スマホのウイルス感染をなおしたい!チェックと対策-Android iPhone-

最近ニュースで何かと話題となっていることが、
スマートフォンのウイルス感染です。
ラインであったり、スマホでアクセス出来るネット口座であったり、
個人情報が盗まれる事によって恐ろしい被害が予想されます。
今回はそんなスマホのウイルス感染によって起こる症状や、感染経路・チェック方法、また対策方法などをまとめてみました。

スマホのウイルス感染による症状

端末の情報を第三者に送信
GPS機能による位置情報や電話番号等を勝手に送信されてしまいます。
通話の盗聴
音声通話の内容を盗聴されてしまいます。
メールやメッセージの送受信
勝手にメールの中身を把握されてしまいます。また勝手に送信も行われます。
有料サービスへの登録、通話を勝手に繋がれ高額請求
かなり性質が悪く、何もしていないのに高額請求がきます。
端末自体に異常
請求画面に勝手にアクセスされるなど、端末自体に異常が発生します。
などなど、どれもかなり恐ろしいものばかりで、
これら以外にも色々とありますが、
何にせよウイルス感染した場合は対処を誤らないように、
また感染してからでは遅いのでその対策法が必要になります。

Android端末は特に注意が必要!?

情報によりますと、
スマートフォンのウイルス感染の内約90%以上がAndroid端末を狙ったものとなっております。
またiOS等の他の端末でも当然被害があり、
スマートフォンのウイルス感染被害が驚異的な数字となっております。
「自分は絶対関係ない!」なんて思っている方も、
ウイルスの感染経路は多数存在しており、
ウイルス感染した方は、気づかぬうちに感染している方がほとんどです。
ちなみに何故Android端末をねらったウイルスが多いのかと言うと、
iPhoneはApp Storeにてアプリを配布しておりが、
App storeは厳密な審査を経て配布されますが、
AndroidのGoogle playはそこまで厳密ではなく、
ウイルスが流通しやすくなっております。
ですのでAndroid端末での感染が多い理由はこのアプリストア経由にあります。

スマホのウイルス感染経路は?

様々な感染経路がありますが、
代表的な物として、一番大きいものがやはり、
アプリのダウンロード」です。
無数のアプリが流通しているスマートフォンでは、
アプリにウイルスを忍ばせて感染させる経路が最も有力です。
ちなみにですがアプリの配布側も気づかずに配布しているケースもあります。
意図的にウイルスを忍ばせて、感染目的で製作されたアプリもあります。
手軽にダウンロードが出来るアプリは、ウイルスを配布する側にとっても非常に便利で、
最も気をつけるべき点でしょう。
また、もう1つの代表的なウイルス感染経路は、
サイトのアクセス」です。
これはパソコンでも同じで、
怪しいサイトへの誘導や、クリックの誘導で、
ウイルスをインストールさせるような仕様のホームページが存在します。
また、スマホの場合で言うとやはり、
SNS等のコミュニティサイトでのリンクの誘導等があがります。

スマホのウイルス感染の対策・予防

上記2つに気をつければ、
まずウイルスに感染はしないでしょう。
ですので予防はカンタンで、
「怪しいアプリ、正規ではないアプリのダウンロードは絶対にしないこと」
「怪しいホームページや、誘導されている怪しいURLをクリックしないこと」

です。
たったこれだけでウイルス感染は未然に防げますので、
皆さんも絶対に頭に入れておいて下さい。
特に多いのがアダルト関係のサイトやアプリ、
高額な賞金が貰える!とか大金を稼ぐ!などのサイトやアプリです。

ウイルス対策ソフトの必要性

スマホのウイルス感染を未然に防ぐ一番手っ取り早い方法が「対策ソフト」の導入です。
無料のものもありますが当然有料のソフトのほうが安心出来ます。
有名なもので言えばイーセットスマートセキュリティ(ESET Smart Security)です。

ウイルス対策もそうですが、非常に高機能で利用者が多く人気のソフトです。
主な機能としては、ウイルス対策は当然ながら盗難や紛失・WEBサイトの安全度をチェック・着信拒否などなど。

無料版もあるのでウイルス感染の可能性がある方は一度感染チェックしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。