前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【2021年最新】トリプルスロットのDSDV対応おすすめスマホまとめ

DSDVでSIM2枚使っているせいで、SDカードが使えなくて容量が足らない。これじゃ全くファイルが保存できないよ!

こんなお悩みを解決できるのが「トリプルスロット」です。

本記事ではトリプルスロットの基本的な情報や注意点を解説しています。またトリプルスロット対応のおすすめ機種も紹介しているので、SIM2枚運用で容量不足に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

ちなみに私も最近はトリプルスロット対応スマホばかり使っています。そのおかげで容量不足は解消されました!

blankイッテツ

DSDSやDSDVはスロットが2つしかない

DSDSやDSDVはスロットが2つしかない

DSDSやDSDVなどに対応したデュアルSIMは、スロットが2つ用意されています。そしてこのスロットそれぞれにSIMを差し込むことで、SIM2枚の同時待ち受けが可能になります。

デュアルSIMはスロットが2つしかないので、SIMを2枚差し込んでしまうとSDカードを使えないのです。これがデュアルSIMの弱点です。

そもそもDSDVやDSDSがよく分からないと言う人は、こちらの記事をチェックしてみて下さい。

blank DSDVのメリットはVoLTEを使ったSIM2枚運用【最強の組み合わせも紹介】

またトリプルスロット関係なく、DSDVにさえ対応していれば良いと言う方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

blank DSDV対応のおすすめSIMフリースマホ6選【2021年最新】

<スポンサーリンク>

片方のスロットは「SIMカード」か「SDカード」

片方のスロットは「SIMカード」か「SDカード」

デュアルSIMは、片方のスロットがSDカードと排他利用となっております。上の画像のように、片方のスロットは「SIMカード」か「SDカード」どちらかしか差し込むことが出来ません。

  1. SIMカード
  2. SIMカード

スロット1にSIMカード、スロット2に2枚目のSIMカードを装着するパターン。この場合SDカードが使えません。

  1. SIMカード
  2. microSDカード

スロット1にSIMカード、スロット2にmicroSDカードを装着するパターン。この場合2枚目のSIMが使えません。

トリプルスロットは3つのスロットが同時に使える

トリプルスロットはスロットが3つある

スロット自体が3つ用意されていればSIMカード2枚とmicroSDカードを同時に利用出来ますよね。もうお分かりだと思いますが、スロット自体が3つあることを「トリプルスロット」と言います。

上記のような2パターンで迷う事もなく、2枚のSIMとSDカードを装着することが出来ます。DSDS機やDSDV機で同時待ち受けのためにSIMを2枚付けている場合でも、トリプルスロットであればSDカードも使うことが出来るのです!

  1. SIMカード
  2. SIMカード
  3. microSDカード←同時に使える!
トリプルスロットは同時利用が可能2

トリプルスロットを使えば、画像のように「キャリア通話SIM」「格安SIMデータ通信」「microSDカード」を同時に利用することが出来るのでとても便利です!

トリプルスロットがあれば、SIM2枚使いながらSDカードも同時に使えるので、容量不足に困ることもなくなります!!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

トリプルスロットの国産モデルが無い

先日「Xperiaのトリプルスロットスマホを探している」とお問い合わせが来ましたが、そもそもトリプルスロット対応の国産モデルが存在しないです。XperiaやAQUOS(シャープ)などの国産スマホにこだわりがあると言う方は注意してください。

blank

国産モデルでもトリプルスロットが使える裏技があるって聞いたんですけど!
それはたぶん延長アダプターを使った「トリプルスロット化」の事ですね。。非推奨ですが、紹介だけしておきます。

blankイッテツ

DSDS・DSDVスマホをトリプルスロット化する方法【非推奨】

DSDS・DSDVスマホをトリプルスロット化【非推奨】

「SIM延長アダプター」と呼ばれる装置を使えば、デュアルSIMのスマホを無理矢理トリプルスロットにすることが出来ます。

そもそも排他利用のスロット2は、SIMを読み込む能力・SDカードを読み込む能力、どちらも備わっています。物理的にスペースが足らないので、向きを変えることでSIMを読み込むか、SDカードを読み込むかを判断するわけです。

トリプルスロット化

SIM延長アダプターは、スロット1スロット2でSIMを読み込んでおいて、その間にある「SDカードを読み込むための部分」を延長して、スロット外でSDカードを読み込ませると言う原理です。

トリプルスロット化2

これで、物理的にトリプルスロット状態にできるわけです。

トリプルスロット化3

スロット1にSIM1、スロット2にSIM2、そして延長アダプターで外に出来たスロット3にSDカードを差し込みます。

トリプルスロット化4

こんな感じです。って言いながらもイッテツはトリプルスロット化を一度も試したことがありません。

こういったスマホ改造系は壊れるリスクがあるので推奨は出来ません(;´・ω・)そもそもAmazonで延長アダプターを調べたら全て発送元が中国でした(;´・ω・)試してみたいと言う方は自己責任で。個人的には国内で販売されているトリプルスロットスマホを選ぶことをオススメします。

