スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

SIM2枚とSDカードが同時に使える「トリプルスロット」対応スマホの比較!


2017年の登場から2018年のトレンド機能となっている機能があります。
それはデュアルSIM デュアルスタンバイ(DSDS)です。
DSDSでは2枚のSIMを装着出来るデュアルSIMを同時に待ち受けすることが出来る新機能になります。

一般的にデュアルSIMは端末に2つのスロットがあり、それらのスロットにSIMカードを2枚装着して利用します。
そしてそのカードスロットの片方がmicroSDカードと排他利用となっている場合がほとんどです。
つまり2つのカードスロットにSIMを2枚装着するか、SIM1枚とmicroSDカードを装着するか、のどちらかになります。

しかし一部のスマホではこのカードスロット自体が3つ搭載されているものもあります。これを「トリプルスロット」と言います。

トリプルスロットの利点は明確で、
デュアルSIMとmicroSDカードを同時に利用出来ること です。
まだまだ対応端末は少ないですが、今回は国内のモデルでトリプルスロットに対応しているモデルを紹介します!
DSDS+microSDカード運用の端末をお探しの方は是非最後までご参考下さい^^

ほとんどの端末が片方のスロットが排他利用

DSDSに対応しているモデルでも片方のスロットとSDカードが排他利用な場合が多いです。2018年3月の時点でもまだまだトリプルスロットに対応している端末は少ないです。

もし2枚のSIMで運用する上にmicroSDカードも追加で使いたいのであればトリプルスロットの端末を選ぶ必要があります。

トリプルスロットで同時利用!

冒頭でも記載しましたが、トリプルスロットは排他利用ではなく3枚のカードを同時に利用することが出来ます。
せっかくDSDSで運用するのだからSDカードも利用したいと言う方も多いでしょう。

トリプルスロット対応のSIMフリースマホ一覧

実際に国内で販売されているトリプルスロット対応端末をまとめてみました。参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。
端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

トリプルスロット対応のSIMフリースマホ一覧表
名称 メーカー 発売時期 参考価格
Moto G4 Plus モトローラ 2016/07 31,800円
Moto Z Play モトローラ 2016/09 53,800円
Moto G5 Plus モトローラ 2017/03 35,800円
Moto Z2 Play モトローラ 2017/06 53,800円
ZenFone 4 Max ZC520KL ASUS 2017/12 19,800円
ZenFone Max Plus (M1) ASUS 2018/02 29,800円
g08 Wiko 2018/02 33,800円
ZenFone 5Q ZC600KL ASUS 2018/05 39,800円
Moto E5 モトローラ 2018/06 18,500円
Moto G6 モトローラ 2018/06 28,800円
Moto G6 Plus モトローラ 2018/06 38,800円
FLEAZ BEAT コヴィア 2018/06 17,800円
<スポンサーリンク>

現状まだまだ対応端末が少ない!

国内で取り扱われている端末は上記のみとかなり少ないので、トリプルスロット対応端末を探している方は上記から選ぶ必要があります。
モトローラ端末のG5 Plus後続モデルにあたるG5s Plusでは何故か排他利用へと変更されているのが残念です。

そしてASUSの両端末は機能性が優れているもののコストが安い分、動作スペックもそこまで高くないです。

高価格なMoto Z Playシリーズはもちろん価格が高い分ある程度パフォーマンスも期待出来ますが、コスパで言えば微妙です。

まとめると

上記を見れば分かるように2017年前半ではモトローラ端末のみが対応しており、DSDSに対応している端末ですらほとんどが排他利用となっておりました。
DSDSが実際に利用されはじめたので、利便性を向上させると言う意味でもトリプルスロットの対応端末が少しずつ増えています。
2018年に入ってからは早くもASUS端末で機能性に優れたモデル「ZenFone4 Max」と「ZenFone Max Plus」に採用されています。これら2端末は手の出しやすい価格ながらにDSDSの対応や大容量バッテリーが売りとなっておりますが、トリプルスロットにも対応しているからより利便性は高いです。もちろん動作面ではコストカットされているのであくまで普段使いにオススメの端末です。

ZenFone4 Maxは実際に私もサブ機で利用しています。
開封時のレビュー記事があるので興味のある方はこちらも。
ZenFone4 Maxの開封レビュー!低価格ながらにデュアルカメラやDSDSに対応した大容量バッテリーモデル!

DSDS対応の端末が増えていることもあって、これからはますますトリプルスロットの対応に価値が出るかもしれません。と言うことはトリプルスロットに対応した端末が増えるということです。
DSDSを利用しながらSDカードも利用したいと言う方は是非今回のトリプルスロット端末を検討してみて下さいね!

2018年5月追記
ASUSからZenFone5シリーズが登場しました。その中の下位モデルZenFone 5QがDSDS及びトリプルスロットに対応していました!
この記事で紹介しているZenFone 4 MaxやZenFone Max Plusよりも少しコストが高く、性能も高いモデルとなっております。
ZenFone4 MaxやZenFone Max Plusよりも少し性能が良いモデルを探している方はこちらも候補になります!
ZenFone 5Q ZC600KLの開封レビュー!前面背面にデュアルカメラ搭載!

2018年6月追記
モトローラからMoto Gシリーズ第6世代「Moto G6」と「Moto G6 Plus」そしてエントリーモデルの「Moto E5」が登場しました!前作ではなぜかトリプルスロットが非対応となっておりましたが、第6世代ではトリプルスロット対応とのことです!価格も3種類それぞれ違うので、自身の予算に合わせて購入することが出来ます!


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!