スマホ投売り最強セール再び!

【TCL 10 Proのスペックレビュー】gooSimsellerで5月29日から発売記念特価セール開催!

2019年12月に登場したSIMフリースマホ「TCL PLEX」は、ブランドの知名度が低かったのにも関わらず、価格の割に性能が優れているコスパの良いスマホとして人気モデルとなっておりました。

筆者イッテツもよく利用するOCNモバイルONEのショップでも入荷待ち状態が続いており、最近gooSimsellerで開催された神祭月の神スマホ祭でも即完売。

今回はそんなTCLから最新モデル「TCL 10 Pro」が登場したので、スペックや特長についてまとめてみました。

TCL 10 Proの価格と主な特長

  • Snapdragon 675搭載でミドルクラス
  • 4520mAhの大容量バッテリー搭載
  • リバースチャージ機能対応
  • メイン6400万画素のクアッドカメラ搭載
  • 6.47インチの有機ELディスプレイ搭載
  • スピーカーはモノラル
  • シングルSIM
  • 価格は49,280円で性能の割に高い

blankイッテツ

Snapdragon 675で49,280円はさすがに高い。この価格ってことはカメラがめっちゃ高性能、、って事だよね?

goo Simsellerの発売記念特価セール開催予定!
gooSimsellerにて、TCL 10 Proが29,400円(税抜)で買えるセール開催予定です!TCL PLEXの時はすぐに在庫切れとなった格安セールです!

\ 5月29日11時から予約受付! /

TCL 10 Proのスペック

名称 TCL 10 Pro
画像 TCL 10 Pro
メーカー TCL(FOX)
キャリア SIMフリー
発売時期 2020年5月
OS Android 10
CPU Snapdragon 675
RAM 6GB
ROM 128GB
カードスロット 256GB
ディスプレイ 6.47インチ
画面解像度 2340×1080
FHD+
アスペクト比 19.5:9
画面占有率 93%
背面カメラ 6400万画素
1600万画素
500万画素
200万画素
前面カメラ 2400万画素
バッテリー容量 4520mAh
通信 5G:非対応
4G:B1/3/8/18/19/26
3G:B1/6/8/9/19
Wi-Fi a/b/g/n/ac
USB USB Type-C
生体認証 指紋
防水防塵
機種サイズ 72.4 × 158.5 × 9 mm
機種重量 約177 g
カラー名称 Ember Gray
Forest Mist Green

TCL PLEXと同じSnapdragon 675搭載でコスパ微妙

TCL PLEXと同じSnapdragon 675搭載でコスパ微妙

TCL 10 Proは、チップセット(CPU)、RAM、ストレージが、前作のTCL PLEXと同スペックとなっています。TCL PLEXが3万程度で買えることを考えると、今回の5万円近いTCL 10 Proは、決してお買い得とは言い難い性能となっております。

単純に動作性能だけで考えるとTCL PLEXの方がコストパフォーマンスに優れています。TCL PLEXとの詳しい違いは以下。
「TCL 10 Pro」と「TCL PLEX」のスペックの違いを比較!

画面占有率93%の有機ELディスプレイ搭載

画面占有率93%の有機ELディスプレイ搭載
出典:https://www.tclusa.com/products/mobile/tcl-10-pro

TCL 10 Proは両サイドが曲面しており、ベゼルが極細となっております。パンチホールではなく、水滴型ノッチを搭載しているものの画面占有率は93%と言う高いの数値になっています。

