P30 liteが12,800円の投げ売り特価!OCNモバイルONEで販売開始

白ロムを利用してスマホ料金を安くする方法

最近よく聞く「白ロム」と言う言葉があります。
白ロムはかんたんに言えば、機種内の契約情報(電話番号)が無い機種本体の事です。
解約や機種変更などによって情報が消去されている状態で、SIMカードを使う機種はカードを解除してある状態のことです。

今回はこの「白ロム」を上手く活用してスマホ料金を安くする方法を紹介していきます!

白ロムを利用してスマホ料金は安くしよう!

スマートフォン利用者にとって馬鹿にならないのが月々の利用料金です。
Docomo,Au,Softbankなどの大手キャリアでは基本使用料金とパケット定額料金とインターネット接続料金を合わせると、6000円を超えるのが当たり前ですよね。(機種代も入れたら月々1万前後になってしまう場合も)


今回のテーマでもある「白ロム」を使えば、そんな高い月額料金を半額以下に出来ます!
なぜ白ロムスマホを利用したら月額料金が安くなるのかと言うと、「端末代金」「通信料金」を安くすることが出来るからです。


まず「通信料金」についてはDocomo,Au,Softbankなどの大手キャリアで契約をするのではなく、「MVNO回線」を利用します。
MVNO回線とは、回線を持ってる会社から安く借りてユーザーに提供するサービスの事で、それらのサービスを提供する会社がいくつかあります。
最近の言い方では「格安SIM」の通信サービスのことですね。
このMVNO(格安SIM)を使えばDocomo,Au,Softbankなどの大手キャリアよりも安い通信プランを選ぶことが出来ます。


そして「端末代金」の節約として、白ロムを利用します。
白ロムはカンタンに言えば中古スマホのことなので、もちろん定価よりも安く販売されています。
人が使ったスマホなんてイヤだ!と言う方もいるかもしれませんが、開封はされているものの一切使用されている未使用品であったり、
キャリアが期間限定で行ったキャンペーンによって一時的に価格が下落したスマホを転売目的で購入して、しばらくしてから新品で販売する人もいます。


そんな白ロムスマホMVNO(格安SIM)を組み合わせることによって、
スマホの月額料金を安くすることが出来ます!

白ロムスマホとSIMフリースマホとの違い

そんな白ロムスマホですが、SIMフリースマホと使い方が似ています。
SIMフリースマホとはその名の通りSIMがフリーの端末です。何らかの通信SIMを挿入して使えるスマホのことなので、使い用途で言えば白ロムスマホと同じです。


白ロムスマホを選ぶメリットは種類の多さおサイフケータイの対応・ワンセグフルセグの対応などがあります。
SIMフリースマホでもそれらに対応したモデルはありますが、極端に数が少ないです。


一方のSIMフリースマホは、単品購入も出来ますが格安SIMとセット販売されている場合があります。その場合はより安く購入出来る場合が多いです。
SIMフリースマホを選ぶメリットとしてはこういったセット販売やキャンペーンによって安く購入出来る場合が多いところです。


白ロムスマホを選ぶかSIMフリースマホを選ぶかは人によって違いますが、
もしおサイフケータイやワンセグが不要でスマホにこだわりが無く、契約予定の格安SIMでセット販売されている端末があるのであればSIMフリースマホを選んだ方が安上がりです。
逆におサイフケータイやワンセグの対応であったり、端末へのこだわりがある方は白ロムスマホを選びましょう。

白ロムスマホを購入する前に

実際に白ロムスマホを入手して格安SIMの通信サービスを利用するわけですが、白ロムスマホは入手経路も含めて注意点がいくつかあるのでそちらを先に紹介します。

まずは通信の対応周波数に注意

実際に白ロムスマホを探す前に、対応周波について知っておきましょう。
スマホの通信では、それぞれの通信サービスにあった電波が送受信されています。
それぞれのスマホの対応周波数と利用予定の回線の周波の確認を行い、しっかり通信が出来ることを確認してから端末を選びましょう。

よく分からないと言う方は自身が選ぶ予定の回線にあった端末を選びましょう。
※ドコモ回線の利用者はドコモスマホ、Au回線の利用者はAuスマホと言ったように

端末のSIMロックに注意

一昔前のスマホではドコモスマホはドコモSIMしか受け付けておらず、AuスマホはAuSIMしか受け付けていませんでした。
これを「SIMロック」と呼び、例えばドコモスマホにAuやSoftbankのSIMを挿入して通信することが出来ずに、SIMにあわせて利用制限がかかっていました。
しかしこのSIMロックを解除することが出来るようになって、しかも2015年にはSIMロック解除が義務化へ。
SIMロック解除は手続きが必要です。たまに白ロムスマホとして出品されている製品もSIMロック状態のものがあります。
白ロムスマホを探す場合には必ず「SIMロック解除済み」のモデルを選ぶようにしましょう。

