白ロムスマホでドコモが人気の理由とは?



白ロムスマホで売れ筋ランキングを調べるとiPhoneシリーズ以外はドコモの端末が上位を占めています。

元々「白ロムスマホ」と言う言葉自体、一般的には全く知られていませんでしたが、イオンやゲオのスマホ業界進出により、「格安スマホ」や「SIMフリースマホ」と言うワードが一般的になり、それによって「白ロムスマホ」と言うワードもちらほらと一般的にも出回り始めました。

SIMフリースマホと違って白ロムスマホは利用する回線によって端末を選ぶ必要があります。また逆も然りで、白ロムスマホを入手したら、その白ロムスマホで利用出来る回線を選ぶ必要があるわけです。そして通信さえ出来るのであれば例えばドコモの端末を持っていたとして、ドコモに契約をしにいけば新たに契約することが出来ます。知り合いから解約済みの端末を譲り受けたりしたらこの様な事も可能になるわけですね。

白ロムスマホでドコモが人気の理由

本題なのですが、白ロムスマホでドコモが人気の理由は、通信サービスにあります。SIMフリースマホや白ロムスマホの購入を検討している方やこれから知りたい方は、恐らくではありますが「格安SIM」と組み合わせて利用する予定なのではないでしょうか?

キャンペーンや乗り換えを使って契約した方が安く済む可能性が高い訳ですし、わざわざドコモの白ロムスマホを入手してキャリアで契約する人も少ないでしょう。

つまりドコモの白ロムスマホが人気の理由は、この格安SIMサービスにあります。そもそも格安SIMサービスとは、携帯電話回線を借りてその回線を利用してサービスを提供する業者のことで、国内の格安SIMが借りている回線にドコモ回線が多いのです。

これがまさに理由で、ドコモ回線の通信に使えるドコモの白ロムスマホが人気と言うわけです。

※最近ではau回線を提供するサービスも増えています。それでもまだまだドコモ回線を提供するサービスが多く、ドコモの白ロムが人気です。

SIMフリースマホと白ロムスマホはどちらが良いのか

白ロムスマホを探している方もSIMフリースマホを探している方も、「スマホの月額料金を安くしたい」と言う理由の方が多いです。

実際にドコモやソフトバンクは基本使用料(+かけ放題)で3000円前後かかってしまい、データ通信は安いプランでも3500円前後かかってしまい、それに加えてネット接続料などその他の費用が加わってしまうと、
もし上手くキャンペーンを利用して端末代金が0円だったとしても、これだけで7000円もかかってしまいます。

それに比べてSIMフリースマホや白ロムスマホを利用する場、データ通信や音声通話の料金はとても安いです。例えばDMM mobileのデータSIMプラン(音声通話が出来ず、データ通信のみ)の2GBプランで月額770円(ドコモで2GBは3500円…)です。

仮に大手キャリアのように通話も出来るプランを選んだ場合ですら月額1,470円(2GB,あくまで参考)と言う安さです。
そして回線もドコモの回線を利用していますので、大手キャリアと全く変化なく通信も出来ちゃうわけです。

こんなに安いプランがあるのに、わざわざ高い月額料金を払う必要はありません。まだ白ロムスマホやSIMフリースマホを利用していない方は、是非この機会に参入するべきです。

格安SIMサービスを利用して安いスマホ料金を実現する方法は以下の3つです。

  • 白ロムスマホ+格安SIMの利用
  • SIMフリースマホ+格安SIMの利用
  • 格安SIMが提供している端末セット販売を利用

つまり利用するには以下の2つを選ぶ必要があります。

  • 「スマホ本体」と「通信サービス」を自分で選ぶのか
  • 「通信サービス」を選んで「セット販売の端末」を選ぶのか

「スマホ本体」と「通信サービス」を自分で選ぶ場合は、スマホ本体を「白ロムスマホ」にするのか、「SIMフリースマホ」にするのか。

「セット販売の端末」を選ぶというのは、格安SIMサービスが指定のSIMフリースマホを端末代金込みでセット販売してくれるサービスのことで、サービスの内容にもよりますが、価格が安く済むと言うメリットがあります。そして選べる端末が少ないと言うデメリットも当然あります。

そして実際に「スマホ本体」を自分で準備する選択肢を選んだ方にこそ、「白ロムスマホ」か「SIMフリースマホ」かどちらを選ぶかと言う問題に直面するわけです。

白ロムスマホを選ぶ理由

白ロムスマホを選ぶ場合のメリット・デメリットについて解説します。

icon-check SIMフリーモデルよりも選べる種類が圧倒的
icon-check 大手キャリアで採用されているだけあって高性能な端末が多い
icon-check
icon-check 使用ユーザーが多いので不具合やバグの情報が見つけやすい

icon-check それぞれの端末に対応した回線しか利用出来ない
icon-check 詐欺や不正品の被害を受ける場合がある

SIMフリーモデルよりも選べる種類が圧倒的

SIMフリースマホ自体は多数存在しているのですが、現在国内で販売されているSIMフリースマホの数と比べると、白ロムスマホの方が種類が多く、好みの端末を選ぶことが出来ます。
※最近はSIMフリースマホも種類が豊富になってきたので、白ロム側のメリットではないかもしれません。

