「R15 Neo」と「R15 Pro」のスペックの違いを比較!

OPPOのSIMフリースマホ「R15 Neo」「R15 Pro」のスペックの違いを比較してみました!

OPPOの国内に向けた第2シリーズと言うことで注目の両端末です。コスパに優れたR15 Neoとその上位モデルにあたるR15 Proはどちらが良いのか、どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

R15 NeoとR15 Proのスペック比較

スペック比較表
名称 R15 Neo R15 Pro
画像
メーカー OPPO
発売時期 2018年8月 2018年9月
OS ColorOS 5.1
(Android 8.1ベース)
ColorOS 5.1
(Android 8.1ベース)
CPU Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
RAM 3GB
4GB
6GB
ROM 64GB 128GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.2 インチ 6.28 インチ
画面解像度 1520×720
HD+
2280×1080
FHD+
背面カメラ 1300万画素
200万画素
1600万画素
2000万画素
前面カメラ 800万画素 2000万画素
バッテリー 4230mAh 3430mAh
VOOC対応
Wi-Fi b/g/n a/b/g/n/ac
DSDS 対応
(DSDV)
トリプルスロット
対応
(DSDV)
USB microUSB microUSB
指紋認証 対応
防水防塵 IPX7
おサイフケータイ 対応
通信(3G) Band1
Band2
Band4
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band2
Band4
Band5
Band6
Band8
Band19
通信(4G) Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band18
Band19
Band20
Band26
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
Band1
Band2
Band3
Band4
Band5
Band7
Band8
Band18
Band19
Band20
Band26
Band28
Band38
Band39
Band40
Band41
機種サイズ
(縦幅)
156.2 mm 156.5 mm
機種サイズ
(横幅)
75.6 mm 75.2 mm
機種サイズ
(厚み)
8.2 mm 8.0 mm
機種重量 168 g 180 g
カラー ダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク
レッド
パープル
参考価格 25,880円
29,880円
69,880円

R15 NeoとR15 Proの価格比較

R15 Neoの
「 25,880円/29,880円 」に対して、
R15 Proは
「 69,880円 」になります。

R15 NeoにはRAM3GBモデルと4GBモデルがあり、それぞれ価格が異なります。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

R15 Neoの
「 Snapdragon 450 」に対して、
R15 Proは
「 Snapdragon 660 」になります。

どちらの端末もクアルコム社のチップセットが採用されております。
R15 Neoのスナドラ450はAntutuのベンチマークスコアが7万前後なのに対して、
R15 Proのスナドラ660は13万超えを記録しています。
単純な動作性能ではAntutuのスコア差を見れば分かるように、R15 Proの方が優れているということになります。

ちなみにR15 Proに搭載されているスナドラ660は前作にあたるR11sでも採用されていたチップセットです。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

R15 Neoの
「 3GB/4GB 」に対して、
R15 Proは
「 6GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。
R15 Neoの2モデルはこのRAM部分の違いです。よりハイスペックなものが欲しい方は4GBモデルを選びましょう。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

R15 Neoの
「 64GB 」に対して、
R15 Proは
「 128GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。
R15 Neoの64GBも十分な容量ですが、R15 Proでは128GBと言う大容量が搭載されています。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「画面」

また画面サイズにもわずかに違いがあります。

R15 Neoの
「 6.2インチ 」に対して、
R15 Proは
「 6.28インチ 」になります。

ちなみにR15 Proではディスプレイ種類が有機ELディスプレイとなっております。
【2018年最新】有機ELディスプレイを搭載したSIMフリースマホの比較

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「解像度」

画面解像度にも違いがあります。

R15 Neoの
「 1520×720(HD+) 」に対して、
R15 Proは
「 2280×1080(FHD+) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。
どちらの端末も縦横比19:9のワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が採用されており、画面占有率も高く、表示領域も広くなっております。
単純なドット数ではFHD+のR15 Proの方が上回っています。

さらにどちらの端末もトレンドである上部ノッチデザインが採用されています。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「カメラ」

またカメラ性能にも違いがあります。まず背面の画素数が、

R15 Neoの
「 1300万+200万画素 」に対して、
R15 Proは
「 1600万+2000万画素 」になります。

どちらの端末もAI技術に対応したデュアルカメラ仕様。
単純な画素数ではメイン・サブ共にR15 Proの方が上です。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

