スマホの月額料金を7000円安くする方法

「Reno 10x Zoom」と「AX 7」のスペックの違いを比較!

OPPO製スマホ「Reno 10x Zoom」「AX 7」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較

名称 Reno 10x Zoom AX 7
画像
メーカー OPPO OPPO
発売時期 2019年7月 2018年5月
OS ColorOS 6.0 ColorOS 5.2
CPU Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
2.3GHz
1.7GHz
Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
RAM 8GB 4GB
ROM 256GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
画面サイズ 6.65 インチ
有機EL
6.2 インチ
画面解像度 2340×1080
FHD+
1520×720
HD+
背面カメラ 4800万画素
800万画素
1300万画素
1300万画素
200万画素
前面カメラ 1600万画素 1600万画素
バッテリー 4065mAh 4230mAh
USB USB Type-C microUSB
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット 対応
生体認証 対応 対応
防水防塵
おサイフケータイ
対応Band(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41
対応Band(3G) B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 162 mm 155.9 mm
機種サイズ (横幅) 77.2 mm 75.4 mm
機種サイズ (厚み) 9.3 mm 8.1 mm
機種重量 215 g 168 g
カラー ジェットブラック
オーシャングリーン
ゴールド
ブルー
参考価格 99,880円 29,880円

動作性能の違い

Reno 10x Zoom

Reno 10x ZoomではColorOS 6.0がプリインストールされており、クアルコム社のSnapdragon 855が搭載されており、8GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは35万前後を記録しております。

AX 7

AX 7ではColorOS 5.2がプリインストールされており、クアルコム社のSnapdragon 450が搭載されており、4GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは7万5000前後を記録しております。

ストレージの違い

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoomの内部ストレージは256GBで、外部ストレージは最大512GBまで対応しております。

AX 7

AX 7の内部ストレージは64GBで、外部ストレージは最大256GBまで対応しております。

ディスプレイの違い

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoomのディスプレイサイズは6.65インチで、画面解像度が2340×1080(FHD+)です。アスペクト比(縦横比率)は19.5:9です。ノッチレスのフルビューディスプレイが採用されています。またディスプレイ種類は有機EL(AMOLED)ディスプレイです。

AX 7

AX 7のディスプレイサイズは6.2インチで、画面解像度が1520×720(HD+)です。アスペクト比(縦横比率)は19:9です。上部に水滴型ノッチが採用されています。

カメラの違い

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoomの背面カメラは4800万+800万+1300万画素のトリプルレンズ構成です。前面カメラは1600万画素です。10倍ズームに対応しており、「ピボットライジングカメラ」というステルスカメラ機能が搭載されております。

AX 7

AX 7の背面カメラは1300万+200万画素のデュアルレンズ構成です。前面カメラは1600万画素です。

その他機能の違い

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoomのバッテリー容量は4065mAhです。USBポートはType-Cが採用されており、Wi-Fi:a/b/g/n/ac対応、DSDV対応、生体認証対応となっております。

AX 7

AX 7のバッテリー容量は4230mAhです。USBポートはmicroUSBが採用されており、Wi-Fi:b/g/n対応、DSDV対応、生体認証対応、トリプルスロット対応となっております。

どちらが優秀?

Reno 10x Zoomを選ぶメリット
  • 動作性能が高い(AnTuTuスコア35万)
  • ストレージが多い(内部256GB/外部512GB)
  • 高解像度ディスプレイを搭載(FHD+)
  • 有機ELディスプレイを搭載
  • 高画素のトリプルカメラを搭載
  • 最大10倍のハイブリッドズームに対応
  • Wi-Fi5GHz(a/ac)に対応
  • USB Type-Cに対応
AX 7を選ぶメリット
  • バッテリー容量が多い
  • トリプルスロットに対応
  • 端末サイズがコンパクト
  • 端末の厚みが薄い
  • 端末の重量が軽い
  • 価格が安い

購入方法

発売当初の価格はReno 10x Zoomが99,880円、AX 7が29,880円です。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

Reno 10x Zoomの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:94,800円
(特典あり!)
Reno 10x Zoom(94,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:75,800円~63,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でReno 10x Zoom(99,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

AX 7の開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:4,800円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン!
AX 7(21,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、17,000円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~5,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAX 7(29,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

まとめ

価格の違いもあって、スペックではReno 10x Zoomの方が優れている部分が多いです。まず動作性能ではスナドラ855を搭載しているReno 10x Zoomの方が圧倒的に優れており、重い3D系のアプリも快適にプレイすることが出来るレベルです。

そしてカメラ性能ではReno 10x Zoomの名称にもなっている通り、10倍ズームの対応が特徴で、「ピボットライジングカメラ」と呼ばれるカメラ収納機能によって、フルビューディスプレイの実現に成功しています。

一方のAX 7は価格の安い大容量バッテリー搭載モデルと言うことで、ミドルクラスの中ではコスパに優れている方だと思います。いくつかの格安SIMでセット販売が行われているので、キャンペーンが絡めば安く入手出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。