P20 liteが1,800円!OCNの期間限定セールが激安!【6月3日まで】

ZenFone 5QとZenFone Max Plus(M1)はどちらが良いのか違いを比較!

ASUSからZenFone5シリーズのエントリーモデルとして4レンズを搭載した「ZenFone 5Q」が登場しました。今回は同じくASUSから販売されている大容量バッテリー搭載モデル「ZenFone Max Plus(M1)」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^

スペック比較表

名称 ZenFone 5Q ZenFone Max Plus(M1)
画像
メーカー ASUS
発売時期 2018年5月 2018年2月
OS Android 7.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
MT6750T
オクタコア
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大2TB 最大256GB
画面サイズ 6.0 インチ 5.7 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素
800万画素
1600万画素
800万画素
前面カメラ 2000万画素
800万画素
800万画素
バッテリー 3300mAh 4130mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
USB microUSB microUSB
DSDS 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
160.5 mm 152 mm
機種サイズ
(横幅)
76 mm 73 mm
機種サイズ
(厚み)
7.7 mm 8.8 mm
機種重量 168 g 160 g
カラー ルージュレッド
ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
ディープシーブラック
アズールシルバー
サンライトゴールド
価格 39,800円 29,800円

価格を比較

ZenFone 5Qの
「 39,800円 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 29,800円 」になります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 Snapdragon 630 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 MT6750T 」になります。

ZenFone 5Qではクアルコム社のチップセット「スナドラ630」が搭載されており、Antutuのベンチマークスコアは85000超えを記録しています。
一方のZenFone Max PlusではMediaTek社のチップセットが採用されており、こちらはコスパに優れたモデルとなっております。Antutuのベンチマークスコアは55000前後となっているので、スナドラ630の方が性能は上となります。

ROMの違い

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 64GB 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 最大2TB 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 6.0 インチ 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 5.7 インチ 」になります。

どちらの端末も解像度は「 FHD+ 」となっており、
縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されています。
どちらもベゼルレスなので画面占有率がかなり高くなっております。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。背面の画素数はどちらも「 1600万+800万画素 」となっております。
どちらの端末も2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
ZenFone 5Qの公式サイトによると、

ZenFone 5Qは、前面と背面に搭載している通常のカメラに加えて、120度の広角撮影に対応する広角カメラを搭載することで、被写体に応じて異なる画角を選べるようにしました。たとえば自撮りの場合だったら、ひとりなら通常のカメラで撮影し、みんなと一緒に撮る時や景色を入れたりしたい時は広角カメラで撮影でき、2つのカメラを使い分けることができます。今までのスマートフォンにはなかった自由な撮影を行えます。

一方のZenFone Max Plusの公式サイトによると、

先進のデュアルカメラシステムを搭載したZenFone Max Plusは、スマートフォンの写真を新たな高みに引き上げます。1,600万画素のメインカメラには、F値2.0の大口径レンズが搭載され、より鮮明な写真撮影が可能です。セカンドカメラには120°の広角カメラを搭載し、旅先の風景や友達を全てフレームの中に収めることができます。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 2000万+800万画素 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 800万画素 」になります。

ZenFone 5Qでは前面にも2つのレンズが搭載されています。
公式サイトによると、

ZenFone 5Qは、高い前面カメラ性能を実現しました。前面メインカメラに2,000万画素の高解像度に対応するSONY 製のイメージセンサーを使用し、今までにない最高の前面カメラ品質を実現しています。ソフトLEDフラッシュを使えば被写体をハッキリと映し出しながら、後ろの風景まで自然に残せます。

との記載があります。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

ZenFone 5Qの
「 3300mAh 」に対して、
ZenFone Max Plus(M1)は
「 4130mAh 」になります。

ZenFone Max Plusでは4130mAhと言う大容量バッテリーが搭載されております。

機能面やデザインの違いを比較

Wi-Fi5GHz帯の対応

ZenFone 5Qでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はZenFone Max Plusの方がコンパクトです。
しかしどちらもベゼルレス設計なので画面サイズの割に端末サイズはコンパクトに抑えられています。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

ZenFone 5Qの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:34,800円
(特典あり!)
スマホ代月額300円キャンペーン開催!
ZenFone 5Q(34,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」「ギフト券3,000円」の特典あり!さらに6か月以上の利用で「ギフト券3,000円」が追加で貰えます!
2019年7月3日までの期間限定なのでお早めに。

ZenFone Max Plusの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円~5,800円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でZenFone Max Plus(29,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

結局どちらが良いのか

まず両端末には1万円の価格差があります。この価格差を埋めるメリットがZenFone 5Qにあるのかどうかが重要です。
単純な動作スペックではベンチマークスコア差もあってZenFone 5Qの方が優れています。またストレージでも内部外部共にZenFone 5Qの方が大容量です。
そしてZenFone 5Qの特徴とも言える背面前面共に搭載されているデュアルカメラ仕様です。合計で4つのレンズが搭載されています。さらに加えてWi-Fi5GHz帯にも対応しています。

と言ったように様々な面でZenFone 5Qの方が優れています。
一方のZenFone Max Plusを選ぶメリットとしては、コンセプトでもある大容量バッテリーの搭載です。

もしZenFone 5Qを選ぶメリットに魅力を感じないのであれば、価格も安くてバッテリー容量の多いZenFone Max Plusを選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。