スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

Xperia Z5と前作Xperia Z4の違いを比較してみました

Pocket

2015年10月下旬に3キャリアからソニーの人気スマホXperia Z5の販売が開始します。
Xperia Zシリーズは高いスペックと高いデザイン性に定評があり、
Androidのスマートフォンとして不動の人気を誇っています。
今回はそんな待望のシリーズの最新作Xperia Z5は、
その前作Xperia Z4からどの様に進化を遂げたのか違いを比較してみました。
(例としてドコモ版のSO-01HとSO-03Gを取り上げて比較します)

関連記事
Xperia Z5 SO-01Hのスペック詳細情報
ドコモから発売予定のXperia Z5 SO-01Hのスペック詳細を記載。
Xperia Z4 SO-03Gのスペック詳細情報
ドコモから発売されたXperia Z4 SO-03Gのスペック詳細を記載。


Xperia Z5とXperia Z4のスペック比較表

Xperia Z5 Xperia Z4
画像
OS Android 5.1 Android 5.0
CPU MSM8994
オクタコア
2.0GHzQ+1.5GHzQ
MSM8994
オクタコア
2.0GHzQ+1.5GHzQ
液晶サイズ 5.2 インチ 5.2 インチ
解像度 1920×1200ドット
FHD
1920×1200ドット
FHD
RAM 3 GB 3 GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ microSDXC:200GB microSDXC:128GB
カメラ画素数 2300万画素 2070万画素
バッテリー 2900mAh 2930 mAh
縦幅 146 mm 146 mm
横幅 72 mm 72 mm
厚み 7.3 mm 6.9 mm
機種重量 約154 g 約144 g
スポンサーリンク

Xperia Z5と前作Xperia Z4の違いを比較!「外部ストレージ」

スペック面で大きな変更点はありません。
CPU・RAM・ROMと動作面では違いはありませんが、
外部ストレージのmicroSDが200GBまで対応しました。
漫画や音楽をスマホで管理している人も多いので外部とは言え最大容量が増えたのは人によっては有難い変更点かもしれません。

Xperia Z5と前作Xperia Z4の違いを比較!「カメラ」

前作からの変更点では最も大きい箇所かもしれません。
まずは単純にメインカメラ画素数が、
前作Xperia Z4の「2070万画素」に対して、
今作Xperia Z5は「2300万画素」になります。
そしてオートフォーカスが現時点のスマホで最速レベルとのことです。
(正確な時間は分かり次第記載しておきます^^;確か0.03秒とか)
他にも手ぶれ補正機能の強化や、ズーム撮影時の画質強化など、
カメラ面に関してはスペック面とは違い、前作からかなりの進化を遂げています。

Xperia Z5と前作Xperia Z4の違いを比較!「バッテリー」

前作からバッテリー容量も多少ダウンしました。
前作Xperia Z4の「2930mAh」に対して、
今作Xperia Z5は「2900mAh」になります。
バッテリー容量もダウンし、バッテリー持ちも前作よりは悪い模様です。
実際に1割前後もバッテリー持ちが悪いとの噂も。

Xperia Z5と前作Xperia Z4の違いを比較!「機種サイズ」

機種サイズは縦幅と横幅は変更は無く、
厚みが0.4mm厚くなりました。
バッテリー容量に違いは無いので、
恐らくカメラ関係またはデザイン面の関係での変更が妥当な考えでしょうが、
もしかすると発熱問題を考慮しての端末内のスペースを確保した可能性もありますね。

Xperia Z5と前作Xperia Z4の比較・まとめ

Xperia Z4の発売から間もない事もあり、
スペック面での大きな変更点はありませんでしたね。
個人的にはメモリの数値が1GB上昇すると予想していましたが、
こちらも変わらず3GBのままでした。
大きな変更点はカメラ性能が一番に挙がり、厚みの上昇の意図は分かりませんが、
前作で不満の多かった発熱への対処であったら個人的には嬉しいところです。
下記の記事にてドコモ2015-2016冬春モデルの比較を行っておりますので興味ある方はご参考下さい。
ドコモ2015-2016冬春モデル比較・まとめ

Amazonベストセラー「スマホグッズ」

【当サイト推し】結局これからは「格安SIM」を活用するしかない【楽天モバイル】

大手キャリアの利用者にとって、意外と敷居が高いのが「格安SIM」への乗り換えですよね。
いろいろと調べるのが面倒だし、出来れば事を荒立てずに料金だけ安くなればいいのに。そんな感じじゃないですか?
しかし、結局スマホの月額料金を下げるにはこれからの時代「格安SIM」を上手く利用するしかありません。

参考までに私はワイモバの最も安い通話プラン(確か3000円ちょっと)と【楽天モバイル】楽天モバイルの900円で合計4,000円ちょっとで運用しております。サブ機を利用しての2台持ちで、データ通信は1GBと3.1GBの合計4.1GBで4,000円ちょっとなら十分安いですよね。
2台持ちかよ!って思った方もいるかもしれませんが、最近では「DSDS」と言う機能に対応したSIMフリースマホが続々と登場しているので、例えばドコモのカケホーダイのみ(2,700円だったかな?)と【楽天モバイル】楽天モバイルの3.1GBプラン900円で契約すれば月額3000円台+端末本体代1台分で済みます。

しかもこの「DSDS」に対応したSIMフリースマホ、キャリアスマホと比べても遜色ないほど出来が良いのに価格は高いモデルでも40000円程度で手に入ります。コスパに優れたミドルクラスだと2万円もあれば生活に支障のないどころか、快適な動作が期待出来る端末もちらほら出始めてますよ。

結局面倒なのは「端末選び」と「格安SIMの回線選び」です。
そんな方に向けた「セット販売」のサービスが格安SIMでは採用されております。
【楽天モバイル】楽天モバイルでは「セット販売」にかなり力が入っており、常に何らかのキャンペーンが実施されております。
タイミングさえ合えば物凄くお得に乗り換えることが出来るので、大手キャリアを未だに使っている方は是非是非一度のぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク


こちらも読まれています
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ



スポンサーリンク

Follow site

follow us in feedly