Xperia XZ3と前作XZ2のスペックの違いを比較!

ソニーから2018年秋冬モデルスマートフォンとして、
「Xperia XZ3」が発表されました。
今回は前作にあたる「Xperia XZ2」とのスペックの違いを比較してみました!
※連続使用時間はauモデルのXZ3 SOV39とXZ2 SOV37を参考

Xperia XZ3とXperia XZ2のスペック比較

スペック比較表
名称 Xperia XZ3 Xperia XZ2
画像
メーカー
発売時期 2018年11月 2018年5月
OS Android 9.0 Android 8.0
CPU SDM845
オクタコア
2.45GHz
SDM845
オクタコア
2.45GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大400GB
画面サイズ 6.0 インチ 5.7 インチ
画面解像度 2880×1440
QHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1920万画素 1920万画素
前面カメラ 1320万画素 500万画素
バッテリー 3200mAh 3060mAh
連続待受時間 約520時間 約540時間
連続通話時間 約2,240分 約2,250分
電池持ち時間 約85時間 約105時間
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
ハイレゾ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
158 mm 153 mm
機種サイズ
(横幅)
73 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
9.9 mm 11.1 mm
機種重量 193 g 198 g
カラー ホワイトシルバー
ブラック
フォレストグリーン
ボルドーレッド
リキッドシルバー
リキッドブラック
ディープグリーン

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

Xperia XZ3の
「 Android 9.0 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 Android 8.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「外部ストレージ」

また外部ストレージの対応数も変更されています。

Xperia XZ3の
「 最大512GB 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 最大400GB 」になります。

さすがにここまで大容量のSDカードを使用している方は少ないと思いますが、とりあえず対応できる容量が向上しました。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「画面サイズ」

画面サイズも変更されています。

Xperia XZ3の
「 6.0 インチ 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 5.7 インチ 」になります。

前作でワイドディスプレイが搭載されましたが、その後もずっとワイドディスプレイが主流となっております。
今作のXZ3では6型のワイドディスプレイが搭載されており、前作から0.3インチ大きくなっております。

さらにディスプレイ種類が、液晶から有機ELディスプレイへと変更されています。
Xperiaで搭載されるのは恐らく初めてだと思います。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「画面解像度」

さらに画面解像度も変更されています。

Xperia XZ3の
「 2880×1440(QHD+) 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。

ワイドディスプレイといえば縦横比18:9のものが多いです。前作に引き続き今作XZ3でも縦横比18:9となっております。
解像度はFHD+からQHD+へと変更されており、ドット数が多くなっているので細部の表示が鮮やかになります。

画面サイズが変更されているものの1インチ辺りの画素数では前作XZ2が424ppiなのに対して、今作XZ3は537ppiとなっております。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「カメラ」

背面カメラは1920万画素で変更されておりませんが、インカメラの性能にも違いがあります。まず画素数が、

Xperia XZ3の
「 1320万画素 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 500万画素 」になります。

単純な画素数も向上していますが、新機能も追加されています。
今作XZ3ではポートレートセルフィーモードが追加されているので、こちらを使えばボケ効果や美顔エフェクトなどを利用することが出来ます。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「バッテリー」

またバッテリー容量も変更されています。

Xperia XZ3の
「 3200mAh 」に対して、
前作のXperia XZ2は
「 3060mAh 」になります。

単純なバッテリー容量は増えておりますが、むしろバッテリー持ちは悪くなっています。
あくまでau公式の発表値ですが、連続通話時間、連続待受時間共に前作の方が長持ちです。
ディスプレイの変更が関係しているのかもしれませんが、少し残念なダウングレードです。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「サイズ」

画面サイズの変更もあって、端末サイズ自体は前作XZ2の方がコンパクトです。
しかし厚みや重量では今作XZ3の方が薄型で軽量となっております。
有機ELディスプレイは、バックライトが不要なので厚みを抑えることが出来ます。今作XZ3もその恩恵を受けていると考えて良いでしょう。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「スマートカメラ起動」

Xperia XZ3では新機能スマートカメラ起動が追加されています。
こちらは本体を横向きで持ち上げるだけでカメラが起動される機能で、さらにカメラモードではシャッターボタンではなく側面をダブルタップすることでも撮影が可能と言う便利な2つの機能です。

Xperia XZ3と前作XZ2の違いを比較「サイドセンス」

さらにXperia XZ3ではもう一つの新機能が追加されています。
それがサイドセンスと言う機能です。
側面をダブルタップすることによって、使用頻度の高いアプリメニューが表示されます。実際に使ってみないと分かりませんが、慣れればかなり便利な機能となりそうです。

まとめると

前作からの変更点と言う意味では、重要なポイントが4つあります。

まずディスプレイは記事中に記載した通り、QHD+の有機ELディスプレイが搭載されているので前作からの大きな変更点と考えて良いでしょう。

そして次にインカメラの性能です。
新たに追加されたポートレートセルフィーモードによるボケ効果や美顔エフェクトは、セルフィー撮影を利用する方にとってはかなりありがたい機能なのではないでしょうか。

3つ目にバッテリー持ちです。
こちらはむしろダウングレードです。一般的に大型ディスプレイや高解像度ディスプレイは消費電力が多いと言われています。今作XZ3では6型QHD+ディスプレイへと変更されているのが関係しているのかもしれませんね。

最後に新機能の追加です。
「スマートカメラ起動」と「サイドセンス」は公式の紹介動画でも取り上げられている新機能で、動画を見る限りはかなり便利な機能に思えます。

ポートレートセルフィー、スマートカメラ起動、サイドセンスなどの新機能も気にはなりますが、
個人的にはやはり有機ELディスプレイの搭載とバッテリー持ちの評判が気になります。発売後にどの様な評価になるのか期待しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。