P30 liteが12,800円の投げ売り特価!OCNモバイルONEで販売開始

「Xperia 1」と「LG K50」のスペックの違いを比較!

ソニー製スマホ「Xperia 1」とLGエレクトロニクス製スマホ「LG K50」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^
※例としてソフトバンク版を取り上げています

スペック比較表

名称 Xperia 1 LG K50
画像
メーカー ソニー LGエレクトロニクス
発売時期 2019年6月 2019年7月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
2.4GHz
1.7GHz
MT6762
オクタコア
2.0GHz
RAM 6GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
画面サイズ 6.5 インチ
有機EL
6.26 インチ
画面解像度 3840×1644
4K
1520×720
HD+
背面カメラ 1220万画素
1220万画素
1220万画素
1300万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 1300万画素
バッテリー 3200mAh 3500mAh
USB USB Type-C microUSB
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ (縦幅) 167 mm 161 mm
機種サイズ (横幅) 72 mm 77 mm
機種サイズ (厚み) 8.2 mm 8.7 mm
機種重量 178 g 172 g
カラー ブラック
ホワイト
パープル
プラチナシルバー
スペースブルー

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

Xperia 1 LG K50
Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
2.4GHz
1.7GHz
MT6762
オクタコア
2.0GHz

搭載されているCPUに違いがあります。CPUはスマホの動作面に最も影響を与えるパーツです。

Xperia 1ではクアルコム社のスナドラ855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは35万前後を記録しております。

一方のLG K50ではMediaTek社のMT6762が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは7万前後を記録しております。

AnTuTuのベンチマークはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。スナドラ855の方が圧倒的にハイスコアを記録しているので、動作性能はXperia 1の方が優れています。

RAMの違い

Xperia 1 LG K50
6GB 3GB

RAMもまた動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高いほど快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違い

Xperia 1 LG K50
内部ストレージ:
64GB
外部ストレージ:
最大512GB
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ:
最大512GB

ROMの容量にも違いがあります。ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。スマホでファイルをたくさん管理する方には大容量が必要となります。

ディスプレイの違い

Xperia 1 LG K50
6.5インチ,有機EL,3840×1644(4K),21:9 6.26インチ,IPS-TFT,1520×720(HD+)

LG K50では6.26型のHD+ディスプレイが搭載されております。一方のXperia 1では6.5型の4K有機ELディスプレイが搭載されております。
LG K50では縦横比18:9が採用されておりますが、Xperia 1ではさらに縦長の21:9比率が採用されています。

カメラの違い

Xperia 1 LG K50
1220万画素(標準/F1.6)
1220万画素(望遠/F2.4)
1220万画素(超広角/F2.4)
1300万+200万画素
800万画素 1300万画素

Xperia 1では3つのレンズを搭載するトリプルカメラ仕様が採用されております。1220万画素(広角/F2.4)1220万画素(標準/F1.6)1220万画素(望遠/F2.4)と役割の違う3つのレンズによって広角撮影・ズーム・AI機能などに対応しております。

バッテリーの違い

Xperia 1 LG K50
3200mAh 3500mAh

バッテリー容量にも違いがあります。単純な容量ではLG K50の方が上回っています。

Xperia 1 LG K50
連続通話時間
4G LTE(FDD-LTE):約1660分
3G(W-CDMA):約1830分
GSM:約640分
連続待受時間
4G LTE(FDD-LTE):約605時間
4G(AXGP):約600時間
3G(W-CDMA):約685時間
GSM:約580時間
連続通話時間
4G LTE(FDD-LTE):約849分
3G(W-CDMA):約1140分
GSM:約720分
連続待受時間
4G LTE(FDD-LTE):約614時間
4G(AXGP):約603時間
3G(W-CDMA):約652時間
GSM:約667時間

こちらはソフトバンクが公表している連続使用時間です。連続通話時間ではXperia 1の方が圧倒的に長持ちです。連続待ち受け時間ではどちらも同じぐらいです。


機能面やデザインの違いを比較

USB Type-Cの採用

LG K50では従来のmicroUSBが採用されておりますが、Xperia 1ではUSB Type-Cが採用されております。
USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。

生体認証の対応

Xperia 1では「指紋認証」「顔認証」に対応しております。今回のLG K50では「指紋認証」のみ対応とのこと。

イヤホンジャックの搭載

LG K50ではヘッドホン(イヤホン)ジャックが搭載されておりますが、Xperia 1では非搭載となっております。

おサイフケータイの対応

Xperia 1ではおサイフケータイにも対応しております。

防水防塵の対応

Xperia 1では防水防塵にも対応しております。LG K50では耐衝撃に対応。

端末サイズや重量の違い

Xperia 1 LG K50
167 × 72 × 8.2 mm
178 g
161 × 77 × 8.7 mm
172 g

Xperia 1では超ワイドディスプレイの搭載によって縦幅がかなり長いです。

カラーバリエーションの違い

Xperia 1 LG K50
ブラック プラチナシルバー
ホワイト スペースブルー
パープル  

結局どちらが良いのか

Xperia 1はスナドラ855を搭載したハイスペックモデルです。もちろんハイスペックな分、価格も高く設定されており、48か月の分割で136,320円です。

一方のLG K50はMediaTek社のチップセットが搭載されており、動作性能はかなり低め。その分価格も安く設定されており、機種代金は30,720円となっております。

ハイスペックや高性能なカメラ、、アスペクト比21:9の超ワイドディスプレイ搭載にメリットを感じる方はXperia 1がオススメです。

逆にそこまで興味がなく、普段使いのみだと言う方はLG K50の方が安いのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。