スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

R11sとZenFone4はどちらが良いのか違いを比較!


スマホの世界シェア4位のメーカー「OPPO」から日本投入第一弾として「R11s」が登場しました。
今回は同価格帯のASUS製人気端末「ZenFone 4」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか検討している方は是非ご参考下さい^^

R11sとZenFone4のスペック比較

スペック比較表
名称 R11s ZenFone4
画像
メーカー OPPO ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2018年2月 2017年9月
OS ColorOS 3.2
(Android 7.1ベース)
Android 7.1
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大2TB
画面サイズ 6.01 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2032×1080 1920×1080
背面カメラ 2000万画素
1600万画素
1200万画素
800万画素
前面カメラ 2000万画素 800万画素
バッテリー 3205mAh 3300mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
通信(LTE) Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band20
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
Band1
Band2
Band3
Band5
Band7
Band8
Band18
Band19
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
通信(3G) Band1
Band2
Band4
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band2
Band3
Band5
Band6
Band8
Band19
防水防塵
指紋認証 対応 対応
DSDS 対応 対応
USB microUSB USB Type-C
機種サイズ
(縦幅)
155.1 mm 155.4 mm
機種サイズ
(横幅)
75.5 mm 75.2 mm
機種サイズ
(厚み)
7.1 mm 7.5 mm
機種重量 153 g 165 g
カラー ブラック
シャンパーニュ
レッド
ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト

R11sとZenFone4の価格比較

R11sの
「 57,980円 」に対して、
ZenFone4は
「 56,800円 」になります。

どちらもSIMフリースマホとして少し高めの価格設定。もちろんその分性能は良いはずです。

R11sとZenFone4の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSに違いがあります。

R11sの
「 ColorOS 3.2 」に対して、
ZenFone4は
「 Android 7.1 」になります。

R11sではAndroid7.1ベースの独自OS「ColorOS」が採用されています。純粋なAndroidOSとは異なり、様々な部分がiOS風にカスタマイズされています。はじめは使いにくいかもしれませんが慣れれば問題ありません。

R11sとZenFone4の違いを比較「RAM」

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

R11sの
「 4GB 」に対して、
ZenFone4は
「 6GB 」になります。

CPUはどちらもクアルコム社のスナドラ660が搭載されておりますが、RAMの数値ではZenFone4の方が2GB高くなっています。
実際のベンチマークスコアは下記のように。

R11s ZenFone 4

ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、CPUが同じなのでほとんど同じスコアです。
意外にもMEMのスコアがZenFone4の方が低くなっていますね。

R11sとZenFone4の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

R11sの
「 最大256GB 」に対して、
ZenFone4は
「 最大2TB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意しましょう。ちなみに2TBは2000GBです。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

R11sとZenFone4の違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

R11sの
「 6.01 インチ 」に対して、
ZenFone4は
「 5.5 インチ 」になります。

R11sでは6.01インチの大画面ディスプレイが搭載されていますが、ベゼルレス設計によって端末自体はコンパクトになっています。

R11sとZenFone4の違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

R11sの
「 2032×1080(FHD+) 」に対して、
ZenFone4は
「 1920×1080(FHD) 」になります。

R11sでは縦横比18:9の有機ELディスプレイが搭載されております。

R11sとZenFone4の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

R11sの
「 2000万+1600万画素 」に対して、
ZenFone4は
「 1200万+800万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
R11sでは通常の1600万画素のカメラと暗所に強い2000万画素のカメラの組み合わせとなっており、ZenFone4ではサブレンズに「広角レンズ」が採用されています。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

R11sの
「 2000万画素 」に対して、
ZenFone4は
「 800万画素 」になります。

R11sではインカメラもかなりの高画素なレンズが搭載されています。

R11sとZenFone4の違いを比較「USB」

USBポートの規格にも違いがあります。

R11sの
「 microUSB 」に対して、
ZenFone4は
「 USB Type-C 」になります。

ZenFone4ではシンメトリー形状のType-Cが採用されているので、どちら向きでも接続できて便利です。
一方のR11sはmicroUSBが採用されていますが、OPPO独自開発「VOOC」と言う急速充電に対応しています。

