P20 liteが1,800円!OCNの期間限定セールが激安!【6月3日まで】

「Xperia XZ3」と「Xperia 1」のスペックの違いを比較!

グーグル製スマホ「Xperia 1」は前作にあたる「Xperia XZ3」からどのような部分が進化したのか、スペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 Xperia XZ3 Xperia 1
画像
メーカー ソニー
発売時期 2018年11月 2019年6月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz
1.8GHz
Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
2.4GHz
1.7GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
画面サイズ 6.0 インチ
有機EL
6.5 インチ
有機EL
画面解像度 2880×1440
QHD+
3840×1644
4K
背面カメラ 1920万画素 1220万画素
1220万画素
1220万画素
前面カメラ 1320万画素 800万画素
バッテリー 3200mAh 3200mAh
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
機種サイズ (縦幅) 158 mm 167 mm
機種サイズ (横幅) 73 mm 72 mm
機種サイズ (厚み) 9.9 mm 8.2 mm
機種重量 193 g 178 g
カラー ブラック
ホワイトシルバー
フォレストグリーン
ボルドーレッド
ブラック
ホワイト
パープル

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

Xperia XZ3 Xperia 1
Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz
1.8GHz
Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
2.4GHz
1.7GHz

搭載されているCPUはアップグレードされています。CPUはスマホの動作面に影響を与えるパーツです。前作Xperia XZ3ではクアルコム社のスナドラ845が搭載されておりましたが、今作Xperia 1ではその後続モデルスナドラ855が搭載されております。

AnTuTuのベンチマークスコアでは、スナドラ845が28万前後なのに対して、スナドラ855では35万前後を記録しております。

AnTuTuのベンチマークはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。スコア上では前作よりもハイスコアを記録しているので、Xperia 1の方がより高性能と言うことになります。

RAMの違い

Xperia XZ3 Xperia 1
4GB 6GB

RAMもまた動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高いほど快適な動作に期待出来ます。

ディスプレイの違い

Xperia XZ3 Xperia 1
6.0インチ,有機EL,2880×1440(QHD+),18:9 6.5インチ,有機EL,3840×1644(4K),21:9

どちらも縦長の有機ELディスプレイが搭載されておりますが、前作よりも0.5インチほどサイズアップしております。そして画面解像度がより高解像度へと変更されており、縦横比率が「18:9」から「21:9」へと変更されているので、画面をより広く表示することが出来ます。

カメラの違い

Xperia XZ3 Xperia 1
1920万画素 1220万画素+1220万画素+1220万画素
1320万画素 800万画素

今作のXperia 1では3つのレンズを搭載するトリプルカメラ仕様が採用されております。1220万画素(広角/F2.4)1220万画素(標準/F1.6)1220万画素(望遠/F2.4)と役割の違う3つのレンズによって広角撮影・ズーム・AI機能などに対応しております。


機能面やデザインの違いを比較

指紋認証センサーの配置

前作では背面に指紋認証センサーが搭載されておりましたが、今作Xperia 1では側面へと移動されています。

ワイヤレス充電の対応

前作ではQi規格のワイヤレス充電に対応しておりましたが、今作Xperia 1では非対応となっております。

端末サイズや重量の違い

Xperia XZ3 Xperia 1
158 × 73 × 9.9 mm
193 g
167 × 72 × 8.2 mm
178 g

今作Xperia 1では縦横比21:9のワイドディスプレイが搭載されているので、端末サイズも縦長です。横幅や厚み・重量では前作よりもコンパクトですが、縦幅だけは9ミリほど長くなっております。

カラーバリエーションの違い

Xperia XZ3 Xperia 1
ブラック ブラック
ボルドーレッド パープル
ホワイトシルバー ホワイト
フォレストグリーン

まとめると

前作からは様々な部分がアップグレードされています。まず動作性能ではCPUがスナドラ845⇒スナドラ855へと変更されており、AnTuTuスコアが7万ほど向上しています。(実機スコアではなくスナドラ855のリーク情報)
また同時動作に影響を与えるRAMが4GB⇒6GBへと増設されているので、より快適な動作に期待出来ます。

そしてディスプレイ面では、Xperia 1の特徴でもある縦横比21:9の高解像度ディスプレイが搭載されております。auの発表会や公式サイトでも記載されているように、「迫力のディスプレイで映画を楽しむ」ことが出来ます。

さらにカメラ性能も大きく変更されており、今回のXperia 1ではトリプルカメラが採用されております。広角撮影やAI機能、ズーム撮影など前作になかった機能に対応しております。

唯一残念なところがワイヤレス充電が非対応となってしまったところです。置くだけ充電は対応端末が少ないですが、とても便利な機能です。私もいくつかの端末で利用しておりましたが、充電の手間が省けるのでオススメの機能です。

それ以外の部分では順当に進化しているので、2019年夏モデルの中でハイスペックモデルをお探しの方は是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。