nova lite3がまさかの「1円」好評OCN投げ売りセール再び!

スマホ料金を安くする方法は結局【格安SIM】を使うしかない

皆さん、高いスマホ料金に不満はありませんか?
ガラケー時代と比べて、高すぎると思いませんか?

現在筆者のイッテツが払っているスマホ料金は、月額たったの3,000円です。

スマホの月額料金は、しっかりと見直して自分に合ったサービスとプランを選べば、安くする事ができるのです。

筆者のイッテツもドコモでスマホを契約していた時は、
端末代金込みで1万円近く支払っていました。

しかし、料金を見直して、自分に合ったサービスとプランを選んだことによって、
スマホの月額料金を7,000円も安くする事ができたのです!

  • スマホの月額料金を安くしたい
  • スマホ料金が高くてガラケーから乗り換える気にならない
  • スマホデビューしたいが、どのサービスを選べば良いか分からない

本記事は、スマホの料金に不満を持つ方や、スマホデビューを検討している方に向けた内容となっております。興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

こんにちは、元携帯ショップ店員のイッテツ(@smartttphone)です。スマ情にお越しいただきありがとうございます。
今回は「スマホ料金を安くする方法」を紹介しています。最後まで読んで頂けたら嬉しいです!

スマホ料金は高く設定されている

キャリアのスマホ料金は高く設定されている

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアで、最新のiPhoneやGalaxyを購入すると、
月額料金はカンタンに1万円を超えてしまいます。

仮に安いプランを選び、キャンペーンが反映されたとしても6,000円~7,000円はかかってしまうでしょう。

もしサービスやプランを見直すことでスマホの月額料金を下げられるのだとしたら、早めに行動することをオススメします。

なぜならスマホ料金は月額なので、毎月毎月よけいなお金を支払うことになるからです。そうならないためにも、スマホのサービスやプランを見直しましょう。

スマホ料金を安くする方法

キャリアスマホの月額料金を安くする方法は2つあります。

  1. 契約しているプランを見直す
  2. 自分が契約しているプラン(データ通信量・通話プラン・加入オプション)を見直し、無駄に支払っている料金がないかを確認する。プラン内容を変更することでスマホ料金が安くなるかもしれません。

  3. 格安SIMサービスを利用する
  4. 契約サービスをキャリアスマホから「格安SIMサービス」へと乗り換えることで、基本料金が大幅に下がります。キャリアスマホからの乗り換えであればほぼ確実にスマホ料金が安くなります。

方法① 契約しているプランを見直す

契約しているプランを見直す

現在自分が契約しているプランを見直しましょう。「データ通信プラン」「通話プラン」「加入オプション」の3つを見直す事でスマホ料金を安くすることが出来ます。節約度は低いですが、手軽に出来ます。

データ通信量を見直す

2019年から始まった新料金プランでは、「大容量データプラン」「使ったデータ量で料金が変わるプラン」に分かれています。

大容量プランで契約している人は、自分が使っている毎月のデータ量を確認し、「使ったデータ量で料金が変わるプラン」に当てはめると、どのぐらいの料金になるのかを確認しましょう。

上記の画像はドコモの「使ったデータ量で料金が変わるプラン」である「ギガライト」の内容です。

もしドコモの「大容量データプラン」である「ギガホ(月額6,980円)」を利用している方で、毎月3GBぐらいしかデータ通信量を使っていない方がいれば、間違いなく「ギガライト」を選ぶべきでしょう。

「6,980円(ギガホ)⇒3,980円(ギガライト3GB)」へとプランを変更することで、3,000円もの節約が可能です。

通話プランを見直す

現在キャリアスマホの通話プランは2種類あります。

「かけ放題プラン」「5分や10分だけの通話無料プラン」です。

「かけ放題プラン」は、その名の通り電話かけ放題のプランです。例えばドコモの月額料金は1,700円です。

「5分や10分だけの通話無料プラン」は、キャリアによって時間が異なりますが、指定されている時間分だけ無料で電話をかけることが出来ます。例えばドコモの場合は5分間で月額700円(5分超過分は、30秒あたり20円)です。

めったに電話しない人や、長電話の時だけ相手から電話をかけてもらえる人なんかは、「かけ放題プラン」から「5分や10分だけの通話無料プラン」へと変更することで、1,000円の節約が可能です。

加入オプションを見直す

自分が加入しているオプションを一度確認しましょう。スマホ契約時に加入したオプションがそのまま継続している可能性があります。

  • My Docomo「各種手続き」の「ご契約内容確認・変更」
  • My au「ご契約内容 / 手続き」の「ご契約情報」
  • My Softbank「契約・オプション管理」の「オプション」

自分の契約しているキャリアの会員ページにて加入オプションの確認をすることが出来ます。端末の補償サービスですら必須と言うわけではありません。スマホを買い替える予定がある方や、価格の安いスマホを使っている方は解約しても問題無いでしょう。