R15 Neoの
「 800万画素 」に対して、
R15 Proは
「 2000万画素 」になります。

R15 Proでは前面にも高画素なレンズが搭載されているのが特徴的です。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

R15 Neoの
「 4230mAh 」に対して、
R15 Proは
「 3430mAh 」になります。

R15 Neoは4230mAhもの大容量バッテリーが搭載されており、どんなユーザーでもバッテリー容量が多いほうが嬉しいはずです。
さらに言えばR15 Neoのようなミドルレンジでコスパに優れたモデルでは大容量バッテリーが搭載されているものが少ないので、個人的にはかなり大きなメリットです。

一方のR15 Proでは前作のR11sで話題となったOPPO独自の急速充電「VOOC」に対応しているので、低電圧充電技術によって急速充電時の発熱を抑えてくれます。
メーカーに問い合わせたところ、今回のシリーズではR15 Proのみの対応とのことです。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「DSDV」

どちらの端末も デュアルSIMデュアルVolTE(DSDV)に対応 しております。
3G+4Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)とは違って、DSDVでは4G+4Gの同時待受が可能です。
「DSDV」のメリットとは?まだまだ少ない対応端末の比較!

さらにR15 Neoでは2枚のSIMとは別でSDカードスロットが用意されている トリプルスロットにも対応 しています。
SIM2枚とSDカードが同時に使える「トリプルスロット」対応スマホの比較!

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「防水」

R15 Proでは 防水に対応 しております。
SIMフリースマホだとまだまだ対応端末が少ないのでメリットの一つになります。
スマホの防水の種類-IPX5/7とIPX5/8の性能の違い-

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「おサイフケータイ」

R15 Proでは おサイフケータイに対応 しております。
こちらもまた対応端末が少ない機能となっており、人によっては欠かせない機能となります。

R15 NeoとR15 Proの違いを比較「生体認証」

R15 Proでは 生体認証に対応 しております。
背面上部の「指紋認証センサー」と「A.I.顔認証」に対応しています。
R15 Neoに関しては公式に記載が無かったので恐らく指紋認証すら非搭載かと思われます。念のためお問い合わせ中です。

まとめると

日本ではR11sのみが販売されている状態でまだまだOPPOの知名度は低いかもしれません。
しかし世界的に見れば「カメラフォン」と呼ばれるほど高性能なカメラ機能をもつスマートフォンを多く販売しているメーカーとして有名です。

そんなOPPOから第2作目として投入されたのが今回のR15 NeoとR15 Proです。
まずR15 Neoは間違いなくコストパフォーマンスに優れたモデルです。RAM4GBモデルですら税別で3万円となっており、価格に見合わない性能を有しています。
大容量バッテリー、トリプルスロット、DSDVと言う特徴的な機能にも対応しており、トレンドでもあるノッチデザインの採用やAI対応のデュアルカメラの搭載などなど。

残念な点で言えばまず「VOOC」が未対応なところです。OPPOの独自機能なだけに出来れば採用してほしかったですね。後は解像度もHD+となっており、最近のワイドディスプレイを搭載したモデルではFHD+が多いので、出来ればFHD+を搭載してほしかったですね。

一方のR15 Proもまためちゃくちゃ優秀です。R15 Neoとの違いで言えばベンチマークスコアの差はもちろんですが、防水の対応・おサイフケータイの対応・VOOCの対応辺りが大きいです。さらにカメラ性能もR15 Proの方が高性能ですね。

どちらかと言えばR15 Proの方がR11sの後続モデルで、OPPO感が強いです。

R15 Neoはコスパに優れたミドルレンジモデルと言うこともあって日本ではこちらの方が人気が出そうですね。
格安SIMとのセットがあるとすれば格安SIM側としてもR15 Neoを取り扱いたいのではないでしょうか。
私もおそらくNeoを購入すると思うので後日に開封記事をアップしようと思います。

R15 Neo キャンペーン情報
IIJmio実質価格19,800円~24,800円
IIJmio スマホ大特価キャンペーン開催中!
R15 Neo(24,800円/29,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券5,000円が貰えます!
2019年1月31日までの期間限定なのでお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。