FREETEL RAIJINのテザリング設定方法

RAIJINにはテザリング機能が備わっています。
いつでもどこでもRAIJIN自体をアクセスポイント(親機)に設定することによって、他デバイス(PCやスマホ・タブレットなど)のネット接続を可能にします。

もし出先でSIMカードを使うことが出来ないデバイスでインターネットを利用したい場合にはテザリングを利用することによって解決できます。
今回はそんなRAIJINのテザリング設定手順を解説してきます!

テザリングとは?

先ほども記載しましたがテザリングとは、
外出先でもスマートフォンをアクセスポイント(親機)に設定して、他デバイスのネット接続を可能にするための機能です。

SIMカードを接続していないデバイスや接続できないデバイスでも、
テザリングを利用することによってRAIJIN経由でインターネットに接続することが出来ます。

RAIJINのテザリング設定手順

RAIJINを親機に設定するやり方を画像つきで紹介します。

▲初期設定では待ち受け画面に「テザリング」と言うアイコンがあるので、そちらをタップします。
▲「テザリングをセットアップ」をタップして設定画面へ。
▲こちらで「ネットワーク名」「セキュリティ(暗号化タイプ)」「パスワード」を設定できます。デフォルトではネットワーク名が「RAIJIN」で、パスワードがランダムとなっております。もちろん自身の好みのものへ変更可能です。
▲設定が完了したら、ひとつ前の「ポータブルテザリング」をONにして有効化します。これにてテザリング設定及びアクセスポイントの作成が完了になります。
▲見慣れないマークが上に表示されていればOKです。RAIJINだと待ち受けの他にも、下部の通知バーにもショートカットが初期配置されています。

RAIJINのアクセスポイントに接続する

テザリングの設定が完了したので、別デバイスから接続する手順を紹介します。

▲単純に無線の親機となっている状態なので、Wi-Fiをオンにすれば先ほど作成したアクセスポイントが表示されるはずです。先ほど作成したポイントに接続します。

まとめると

手順だけ記載しておくと、
「テザリング」→「テザリングをセットアップ」
にてテザリング設定が可能です。
そして「ポータブルテザリング」にてON/OFFの切り替えが可能です。

テザリング自体はすごくカンタンに設定できますし、うまく使えばかなり便利な機能です。
端末自体がモバイルルーターとなるので、Wi-Fi接続できるデバイスであればパソコンでもタブレットでも接続が可能です。
これからは出先でRAIJINのテザリングをうまく活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。