「ROG Phone 2」と「Mate 20 Pro」のスペックの違いを比較!

ASUS製スマホ「ROG Phone 2」とHUAWEI製スマホ「Mate 20 Pro」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は参考にしてみて下さい^^

名称 ROG Phone 2 Mate 20 Pro
画像 ROG Phone 2 小さい画像 Mate 20 Pro 小さい画像
メーカー ASUS HUAWEI
発売時期 2019年11月 2018年12月
OS Android 9.0 EMUI 9.0
(Android 9.0ベース)
CPU Snapdragon 855+
オクタコア
2.96GHz
Kirin 980
オクタコア
2.6GHz
1.9GHz
1.8GHz
RAM 12GB 6GB
ROM 512GB
1TB
128GB
外部ストレージ 非搭載 最大256GB
ディスプレイ 6.59 インチ
有機EL
120Hz
6.39 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
3120×1440
WQHD+
画面占有率 80.3% 86.9%
アスペクト比 19.5:9 19.5:9
背面カメラ 4800万画素
1300万画素
4000万画素
2000万画素
800万画素
前面カメラ 2400万画素 2400万画素
バッテリー 6000mAh 4200mAh
急速充電 Quick Charge 4.0
ROG HyperCharge
USB-PD 3.0
40W
SuperCharge
USB-PD
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ad a/b/g/n/ac
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット
生体認証 指紋
指紋
防水防塵 対応
おサイフケータイ
通信(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 13 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 29 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 66 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 170.9 mm 157.8 mm
機種サイズ (横幅) 77.6 mm 72.3 mm
機種サイズ (厚み) 9.4 mm 8.6 mm
機種重量 240 g 189 g
カラー ブラックグレア
マットブラック
ミッドナイトブルー
トワイライト
参考価格 105,500円(512GB)
125,500円(1TB)
10万円⇒6万円前後

<スポンサーリンク>

価格を比較

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
105,500円(512GB)
125,500円(1TB)
10万円⇒6万円前後

発売時の価格にも違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
Snapdragon 855+
オクタコア
2.96GHz
Snapdragon 855
オクタコア
2.84GHz

スマホのCPU(SoC・チップセット)は、スマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

ROG Phone 2はクアルコム社のSnapdragon 855+が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは48万前後を記録しております。

一方のMate 20 Proはハイシリコン社のKirin 980が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは36万前後を記録しております。

ROG Phone 2が搭載するクアルコム社のチップセットは、様々な端末で採用されている有名なメーカーです。中でもSnapdragon 8xxシリーズはハイエンドに向けたハイスペックシリーズです。

一方のMate 20 ProはHUAWEIスマホに搭載されるチップセットKirinシリーズが搭載されており、Kirin9xxもまたハイエンドに向けたハイスペックシリーズとなっております。

クアルコム社のSnapdragon
※クアルコム社のSnapdragonシリーズ

参考:スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

AnTuTuのベンチマークスコアは、スマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。AnTuTuのスコアだけで言うと、動作性能ではROG Phone 2の方が優れていると言う事になります。

RAMの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
12GB 6GB

RAMもまたスマホの動作面に影響を与えるパーツです。CPUが快適に処理するためのスペースを提供するのがRAMの役割です。RAMの数値が高ければ、CPUは同時に様々な処理を行うことが出来ます。

Mate 20 Proの6GBでも十分高いですが、ROG Phone 2の方が高いのでより快適な動作に期待できます。

ストレージの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
内部ストレージ:
512GB
1TB

外部ストレージ
非搭載
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ
最大256GB

スマホで動画や音楽などと言ったファイルを管理すると言う方に重要な項目が「ストレージ」です。ようするにスマホのファイルを保存出来る容量のことです。ストレージは「ROM」と呼ばれる内部ストレージと、SDカードで増設出来る「外部ストレージ」の2種類に分かれています。

Mate 20 Proも非常に大容量ストレージが用意されておりますが、ROG Phone 2の方がより大容量モデルが用意されております。またROG Phone 2では外部ストレージに対応していないので注意。

ディスプレイの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
6.59インチ,AMOLED,2340×1080(FHD+),19.5:9 6.39インチ,OLED,3120×1440(WQHD+),19.5:9,画面占有率86.9%

スマホのディスプレイは、種類やサイズなど仕様がそれぞれ異なります。とくに「ディスプレイサイズ」はスマホを選ぶ上で重要な比較ポイントです。迫力のある動画を楽しみたい方は大型ディスプレイ、持ち運びや片手操作を好む方は小型ディスプレイを選ぶようにしましょう。

