P30 liteが12,800円の投げ売り特価!OCNモバイルONEで販売開始

【2019年モデル】格安SIMおすすめスマホ機種ランキング



2019年に入ってからも「格安SIMサービス」の勢いは衰えを知らず、未だに新規のユーザーがガンガン増えています。

ひと昔前は、販売されているSIMフリースマホの数が少ないのがネックでしたが、最近では様々なメーカーが国内投入しており、選べる端末がとても多くなりましたね。

  • 格安SIMサービスの利用を検討している方
  • 格安SIMで使うSIMフリースマホをお探しの方

そういった方に向けて、今回は格安SIMで使うSIMフリースマホのおすすめ機種をランキング形式で紹介していこうと思います。

「できれば新しいモデルがイイ!」と言う方が多いと思うので、本記事では2019年モデルのみを取り上げようと思います。

格安SIMとは

よく聞く「格安SIM」とか「格安スマホ」って何?
「格安スマホ」は、ドコモなどの大手キャリアよりも安く利用出来るスマホの事です。この格安スマホを実現するために使うサービスが「格安SIM」なのです。

POINT
「格安SIMサービス」は「MVNOサービス」とも呼ばれており、ドコモやauなどの回線を間借りして安く提供している業者の事です。最近のサービス名で言えば「楽天モバイル」や「LINE MOBILE」などが有名です。
格安SIMサービスを使えば「キャリアスマホよりもスマホ料金が安くなる」場合が多いので、最近ではますます人気のサービスとなっております。

そしてこの格安SIMを使うための端末が「SIMフリースマホ」と呼ばれているスマホのことです。

格安SIMのメリット

メリットは明確でスマホ料金が安いことです。
キャリアスマホでは1万円近くかかるスマホ料金が、格安SIMだと3,000円程度まで抑える事が出来ます。さらに音声通話を契約せずにデータ通信(インターネット)だけで契約することもでき、その場合は月額1,000円以下での運用も可能です。

格安SIMのデメリット

デメリットはいくつかありますが、代表的なものはキャリアメールが使えないこと通信速度が遅いことです。

大手キャリアの回線を間借りしている事もあって、回線自体は大手キャリアよりも弱いです。
ユーザーが一気に回線を使用する時間帯(例えばお昼時など)は、回線が込み合って通信速度が遅くなることがあります。

また@docomo~や@softbank~と言ったキャリアメールが使えなくなってしまいます。格安SIMサービスが普及し始めた頃は、フリーメールでは会員登録できないサービスやアプリが多かったので大きなデメリットとして挙げられておりました。最近ではヤフーメールやGメールなどのフリーメールでも問題ないので、そこまで気にはならないかもしれませんね。

SIMフリースマホの選び方

band
「格安SIM」ではその回線の通信方式に対応したスマホを選ぶ必要があります。
聞き慣れていない方もいらっしゃるかと思いますが「対応バンド」「周波数帯」などをしっかりと確認しないといけません。

格安SIMサービスで使う「SIMフリースマホ」は、使う予定の格安SIMが提供している回線の電波に合ったモデルを選びましょう。

「SIMフリースマホ」や「対応バンド」の意味がよく分からない!
ざっくり言ってしまえば「ドコモ回線」を使うのであれば「ドコモの周波数帯に対応したSIMフリースマホ」を選び、
「au回線」を使うのであれば「auの周波数帯に対応したSIMフリースマホ」を選べばオッケーです。

参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

セット販売やキャンペーンを利用する

お手元にスマホがない状態で、これから「格安SIM」そしてその回線に対応した「SIMフリースマホ」を準備しようと思っている方は、格安SIMサービスが提供している「セット販売」を使えばオッケーです。

格安SIMサービスを契約するときに、SIMフリースマホも一緒に購入することが出来ます。(サービスにもよりますが)

最近のサービスではスマホのラインナップが豊富ですから、狙っているSIMフリースマホを格安SIMの契約ついでに購入することが出来ます。

そして忘れてはいけないのが、限定キャンペーンです。格安SIMサービスでは期間限定のキャンペーンを行っていることが多く、適用条件が「格安SIMの契約する」「対象スマホをセットで購入する」の2点である場合が多いです。

