2はどちらが良いのか違いを比較!

スマホの世界シェア4位のメーカー「OPPO」から日本投入第一弾として「R11s」が登場しました。
今回は同時期に発売されたHUAWEIの格安SIM専売モデル「nova lite 2」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか検討している方は是非ご参考下さい^^

R11sとnova lite2のスペック比較

スペック比較表
名称 R11s nova lite2
画像
メーカー OPPO HUAWEI
キャリア SIMフリー
発売時期 2018年2月 2018年2月
OS ColorOS 3.2
(Android 7.1ベース)
Android 8.0
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
1.7GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.01 インチ 5.65 インチ
画面解像度 2032×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 2000万画素
1600万画素
1300万画素
200万画素
前面カメラ 2000万画素 800万画素
バッテリー 3205mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
通信(LTE) Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band20
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band19
Band20
通信(3G) Band1
Band2
Band4
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band2
Band5
Band6
Band8
Band19
防水防塵
指紋認証 対応 対応
DSDS 対応
USB microUSB microUSB
機種サイズ
(縦幅)
155.1 mm 150.1 mm
機種サイズ
(横幅)
75.5 mm 72.05 mm
機種サイズ
(厚み)
7.1 mm 7.45 mm
機種重量 153 g 143 g
カラー ブラック
シャンパーニュ
レッド
ブラック
ブルー
ゴールド

R11sとnova lite2の価格比較

R11sの
「 57,980円 」に対して、
nova lite2は
「 25,980円 」になります。

nova lite2は格安SIM専売モデルなので、2018年2月時点では端末単体での販売は行われていません。
両端末には3万円もの価格差があるので、この価格差を埋めるメリットがR11s側にあるのかが比較する上で重要になります。

R11sとnova lite2の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

R11sの
「 ColorOS 3.2 」に対して、
nova lite2は
「 Android 8.0 」になります。

R11sではAndroid7.1ベースの独自OS「ColorOS」が採用されています。純粋なAndroidOSとは異なり、様々な部分がiOS風にカスタマイズされています。はじめは使いにくいかもしれませんが慣れれば問題ありません。
一方のnova lite2ではAndroid8.0がプリインストールされております。

R11sとnova lite2の違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

R11sの
「 Snapdragon 660 」に対して、
nova lite2は
「 Kirin 659 」になります。

R11sではキャリアスマホでも多く採用されているクアルコム社のスナドラシリーズが搭載されており、スナドラ6xxシリーズはミドル~ミドルハイクラスに向けたチップセットになります。中でもスナドラ660はハイスペックなモデルに多く採用されています。
一方のnova lite2は自社開発のKirinシリーズが搭載されており、こちらはコスパに定評があります。
実際にベンチマークスコアを測定してみたので下記を参考に。

R11s nova lite2

ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、圧倒的にR11sの方が優れているのが分かります。

R11sとnova lite2の違いを比較「RAM」

またRAMの数値にも違いがあります。

R11sの
「 4GB 」に対して、
nova lite2は
「 3GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

R11sとnova lite2の違いを比較「ROM」

またROMの容量にも違いがあります。

R11sの
「 64GB 」に対して、
nova lite2は
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。スマホで画像や音楽ファイルを管理する方は大容量が必要になります。

R11sとnova lite2の違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

R11sの
「 6.01インチ 」に対して、
nova lite2は
「 5.65インチ 」になります。

どちらの端末も大画面ディスプレイが搭載されていますが、ベゼルレス設計によって端末自体はコンパクトに収まっています。
単純な画面サイズではR11sの方が6インチ越えと言うことでファブレット並のサイズです。

R11sとnova lite2の違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

R11sの
「 2032×1080(FHD+) 」に対して、
nova lite2は
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

どちらの端末も縦横比18:9の縦長ディスプレイが搭載されています。
ちなみにR11sのディスプレイ種類は、有機ELディスプレイが搭載されているとのことです。
FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

R11sとnova lite2の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

R11sの
「 2000万+1600万画素 」に対して、
nova lite2は
「 1300万+200万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
R11sの公式サイトによると、

f/1.7大口径レンズ搭載の2000万画素+1600万画素のデュアルカメラにより,昼夜を問わず鮮明な写真を撮影できます。特に暗い場所では、2000万画素カメラが暗いシーンを自動判別し、画素ピッチを2.0μmに、フォトセンサーの有効面積を4倍に拡大し、夜でも明るく、美しいポートレートの撮影が可能です。

nova lite2の公式サイトによると、

ハイスペックの1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラは低絞り値のレンズが光をより多く取り込み、見たままに近い写真が撮影できます。さらにダブルレンズは被写体との距離を正確に把握し、ボケ感を出し、プロ顔負けの写真が撮影できます。