ちなみにドコモの端末補償サービスは月額500円~1,000円です。解約すれば500円~1,000円の節約が可能です。

方法② 格安SIMサービスを利用する

格安SIMサービスを利用する

スマホ料金を安くする2つ目の方法は「格安SIMサービス」の利用です。

格安SIMサービスは、キャリア(ドコモやau)から間借りした回線を提供するサービスです。キャリアでは通信設備の維持に費用がかかってしまいますが、格安SIMサービスではそういった費用がかからないので、サービスを安く提供することが出来ます。

そんなコストの安い「格安SIM」ですが、キャリアスマホと比べると、未だに利用者は少ないです。筆者イッテツの親しい友人や家族は利用者ばかりですが、ほかの知り合いや職場の同僚で利用している人はほんの一部だけです。

格安SIMは「方法① 契約しているプランを見直す」と比べて手間が多いですが、その代わり節約の期待度はかなり高いです。しかも実際に契約してみれば分かりますが、手順がシンプルなので、手間がかかると言ってもたかが知れています。

「格安SIMは知っているけど、契約がめんどくさい」
「どのサービスを選べばいいか分からない」

誰でもはじめて使うサービスには、不安を感じてしまいます。

しかし実際のところ、どの格安SIMも契約の手順はシンプルですし、たくさんのサービスから比較して選ぶ必要もなく、評判の良いサービスを選べば良いだけです。

  1. ネット申し込みで端末とプランを選ぶ
  2. 端末とSIMカードが届く
  3. SIMカードを端末に挿入して利用開始

手順はたったこれだけです。
ちなみに上記の手順では「端末とプラン」をセットで購入する例です。

  1. 端末を自分で用意する
  2. ネット申し込みでプランを選ぶ
  3. SIMカードが届く
  4. SIMカードを端末に挿入して利用開始

もしスマホ本体を自分で用意したいのなら、買えばいいだけです。
何も難しいことはありません。


格安SIMのデメリット

ここまでの内容で、格安SIMの契約を検討している方も多いはずです。しかし料金の安い格安SIMには、キャリアスマホに対してデメリットがいくつかありますので、契約する前に必ずチェックしておきましょう。

  1. キャリアのサービスが使えない
  2. 「dポイント」や「au WALLETポイント」などと言ったキャリアと連携したサービスが利用できなくなります。もしポイントが余っているのであれば乗り換え前に使いましょう。

  3. キャリアメールが使えない
  4. 各キャリアが発行する独自のキャリアメールが使えなくなります。
    キャリアメールは「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」みたいな末尾のメールアドレスの事です。昔はキャリアメールが無いと認証できないアプリが多かったですが、最近は格安SIMの普及と共に、フリーメールでも認証出来るサービスばかりなので、その点は安心です。

  5. LINEのID検索が出来ない
  6. LINEの年齢認証にはキャリア契約が必要です。格安SIMでは認証することが出来ません。もちろんLINEアプリ自体が使えないわけではなく、「ID検索」が使えなくなってしまうだけです。友達追加には「QRコード」や「ふるふる」を使いましょう。

  7. キャリアと比べると通信が不安定
  8. 格安SIMはキャリアの回線を間借りしているサービスです。元になっているキャリアの回線よりは通信が不安定です。
    もちろん支障が出るようなレベルではありませんが、大本のキャリアの通信と比べるとどうしても劣ってしまいます。
    とくにお昼休みの12時~13時頃は利用者が多いので、回線が不安定になることがあります。

【厳選3社】格安SIMサービスを選ぼう!

この中のどれかを選べばオッケー【厳選3社】

格安SIMサービスを提供する会社は年々増えており、それぞれ料金やプランが違ったり、取り扱っているスマホが違ったり、解約金や最低利用期間などの細かいルールも違ったり、とにかくややこしいです。

格安SIMの利用を検討したことがあるほとんどの人が、
「どのサービスを選べばよいのか分からない」と言う問題に直面します。

長期間使う携帯電話の契約だからこそ、慎重に選びたいワケですね。

今回はそんな何十社もある格安SIMサービスの中から、

  1. 評判が良い
  2. 料金が安い
  3. 選ぶメリットがある

この3点を満たしている格安SIMサービスを3社だけピックアップしました。

何十社もあるサービスから時間をかけて選ぶのではなく、この3社の中からサクッと自分に合ったサービスを選びましょう!

格安SIMおすすめ3社

  • OCNモバイルONE
    セット販売の端末が安い。キャンペーン時にはさらに安くなる。古くから人気の格安SIMサービスです。
  • ⇒スマホ本体を一緒に買いたい人にオススメ!

  • BIGLOBEモバイル
    色んなサービスの通信量が無制限になる「エンタメフリー」がスゴイ。人によってはかなりオトクな格安SIMサービスです。
  • ⇒YoutubeやアベマTVをスマホで見る人にオススメ!

  • 楽天モバイル
    楽天スーパーポイントで料金支払いが可能。また支払額に応じてポイントが貰える。昨今人気の格安SIMサービスです。
  • ⇒楽天ポイントを貯めたい人にオススメ!