参考 DSDS 第3弾【DSDSをトリプルスロット(化)】にする方法を解説おっさんのblogというブログ。

こちらのサイトでは実際に延長アダプターを使ってトリプルスロット化の手順を紹介しています。気になる方はチェックしてみて下さい。

圧倒的絵心…!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

トリプルスロット対応スマホの一覧

現在販売されているトリプルスロット対応スマホは以下の7機種となっております。

  • OPPO A54
  • Redmi Note 10 Pro
  • Redmi 9T
  • ZenFone 7
  • moto g8 power lite
  • Redmi Note 9S

またそれ以前にもトリプルスロットに対応したモデルが多数存在するので、興味のある方は下記をチェックしてみてください。

  • moto e6s
  • ZenFone 6
  • OPPO A5 2020
  • moto g7
  • moto g7 plus
  • moto g7 power
  • ZenFone Max Pro (M2)
  • ZenFone Max (M2)
  • AX 7
  • R15 Neo
  • Moto G6
  • Moto G6 plus
  • Moto G6 power
  • Moto G5 plus
  • Moto G4 plus
  • Moto Z2 Play
  • Moto Z Play
  • Moto E5
  • ZenFone Live (L1)
  • ZenFone 5Q
  • ZenFone 4 Max
  • ZenFone Max Plus (M1)
  • g08
  • Wiko View
  • FLEAZ BEAT

トリプルスロット対応のおすすめ機種は?

おすすめのトリプルスロット対応スマホは、最近販売された6機種です。

  • OPPO A54
  • Redmi Note 10 Pro
  • Redmi 9T
  • ZenFone 7
  • moto g8 power lite
  • Redmi Note 9S

トリプルスロット対応スマホをお探しの方は、こちらの中から選ぶことをおすすめします。

OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

発売 OPPO/2021年6月
動作性能 Snapdragon 480 5G/4GBRAM
AnTuTu:27万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 6.5インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 74.7 × 162.9 × 8.4 mm/190 g
通信 5G NR: n3/n28/n77/n78
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41/42
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900MHz
カラー シルバーブラック
ファンタスティックパープル
価格 3万円前後

こちらはOPPOの5G対応ライトモデル「OPPO A54」です。

チップセットにSnapdragon 480 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは27万前後を記録。ライトモデルの中では比較的性能が良い方ですし、5Gにも対応しているのでコスパは優秀な部類に入ります。価格は3万円前後です。

Redmi Note 10 Pro

Redmi Note 10 Pro

発売 Xiaomi/2021年4月
動作性能 Snapdragon 732G/6GBRAM
AnTuTu:25万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面10800万+800万+500万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5020mAh
サイズ 76.5 × 164 × 8.1 mm/193 g
通信 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
4G:TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz
カラー グラディエントブロンズ
グレイシャーブルー
オニキスグレー
価格 35,000円前後

こちらはXiaomiの高画素カメラ搭載モデル「Redmi Note 10 Pro」です。

チップセットにSnapdragon 732Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは25万前後を記録しています。メイン10800万画素のクアッドカメラの搭載、リフレッシュレート120Hzの対応が特徴的なミドルレンジモデルです。価格は35,000円前後です。

Redmi 9T

Redmi 9T

発売 Xiaomi/2021年2月
動作性能 Snapdragon 662/4GBRAM
AnTuTu:18万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.53インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 77.3 × 162.3 × 9.6 mm/198 g
通信 2G: GSM: B2/3/5/8
3G: WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
4G: TDD-LTE: B38/40/41(2545-2650MHz)
4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
カラー オーシャングリーン
カーボングレー
価格 18,000円前後
Redmi 9Tの開催キャンペーン

  • BIGLOBE SIMblank
    実質価格:0円(ポイント&特典!!)

    秋のスマホおトク祭り!
    セール期間中にRedmi 9T(15,840円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが15,840ポイントも付与されます!
    また「月額料金が最大12か月間550円割引」「セキュリティセット・プレミアム6か月無料」「エンタメフリーオプション6か月無料」など特典多数!
    エンタメフリーオプションはYoutubeなど対象サービスの通信量がノーカウントになるお得なオプションです!
    2021年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
  • OCNモバイルONEOCNモバイルONE
    端末価格:1円(投売り特価!!)

    10月SALE 第一弾!
    Redmi 9T(16,501円)を期間中に購入した場合、16,500円割引が適用されます。
    2021年10月25日までの期間限定なのでお早めに。
    >セール解説ページはこちら
  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:110円(乗り換えがお得!!)