との記載があり、どちらもボケ効果によって背景をぼかすような写真を撮影することが可能になります。

またインカメラの性能にも違いがあります。

R11sの
「 2000万画素 」に対して、
nova lite2は
「 800万画素 」になります。

R11sではインカメラもかなり高画素なレンズが搭載されているのが特徴的です。

R11sとnova lite2の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

R11sの
「 3205mAh 」に対して、
nova lite2は
「 3000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではR11sの方が多くなっています。

R11sとnova lite2の違いを比較「Wi-Fi」

R11sではWi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応しております。nova lite2のように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと、他家電と混線する場合があります。

R11sとnova lite2の違いを比較「指紋認証」

どちらの端末も背面上部に指紋認証センサーが搭載されています。
R11sでは更に顔認証にも対応しています。

R11sとnova lite2の違いを比較「DSDS」

R11sではデュアルSIM デュアルスタンバイ(DSDS)に対応しております。
DSDSは2017年頃から対応端末が増えているトレンド機能で、2枚のSIMで同時待ち受けが出来る機能です。
【2018年最新】DSDS(デュアルスタンバイ)対応スマホ比較!おすすめ端末は?

R11sとnova lite2の違いを比較「USB」

どちらの端末もUSBポートの規格はmicroUSBが採用されています。
R11sではOPPO独自開発の「VOOC」と言う急速充電に対応しています。

R11sとnova lite2の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はnova lite2の方がコンパクトかつ軽量となっております。厚みのみR11sの方が薄型となっております。

まとめると

OPPOから登場したR11sは、スナドラ660と4GBRAMが搭載されているので動作面はnova lite2よりも圧倒的に快適です。
ベンチマークスコア差を見れば分かるように、R11sは14万もの高スコアを記録しているので3D系の重いアプリも問題なくプレイ出来るはずです。
一方のnova lite2は87000となっておりますが、これは同価格帯の中ではトップクラスのスコアとなっており、コストパフォーマンスと言う意味では2018年2月時点では最も優れていると思われます。
それでもやはりR11sと比べると著しく劣るので注意しましょう。

そして両端末の特徴とも言える縦横比18:9の大画面の縦長ディスプレイの搭載、また画面占有率の高いベゼルレス設計を採用しています。
これらは2018年のトレンドとなる構成だと思われます。様々なメーカーから積極的に採用されています。
ベゼルレスの良いところは、大画面ディスプレイを搭載しながらも端末サイズを抑えることが出来るところです。今回の両端末も6.01インチと5.65インチを搭載しているので立派な大画面ですね。

カメラやバッテリーなどを含めた機能面でもR11sの方が優秀です。
「DSDS」の対応、「WiFi5GHz」の対応、「顔認証」の対応など、あると嬉しい機能にしっかりと対応しています。

今回の両端末では、購入するユーザー層が全く違うように思えます。
単純にコスパに優れた端末をお探しの方で、重い3D系のアプリをプレイしない方であれば間違いなくnova lite2の方が安く済みますし、
もし3D系の重いアプリをプレイする方であればR11sの方がオススメで、どちらかと言えばR11sと競合機(ZenFone4とかP10とかhonor9辺り?)との比較を検討した方が良いかもしれませんね。

どちらの端末も購入時の開封レビュー記事があるのでそちらも合わせてご参考下さい!
OPPO R11sの開封レビュー!世界シェア4位のメーカーから日本初投入!
nova lite2の開封レビュー!トレンドとコスパが特徴の格安SIM専売モデル

端末をお探しの方は

OPPO R11sはSIMフリーモデルなので、
量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「OPPO R11s」で検索する
楽天市場「OPPO R11s」で検索する
Yahoo!ショッピング「OPPO R11s」で検索する
nova lite 2 キャンペーン情報
IIJmio実質価格18,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!nova lite 2(21,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年11月4日までの期間限定なのでお早めに。

OCN モバイル ONE端末価格16,800円
Amazon.co.jp限定特典!Amazon経由での音声SIM契約は、Amazonギフト券2,000円~10,000円が貰えます!

BIGLOBE 格安SIM実質価格11,520円~15,120円
セレクトプラン値引き特典対象!nova lite2(25,920円)をキャンペーン期間中に「音声通話SIM」で契約した場合、10,800円~14,400円OFF!
2018年10月1日~2018年12月2日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円~1,980円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite2(25,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。