スマホ投売り最強セール再び!

「TCL 10 Pro」と「moto g8 power」の違いを比較!

TCL製スマホ「TCL 10 Pro」とモトローラ製スマホ「moto g8 power」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。
名称 TCL 10 Pro moto g8 power
画像 TCL 10 Pro 小さい画像 moto g8 power 小さい画像
メーカー TCL モトローラ
発売時期 2020年5月 2020年4月
OS Android 10 Android 10
CPU Snapdragon 675
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
RAM 6GB 4GB
ROM 128GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大512GB
画面サイズ 6.47 インチ
有機EL
6.36 インチ
画面解像度 2340×1080
FHD+
2300×1080
FHD+
アスペクト比 19.5:9 19:9
画面占有率 93% 88%
背面カメラ 6400万画素
1600万画素
500万画素
200万画素
1600万画素
800万画素
800万画素
200万画素
前面カメラ 2400万画素 1600万画素
バッテリー 4520mAh 5000mAh
急速充電 18W
Quick Charge 3.0
18W
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
生体認証 指紋(画面内)
指紋
DSDV 対応
トリプルスロット
防水防塵 撥水
おサイフケータイ
通信(4G) B1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 158.5 mm 158 mm
機種サイズ (横幅) 72.4 mm 75.9 mm
機種サイズ (厚み) 9.0 mm 9.6 mm
機種重量 177 g 197 g
カラー エンバーグレー
フォレストミントグリーン
スモークブラック
カプリブルー
参考価格 50,000円前後 32,800円

価格を比較

TCL 10 Pro moto g8 power
50,000円前後 32,800円

発売時の価格に違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

主なスペックや動作性能の違いを比較
※イメージ画像

CPUの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
Snapdragon 675
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz

TCL 10 Proはクアルコム社のSnapdragon 675が搭載されており、AnTuTu v8のベンチマークスコアでは21万前後を記録しております。

一方のmoto g8 powerはクアルコム社のSnapdragon 665が搭載されており、AnTuTu v8のベンチマークスコアでは16万前後を記録しております。

スマホのCPU(SoC・チップセット)は、スマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。
参考:スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

両端末ではAnTuTuのベンチマークスコア差が5万ほどあります。AnTuTuのベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。AnTuTuのスコアだけで言うと、動作性能ではTCL 10 Proの方が優れていると言う事になります。

moto g8 power ベンチマークスコア

ちなみにmoto g8 powerは実機ベンチマークスコアを測定結果があるので貼っておきます。他のベンチマークスコアも測定しているので、気になる方は下記をチェックしてみて下さい。

blank moto g8 powerの実機ベンチマークスコア【5つのアプリで計測】

RAMの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
6GB 4GB

RAMの数値にも違いがあります。RAMは、主に「同時動作」に影響を与えると言われているパーツです。
参考:スマホのRAM(メモリ)とは?ROMとの違いは?【4GBが最適】

TCL 10 Proの方が2GB多く搭載されていますので、同時動作もTCL 10 Proの方が優秀と言う事になります。

ストレージの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ
最大256GB
内部ストレージ:
64GB
外部ストレージ
最大512GB

スマホで動画や音楽などと言ったファイルを管理すると言う方に重要な項目が「ストレージ」です。ようするにスマホのファイルを保存出来る容量のことです。ストレージは「ROM」と呼ばれる内部ストレージと、SDカードで増設出来る「外部ストレージ」の2種類に分かれています。

内部ストレージはTCL 10 Proの方が多いですが、外部ストレージの対応数はmoto g8 powerの方が多いです。

ディスプレイの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
6.47インチ,2340×1080(FHD+),有機EL,19.5:9,画面占有率93% 6.36インチ,2300×1080(FHD+),19:9,画面占有率88%

ディスプレイサイズは、TCL 10 Proが6.47インチで、moto g8 powerが6.36インチです。どちらもかなり大型ディスプレイが搭載されています。

またTCL 10 Proは、ディスプレイ種類が有機ELディスプレイなので、視野角の広さ黒色の発色などのメリットがあります。
参考:【2020年最新】有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホまとめ

TCL 10 Proとmoto g8 powerの上部

TCL 10 Proはディスプレイ上部に水滴型ノッチが採用されておりますが、moto g8 powerはパンチホールが採用されております。

TCL 10 Proとmoto g8 powerの下部

ディスプレイ下部のベゼルがTCL 10 Proの方が狭いので、画面占有率はTCL 10 Proの方が上です。

カメラの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
6400万画素(F1.79)
1600万画素(F2.4/超広角123°)
500万画素(F2.2/接写)
200万画素(F1.8/暗所)
1600万画素(F1.7)
800万画素(F2.2/超広角118°)
800万画素(F2.2/望遠)
200万画素(F2.2/接写)
2400万画素 1600万画素(F2.0)