また液晶ディスプレイとは発色方法の違う有機ELディスプレイが搭載されています。また、HDR画質の動画を視聴することができるHDR10にも対応しています。

有機ELディスプレイのメリットは下記の記事にて記載。興味のある方は軽く覗いてみて下さい。

blank 【2020年最新】有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホまとめ

最大の武器は高性能なクアッドカメラ

最大の武器は高性能なクアッドカメラ
出典:https://www.tclusa.com/products/mobile/tcl-10-pro

TCL PLEXと動作性能が変わらないTCL 10 Proは、ディスプレイとカメラにコストがかかっています。

背面には4つのレンズが搭載されており、それぞれ役割が異なります。

  • 6400万画素のメインレンズ(視野角79° レンズ6P 絞り値1.79)
  • 1600万画素の超広角レンズ(視野角123° レンズ5P 絞り値2.4)
  • 500万画素のマクロレンズ(視野角83° レンズ3P 絞り値2.2)
  • 200万画素の暗所用レンズ(視野角77° レンズ5P 絞り値1.8)

TCL 10 Proでは高画素なメインレンズに加えて、画角123°の超広角レンズ、マクロレンズ、暗所撮影用レンズの計4レンズを搭載したクアッドカメラ仕様が採用されております。また前面カメラも2400万画素(視野角79.6° レンズ5P 絞り値2.0)とかなり高画素。

4520mAhバッテリーでリバースチャージ対応

TCL 10 Proでは4520mAhの大容量バッテリーが搭載されており、リバースチャージ機能に対応しております。

リバースチャージ機能は、TCL 10 Proから他機器への充電ができる機能のことです。大容量バッテリーを搭載しているスマホがたまに対応している機能ですね。

ステレオではなくモノラルスピーカー採用

モノラルにはモノラルの良さがあると言いますが、高いスマホは大体ステレオスピーカーを搭載しています。モノラルには、ステレオで味わえる立体感や臨場感がなく、音に迫力がないと言われています。今回のTCL 10 Proでは残念ながらモノラルスピーカー採用となっております。

フルキャリア対応だがシングルSIM採用

TCL 10 Proは4キャリアの4G通信に対応しておりますが、残念ながらシングルSIMなので、DSDSやDSDVと言った機能には対応しておりません。
最近のSIM事情だと、2枚SIMで運用する人も増えているので、出来ればDSDVには対応しておいてほしかったですね。

TCL 10 Proの紹介ムービー

<スポンサーリンク>

TCL 10 Proが高い理由はディスプレイとカメラ

前作のTCL PLEXと動作性能が変わらないのに、価格が2万円も上がっている理由は、この高性能なディスプレイとカメラのせいでしょう。

話によるとTCLは「世界最高水準のディスプレイ製造技術」と言われているメーカーで、「色差△Eが1未満(微妙な色の違いを伝えられる)」によって「よりリアルに近いビジュアルを提供する」とのことです。

さらに6400万画素のメインレンズを搭載した4眼のAIカメラも高性能かつ高コスト。カメラは実際に使用レビューが出てからでないと良さが分かりませんが、スペックを見る限り期待に応えてくれそうです。

「ディスプレイ」「カメラ」この2点がTCL 10 Proを選ぶポイントとなります。

TCL 10 ProとTCL PLEXの違い

TCL PLEXとの違いをまとめた記事があるので、どちらを購入するか迷っている方はこちらも参考にしてみて下さい!

blank 「TCL 10 Pro」と「TCL PLEX」のスペックの違いを比較!

<スポンサーリンク>

まとめ

やっぱり気になるのは、前作TCL PLEXとチップセットやRAMが同じである点ですね。価格が2万円も上がっているので、せめてSnapdragon 7xxシリーズが搭載されていたら、少しは納得できたかもしれません。

ようするに2万円以上の価値が「ディスプレイ」と「カメラ」にあるよ!って事なのでしょう。ディスプレイやカメラに魅力を感じる方には、今回のTCL 10 Proはオススメ出来ますが、少しでも安くてお買い得な端末が欲しいと言う方は、前作の方が良いかもしれませんね。

goo Simsellerの発売記念特価セール開催予定!
gooSimsellerにて、TCL 10 Proが29,400円(税抜)で買えるセール開催予定です!TCL PLEXの時はすぐに在庫切れとなった格安セールです!

\ 5月29日11時から予約受付! /

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。