購入には細心の注意を

白ロムはあくまで中古品です。購入するときは細心の注意を払って選びましょう。
市場には「赤ロム」と呼ばれる不良品も出回っており、
赤ロムとは盗品などの不正製品は契約すると制限がかかって使用出来ない端末のことで、掴んだら最悪です。

ネットショップ、専門店、フリマ、オークション、などなど様々な購入方法がありますが、個人出品になってしまうと商品状態の程度や傷の大小等の認識は売り手の判断と言うことになります。
オークションや個人出品のフリマ・ネットモールなんかよりは、
白ロムの専門店がオススメです。

白ロムスマホを探す

【イオシス】
在庫:★★★★★
ショップを見てみるイオシス
こちらは白ロムスマホ販売店として昔から人気の老舗店です。一時期はオリジナルスマホも販売しておりましたが、今では白ロムの取り扱いがメインに。在庫は端末にもよりますが基本的には多いです。
専門業者が買い取って商品の状態を判断して販売しているので信用して美品を購入することが出来ます!なるべく状態の良い物を探している方にオススメのショップです。
【ムスビー】
在庫:★★★★★
ショップを見てみるムスビー
白ロムスマホ販売店としてはとても有名なショップです。
こちらは白ロム専門のフリマサイトで、あくまで個人売買の類になります。
しかし売り手にも買い手にもしっかりとルールが定められており、間にムスビーが介している分安心して取引が出来ます。
ムスビーの良いところは取引数がとても多いことです!
そのおかげで古い端末や珍しい端末もカンタンに入手することが出来ます!
【ドスパラ】
在庫:★★★★☆
ショップを見てみるドスパラ
パソコンや周辺機器の販売で有名なドスパラです。
中古のスマートフォンの販売も行っており、在庫がかなり多いです。
パソコン販売で圧倒的な知名度があるので信頼できるショップです。
【ページ上部右】→【中古】→【スマートフォン】にて端末を探しましょう。
【ダイワンテレコム】
在庫:★★★☆☆
ショップを見てみるダイワンテレコム
白ロムスマホ販売店としては有名なショップです。
かなり昔からずっと広告が出ており、
毎日入荷されている製品が見ることが出来て便利です。
イオシスやムスビーと比べると在庫は少なめ。
【Amazon】
在庫:★★★★★
ショップを見てみる
大手ネットモールAmazonです。
利用者も多く安心ですが、個人出品が多いので製品の状態には気をつけましょう。
出品店の名前をクリックするとAmazonで出展しているショップの評価が見れるので、
購入する際は参考にした方が良いです。
「端末名 白ロム」や「端末名 本体」で検索しましょう。
【楽天市場】
在庫:★★★★★
ショップを見てみる
Amazonに次ぐ大手通販店の楽天市場です。
利用者も多く安心ですが、Amazon同様に個人出品が多いので製品の状態には気をつけましょう。Amazonと違って出店には費用が必要なので少しは安心かもしれませんが。
楽天ポイントと連動しているので普段から楽天を利用している方にはオススメ。
「端末名 白ロム」や「端末名 本体」で検索しましょう。
【Yahoo!ショッピング】
在庫:★★★★☆
ショップを見てみる
そしてネットモールと言えばYahoo!ショッピングもあります。
Amazonや楽天市場と比べると利用者は少し減りますが、それでも白ロムスマホはそこそこ販売されています。
Tポイントと連動しているので利用者にはオススメです。

MVNO(格安SIM)サービスを契約する

白ロムスマホを入手、または購入する白ロムスマホを決めたと言う方はMVNO(格安SIM)サービスを探します。
どのサービスもキャリアと比べると非常に料金が安くなっています。自身の使い用途、通信データ量、料金などをふまえてサービスを選びましょう。
最低限決めないといけないのが回線の種類です。
ほとんどの格安SIMサービスではドコモ回線に対応しておりますが、どうしてもAu回線やSoftbank回線が良いと言う方は前もって調べておく必要があります。

Au回線に対応
・UQ mobile
・mineo
・IIJmio
・BIGLOBEモバイル
・楽天モバイル
Softbank回線に対応
・LINEモバイル
・nuroモバイル
・b-mobile
・mineo
・QTモバイル
・U-mobile
・ロケットモバイル
・H.I.S.モバイル
・RepairSIM
・Hitスマホ
・Y!mobile

※2018年冬時点の情報です。

おすすめのMVNO(格安SIM)サービスは?

