ついにきた!前回 在庫切れ続出のスマホ投売りセール

Amazonで1位!?大人気中国スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」には1つだけ問題点がある

先日Amazonのスマホ売れ筋ランキングを拝見したところ、まさかのXiaomiスマホが首位になっていました!その端末は2020年3月に登場したグローバルモデル「Xiaomi Redmi Note 9S」です。

発売当初から「価格の割に優秀」「ミドルレンジの中では最強」「カメラもディスプレイも良い」などと言われていたRedmi Note 9S。

本記事ではそんなRedmi Note 9Sのスペックや特長をまとめてみました!

日本のAmazonでも買えるスマホなので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい!

日本向けモデル、発売が発表されました!

Redmi Note 9Sの主な特長とある問題点

  • 価格が2万円台のミドルレンジモデル
  • Snapdragon 720G搭載でそこそこ高性能
  • 5020mAhの大容量バッテリー搭載
  • 4レンズのAIクアッドカメラ搭載
  • 6.67インチの大型ディスプレイ搭載
  • DSDV対応
  • トリプルスロット対応
  • 18W急速充電
  • 撥水対応
  • ソフトバンク回線のみ

今回の記事のタイトルにもあるようにRedmi Note 9Sには1つだけ問題点があります。
それは上の箇条書きの最後にある「ソフトバンク回線のみ」というところ。

Redmi Note 9Sが対応している4Gバンドは、「Band1/3/5/8/40/41」です。日本向けに発売されたモデルではないので、かなり限定的な周波数となっております。これの何が問題かと言うと、ドコモに重要な「B19」とauに重要な「B18/26」に対応していないのです。

海外スマホやSIMフリースマホがau回線に対応していないことはよくありますが、ドコモのプラチナバンドに対応していないのは正直痛い。なぜかと言うと、日本の格安SIMサービスはドコモ回線を提供しているサービスが多いからです。

逆にソフトバンク回線を快適に利用するための「B1/3/8」にはしっかりと対応しているので、ソフトバンクとの相性は良い。

ドコモも「B1/3」には対応しているので、全く繋がらないわけではないですが、一つの不安要素にはなってしまいますよね。

【2020年最新】ドコモB19対応のおすすめ中華スマホ14選

こちらはドコモのB19に対応した中国スマホをまとめた記事。そこそこアクセスがあるのは、やはりドコモ回線のユーザーが多いからだと思います。

今回のRedmi Note 9Sを購入するにあたって、以下のような人であれば問題なし。

  • ソフトバンクの回線を使っている人
  • ドコモからソフトバンク回線へ乗り換えることが出来る人
  • 繋がりにくくてもドコモ回線で試したるわい!って人

※追記
日本向けモデルは対応バンドを替えるとの噂があります!

Redmi Note 9Sのスペック

名称 Redmi Note 9S
メーカー Xiaomi
キャリア SIMフリー
発売時期 2020年3月
OS MIUI 11
(Android 10ベース)
CPU Snapdragon 720G
RAM 4GB
6GB
ROM 64GB
128GB
カードスロット 256GB
ディスプレイ 6.67インチ
画面解像度 2400×1080
FHD+
アスペクト比 20:9
画面占有率 91%
背面カメラ 4800万画素
800万画素
500万画素
200万画素
前面カメラ 1600万画素
バッテリー容量 5020mAh
通信 5G:非対応
4G:B1 / 3 / 5 / 8 / 40 / 41
3G:B1 / 2 / 5 / 8
Wi-Fi a/b/g/n/ac
USB USB Type-C
生体認証 指紋
防水防塵 撥水
機種サイズ 165.75 x 76.68 x 8.8 mm
機種重量 約209 g
カラー名称 オーロラブルー
インターステラーグレー
グレイシヤーホワイト

Snapdragon 720GでAnTuTu25万超え

Snapdragon 720GでAnTuTu25万超え

Redmi Note 9SはSnapdragon 720G搭載でAnTuTu8ベンチマークスコアでは25万超えを記録とのこと。
RAMは4GBモデルと6GBモデルが用意されており、ミドルレンジモデルとしては十二分すぎる性能です。ちなみに最近スマ情で購入したSnapdragon 665搭載のライト~ミドルクラス3機種「OPPO A5 2020」「moto g8 plus」「moto g8 power」のAnTuTu8ベンチマークスコアが17万前後なので、8万点以上もハイスコア。

6.67型パンチホールディスプレイ搭載

6.67型パンチホールディスプレイ搭載

Redmi Note 9Sのは6.67インチのパンチホールディスプレイが搭載されているので、画面占有率が91%と言う高い数値になっております。画面解像度はFHD+ですが、2400×1080(縦横比20:9)なので、かなり縦長。

5020mAhの大容量バッテリー搭載

5020mAhの大容量バッテリー搭載

最近のミドルレンジの流行りになりつつある大容量バッテリーの搭載。今回のRedmi Note 9sでもしっかりと5000mAhを超える大容量バッテリーが搭載されております。オフィシャルサイトには「147hours Music playback」「33hours Calling」「16hours Continuous navigation」「13hours Gaming」と記載されています。こればっかりは実機を使ってみないと分からないですが、レビュー評価を見る限りそれなりに優れている印象。

背面に4つのレンズ「クアッドカメラ」搭載

背面に4つのレンズ「クアッドカメラ」搭載

Redmi Note 9Sはクアッドカメラが採用されており、内訳は4800万画素の標準レンズ、800万画素の超広角レンズ、500万画素の接写レンズ、200万画素の深度レンズの4レンズ。OPPO A5 2020然り、moto g8 power然り、最近は低価格モデルですら4眼が搭載されていて驚きです。

Redmi Note 9Sのカメラ性能は使っていないので分かりませんが、率直な感想は「カメラユニット端の方が良くね?」でした(;^ω^)なんかど真ん中だとダサいような。。

Redmi Note 9 Proはインド向けモデル

ちなみにインド向けモデル「Redmi Note 9 Pro」のグローバルモデルが今回の「Redmi Note 9S」です。購入する予定の人は、名称や型番に注意してください。

Redmi Note 9Sは中国Xiaomi製スマホ

Redmi Note 9Sを製造している「Xiaomi」と言うメーカーは、世界的にシェア率の高い中国メーカーです。

日本市場にはまだ「Mi Note10」しか投入されていないので知名度はありませんが、世界的には今回のRedmi Note 9S並に優れたスマホを多数販売しております。Xiaomiのおすすめ機種をまとめた記事があるので、興味のある方はこちらも参考にしてみて下さい。

Xiaomi Mi 9T Pro【2020年最新】Xiaomiのおすすめスマホ9選【ハイエンドですら安い】

Redmi Note 9Sは日本のAmazonで2万円台

これだけの性能を有して、2万円台で買えるのがRedmi Note 9Sの最大の魅力です。ようするにコスパが半端ないってことですね。日本のAmazonでもスマホ本体の売れ筋ランキングで1位を記録しています。

イッテツ

ドコモ回線が繋がるならDSDVトリプルスロットのベストスマホになるかもしれない…!
と言うわけでポチッちゃいました…!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。