    秋の乗り換えキャンペーン!
    Redmi 9T(15,180円)を他社からの乗り換えでギガプラン音声SIM契約した場合、15,070円割引が適用されます。
    さらに「初期費用3,300円が1円」「データ量 3ヶ月間1GB増量」「Google Play ギフトコード3,000円分」の特典あり!
    2021年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

こちらはXiaomiのライトモデル「Redmi 9T」です。

チップセットにSnapdragon 662が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは18万前後を記録しています。性能自体はそこまで高くありませんが、価格がかなり安いのでおすすめです。価格は18,000円前後です。

ASUS ZenFone 7

ASUS ZenFone 7

発売 ASUS/2020年10月
動作性能 Snapdragon 865/8GBRAM
AnTuTu8:58万
ストレージ 内部128GB/外部2TB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 90Hz 有機EL
カメラ 背面6400万+1200万+800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 77.2 × 165 × 9.6 mm/235 g
通信 5G NR
n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29
TD-LTE
B38/B39/B40/B41
キャリアアグリゲーション
5CA(DL)/2CA(UL) 対応
W-CDMA
B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE
850/900/1,800/1,900MHz
カラー パステルホワイト
オーロラブラック
価格 9万円前後
ZenFone 7の開催キャンペーン

  • OCNモバイルONEOCNモバイルONE
    乗り換え価格:61,800円(乗り換えがお得!!)

    ZenFone 7(74,800円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。 また対象オプションの同時加入で2,000円割引も適用!
    2021年10月25日までの期間限定なのでお早めに。
    現在超お買い得な「10月SALE 第一弾」開催中です!
    >セール解説ページはこちら

こちらはASUSのハイスペックモデル「ZenFone 7」です。

背面カメラを回転してインカメラ撮影でも使うことができる「回転式カメラ」が特徴のハイスペックスマホ。チップセットにSnapdragon 865が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは58万前後とハイスコアを記録。リフレッシュレート90Hzに対応しているので、ブラウジングや動画・ゲームが滑らかに動きます。

ハイスペックモデルなので価格が9万円前後と高め。

moto g8 power lite

moto g8 power lite

発売 モトローラ/2020年9月
動作性能 Helio P35/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1600万+200万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.9 × 76.8 × 9.2 mm/200 g
通信 4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B6 /B8 / B19
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
カラー ロイヤルブルー
ポーラブルー
価格 2万円前後
moto g8 power liteの開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーン無し

blank 【moto g8 power lite 開封レビュー】格安でトリプルレンズ搭載!だけど色々残念…。

こちらはモトローラの大容量バッテリー搭載モデル「moto g8 power lite」です。低スペックモデルなので様々な基準が低め。

動作性能としてはチップセットにHelio P35が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは10万前後と低スコアを記録。画面解像度がHD+なのとUSBがmicroUSBなのが残念ですが、価格は2万円前後とかなり安い。

Xiaomi Redmi Note 9S

Xiaomi Redmi Note 9S

発売 Xiaomi/2020年6月
動作性能 Snapdragon 720G/4GBor6GBRAM
AnTuTu8:25万
ストレージ 内部64GBor128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+500万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 165.75 × 76.68 × 8.8 mm/209 g
通信 GSM: B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
カラー オーロラブルー
グレイシヤーホワイト
参考価格 24,800円
29,800円
Redmi Note 9Sの開催キャンペーン

現在開催中のキャンペーン無し

blank 【Redmi Note 9S実機レビュー】2万円台でAnTuTuベンチマーク25万はもはや反則レベル

こちらはXiaomiの「Redmi Note 9S」です。

チップセットにSnapdragon 720Gを搭載しており、AnTuTuのベンチマークスコアが25万前後とそこそこのハイスコア。価格が25,000円とは思えないほどのスコアなので、コスパは抜群!

もちろんDSDV及びトリプルスロットに対応しております。

トリプルスロット対応の海外スマホってあるの?

XiaomiやUMIDIGIなどの海外スマホでもトリプルスロットに対応したモデルは存在します。UMIDIGIスマホをまとめた記事があるので、興味のある方はそちらもチェックしてみて下さい。

blank 【2021年最新】UMIDIGIのおすすめスマホ6選【格安最強】
最近は日本Amazonのスマホ売れ筋ランキングを見ていても、海外スマホが目立つようになってきました。。

blankイッテツ

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通り。

  • トリプルスロットはSIM2枚とSDカードを同時に使える
  • 同時にSDカードが使えるので、容量不足が解決する
  • DSDS・DSDV(SIM2枚運用)にはトリプルスロットがオススメ
  • おすすめトリプルスロット対応スマホは6機種

皆さんもDSDSやDSDVを使ってSIM2枚運用する場合は、ぜひトリプルスロット対応モデルを選んでみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

