前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

moto g32を購入したらやっておきたい9個の設定

モトローラのコスパ優秀なライトモデル「moto g32」を購入した方に向けて「やっておいた方が良いおすすめ設定」を紹介します。

実際に役立ちそうな項目をピックアップしているので、moto g32を買ったばかりの人はぜひ参考にしてみてください(^^)/

moto g32のおすすめ設定9個を紹介!

実際にmoto g32を購入した筆者イッテツが行ったカスタマイズを紹介します。また人によっては効果がありそうな機能も多かったので、そういった機能についても設定方法を紹介していこうと思います!

▲設定を変更するにはホーム画面にある「設定」アプリか、上部メニューを引っ張ったら表示される「歯車アイコン」から行います。

1.バッテリー残量を数字で表示する

上部メニューに表示されているバッテリー残量アイコンの表示を変えることができます。
デフォルトでは数字が表示されていないので変更しておきましょう。

blankイッテツ

バッテリー残量を数字で表示する 設定内にある「電池」アイコンをタップします。
バッテリー残量を数字で表示する2 こちらの「電池残量パーセント表示」をオンにしましょう。
バッテリー残量を数字で表示する3 これにて設定完了です。
上部メニューにバッテリー残量が数字で表示されているはずです。

2.操作音やバイブレーションを設定する

ダイヤルパッドの操作音や画面ロックの音など、サウンド関係の設定をしておきましょう。

blankイッテツ

操作音やバイブレーションを設定する 設定内にある「音とバイブレーション」をタップします。
操作音やバイブレーションを設定する2 こちらの画面で操作音などを設定しましょう。

3.スリープ時間を変更する

スマホを置いてから、画面が消えるまでの時間を「スリープ時間」と言います。自分の使い方に合わせて調整しておきましょう。

blankイッテツ

スリープ時間を変更する 設定内にある「ディスプレイ」をタップします。
スリープ時間を変更する2 ディスプレイ内にある「画面消灯」をタップします。
スリープ時間を変更する3 こちらの画面でスリープ時間を指定します。
すぐに画面が消えても問題ないという方は短めに設定しておきましょう。そうすることでバッテリー持ちが良くなります。

4.ダークモードに変更する

黒ベースの配色になる「ダークモード」への変更が可能です。
ダークモードは目の疲れを軽減したり、バッテリー持ちが良くなると言われています。ただし好みが分かれます。

blankイッテツ

ダークモードに変更する 設定内にある「ディスプレイ」をタップします。
ダークモードに変更する2 ディスプレイ内にある「ダークモード」から変更が可能です。
ダークモードに変更する3 こんな感じで黒ベースの配色になります。

5.リフレッシュレートを変更する

moto g32はリフレッシュレート90Hzに対応しております。
高リフレッシュレートは画面が滑らかになりますが、その分バッテリー持ちが悪くなるので注意。

blankイッテツ

リフレッシュレートを変更する 設定内にある「ディスプレイ」をタップします。
リフレッシュレートを変更する2 ディスプレイ内にある「リフレッシュレート」から変更が可能です。
リフレッシュレートを変更する3 個人的に90Hzがおすすめですが、違いがイマイチ分からないという方は60Hzの方がおすすめです。

6.その他ディスプレイの設定を行う

「ディスプレイ」には他にも設定できる項目があります。
自分に合わせてカスタマイズしておきましょう。

blankイッテツ

その他ディスプレイの設定を行う こちらでは「フォントサイズ」を設定できます。いわゆる文字サイズですね。
その他ディスプレイの設定を行う2 こちらでは「表示サイズ」を設定できます。メッセージのサイズを変更できます。
その他ディスプレイの設定を行う3 こちらでは「ナイトディスプレイ」の設定ができます。筆者は0時~2時までの間オンになるように設定してあります。

7.セキュリティの設定を行う

指紋認証や顔認証の設定も行っておきましょう。

blankイッテツ

セキュリティの設定を行う 設定内にある「セキュリティ」をタップします。
セキュリティの設定を行う2 こちらで指紋認証や顔認証の登録を行いましょう。

9.Motoアプリでカスタマイズする

モトローラにはMotoアプリがプリインストールされており、端末のカスタマイズや特定のアクションによる動作を確認することができます。
結構便利なので一度目を通しておきましょう!

blankイッテツ

motoアプリでカスタマイズする ホーム画面にある「Moto」をタップします。
motoアプリでカスタマイズする2 モトローラのアプリが起動するので、左上のメニューをタップします。
motoアプリでカスタマイズする3 こちらで設定変更や動作の確認などを行います。
motoアプリでカスタマイズする4 「カスタマイズ」ではテーマの変更やレイアウトの変更などが可能です。
motoアプリでカスタマイズする5 また「ヒント」には機能の説明が書かれているので、ぜひチェックしておいてください!

<スポンサーリンク>

まとめ

moto g32のおすすめ設定を9個紹介しましたが、自分が使うシチュエーションで役立ちそうな設定はありましたか?

人によって好みや使いやすさが違うと思うので、それぞれ自分に合ったカスタマイズを見つけてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。