大手キャリアで採用されているだけあって高性能な端末が多い

当然SIMフリースマホにも高性能なモデルはあるのですが、白ロムスマホは大手キャリアで採用されている端末なので、最新モデルもすぐに出回ります。当然価格も高いわけですが、自分の好みの端末を探す上では圧倒的に有利。

大手キャリアのキャンペーンの関係で安く入手出来る場合がある

例えばドコモが「他社から乗り換えたら、機種Aの端末代が0円!」みたいなキャンペーンを行った場合、当然機種Aの白ロムスマホの価格は下がります。タイミング良ければ最新モデルですらとても安く入手出来ます。

使用ユーザーが多いので不具合やバグの情報が見つけやすい

そこまで重要では無く感じますが、実際に端末を利用している時に、謎の不具合に直面した場合、とても大きなメリットになります。

それぞれの端末に対応した回線しか利用出来ない

そこまで大きなデメリットではないですが、SIMフリースマホと比べると負けているのでデメリット。
※SIMフリースマホも回線に対応したモデルが必要ですが

詐欺や不正品の被害を受ける場合がある

白ロムスマホを選ぶ場合に、最も気をつけるべき点です。白ロムスマホは契約情報を無くした後に販売するので、中古品扱いとして販売されている場合が多いです。端末自体は一度も使用していなくても中古品として扱われるわけです。まさにこれを理由に、「新品同様」と記載して商品説明をあまり詳しく行わずに、赤ロムスマホを販売している場合があります。赤ロムスマホとは、盗品などの不正製品のことで、契約しても通信が行えない端末のことです。

掴んだら最悪なので、白ロムスマホを購入する際は絶対に信頼出来るお店での購入が大前提です。

SIMフリースマホを選ぶ理由

白ロムスマホを選ぶ場合のメリット・デメリットについて解説します。

icon-check 海外でも契約が出来る
icon-check 白ロムスマホと違ってどんな回線にも対応
icon-check 欲しい端末が格安SIMでセット販売されている場合がある

icon-check 種類がそこまで多くないので選択肢が少ない
icon-check スペック差が激しく中間の細かいスペックの違いが無い
icon-check メーカーが無名な所が多くサポートに期待出来ない

海外でも契約が出来る

白ロムスマホには出来ない事なのでメリットです。予定がある人にはかなりありがたい仕様です。

白ロムスマホと違ってどんな回線にも対応

通信と端末を合わせなければならない白ロムスマホとは違い、まさに「フリー」です。

欲しい端末がMVNOサービスでセット販売されている場合がある

SIMフリースマホに欲しい端末があれば最もありがたいメリットです。手間も省けますし、価格も安くなる場合が多いですから。

種類がそこまで多くないので選択肢が少ない

「CPU」「RAM」「ROM」「解像度」「インチ数」「機種サイズ」「バッテリー」「カメラ性能」「デザイン」などスマホを選ぶときの比較ポイントってかなり多いんですよね。種類がそこまで多くないSIMフリースマホにおいて、こだわりの強い方がベストの端末を見つけるのは厳しいかもしれません。
※最近はSIMフリースマホも種類が豊富なのでそこまでデメリットではありません。

スペック差が激しく中間の細かいスペックの違いが無い

上記とほぼ同じ意味なのですが、最新モデルから古いモデル、様々なメーカーと種類の多い白ロムスマホとは違い、SIMフリースマホは自分に合った端末が無い場合があります。

メーカーが無名な所が多くサポートに期待出来ない

大手キャリアが採用している白ロムスマホと違い、格安モデルが多いSIMフリースマホは、一般的ではないいわゆる無名メーカーの端末も存在します。
バグや不具合に直面した場合、かなりの不安がありますね。
最近ではそんな無名のメーカーも国内での知名度が高く、サポートも手厚いのでそこまでデメリットではありません。

白ロムスマホでドコモが人気の理由まとめ

大手キャリアに未だに高い月額料金を払っている方、多数いるでしょう。
今回のような方法を利用すれば誰でも簡単にスマホ料金を一気に下げることが出来ます。
注意点としては、大手キャリアには2年縛りのルールがあるので、いきなり解約しようとすると解約金が発生しますので注意しましょう。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。