R11sとZenFone4の違いを比較「指紋認証」

指紋認証センサーの配置にも違いがあります。

R11sの
「 背面上部 」に対して、
ZenFone4は
「 前面下部 」になります。

どちらの端末も指紋認証センサーが搭載されていますが、R11sでは顔認証にも対応しています。
公式サイトには「OPPOのA.I. 顔認証技術はユーザーの顔の特徴を0.08 秒で認識します。」との記載も。

R11sとZenFone4の違いを比較「サイズ」

画面サイズはR11sの方が大きいですが、ベゼルレス設計によって端末サイズ自体はほとんど同じサイズになります。
しかも厚みや重量はむしろR11sの方が薄型で軽量となっております。

まとめると

どちらも同価格で同CPUが搭載されているので性能面での差はほとんどありません。
ベンチマークスコアを見れば分かるようにかなりスコアが高いので3D系のアプリも問題なくプレイ出来るでしょう。

具体的な両端末の違いは「OS」「外部ストレージ」「ディスプレイ」「カメラ」「USB」「生体認証」です。

まず「OS」は、
日本では馴染みのないColorOSがR11sに採用されています。
こちらはiOS風にカスタマイズされたAndroidOSで、正直Androidユーザーにとって最初かなり扱いにくい可能性があります。
標準ブラウザにOperaが採用されていたり、アプリの一覧が無かったり、その他設定などなど様々な部分がカスタマイズされています。
基本的にはユーザーのことを考えてカスタマイズしているので慣れればもちろん扱いやすいと思いますが、最初は戸惑うかもしれません。

2つ目の「外部ストレージ」はそのまま対応数に違いがあります。ASUS端末は2TBまでデフォルトとなっていますが、現在国内で取り扱われているSDカードはせいぜい256GBまでなのでオーバースペックとなっています。

3つ目の「ディスプレイ」には大きな違いがあります。
と言うのもR11sでは2018年のトレンドになりつつある「ベゼルレス+ワイドディスプレイ」の構成です。
昔からシャープのAQUOSの一部で採用されていましたがそこまで猛威を奮いませんでした。iPhone Xの登場がきっかけなのかは分かりませんが、最近ではガンガン採用されています。
これによって大画面を搭載しながらもコンパクトに収まります。しかもディスプレイ種類は有機ELが採用されています。

そして「デュアルカメラ」では暗所で自動に切り替わる高画素レンズを搭載したR11sと、広角レンズによって広角撮影が可能なZenFone4で特徴に違いがあります。
また「インカメラ」の画素数もR11sでは高画素レンズが搭載されているのもメリットの一つですね。

「USBポート」は、基本的にはType-Cの方が最新でかつコストがかかります。シンメトリーな形状なのでどちら向きでも接続出来て便利です。
R11sではOPPO独自開発「VOOC」と言う急速充電に対応していると記事中に記載しましたが、こちらがmicroUSBのみの対応と言うことなのでR11sでmicroUSBが採用しているのはこれが理由でしょう。

最後の「生体認証」は、
iPhoneシリーズやGalaxyシリーズで話題となっている「顔認証」に対応しているR11sの方がメリットがあります。

様々な部分でR11sの方が特徴的ですが、ZenFone4は前作のZenFone3から安定した評判の良さがあります。
今回紹介した部分でR11sに特に魅力を感じないのであればZenFone4を選んでおけば問題ないです。

どちらの端末も購入時の開封レビュー記事があるのでそちらも合わせてご参考下さい!
OPPO R11sの開封レビュー!世界シェア4位のメーカーから日本初投入!
ZenFone 4の開封レビュー!デュアルカメラ搭載のハイスペックモデル!

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
楽天市場「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone 4 ZE554KL」で検索する

Amazon「OPPO R11s」で検索する


楽天市場「OPPO R11s」で検索する
Yahoo!ショッピング「OPPO R11s」で検索する
ZenFone4 限定キャンペーン情報
【楽天モバイル】楽天モバイルにてサマー大セールが開催中!
ZenFone4をSIMセットで契約した場合、48,700円にて購入可!
2018年7月12日(木)10:00~2018年8月9日(木)9:59までの期間限定なのでお早めに。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!