スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

R11sとZenFone4 Maxはどちらが良いのか違いを比較!


スマホの世界シェア4位のメーカー「OPPO」から日本投入第一弾として「R11s」が登場しました。
今回はASUSの機能面に優れた低価格モデル「ZenFone 4 Max」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか検討している方は是非ご参考下さい^^

R11sとZenFone4 Maxのスペック比較

スペック比較表
名称 R11s ZenFone4 Max
画像
メーカー OPPO ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2018年2月 2017年12月
OS ColorOS 3.2
(Android 7.1ベース)
Android 7.1
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.01 インチ 5.2 インチ
画面解像度 2032×1080 1280×720
背面カメラ 2000万画素
1600万画素
1300万画素
500万画素
前面カメラ 2000万画素 800万画素
バッテリー 3205mAh 4100mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
通信(LTE) Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band20
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band12
Band17
Band18
Band19
Band26
Band28
Band38
Band41
通信(3G) Band1
Band2
Band4
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band2
Band5
Band6
Band8
Band19
防水防塵
指紋認証 対応 対応
DSDS 対応 対応
USB microUSB microUSB
機種サイズ
(縦幅)
155.1 mm 150.5 mm
機種サイズ
(横幅)
75.5 mm 73.3 mm
機種サイズ
(厚み)
7.1 mm 8.7 mm
機種重量 153 g 164 g
カラー ブラック
シャンパーニュ
レッド
ネイビーブラック
サンライトゴールド
ローズピンク

R11sとZenFone4 Maxの価格比較

R11sの
「 57,980円 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 24,800円 」になります。

両端末には3万円近い価格差があるので、この価格差を埋めるメリットがR11sにあるのかどうかが比較する上で重要になります。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

R11sの
「 ColorOS 3.2 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 Android 7.1 」になります。

R11sではAndroid7.1ベースの独自OS「ColorOS」が採用されています。純粋なAndroidOSとは異なり、様々な部分がiOS風にカスタマイズされています。はじめは使いにくいかもしれませんが慣れれば問題ありません。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

R11sの
「 Snapdragon 660 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 Snapdragon 430 」になります。

どちらの端末もキャリアスマホで多く採用されているクアルコム社のチップセットが搭載されています。
スナドラ6xxシリーズはミドル~ミドルハイクラスに向けたモデルで、中でも660は新し目のハイスペックなチップセット。一方のスナドラ430は4xxシリーズがエントリーモデル向けなので、動作面ではスナドラ660に圧倒的に劣ります。
実際にベンチマークスコアを測定してみたので下記を参考に。

R11s ZenFone4 Max

ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、圧倒的にR11sの方が優れているのが分かります。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「RAM」

RAMの数値にも違いがあります。

R11sの
「 4GB 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 3GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「ROM」

ROMの容量にも違いがあります。

R11sの
「 64GB 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。スマホで画像や音楽ファイルを管理する方は大容量が必要になります。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

R11sの
「 6.01インチ 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 5.2インチ 」になります。

R11sでは6.01インチの大画面ディスプレイが搭載されていますが、ベゼルレス設計によって端末自体はコンパクトになっています。
一方のZenFone4 Maxは5.2インチとスタンダードなサイズ感となっております。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

R11sの
「 2032×1080(FHD+) 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 1280×720(HD) 」になります。

R11sでは縦横比18:9の有機ELディスプレイが搭載されております。
FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

R11sの
「 2000万+1600万画素 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 1300万+500万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
R11sの公式サイトによると、

f/1.7大口径レンズ搭載の2000万画素+1600万画素のデュアルカメラにより,昼夜を問わず鮮明な写真を撮影できます。特に暗い場所では、2000万画素カメラが暗いシーンを自動判別し、画素ピッチを2.0μmに、フォトセンサーの有効面積を4倍に拡大し、夜でも明るく、美しいポートレートの撮影が可能です。

