前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

「TCL 10 lite」と「OPPO Reno3 A」の違いを比較!

TCL製スマホ「TCL 10 lite」とOPPO製スマホ「OPPO Reno3 A」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は参考にしてみて下さい^^

おサイフケータイ使うならOPPO Reno3 Aがおすすめ

先に結論を言っておくと、OPPO Reno3 Aはおサイフケータイ対応モデルなので、もしおサイフケータイを使うのであればOPPO Reno3 Aがおすすめです。

イッテツ

ちなみにおサイフケータイ対応モデルは少し価格が高くなる傾向にあります。TCL 10 liteとOPPO Reno3 Aは同じCPUが搭載されておりますが、価格差が1万円以上もあります。逆におサイフケータイを使わないのであれば、TCL 10 liteの方がお買い得です。

他にもTCL 10 liteとOPPO Reno3 Aには色んな違いがあるので、しっかりとスペックの違いをチェックしてみてください!

スペック比較表

名称 TCL 10 lite OPPO Reno3 A
画像 TCL 10 lite 小さい画像 OPPO Reno3 A 小さい画像
メーカー TCL OPPO
発売時期 2020年7月 2019年11月
OS Android 10.0 ColorOS 7.1
(Android 10ベース)
CPU Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
RAM 6GB 6GB
ROM 128GB 128GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
ディスプレイ 6.53 インチ 6.44 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
2400×1080
FHD+
画面占有率 91.0% 89.9%
アスペクト比 19.5:9 20:9
背面カメラ 4800万画素
800万画素
200万画素
200万画素
4800万画素
800万画素
200万画素
200万画素
前面カメラ 1600万画素 1600万画素
バッテリー 4000mAh 4025mAh
急速充電 不明 18W
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS DSDV
トリプルスロット
生体認証 指紋
指紋(画面内)
防水防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
通信(4G) B1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 162.2 mm 160.9 mm
機種サイズ (横幅) 75.6 mm 74.1 mm
機種サイズ (厚み) 8.4 mm 8.2 mm
機種重量 180 g 175 g
カラー Arctic White
Mariana Black
ホワイト
ブラック
参考価格 26,800円(税込) 40,000円前後

<スポンサーリンク>

価格を比較

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
26,800円(税込) 40,000円前後

発売時の価格にも違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

ディスプレイの違い

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
6.53インチ,2340×1080(FHD+),19.5:9,画面占有率91% 6.44インチ,2400×1080(FHD+),有機EL,20:9,画面占有率89.9%

どちらの端末も6.5インチ前後の大型ディスプレイが搭載されております。

そしてOPPO Reno3 Aでは有機ELディスプレイが採用されております。有機ELディスプレイは「視野角の広さ」「薄さ」「省エネ」などの特徴があります。
参考:【2020年最新】有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホまとめ

カメラの違い

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
4800万画素
800万画素(超広角118°)
200万画素(マクロ)
200万画素(深度)
4800万画素(F1.7)
800万画素(F2.2/超広角119°)
200万画素(F2.4/モノクロ)
200万画素(F2.4/深度)
1600万画素 1600万画素(F2.0)

どちらの端末も4つのレンズを搭載するクアッドカメラが採用されております。

TCL 10 liteのクアッドカメラの役割は以下の通り。

  1. メインレンズ⇒4800万画素
  2. 広角レンズ⇒800万画素(118°)
  3. マクロレンズ⇒200万画素
  4. 深度レンズ⇒200万画素

高画素なメインレンズ、118度の超広角レンズ、接写ができるマクロレンズ、ポートレート用の深度レンズが搭載されています。

OPPO Reno3 Aのクアッドカメラの役割は以下の通り。

  1. メインレンズ⇒4800万画素(F1.7)
  2. 広角レンズ⇒800万画素(F2.2/119°)
  3. モノクロレンズ⇒200万画素(F2.4)
  4. 深度レンズ⇒200万画素(F2.4)

高画素なメインレンズ、119度の超広角レンズ、暗所での撮影に強いモノクロレンズ、ポートレート用の深度レンズが搭載されています。

機能面やデザインの違いを比較

防水防じんの対応

OPPO Reno3 Aは定番のIP規格に対応しており、等級はIP68です。前半の数字が「防塵等級」で、後半の数字が「防水等級」です。

IPの数字について

等級による性能の違いは以下の通り。

保護等級 内容
0 特に保護がされていない
1 直径50mm以上の固形物が中に入らない
2 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない
3 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
4 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
5 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない
6 粉塵が中に入らない
保護等級 内容
0 特に保護がされていない
1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
8 継続的に水没しても内部に浸水することがない

おサイフケータイの対応

OPPO Reno3 Aはおサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aはおサイフケータイに対応しております。おサイフケータイは最近流行っている電子決済を利用できる機能のことです。
キャリアスマホだと対応機種が多いのですが、SIMフリースマホだとまだまだ対応数が少ないです。これまで電子決済サービスを使っていた方がTCL 10 liteへ乗り換えた場合は、電子決済サービスが使えなくなるので注意。

DSDVの対応

OPPO Reno3 AはDSDVに対応しております。DSDVは2枚のSIMを同時に待ち受けることができる機能のことです。
参考:DSDV対応スマホのメリットやデメリット【一覧表あり】

対応Bandの違い

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
4G B1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41
3G B1 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6
楽天(4G LTE):B3/B18

上記すべてに対応している必要はありませんが、ドコモは「1/3/19」、auは「1/18/26」、ソフトバンクは「1/3/8」の対応が重要です。こちらの記事で各バンドの役割をまとめてあるので、参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

端末サイズや重量の違い

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
162.2 × 75.6 × 8.4 mm
180 g
160.9 × 74.1 × 8.2 mm
175 g
TCL 10 liteとOPPO Reno3 Aの比較画像

カラーバリエーションの違い

TCL 10 lite OPPO Reno3 A
TCL 10 lite Arctic WhiteArctic White OPPO Reno3 A ホワイトホワイト
TCL 10 lite Mariana BlackMariana Black OPPO Reno3 A ブラックブラック

<スポンサーリンク>

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、TCL 10 liteやOPPO Reno3 Aを購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

TCL 10 liteの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:13,100円
(投売り特価!)
真夏のスマホ大特価セール!
今ならTCL 10 lite(20,100円)を購入すると7,000円割引が適用!また「他社からの乗り換えで5,000円割引」「対象のオプション同時加入で3,000円割引」も適用されます!
2020年8月17日までの期間限定なのでお早めに。

Reno3 Aの開催キャンペーン

BIGLOBE SIMblank
実質価格:21,500円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にOPPO Reno3 A(36,000円)を3GB以上の音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが14,500ポイントも付与されます!
また通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料に!さらに月額料金の6か月間1,200円割引も適用される特典だらけのお得セールです!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:27,300円
(乗り換えがお得!)
Reno3 A(27,300円)を他社からの乗り換えで契約した場合、5,000円割引が適用!また対象オプションの同時加入で1,000円割引も適用されます。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:34,800円
(特典多数!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
Reno3 A(34,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券5,000円分が貰えます!また「初期費用が1円」「au回線契約で3か月間700円割引」「誰とでも10分通話定額オプションが4か月間0円」「乗り換えで4,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

OPPO Reno3 Aのレビュー記事

今回取り上げたOPPO Reno3 Aは、実際に購入して開封したときのレビュー記事があるので、興味のある方はぜひそちらも参考にしてみて下さい!

blank 【開封レビュー】OPPO A5 2020はコスパ最強かも!?【写真追加】

期間限定前回売り切れだらけのスマホ投売りセールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。