スマホ投売り最強セール再び!

「ZenFone 7」と「iPhone 11」の違いを比較!

ASUS製スマホ「ZenFone 7 ZS670KS」とアップル製スマホ「iPhone 11」のスペックの違いを比較してみました。
どちらの端末を購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

スペック比較表

名称 ZenFone 7 iPhone 11
画像 ZenFone 7 小さい画像 iPhone 11 小さい画像
メーカー ASUS アップル
発売時期 2020年10月 2020年10月
OS Android 10 iOS 13
CPU Snapdragon 865 A13 Bionic
RAM 8GB 4GB
ROM 128GB 64GB
128GB
256GB
外部ストレージ 最大2TB 非対応
ディスプレイ 6.67 インチ
有機EL
90Hz
6.1 インチ
画面解像度 2400×1080
FHD+
1792×828
画面占有率 92% 不明
アスペクト比 20:9 19.5:9
背面カメラ 6400万画素(メイン/広角)
1200万画素(超広角)
800万画素(望遠)
1200万画素(広角/F1.8)
1200万画素(超広角120°/F2.4)
前面カメラ 回転式 1200万画素(F2.2)
バッテリー 5000mAh 2815mAh
急速充電 30W 20W
USB USB Type-C Lightning
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1 5.0
DSDS DSDV 対応
トリプルスロット 対応
生体認証 指紋
防水防塵 IP68
おサイフケータイ Apple Pay対応
通信(5G) 対応
通信(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 29 / 38 / 39 / 40 / 41 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66
機種サイズ (縦幅) 165 mm 150.9 mm
機種サイズ (横幅) 77.2 mm 75.7 mm
機種サイズ (厚み) 9.6 mm 8.3 mm
機種重量 235 g 194 g
カラー パステルホワイト
オーロラブラック
ブラック
ホワイト
グリーン
イエロー
パープル
レッド
参考価格 85,800円 64GB:64,800円
128GB:69,800円
256GB:80,800円

<スポンサーリンク>

価格を比較

ZenFone 7 iPhone 11
85,800円 64GB:64,800円
128GB:69,800円
256GB:80,800円

発売時の価格に違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

blank

ZenFone 7とiPhone 11の主なスペックや動作性能の違いを比較してみました。

CPUの違い

ZenFone 7 iPhone 11
Snapdragon 865
オクタコア
2.84GHz
A13 Bionic
第3世代Neural Engine

まず搭載されているCPUに違いがあります。ZenFone 7はクアルコム社のSnapdragon 865が搭載されておりますが、iPhone 11は自社開発のA13 Bionicチップが搭載されております。

Snapdragon 865はAnTuTuベンチマークスコアが55万超えを記録しておりますが、一方のA13 Bionicも50万超えとハイスコアを記録。

AnTuTuベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。どちらもハイスコアなのでどちらの端末も高性能ですが、スコアはZenFone 7の方がわずかに上です。

RAMの違い

ZenFone 7 iPhone 11
8GB 4GB

搭載されているRAMの数値にも違いがあります。ZenFone 7は8GBですが、iPhone 11は4GBです。(iPhoneのRAMは公表されていないので予想値)

RAMはCPUと同じく動作性能に影響を与えるパーツです。主に「同時動作」に影響を与えると言われているので、スマホで重作業をする方は高い数値が必要となります。

数値上はZenFone 7の方が同時動作に強い(フリーズが起こりにくい)ということになりますが、搭載されているOSが違うので実際のところどちらが上か分かりません。

ストレージの違い

ZenFone 7 iPhone 11
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ
最大2TB
内部ストレージ:
64GB
128GB
256GB
外部ストレージ
非対応

ストレージの容量にも違いがあります。ストレージはスマホ本体に保存できる「内部ストレージ(ROM)」とSDカードを使って保存できる「外部ストレージ」の2つに分かれています。

内部ストレージはZenFone 7が128GBのみですが、iPhone 11は64GB/128GB/256GBから選ぶことができます。またZenFone 7は外部ストレージに対応しているので、SDカードを使って容量を増やすことができます。