格安SIM契約をする場合には、自身の使い用途に合わせてある程度プランを考えておく必要があります。

・キャリアスマホから格安SIMへと乗り換える
・キャリアスマホとは別にサブ機として格安SIMを契約する

と言う2つがよくあるパターンだと思います。


まずはじめの「キャリアスマホからの乗り換え」を検討している方は、
音声通話プランを契約する必要があります。
格安SIMにはインターネットだけ出来る「データ通信プラン」と、音声通話も出来る「音声通話プラン」に分かれています。もちろん音声通話プランもインターネットが出来ます。
「音声通話プラン」は「データ通信プラン」と比べると料金が少し高くなってしまいますが、それでもキャリアスマホの月額料金と比べるとめちゃくちゃ安いです。

そして「サブ機として格安SIM契約」を検討している方は、
電話をする必要が無ければ「データ通信プラン」を選べば安上がりです。
「データ通信プラン」では通話をすることが出来ませんが、その分価格が桁違いに安いです。キャリアスマホを使っている方で、データ通信量がすぐに制限になってしまう!なんて場合に重宝します。

価格.comの人気ランキングで上位のおすすめサービスを紹介しておきます。

ドコモ/Auの音声通話プランが人気【楽天モバイル】
楽天モバイル スーパーホーダイ契約で激安プランへ!
楽天が運営する「楽天モバイル」では、容量別の通話SIMとは別に「スーパーホーダイ」と言う長期契約(2年か3年)を条件としたお得なプランがあります。こちらを利用した場合には2年縛りや3年縛りが条件になってしまうものの、とても安い料金プランを実現することが可能です!
また楽天ポイントとの連携により、スマホ料金の支払いにもポイントが付与されるのでお得です!
音声通話プランあり
10分かけ放題
セット販売あり(選べる端末:多め)
公式サイト:
楽天モバイル楽天モバイル
セット販売が安い!【OCN モバイル ONE】
OCN 格安SIMの定番!らくらくセットがお得!
こちらはNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」です。格安SIMとしてはかなりの老舗で、火付け役と言っても過言ではないほど古いサービスです!
SIMフリースマホとのセット販売「らくらくセット」が特徴的で、期間限定のキャンペーンをよく開催しているのでそれに合わせて購入すれば端末代金をかなり安く済ませることが出来ます。
SIM単品での契約の場合もAmazon経由だとかなり安くなるので、そちらもオススメです。
音声通話プランあり
10分かけ放題
トップ3かけ放題
セット販売あり(選べる端末:ふつう)
公式サイト:
OCN モバイル ONE
ソフトバンク回線使うなら!【ワイモバイル】
実店舗も多いソフトバンク運営の格安SIMサービス!
ソフトバンクのMVNOサービスとして当初話題となっていたワイモバ。最近では選べる回線が増えたこともあって、希少性は無くなりましたがそれでも安定して人気のサービスとなっております。
CMや広告でもお馴染みでキャンペーンが多いので、何らかのキャンペーンが適用されることでしょう。現在言えば「ワンキュッパ割」や「ワイモバ学割」ですね。
またワイモバイルでしか契約できない端末も多いので、格安SIMでありながらも4つ目の大手キャリアでもあります。
音声通話プランあり
10分かけ放題
セット販売あり(選べる端末:少なめ)
公式サイト:
Y!mobile

白ロムスマホの使い方をおさらい

STEP.1
MVNO(格安SIM)サービスを選ぶ
楽天モバイルやOCNなどの格安SIMサービスから自身の使い用途や回線に合った物を選びます。
STEP.2
白ロムスマホかセット販売かを選ぶ
SIMの単品契約+白ロムで運用にするのか、SIM+端末のセットで購入するのかを選びます。
STEP.3
白ロムスマホの場合は入手する
白ロム運用の場合は白ロムの端末を購入しましょう。
STEP.4
セット販売の場合は格安SIMのセット端末から選ぶ
端末セットから選ぶ場合は格安SIMが販売しているSIMフリースマホから選びます。
STEP.5
MVNO(格安SIM)サービスを契約する
はじめにチェックした格安SIMサービスを契約しましょう。
STEP.6
購入した白ロムスマホまたはSIMフリースマホに挿入する
契約後に届くSIMカードを準備した端末に挿入します。
セットアップ完了!利用開始!

まとめ

今回紹介した格安SIM+白ロムの運用法ですが、
昔と比べるとそこまで人気ではなくなっています。
理由は格安SIMがSIMフリースマホとのセット販売を大々的に行っているからです。

一昔前ではSIMフリースマホ自体は少なかったので、選べる端末がかなり少なかったです。
そこで今回のようなキャリアの中古スマホをSIMロック解除してSIMセットして通信するという方法が流行っていたわけです。

とは言え未だにキャリアスマホの方が種類が多いのは間違いないですし、おサイフケータイの対応・ワンセグフルセグの対応と言う利点もあります。

もしSIMセットで購入する方は問題ありませんが、白ロムスマホを購入すると言う方は、使い用途に合わせて比較しているまとめ記事がいくつかあるのでそちらもご参考下さい^^
【2018年最新】コスパに優れたおすすめ白ロムスマホ6選
【2018年秋冬】白ロム(中古)スマホランキングでおすすめモデルは?
【2018年最新】auのAndroid白ロムスマホ比較!おすすめ6選

さいごに
記事中にも記載しましたが、
なるべく白ロムの専門店で購入することをオススメします。
個人売買だとどうしても商品状態の程度が売り手の判断になってしまうからです!
状態の悪い製品や劣化している製品を美品として偽っている場合もあるので、安心して購入するためにも白ロムの専門店での購入をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。