ZenFone4 Maxの公式サイトによると、

ZenFone 4 Maxに搭載されたデュアルレンズカメラは、スマートフォンでの写真撮影をより楽しく、表現豊かにします。1,300万画素のメインカメラには、F値2.0の大口径レンズを搭載し、より明るく鮮明な写真が撮影できます。セカンドカメラの120°広角レンズカメラは、通常の約2倍のワイドさで撮影ができ、風景や人をより多く1枚の写真に収めることができます。

とのことです。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

R11sの
「 2000万画素 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 800万画素 」になります。

R11sではインカメラもかなり高画素となっているのが特徴のひとつです。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

R11sの
「 3205mAh 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 4100mAh 」になります。

ZenFone4 Maxは名称の通り、大容量バッテリーを搭載しています。また他端末への充電が可能になるリバースチャージ機能にも対応しています。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「DSDS」

どちらの端末もデュアルSIM デュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。
片方SIMがSDカードと排他利用となっているR11sとは違い、ZenFone4 MaxではデュアルSIM+SDカードのスリーカードに対応。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「USB」

どちらの端末もUSBポートにmicroUSBが採用されています。
ちなみにR11sではOPPO独自開発「VOOC」と言う急速充電に対応しています。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「Wi-Fi」

R11sではWi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応しています。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「指紋認証」

どちらの端末も指紋認証センサーを搭載していますが、
配置に違いがあります。

R11sの
「 背面丈夫 」に対して、
ZenFone4 Maxは
「 前面下部 」になります。

R11sとZenFone4 Maxの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズはZenFone4 Maxの方がコンパクトとなっております。しかし厚みや重量はR11sの方が薄型で軽量です。

まとめると

動作面では圧倒的にR11sの方が優れており、ZenFone4 Maxでは太刀打ちが出来ないレベルです。
もちろん価格差があるので当然ではありますが、ベンチマークスコアが2.5倍以上も差が付いているのはすごい差です。
単純にお金をかけてでも快適な動作を望むのであればR11sを選んだ方が無難でしょう。

一方のZenFone4 Maxを選ぶメリットは、まさにその価格の安さが第一に挙がります。
そしてその価格の安さに見合わない程、機能面が充実しているのがZenFone4 Maxの特徴とも言えます。
スリーカードのDSDS、大容量バッテリー及びリバースチャージ、デュアルカメラ、などなどこの価格ではありえない程充実しています。
もしR11sほどのスペックが自分には必要ないと言う方はZenFone4 Maxを選んでおいた方が安上がりですし、オススメです!

どちらの端末も購入時の開封レビュー記事があるのでそちらも合わせてご参考下さい!
OPPO R11sの開封レビュー!世界シェア4位のメーカーから日本初投入!
ZenFone4 Maxの開封レビュー!低価格ながらにデュアルカメラやDSDSに対応した大容量バッテリーモデル!

端末をお探しの方は

それぞれSIMフリーモデルなので、量販店やネットモールにて購入が可能です。

Amazon「OPPO R11s」で検索する


楽天市場「OPPO R11s」で検索する
Yahoo!ショッピング「OPPO R11s」で検索する

Amazon「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する


楽天市場「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone4 Max ZC520KL」で検索する
ZenFone4 Max 限定キャンペーン情報
goo SimSellergooSimSellerにて業界最安値!
ZenFone4 Maxをらくらくセットで購入した場合、10,800円にて購入可能!
IIJmioにてサマーセールが開催中!
ZenFone4 Max(23,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年6月1日~2018年7月31日までの期間限定なのでお早めに。
BIGLOBE 格安SIMにてセレクトプラン端末値引き特典!
ZenFone4 Max(23,280円)を音声通話SIMで契約した場合、10,800円OFFに!
2018年6月4日~2018年8月5日までの期間限定なのでお早めに。
【楽天モバイル】楽天モバイルにてサマー大セールが開催中!
ZenFone4 MaxをSIMセットで契約した場合、14,700円にて購入可!
2018年7月12日(木)10:00~2018年8月9日(木)9:59までの期間限定なのでお早めに。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!