どうせセット販売で購入するのであれば、このキャンペーン時に契約した方が絶対にお得です。

当サイトのセール情報にて、おいしいキャンペーンのみ取り上げておりますが、あくまで期間限定なのであしからず。

ここまでのまとめ
  1. 格安SIMはスマホ料金が安くなる
  2. 大手キャリアと比べて通信速度は不安定
  3. 回線に対応した「SIMフリースマホ」を選ぶ必要がある
  4. 期間限定キャンペーンを使えばかなりお得

【2019年モデル】おすすめ機種ランキング

格安SIMサービスで使えるSIMフリースマホをお探しの方に向けて、おすすめ機種をランキング形式で紹介。2019年モデルのみを取り上げているので、最新のモデルをお探しの方は是非参考にしてみて下さい!

1位 HUAWEI nova lite3

nova lite 3

こちらは2019年2月にHUAWEIから登場した格安SIM専売モデル「HUAWEI nova lite 3」です。
格安SIM経由での購入が条件ですが、そのデメリットを差し引いてもとんでもないコスパです。Kirin710(AnTuTuスコア:13万)を搭載しているにもかかわらず、格安SIMで提供される端末価格は2万5,000円前後と言う安さ。「microUSBの採用」と「Wi-Fi5GHz帯に非対応」と言う2点が唯一残念なところ。
それでもしばらくは最有力候補なのではないでしょうか。もし格安SIMとスマホのセット購入を検討していると言う方がいれば、文句無くオススメです。
POINT

・価格が安い
・コスパが神レベル
・大人気で評判も良い
・DSDV対応

・microUSB採用
・Wi-Fi5GHz帯未対応

発売 HUAWEI/2019年2月
動作性能 Kirin 710/3GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 155.2 × 73.4 × 7.95 mm/160 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
価格 26,880円
nova lite 3の開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:3,480円

nova lite 3(14,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:22,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
nova lite 3(22,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券3,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:14,300円~24,300円

サイト限定キャッシュバック特典! nova lite 3(29,300円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:2,880円~14,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite 3(26,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。


2位 HUAWEI P30 lite

P30 lite

こちらは米中問題で発売が延期になっていた「HUAWEI P30 lite」です。
前作の「P20 lite」そして前々作の「P10 lite」がコスパの高さから非常に人気の端末となっておりました。今回のP30 liteもまたその路線を引き継いでおり、価格に見合わない性能を搭載しています。
nova lite 3と同じKirin710を搭載しており、この価格でなんとトリプルレンズも搭載しています。単純なコスパでは価格の安いnova lite 3の方が上ですが、カメラ性能を考えるとP30 liteもかなり高コスパです。
POINT

・価格が安い
・コスパが神レベル
・前作が2018年売れ筋首位

発売 HUAWEI/2019年8月
動作性能 Kirin 710/4GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 × 72.7 × 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
価格 32,800円
P30 liteの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:12,800円
(最安値!)
お待たせ特価キャンペーン!
P30 lite(22,800円)をスマホセットで購入すると10,000円割引が適用!さらに他社からの乗り換えで5,000円割引も適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:29,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
P30 lite(29,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


3位 ZenFone Max Pro (M2)

ZenFone Max Pro M2

こちらはASUSの大容量バッテリー搭載モデル「ZenFone Max Pro (M2)」です。
下位モデルにZenFone Max (M2)もありますが、コスパで言えば上位モデルのProの方が上です。こちらの端末は発売当初、通信にエラーがあったのでレビュー評価が低いですが、再販後は人気も高く評判も良いのでオススメです。
POINT

・コスパがかなり良い
・大人気で評判も良い
・DSDV対応
・大容量バッテリー搭載

・microUSB採用
・Wi-Fi5GHz帯未対応

発売 ASUS/2019年3月
動作性能 Snapdragon 660/4GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部32GB/外部2TB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+500万画素
前面1300万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 157.9 × 75.5 × 8.5 mm/175 g
カラー ミッドナイトブルー
コズミックチタニウム
価格 35,500円
ZenFone Max Pro M2の開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:24,800円

