「arrows U」と「LG K50」のスペックの違いを比較!

ソフトバンクの富士通製スマホ「arrows U」とLG製スマホ「LG K50」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

名称 arrows U LG K50
画像
メーカー 富士通 LGエレクトロニクス
発売時期 2019年6月 2019年7月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
MT6762
オクタコア
2.0GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大512GB
画面サイズ 6.26 インチ 5.8 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
1520×720
HD+
背面カメラ 1310万画素
500万画素
1300万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 1300万画素
バッテリー 2880mAh 3500mAh
USB USB Type-C microUSB
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ (縦幅) 149 mm 161 mm
機種サイズ (横幅) 72 mm 77 mm
機種サイズ (厚み) 8.7 mm 8.7 mm
機種重量 165 g 172 g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー
プラチナシルバー
スペースブルー

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

arrows U LG K50
Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
MT6762
オクタコア
2.0GHz

CPUはスマホの動作面に最も影響を与えるパーツです。

arrows Uではクアルコム社のスナドラ450が搭載されており、LG K50ではMediaTek社のMT6762が搭載されております。

どちらの端末もAnTuTuベンチマークスコアでは7万前後を記録しているので、同じぐらいの性能です。

ストレージの違い

arrows U LG K50
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大400GB
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大512GB

どちらの端末も内部ストレージは32GBとなっておりますが、外部ストレージの対応数ではLG K50の方が上です。

ディスプレイの違い

arrows U LG K50
5.8インチ,TFT,2280×1080(FHD+) 6.26インチ,IPS-TFT,1520×720(HD+)

どちらもワイドディスプレイが採用されておりますが、単純な画面サイズではLG K50の方が大きいです。画面解像度では逆にarrows Uの方が高解像度です。

カメラの違い

arrows U LG K50
1310万+500万画素 1300万+200万画素
800万画素 1300万画素

どちらの端末も背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されております。

バッテリーの違い

arrows U LG K50
2880mAh 3500mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではLG K50の方が上です。

機能面やデザインの違いを比較

USBポートの違い

arrows U LG K50
USB Type-C microUSB

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。

生体認証の対応

LG K50では背面に指紋認証センサーが搭載されております。残念ながらarrows Uは非搭載とのことです。

耐久性能の違い

arrows Uは防水防塵の対応に加えて、耐衝撃にも対応しているタフネスモデルです。

おサイフケータイの対応

arrows Uはおサイフケータイに対応しております。キャリアスマホでは多くの端末が対応しておりますが、残念ながらLG K50では非対応とのことです。

端末サイズや重量の違い

arrows U LG K50
149 × 72 × 8.7 mm
165 g
161 × 77 × 8.7 mm
172 g

画面サイズの違いもあって、端末サイズはarrows Uの方がコンパクトかつ軽量です。厚みはどちらも8.7ミリです。

カラーバリエーションの違い

arrows U LG K50
ブラック プラチナシルバー
ホワイト スペースブルー
ブルー  

結局どちらが良いのか

どちらもライトユーザーに向けたスマホなので、動作性能が低いです。arrows Uのスナドラ450も、LG K50のMT6762も、AnTuTuベンチマークスコアが7万前後なので重い3D系のゲームをプレイするのは厳しいです。もちろん普段使いに支障はないと思いますが、ゲームをプレイする方は注意。

そして機能面に違いがあります。
arrows Uはタフネスさに特化したモデルなので、防水防塵に加えてMIL規格の耐衝撃にも対応しております。残念ながら生体認証には非対応ですが、単純に耐久力を求めているのであればarrows Uの方がオススメです。

一方のLG K50は3500mAhもの大容量バッテリーを搭載しており、もちろん生体認証にも対応しております。arrows Uと比べて劣るのは「画面解像度の低さ」と「microUSB」の2点でしょうか。バッテリー持ちがかなり良いので、そこに魅力を感じる方はLG K50の方がオススメです。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。