どちらの端末も背面に4つのレンズを搭載するクアッドカメラが採用されておりますが、それぞれの役割が異なります。

TCL 10 Proのクアッドカメラの役割は以下の通り。

  1. メインレンズ⇒6400万画素(F1.79)
  2. 広角レンズ⇒1600万画素(F2.4/123°)
  3. マクロレンズ⇒500万画素(F2.2)
  4. 暗所撮影レンズ⇒200万画素(F1.8)

高画素なメインレンズ、123度の超広角レンズ、至近距離でもピントが合わせられるマクロレンズ、暗所で明るい写真が撮れる暗所用レンズが搭載されています。また前面カメラも2400万画素(視野角79.6° レンズ5P F2.0)とかなり高画素。

moto g8 powerのクアッドカメラの役割は以下の通り。

  1. メインレンズ⇒1600万画素(F1.7)
  2. 広角レンズ⇒800万画素(118°)
  3. 望遠レンズ⇒800万画素(F2.2)
  4. マクロレンズ⇒200万画素(F2.2)

メインレンズ、118度の超広角レンズ、望遠レンズ、マクロレンズの組み合わせです。moto g8 powerはレビュー記事にて、実際に撮影した写真があるので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

レンズ枚数は同じですが、画素数や性能を考えると、カメラ性能はTCL 10 Proの方が優秀です。

バッテリーの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
4520mAh 5000mAh

単純なバッテリー容量ではmoto g8 powerの方が上です。またどちらの端末も18Wの急速充電に対応しているので高速で充電ができます。

さらにTCL 10 Proは、他のデバイスを充電できるリバースチャージにも対応しています。

moto g8 powerのPCMarkバッテリースコア moto g8 powerのPCMarkバッテリースコア2

こちらはmoto g8 powerのPC Markバッテリーテストの結果です。moto g8 powerのバッテリー連続使用時間は17時間です。

<スポンサーリンク>

機能面やデザインの違いを比較

機能面やデザインの違いを比較
※イメージ画像

Wi-Fi5GHz帯の対応

TCL 10 ProはWi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応しております。2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があるので、5GHz帯の対応は重要です。
参考:スマホWi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いとは?どっちを選べばいいの?

DSDVの対応

moto g8 powerはDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しております。DSDVはSIM2枚(4G+4G)で同時に待ち受けが出来る機能のことです。SIM2枚運用したい方には必須です。
参考:DSDV対応スマホのメリットやデメリット【一覧表あり】

撥水の対応

moto g8 powerは撥水に対応しております。撥水機能は水を弾いてくれる簡易防水機能のことです。

対応バンドの違い

TCL 10 Pro moto g8 power
4G B1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 26 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41
3G B1 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6
楽天(4G LTE):B3/B18

SIMフリースマホは各キャリアの各バンドに対応していないとうまく通信することが出来ません。ドコモは「1/3/19」、auは「1/18/26」、ソフトバンクは「1/3/8」の対応が重要です。こちらの記事で各バンドの役割をまとめてあるので、参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

端末サイズや重量の違い

TCL 10 Pro moto g8 power
158.5 × 72.4 × 9.0 mm
177 g
158 × 75.9 × 9.6 mm
197 g
TCL 10 Proとmoto g8 powerの比較画像

購入方法

購入方法
※イメージ画像

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、TCL 10 Proやmoto g8 powerを購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

TCL 10 Proの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:19,500円
(投売り特価!)
大感謝スマホセール開催!
セール期間中にTCL 10 Pro(34,500円)を購入した場合、15,000円割引が適用されます。
2020年12月23日までの期間限定なのでお早めに。

moto g8 powerの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:1,600円
(投売り特価!)
大感謝スマホセール開催!
セール期間中にmoto g8 power(14,400円)を購入した場合、12,800円割引が適用されます。さらに対象オプションの同時加入で1,000円割引も適用されます。
2020年12月23日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:27,800円
(ギフト券貰える!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
moto g8 power(27,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券3,000円分が貰えます!
2020年11月30日までの期間限定なのでお早めに。

<スポンサーリンク>

moto g8 powerのレビュー記事

今回取り上げたmoto g8 powerは、実際に購入して開封したときのレビュー記事があるので、興味のある方はぜひそちらも参考にしてみて下さい!

blank 【moto g8 power実機レビュー】注目のコスパスマホに弱点やデメリットはあるのか?

結局どちらが良いのか

TCL 10 Proは高性能なクアッドカメラと有機ELディスプレイが搭載されたハイエンドモデルです。ハイエンドの割に動作性能が微妙なので、コスパはかなり悪いです。もしカメラやディスプレイに魅力を感じないのであれば、素直にmoto g8 powerや他のスマホを選びましょう。

一方のmoto g8 powerは、Snapdragon 665が搭載されているのに3万円で購入出来るミドルレンジモデルです。クアッドカメラや5000mAhバッテリーの搭載など、価格に見合わない性能です。3万円前後のスマホを探しているのであれば、かなり有力な候補になります。

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。