nova 3が19,800円!nova lite 3が8,800円!破格のセール開催!【2月21日まで】

「URBANO V04」と「AQUOS sense2」のスペックの違いを比較!

auの京セラ製スマホ「URBANO V04」とシャープ製スマホ「AQUOS sense2」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペックの比較表

スペック比較表
名称 URBANO V04 AQUOS sense2
画像
メーカー 京セラ シャープ
発売時期 2019年2月 2018年11月
OS Android 9.0 Android 8.1
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大512GB
画面サイズ 5.7 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素 1200万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 2800mAh 2700mAh
連続通話時間 約1510分 約1910分
連続待受時間 約550時間 約650時間
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
153 mm 148 mm
機種サイズ
(横幅)
74 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
7.9 mm 8.4 mm
機種重量 163 g 155 g
カラー ノーブルグリーン
ボルドー
プラチナシルバー
アイスグリーン
シルキーホワイト
ピンクゴールド
ニュアンスブラック

OSバージョンの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
Android 9.0 Android 8.1

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

CPUの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
Snapdragon 630 Snapdragon 450

CPUはスマホの動作面にもっとも影響を与えるパーツです。

URBANO V04ではクアルコム社のスナドラ630が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは8万~9万程度を記録しております。

一方のAQUOS sense2ではスナドラ450が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは7万前後を記録しております。

Antutuのベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールとなっており、スナドラ630を搭載したURBANO V04の方がハイスコアを記録しております。

RAMの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
4GB 3GB

RAMは同時動作に影響を与えるパーツで、高い数値であるほど快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
内部ストレージ:
64GB
外部ストレージ:
最大400GB
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ:
最大512GB

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の保存できる容量のことです。

ディスプレイの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
5.7インチ,2160×1080(FHD+),18:9 5.5インチ,2160×1080(FHD+),18:9

画面サイズはAQUOS sense2の方がコンパクトです。またどちらの端末もワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が搭載されているので、画面サイズの割に端末の横幅は抑えられています。

カメラの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
1600万画素(リア),800万画素(フロント) 1200万画素(リア),800万画素(フロント)

最近の端末では片面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様がトレンドですが、残念ながらどちらの端末もシングルレンズが採用されております。単純な画素数ではURBANO V04の方が上です。

バッテリー容量の違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
2800mAh 2700mAh

単純なバッテリー容量ではURBANO V04の方が上ですが、発表されている連続使用時間ではむしろAQUOS sense2の方が優れています。

端末サイズの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
153 × 74 × 7.9 mm /163 g 148 × 71 × 8.4 mm / 155 g

画面サイズの違いもあって端末サイズではAQUOS sense2の方がコンパクトかつ軽量となっております。厚みはURBANO V04の方が薄いです。

カラーバリエーションの違いを比較

URBANO V04 AQUOS sense2
ノーブルグリーン アイスグリーン
ボルドー シルキーホワイト
プラチナシルバー ニュアンスブラック
  ピンクゴールド

まとめ

URBANO V04は防水防塵・耐衝撃が特徴のタフネススマホです。スナドラ630が搭載されていることもあって、動作性能もある程度は確保されています。

一方のAQUOS sense2はSIMフリースマホでも人気のライトモデルとなっており、価格の安さが特徴的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。