16 COMMENTS

blank 高瀬秀樹

OPPO Reno5 Aは公式サイトでも排他的デュアルSIMスロット
と明記してます。
アクセス稼ぎに注力を注がず
正確な情報を記載して下さい。

返信する
blank イッテツ

>高瀬秀樹さん
スマ情管理人のイッテツです。誤情報のご指摘ありがとうございます。

OPPO A54のプレリリースページと見間違えていました。誠に申し訳ございません。修正させていただきました。

返信する
blank Unknown

2slot機を3slot化する時のアダプター、外部にSDカードが出せるタイプはご存じ有りませんか?
その方が自分にとって使い勝手が良いのですが…

返信する
blank イッテツ

>Unknownさん

とりあえず検索で探してみましたが、見つかりませんでした(´;ω;`)
お役に立てず申し訳ございません…。

この記事の画像だとSDカードが外付けになっていますが、、実際はSIMを外付けするための装置なので、SDカードは外付けできないかもしれません。誤解を招くことをしてしまい、申し訳ございません…。

私自身トリプルスロット対応のスマホを使っているので情報に疎くて申し訳ないです。この記事を見ている方で、なにか詳しい方がいればコメント宜しくお願いいたしますm(_ _;)m

返信する
blank

突然のコメント失礼します。
数年後帰国しますが、今後長期間のアメリカ生活の予定です。アメリカで使えるトリプルスロットのスマホを探しています。SDカードと現在のキャリアのcimと現地で使えるcimを日本で手に入れて、日本にいるうちにスマホを変えたいと思っています。こちらの記事で紹介されているスマホはアメリカでも使えて、日本のキャリアのcimも対応していますか?おすすめのものを教えてください。

返信する
blank イッテツ

>ふ さん
スマ情管理人のイッテツです。コメントありがとうございます。

現地で使うSIMの通信バンドに対応している必要があります。どんなSIMを契約するのかによって対応バンドが異なるので注意が必要です。
契約するSIMに「対応周波数」というものがあるので、そちらを参考にして選びましょう。

返信する
blank

>イッテツさん

お返事ありがとうございます。スマホに疎く、右も左も分からない中調べついたので、早期対応に大変感謝しています。契約予定と対応周波数で検索したところ、「GSMかつ周波数850MHz, 1900MHzに対応したSIMロックフリーのスマートフォンまたは、携帯電話」「LTEデータ対応周波数は700MHz(Band17), 1700MHz(Band4), 2100MHz(Band4)」に対応、また、アメリカは3Gを段階的に廃止とのことです。ここまで調べたのですが、どこを見てアメリカで使えるものなのかが難しいです。すみません。

返信する
blank イッテツ

>ふ 様

LTE(4G)の対応周波数が「Band4」「Band17」とのことなので、この2つのバンドに対応したモデルを選ぶ必要がありますね!

例えば当記事で紹介しているモデルの4G対応バンドを取り上げると、下記の通りです。

OPPO A54 5G:FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28

Redmi Note 10 Pro:FDD-LTE Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66

Redmi 9T:FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

ZenFone 7:FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29

moto g8 power lite:4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41

Redmi Note 9S:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

OPPO A54 5G、Redmi Note 10 Pro、ZenFone 7の3機種はBand4と17に対応しています。こんな感じで使う予定のSIMの対応周波数と機種の対応バンドが合えば、通信できるはずです。

ただし私自身、海外ではプリペイド式SIMしか使ったことがなく、現地のSIMを契約したことがないので、もしかすると私も知らない落とし穴があるかもしれません。

念のため購入予定のメーカーか、契約予定の通信会社にお問い合わせしてみてくださいm(_ _ )m

返信する
blank 匿名

>イッテツ様

ありがとうございます!わかりやすく説明いただき助かりました。紹介いただいた機種は日本のキャリアのcimも対応しているという認識でよろしいでしょうか?
海外のcimはある程度機種を絞って問い合わせてみます。

返信する
blank イッテツ

そうですね、大丈夫です。日本のキャリアの場合は、

ドコモB1/3/19
ソフトバンクB1/3/8
au B1/18/26
楽天 B1/3

が必須バンドとなっておりますので、しっかりと対応しております。

返信する
blank 匿名

>イッテツ様

ありがとうございます。途方に暮れていたところだったので、本当に助かりました!また困ったら相談させてください。

返信する
blank イッテツ

お役に立てて何よりです(*´▽`*)
はい、私の分かる範囲でお答えさせていただきます!

返信する
blank 匿名

>イッテツ様
今現在、Galaxyをしようしており、教えて頂いた内容で探してみたのですが、そもそもGalaxyにはトリプルスロットはないですか??なければ、ご紹介頂いたものの中から選ぼうかと思ったいます(^^)

返信する
blank イッテツ

コメントありがとうございます。
そうですねー、、残念ながら国内で販売されているモデルだとGalaxyは無いと思います(´;ω;`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。