無料でできるスマホのウイルス対策【セキュリティソフト不要】

最近ニュースで何かと話題となっていることが「スマートフォンのウイルス感染」です。ラインであったり、スマホでアクセス出来るネット口座であったり、個人情報が盗まれる事によって恐ろしい被害が予想されます。
今回はそんなスマホのウイルス感染の症状・チェック方法・対策法などをまとめてみました。

スマホのウイルス被害について

ウイルスと言えばパソコンでよく聞くワードで、パソコンが乗っ取られたり、壊れてしまったりする悪質なものです。

実際にスマホにもウイルスが存在しておりますが、そこまで大きなニュースを聞いたことはないですよね。
パソコンのウイルス対策は必須レベルとなっておりますが、果たしてスマホのウイルス対策は必要なのかと言う疑問があります。

しかもAndroidスマホはサンドボックスと呼ばれるシステムが導入されているので、ウイルス感染のリスクが低いとも言われています。

スマホウイルスの種類

スマホのウイルスは3つの種類に分かれています。

スパイウェア

ユーザーに関する個人情報を収集し、それを情報収集者である特定の企業・団体・個人等に自動的に送信するソフトウェアです。

キーロガー

キー入力を監視してそれを記録するソフトウェアもしくはハードウェアです。スマホの場合ハードウェアは無いと思いますが、ソフトウェアだと十分にありえます。

トロイの木馬

正規のアプリやブラウザを装ったウイルスです。レビュー評価の多いしっかりとしたアプリに見えても、実はウイルスだった、と言う可能性も。個人情報が送信されてしまいます。

後ほど紹介していますが、どんなタイプのウイルスも「アプリ」「サイト」経由で感染します。

スマホがウイルスに感染するとどうなるの?

そんな感染リスクが低いと言われているスマホがウイルスに感染してしまうとどういった被害があるのかをまとめてみました。。とりあえずウイルス感染による具体的な症状を理解しておきましょう。

自分の個人情報が盗まれる

電話番号や登録者情報などの個人情報が勝手に送信されてしまいます。またGPS機能による位置情報なども送信されてしまいます。

他人の個人情報が盗まれる

もちろん端末に登録してある他人の情報も盗まれてしまいます。

クレジットカード情報が盗まれる

端末に登録してあるクレカやポイントカードなどの情報も盗まれてしまいます。

通話が盗聴される

音声通話の内容を盗聴されてしまいます。

メールやメッセージを送受信される

勝手にメールやLINEの中身を見られてしまいます。また勝手にメールやメッセージを送信されてしまいます。

有料サービスへの登録や高額請求される

有料サービスに登録されたり、勝手に高額請求されるような電話をされて何もしていないのに請求がきます。

この様にどれもかなり恐ろしいものばかりです。ウイルスに感染してからでは遅いので前もって対策をしておくことが重要です!

スマホのウイルス感染経路は?

感染経路はいろいろとありますが、原因として一番に挙げられるのが「アプリのダウンロード」です。

スマートフォンでは数え切れないほどのアプリが流通しているので、こっそりとウイルスを忍ばせておいてアプリのダウンロードと同時に感染させることが出来てしまいます。アップルストアやGoogle Playなどがしっかりとした審査があるとは言え、それでも気づかずにウイルス付きのアプリが流通してしまうこともあります。もちろんですがアップルストアやGoogle Playを介さずに配布しているアプリは要注意です。

もう1つの代表的なウイルス感染経路は「サイトのアクセス」です。
これはパソコンでも同じで、怪しいサイトへの誘導やクリックの誘導で、ウイルスをインストールさせることが目的のホームページにアクセスさせられてしまいます。よく分からない外国のサイトなどへのアクセスは極力避けるようにしましょう。SNS等のコミュニティサイト経由でのリンクの誘導等もあるので、こういった方法もあるということだけは頭に入れておいて下さい。

スマホのウイルス感染の対策

上記で取り上げた2つの感染経路に気をつければウイルスに感染する可能性をある程度減らすことが出来ます。

  • 怪しいアプリ、正規ではないアプリのダウンロードは絶対にしないこと
  • 怪しいホームページや誘導されている怪しいURLをクリックしないこと

ウイルス感染の予防策としてしっかりと覚えておきましょう。特に多いのが「アダルト関係」や「大金が貰える」「当選しました」みたいなサイトやアプリです。

ウイルス対策ソフトは必要なの?

もちろんこれだけの対策をしていてもウイルスに感染してしまう可能性はゼロにはなりません。公共のWi-Fiスポット経由で感染したり、ハッキングに合ったり、ウイルス対策を完璧にするためにはウイルス対策ソフト・アプリの導入が必要です。無料・有料のアプリが多数開発されておりますが、もちろん有料アプリの方が高性能です。「不正アプリ対策・検出」「Webフィルタリング機能」「通信のチェック」などの機能が搭載されています。

ちなみにGoogleのオープンソースプログラムに関する責任者Chris DiBona氏は「Android、iOS、およびResearch in Motionの「BlackBerry」OSにはアンチウイルスソフトウェアは必要ない」と明言しています。

結論:ウイルス対策は無料で十分

そういった事情もあるので、スマホのために有料のソフトを導入する必要はありません。

無料でできる対策として、記事中に紹介した2つの対策「アプリのダウンロード」「URL」があります。

最近ではセキュリティソフトを謳ったウイルスもあるので、気軽に無料のウイルス対策アプリを導入するよりは、この2つを日々心掛けた方が、結果的にウイルス感染の確率が低くなると思います。これからは常に気を付けてアプリのダウンロードやサイトの閲覧を行ってくださいね!

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。