ZenFone Max Pro M2(24,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:19,800円
(新規がお得!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
ZenFone Max Pro M2(32,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、13,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


4位 ZenFone Max (M2)

ZenFone Max M2

こちらはそんなZenFone Max Pro (M2)の下位モデル「ZenFone Max (M2)」です。
なんといっても価格が安くてコストパフォーマンスに優れているのが特徴のスマホで、2019年夏時点ではトップクラスのコスパを誇ります。上位モデルのZenFone Max Pro (M2)が不具合によって評判を下げましたが、下位モデルのこちらは発売当初から人気です。
POINT

・価格が安い
・コスパが良い
・DSDV対応
・大容量バッテリー搭載

・microUSB採用
・Wi-Fi5GHz帯未対応

発売 ASUS/2019年3月
動作性能 Snapdragon 632/4GBRAM
AnTuTu:9万
ストレージ 内部32GB/外部2TB
ディスプレイ 6.3インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 158.4 × 76.2 × 7.7 mm/160 g
カラー ミッドナイトブラック
スペースブルー
メテオシルバー
価格 26,500円
ZenFone Max M2の開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:16,800円

ZenFone Max M2(16,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
ZenFone Max M2(24,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券3,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


5位 moto g7 power

moto g7 power

こちらはモトローラg7シリーズのライトモデル「moto g7 power」です。
g7と比べてカメラ性能や解像度は劣りますが、バッテリーが5000mAhもの大容量搭載と言うことで、ライトモデルながらにかなりオススメのモデルです。動作性能はスナドラ632搭載とのことで、AnTuTuスコアが10万前後。価格の割に性能が高いのでコスパが優れています。
POINT

・価格が安い
・コスパが良い
・DSDS対応
・撥水対応
・大容量バッテリー搭載
・トリプルスロット対応

・Wi-Fi5GHz帯未対応
・au回線が使えない

発売 MOTOROLA/2019年5月
動作性能 Snapdragon 632/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/1520×720 HD+
カメラ 背面1200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 159.4 × 75.3 × 9.3 mm/193 g
カラー セラミックブラック
価格 25,800円
Moto G7 Powerの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:15,800円

Moto G7 Power(15,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
Moto G7 Power(24,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券3,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


6位 moto g7

moto g7

こちらそんなmoto g7 powerのスタンダードモデル「moto g7」です。
こちらはg7シリーズの中では中位スタンダードモデルで、最もバランスの取れたモデルです。moto g7 powerほど価格は安くないので、単純な動作性能と価格で考えたコストパフォーマンスではmoto g7 powerの方が上です。
POINT

・価格が安い
・コスパがそこそこ良い
・DSDS対応
・トリプルスロット対応
・撥水対応

発売 MOTOROLA/2019年5月
動作性能 Snapdragon 632/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2270×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+500万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 157 × 75.3 × 7.92 mm/174 g
カラー セラミックブラック
クリアホワイト
価格 30,800円
Moto G7の開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:20,800円

Moto G7(20,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:19,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
Moto G7(29,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


7位 moto g7 plus

moto g7 plus

こちらそんなmoto g7及びg7 powerの上位モデル「moto g7 plus」です。
こちらはg7シリーズの中では上位のモデルで、g7よりも動作性能が上です。もちろんその分価格が上がっているので、g7だと少し性能が足らないと言う方にオススメ。
POINT

・価格が安い
・コスパがそこそこ良い
・DSDS対応
・トリプルスロット対応
・撥水対応

発売 MOTOROLA/2019年5月
動作性能 Snapdragon 636/4GBRAM
AnTuTu:12万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/2270×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+500万画素
前面1200万画素(TOF)
バッテリー 3000mAh
サイズ 157 × 75.3 × 8.27 mm/172 g
カラー ディープインディゴ
ビバレッド
価格 38,800円
Moto G7 Plusの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:27,800円

Moto G7 Plus(27,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:29,800円
(新規がお得!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
Moto G7 Plus(35,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、6,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。