ディスプレイの違い

ZenFone 7 iPhone 11
6.67インチ,2400×1080(FHD+),有機EL,20:9,画面占有率92%,90Hz 6.1インチ,1792×828,Liquid Retina HD,19.5.9

ディスプレイサイズはZenFone 7の方が0.57インチ大きいです。またZenFone 7は有機ELディスプレイが採用されており、リフレッシュレート90Hz駆動に対応しています。

iPhone 11は従来通り60Hzです。

カメラの違い

ZenFone 7 iPhone 11
6400万画素(メイン/広角)
1200万画素(超広角)
800万画素(望遠)
1200万画素(広角/F1.8)
1200万画素(超広角120°/F2.4)
回転式 1200万画素(F2.2)

スペックだけを見ると画素数やレンズ枚数はZenFone 7の方が上です。またZenFone 7は回転式カメラが採用されているので、インカメラもメインの高画素レンズで撮影できるのが特徴的です。

ただし実際のところiPhoneシリーズのカメラは非常に高性能で評判が良いので、どちらがカメラ性能が上なのかは難しいところです。

バッテリーの違い

ZenFone 7 iPhone 11
5000mAh 2815mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではZenFone 7の方が上です。(iPhoneは公表されていないので予想値)

ただしiPhoneシリーズはバッテリー持ちの良さにも定評があります。単純な容量ではZenFone 7に負けていますが、実際の連続使用時間ではiPhoneが上回っていてもおかしくありません。(過去シリーズのバッテリー持ちが凄く良かったため)

<スポンサーリンク>

機能面やデザインの違いを比較

blank

ZenFone 7とiPhone 11の対応機能やデザイン・カラーバリエーションの違いなどを比較してみました。

5G通信の対応

ZenFone 7は5G通信に対応しております。5Gは4G(LTE)が進化した次世代通信規格のことです。5Gを利用すると通信速度が向上しますが、まだまだエリアが狭く対応機種も少ないのが現状です。

トリプルスロットの対応

ZenFone 7はトリプルスロットに対応しております。通常SIMスロット2はSIMカードとSDカードの排他利用となっており、どちらか一方を装着するともう一方が使えなくなってしまいます。ただしZenFone 7のように3枚のカードスロットが用意されている場合は、SIM2枚+SDカードで運用することができます。

blank【2020年最新】トリプルスロットのDSDS対応スマホまとめ

おサイフケータイの対応

iPhone 11はApple Payに対応しております。Apple Payはおサイフケータイほど多くの機能に対応しておりませんが、それでも電子決済の主要なサービスを利用できるので重宝します。

防水防じんの対応

iPhone 11は防水防じん(IP68)に対応しております。

防水防じんに対応していないと、水がかかったりホコリ・塵などが侵入してスマホが壊れてしまうことがあるので、かなり重要な機能です。

端末サイズや重量の違い

ZenFone 7 iPhone 11
165 × 77.2 × 9.6 mm
235 g
150.9 × 75.7 × 8.3 mm
194 g
blank

端末サイズはiPhone 11の方がコンパクトかつ薄型軽量です。

カラーバリエーションの違い

ZenFone 7 iPhone 11
blankオーロラブラック blankブラック
blankパステルホワイト blankホワイト
blankグリーン
blankパープル
blankRED Special Edition

購入方法

ZenFone 7とiPhone 11の購入方法をまとめてみました。

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、ZenFone 7やiPhone 11を購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

ZenFone 7の開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:62,600円
(投売り特価!)
大感謝スマホセール開催!
セール期間中にZenFone 7(71,600円)を購入した場合、9,000円割引が適用されます。さらに他社からの乗り換えで5,000円割引が適用され、対象オプションの同時加入で1,000円割引も適用されます。
2020年12月23日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:71,800円
(ギフト券貰える!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
ZenFone 7(71,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券5,000円分が貰えます!
2020年11月30日までの期間限定なのでお早めに。

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。