nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの投げ売りセール開催中【8月5日まで】

ZenFone4とZenFone4 Maxはどちらが良いのか違いを比較!

ASUSからZenFone4シリーズの大容量バッテリーモデル「ZenFone 4 Max ZC520KL」が登場しました!
ZenFone4シリーズとしては低価格モデルとなっており、低価格ながらに様々な機能が搭載された期待の端末です。
今回はそんなZenFone4 Maxとそのスタンダードモデルの「ZenFone4」とのスペックの違いを比較してみました!

スペック比較表

名称 ZenFone4 ZenFone4 Max
画像
メーカー ASUS
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年9月 2017年12月
OS Android 7.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
Snapdragon 430
MSM8937
オクタコア
1.4GHz
RAM 6GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大2TB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1920×1080
FHD
1280×720
HD
背面カメラ 1200万画素
800万画素
1300万画素
500万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3300mAh 4100mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
デュアルSIM 対応 対応
DSDS 対応 対応
ジャイロ 対応
指紋認証 対応 対応
USB USB Type-C microUSB
機種サイズ
(縦幅)
155.4 mm 150.5 mm
機種サイズ
(横幅)
75.2 mm 73.3 mm
機種サイズ
(厚み)
7.5 mm 8.7 mm
機種重量 165 g 164 g
カラー ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト
ネイビーブラック
サンライトゴールド
ローズピンク
価格 56,800円 24,800円

価格を比較

スタンダードモデルのZenFone4はかなりハイスペックな仕様で、発売時の価格は56,800円となっております。
一方ライトモデルのZenFone4 Maxは24,800円となっており、3万円以上の価格差があります。
そしてどちらの端末も楽天モバイル楽天モバイルが取り扱っているので、2年縛りや3年縛りの契約で実質負担金をかなり安くすることが出来ます。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

ZenFone4の「 Snapdragon 660 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 Snapdragon 430 」になります。

どちらもクアルコム社のスナドラシリーズが採用されておりますが、ZenFone4の6xxシリーズはミドル~ミドルハイクラス、ZenFone4 Maxの4xxはエントリーモデルに向けたシリーズとなります。
もちろん両CPUの性能差はかなりあります。実際のベンチマークスコアは以下のように。

ZenFone4 ZenFone4 Max

ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、Antutu・GeekBench4共にZenFone4の方が圧倒的に優れています。

RAMの違い

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

ZenFone4の「 6GB 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 3GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われており、もちろん高ければ高いほど性能は高くなります。

ROMの違い

ROMの容量にも違いがあります。

ZenFone4の「 64GB 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

ZenFone4の「 最大2TB 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことで、端末それぞれ最大対応数が異なっているので注意。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

ZenFone4の「 5.5インチ 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 5.2インチ 」になります。

また画面解像度にも違いがあります。

ZenFone4の「 1920×1080(FHD) 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 1280×720(HD) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。
FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。まず単純な画素数が、

ZenFone4の「 1200万+800万画素 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 1300万+500万画素 」になります。

どちらもサブに広角レンズが採用されているデュアルカメラ仕様となっております。

インカメラはどちらの端末も「 800万画素 」となっております。
最近ではSNSの流行もあって自撮りのためにインカメラの性能も何気に重要です。

バッテリーの違い

バッテリーの容量にも違いがあります。

ZenFone4の「 3300mAh 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 4100mAh 」になります。

ZenFone4 Maxはバッテリー大容量がコンセプトなだけあってかなりの大容量が搭載されています。

機能面やデザインの違いを比較

Wi-Fi5GHz帯の対応

ZenFone4ではWi-Fi5GHz帯に対応しております。2.4GHz帯のみの対応の場合、他家電との混線があるので個人的には必須の機能です。

ジャイロセンサーの対応

ZenFone4 Maxはジャイロセンサーが非搭載となっています。ジャイロを使ったアプリをプレイする方は注意しましょう。

USBポートの違い

USBポートの規格にも違いがあります。

ZenFone4の「 USB Type-C 」に対して、
ZenFone4 Maxは「 microUSB 」になります。

Type-Cは上下どちら向きでも接続出来るので扱いやすくてオススメです。

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末本体サイズ自体はZenFone4 Maxの方がコンパクトです。厚みのみZenFone4の方が薄型となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

ZenFone 4の開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:20,800円~32,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でZenFone 4(56,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

ZenFone 4 Maxの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~7,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でZenFone 4 Max(19,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

結局どちらが良いのか

3万円以上の価格差がある分、やはり動作面では圧倒的にスタンダードモデルのZenFone4の方がハイスペックな仕様となっております。
Antutuのベンチマークスコアも倍以上の差がありますし、RAMやROMの数値もZenFone4の方が勝っています。

一方のZenFone4 Maxは性能では全く及ばないものの、低価格ながらに様々な機能に対応しているのが特徴的です。更にバッテリー容量に関してはZenFone4よりも大容量のものが搭載されています。
重いゲームアプリなんかをプレイしないのであればZenFone4 Maxの方が価格も安いですし扱いやすいのではないかと思います。

どちらの端末も当サイトで開封時のレビュー記事があるのでそちらも合わせてご参考下さい^^
ZenFone 4の開封レビュー!デュアルカメラ搭載のハイスペックモデル!
ZenFone4 Maxの開封レビュー!低価格ながらにデュアルカメラやDSDSに対応した大容量バッテリーモデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。