8位 Pixel 3a

Pixel 3a

こちらはグーグルのPixel 3の廉価モデル「Pixel 3a」です。
前作のPixel 3/XLはハイスペックモデルでしたが、価格の高さもあってSIMフリースマホとして売れ筋は微妙でした。今回登場したPixel 3a/XLは廉価版と言うことで、スペックダウンと共に価格も大幅に下げられています。バランスの良いミドルクラスをお探しの方にオススメです。
POINT

・コスパが良い
・有機ELディスプレイ搭載
・防水防塵対応
・おサイフケータイ対応

・外部ストレージ非搭載
・カメラがシングルレンズ

発売 Google/2019年5月
動作性能 Snapdragon 670/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.6インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm/147 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
パープルイッシュ
価格 48,600円

9位 Pixel 3a XL

Pixel 3a XL

こちらはそんなPixel 3aの上位モデル「Pixel 3a XL」です。
Pixel 3aよりもディスプレイサイズが大きいのと、バッテリー容量が大容量です。もちろん価格も少し高くなっております。
POINT

・バッテリー容量が多め
・有機ELディスプレイ搭載
・防水防塵対応
・おサイフケータイ対応

・外部ストレージ非搭載
・カメラがシングルレンズ

発売 Google/2019年5月
動作性能 Snapdragon 670/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.0インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3700mAh
サイズ 160.1 x 76.1 x 8.2 mm/167 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
パープルイッシュ
価格 60,000円

10位 AQUOS R2 compact

AQUOS R2 compact

こちらはシャープのコンパクトモデル「AQUOS R2 compact」です。
こちらはスナドラ845を搭載したハイスペックモデルです。また端末の特徴でもある「コンパクトさ」を備えているので、小型モデルをお探しの方にオススメ。しかも防水防塵・おサイフケータイに対応しているので、そちらも選ぶメリットになります。
POINT

・ハイスペック
・コンパクト
・防水防塵対応
・おサイフケータイ対応

・価格が高い

発売 シャープ/2019年2月
動作性能 Snapdragon 845/4GB
AnTuTu:28万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.2インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 2500mAh
サイズ 131 × 64 × 9.3 mm/135 g
カラー ディープホワイト
ピュアブラック
価格 75,000円
AQUOS R2 compactの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:55,800円

AQUOS R2 compact(55,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:64,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
AQUOS R2 compact(64,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券10,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:45,800円~57,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS R2 compact(69,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。


11位 AQUOS zero

AQUOS zero

こちらはシャープの有機ELディスプレイ搭載モデル「AQUOS zero」です。
AQUOS R2 compactと同様にスナドラ845を搭載しているので非常にハイスペックです。端末サイズは大きめですが、重量がとても軽いのが特徴的です。
POINT

・ハイスペック
・WQHD+有機ELディスプレイ搭載
・サイズの割にかなり軽量
・防水防塵対応
・おサイフケータイ対応

・カメラがシングルレンズ
・外部ストレージ非搭載
・カラーバリエーションが少ない
・価格が高い

発売 シャープ/2019年3月
動作性能 Snapdragon 845/6GB
AnTuTu:28万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.2インチ/2992×1440 WQHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 154 × 73 × 8.8 mm/146 g
カラー アドバンスドブラック
価格 90,000円前後
AQUOS Zeroの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:77,800円

AQUOS zero(77,800円)を購入する際に対象オプションの加入で最大3,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:69,800円
(投売り特価!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
AQUOS zero(79,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:65,980円~77,980円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS zero(89,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。


まとめ

2019年代のおすすめ機種ランキングはいかがでしたか?

本記事は2019年夏に作成しておりますが、今後も新しい端末が登場すればランキングに追加していこうと思います。

上位のHUAWEIスマホやASUSスマホは、コストパフォーマンスはもちろん、レビュー評価も高いので本当にオススメです。

残念ながら下位となってしまったシャープスマホも、コスパで言えば十分優れた端末ですしオススメなのですが、格安SIMのデビューにハイスペックを選ぶ人が少ないので今回はこの順位に。


まだ格安SIMを使ったことがないと言う方は、一度スマホ料金を見直して、是非検討してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。