ROG Phone 2では6.59インチのディスプレイが搭載されており、Mate 20 Proでは6.39インチのディスプレイが搭載されています。どちらの端末もかなり大きめのディスプレイが採用されております。

またどちらの端末も有機ELディスプレイが搭載されています。有機ELディスプレイはコストが高いかわりに「省エネ」「薄さ」「黒色の表現力」などのメリットがあります。

さらにROG PHone 2ではリフレッシュレートが120Hzに対応しております。これによって、より滑らかに画面を動かすことが出来ます。

ディスプレイ性能に関しては、一部を公式サイトより抜粋したので、そちらを参考にしてみて下さい。

ROG Phone IIが搭載する120Hz動作のAMOLEDディスプレイは、驚くほどなめらかなゲーム画面を映しだす。敵の動きをハッキリと視認できる。もう決して画面表示のせいで敵を逃さない。

2つの色の違いを表す色差を示す数値のΔE。一般的な人間の目には、ΔEが3未満の色は同じ色に見える。ROG Phone IIのディスプレイは、世界最高レベルの1未満のΔEを実現し、目では判別できないレベルの正確な色表示が可能となる。

時に動きが速いアクションゲームなどでは、人間の操作にタッチパネルの反応が追い付かない場合がある。ROG Phone IIではタッチパネルの性能向上を行い、世界初の49msの反応速度を持つ超ハイレスポンスなタッチパネルを実現。高速タッチによる快適なゲーム体験を可能にする。

従来の8bit表示のディスプレイでは表示できる色は約1677万色。しかし、10bit表示に対応しているROG Phone IIなら10億色以上もの色を表示可能。また、ROG Phone IIは、より広い明暗差を表示できるHDRにも対応しており、より自然なHDR映像の表示を行うことができる。

参考:ROG Phone II ZS660KL – ASUS

カメラの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
4800万画素(F値1.79)
1300万画素(広角125度)
4000万画素(広角)
2000万画素(超広角)
800万画素(望遠)
2400万画素 2400万画素

ひと昔前は出かけるときにデジカメを持ち歩いている方が多かったですが、最近ではその役割をスマホが担っています。スマホのカメラで高画質な写真を撮影出来るのは、人によっては大きなメリットとなります。

ROG Phone 2では背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されております。

一方のMate 20 Proでは背面に3つのレンズを搭載するトリプルカメラが採用されています。

Mate 20 Proのトリプルカメラ

Mate 20 Proは有名なレンズメーカーLeicaのレンズが搭載されており、スマホのカメラをスコア化するサイト「DxMark」にて高スコアを記録しています。

レンズ数や評判を見ても単純なカメラ性能では、Mate 20 Proの方が優れているので、スマホのカメラをよく使う人はMate 20 Proの方がオススメです。

バッテリーの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
6000mAh 4200mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではROG Phone 2の方が上です。
参考:スマホのバッテリーを長持ちさせる方法は?

<スポンサーリンク>

機能面やデザインの違いを比較

ゲーミングに特化

ROG Phone 2は、ゲーミングに特化した「ゲーミングスマホ」です。

ゲームプレイが有利になるようなドッキングシステム、冷却機能など特殊な機能を搭載しております。

公式サイトにゲームに特化した機能が紹介されているので、そういった機能に興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい!
参考:ROG Phone II | スマートフォン | ASUS 日本

防水防塵の対応

Mate 20 Proは防水防塵(IP68)対応となっております。

防水防塵はキャリアスマホでは当たり前のように対応しておりますが、SIMフリースマホでは対応端末が少ない機能です。
スマホの防水の種類-IPX5/7とIPX5/8の性能の違い-

対応Bandの違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
4G B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 13 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 29 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46 / 66 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 39 / 41 / 46
3G B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6

上記すべてに対応している必要はありませんが、ドコモは「1/3/19」、auは「1/18/26」、ソフトバンクは「1/3/8」の対応が重要です。こちらの記事で各バンドの役割をまとめてあるので、参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

端末サイズや重量の違い

ROG Phone 2 Mate 20 Pro
170.9 × 77.6 × 9.4 mm
240 g
157.8 × 72.3 × 8.6 mm
189 g
ROG Phone 2とMate 20 Proの比較画像

カラーバリエーションの違い

ROG Phone 2 ブラックグレアブラックグレア Mate 20 Pro ミッドナイトブルーミッドナイトブルー
ROG Phone 2 マットブラックマットブラック Mate 20 Pro トワイライトトワイライト

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、ROG Phone 2やMate 20 Proを購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

ROG Phone 2の開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーンなし

Mate 20 Proの開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーン無し

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。