スマホセットが安すぎる「OCNモバイルONE」

スマホセットが安すぎるOCNモバイルONE
※画像は公式サイトのスクリーンショット
端末代金の安さが魅力の格安SIM!
キャンペーン時はさらに安い!
OCNモバイルONEのポイント
  • スマホ本体の価格が安く設定されている
  • ミドルクラス(中くらい)のラインナップが豊富
  • かけ放題のオプションが豊富
  • 日単位の通信プランが用意されている
  • スマホをセットで買いたい人にオススメ!

3GB/月プラン
(音声通話)
初期手数料 最低利用期間
1,980円 3,733円 6か月
回線 かけ放題 おすすめ度
ドコモ 10分かけ放題
(935円)
トップ3かけ放題
(935円)
かけ放題ダブル
(1,430円)
★★★★★

OCNモバイルONEは、スマホ代金が安く設定されているので、スマホセットで契約すればコスパ最強レベルに!

ラインナップに狙っているスマホがあれば利用したいサービス!

ユーチューブ見放題の「BIGLOBE SIM」

ユーチューブ見放題のBIGLOBE SIM
※画像は公式サイトのスクリーンショット
スマホで動画をよくみる人にオススメの格安SIM!
データ通信量を気にせずにYoutubeやAbemaTVが見れる!
BIGLOBEモバイルのポイント
  • ドコモ・au回線に対応している
  • エンタメフリーオプションの加入で動画や音楽を楽しめる
  • スマホで動画を見る人や音楽を聴く人にオススメ!

3GB/月プラン
(音声通話)
初期手数料 最低利用期間
1,760円 3,733円 12か月
回線 かけ放題 おすすめ度
ドコモ
au
10分かけ放題
(913円)
通話パック90
(913円)
3分かけ放題
(660円)
通話パック60
(660円)
★★★★★

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」に加入すれば、YoutubeやAbemaTVが見放題!

データ通信を気にしないで思う存分動画を楽しむことが出来る!

月額480円で加入できますが、現在キャンペーンにより6か月間無料!

楽天ポイントが貯まる「楽天モバイル」

楽天ポイントが貯まる楽天モバイル
※画像は公式サイトのスクリーンショット
第4のキャリアを目指す大手格安SIM!
楽天ポイントとの連動でお得!
楽天モバイルのポイント
  • ドコモ・au回線に対応している
  • 自社回線を使ったサービスを開始(2019年10月)
  • 支払いで楽天ポイントが貯まる
  • 音声通話の契約で楽天市場の買い物ポイントが2倍に
  • 普段から楽天ポイントを使っている人にオススメ!

3.1GB/月プラン
(音声通話)
初期手数料 最低利用期間
1,760円 3,733円 なし
回線 かけ放題 おすすめ度
ドコモ
au
楽天
10分かけ放題
(935円)
スーパーホーダイ
★★★★☆

楽天モバイルは、お馴染み楽天が運営するサービス!

普段から楽天ポイントを使っている人なら、楽天モバイルを使えばさらに楽天ポイントが貯まりやすくなるのでオススメ!

まとめ:ほぼ確実に5,000円ぐらいは安くなる

ほぼ確実に5,000円ぐらいは安くなる

キャリアの高いスマホ料金を支払っている方であれば、格安SIMに乗り換えることで月額5,000円以上の節約が可能です。

格安SIMサービス同士に大きな価格差はありませんが、キャリアスマホと比べると差は歴然です。例えばOCNモバイルONEとドコモの通信プラン料金を比較すると以下の通りです。

OCNモバイルONEとドコモの料金比較

こちらは端末代金を省いた料金比較です。OCNモバイルONEは端末代金の安さに定評があり、キャンペーン時には投売りクラスの安さで入手することが出来ます。

実際に筆者のイッテツがドコモで契約していた頃は、端末代金込みで月額1万円ちょっとかかっていましたが、現在は月額3,200円ぐらいしかかかっていません。

そしてこれまで4社ほど格安SIMサービスを乗り換えていますが、どの会社も大体3,000円~4,000円ぐらいでした。

余談ですが、イッテツは1年ぐらい前にHUAWEI P30が欲しくてキャンペーン目当てでOCNモバイルONEに乗り換えました!現在も継続利用中です!

月額5,000円も節約出来れば、年間で6万円、2年間で12万円もの大金になります!12万円もあれば海外旅行にも行けますよ!キャリアスマホに契約している方は、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみて下さいね!

  • OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
    セット販売の端末が安い。キャンペーン時にはさらに安くなる。古くから人気の格安SIMサービスです。
  • ⇒スマホ本体を一緒に買いたい人にオススメ!

  • BIGLOBEモバイルBIGLOBEモバイル
    色んなサービスの通信量が無制限になる「エンタメフリー」がスゴイ。人によってはかなりオトクな格安SIMサービスです。
  • ⇒YoutubeやアベマTVをスマホで見る人にオススメ!

  • 楽天モバイル楽天モバイル
    楽天スーパーポイントで料金支払いが可能。また支払額に応じてポイントが貰える。昨今人気の格安SIMサービスです。
  • ⇒楽天ポイントを貯めたい人にオススメ!

期間限定nova lite3が「1円」で買える投売りセール開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。