前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【外観レビュー】UQモバイルの認定中古品iPhone 11が評判以上に良かった!

先日UQモバイルのau Certified(認定中古品)に「iPhone 11」が追加されました!

他社からの乗り換えなら、なんと23,800円から購入できるそうで。これは安い( *´艸`)

以前発売された「iPhone XS」はすぐに売り切れてしまったので、今回のiPhone 11もなるべく早めに買いたいところ。

とはいえ中古品なのが少し不安…!悩むこと数日間…!

 
 
 
中古iPhone 11

結局買っちゃいました(*´▽`*)

そして気になる部分を先に言っておくと、
中古だけど外観は超綺麗&バッテリーの状態も良かったので、最高の買い物となりました!!

今回はその辺りを中心にUQモバイルで買った中古iPhone 11を開封レビューしていきます!

UQのau Certified(認定中古品)やiPhoneへの乗り換えに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

UQモバイルのau Certified(認定中古品)が安い!

UQモバイルのau Certified(認定中古品)が安い!

今回乗り換えにUQモバイルのau Certified(認定中古品)を選んだ理由はただ一つ。

それはとにかく安かったからです…!

他社からの乗り換え・認定中古品ではあるものの、iPhone 11が2万円台で買えるのはさすがに安すぎます。

ちなみにau Certifiedの意味は下記の通り。

専門業者による厳しい検査と専用ソフトによるデータ消去で完全初期化されているのであんしんです。また、万が一お買い上げの端末に不具合があった場合、ご購入日より30日間は無償で交換いたします。
・バッテリー残量80%以上/基本機能、接続機能ともに検査済

ようするに「状態の良い中古品」のことです。ただしバッテリー残量(劣化チェック)が80%以上とのことなので、少なからず当たりハズレはあるでしょう。

ちなみに新規契約か他社からの乗り換えによるキャンペーン価格じゃないとそこまで安くないので注意。(MNP23,800円・新規契約34,800円)

UQモバイル

他社からの乗り換えだと、驚異の23,800円にて購入可能。UQmobileオンラインショップにてネットで申し込みできます。

ちなみに中古を取り扱っているイオシスの64GBモデル美品が5万円ほどで売られていました。さすがに23,800円は安いですね…!

<スポンサーリンク>

認定中古品iPhone 11の開封レビュー

というわけで気になるポイントでもある外観をチェックしていきましょう。UQモバイルの認定中古品iPhone 11を実機でレビューしていきます!

早速届いたau CertifiedのiPhone 11を開封していきます!

ちなみに充電器やケーブルは付属されておりません。

iPhone本体とSIMピンのみの付属となっております。

というわけで本体です。カラーはホワイトを選びました。

ディスプレイ側。かなりきれいですね。

ちなみに液晶保護フィルムは貼られていませんでした。

背面もかなりキレイで言うことなし。

底面。USBポート周りは傷を覚悟しておりましたが、嬉しい事に細かい傷すらありませんでした!

ボタン部分もかなり綺麗。

端末の側面ですが、左上の隅に少しだけ傷が付いていました。

細かくチェックしてみましたが、一番大きな傷がコレでした。それでも全く目立たないレベルなので、かなりの当たり端末だったっぽいですね。

SIMトレイとその周りもこの通り。めちゃ綺麗ですね。

また別の隅にも摩れ?汚れ?のような箇所がありました。

外観の状態はかなり良かったですね。目立った傷は一切なく、細かい傷が2か所だけでした!

blankイッテツ

充電器などの付属品が揃っていないので、Androidから乗り換える場合は下記の3つを用意しておきましょう。

  • iPhone用のライトニングケーブル
  • 液晶保護フィルム
  • ケース

UQモバイルのau Certified(認定中古品)iPhoneは「iPhone本体」「SIMピン」のみとなっております。注意してください。

UQモバイルの申し込みから届くまで

STEP.1
MNP予約番号を取得
UQモバイルに乗り換える前の会社でMNP予約番号を取得します。
こちらは電話番号をUQモバイルの回線に引き継ぐための作業です。
STEP.2
UQモバイルに申し込み
UQmobileオンラインショップにてお申込みします。
中古iPhoneが欲しい方は、au Certified iPhone(認定中古品)から機種を選んでください。
STEP.3
iPhoneとSIMカードが届く
UQモバイルからiPhoneとSIMカードが届きます。
開封してSIMカードを装着してください。
STEP.4
MNP予約番号を入力する
先日発行した「MNP予約番号」をUQモバイル側で入力しましょう。
この作業を行った時点で、前回のSIMに入力されている電話番号がUQモバイルのSIMへと移行されます。
STEP.5
完了!
これでUQモバイルを装着したiPhoneが使えるようになります。もちろん電話番号も引き継いでいます。

いくつかのポイントを画像付きで紹介しておきます。

UQモバイルからiPhoneとSIMカードが届きます。

こちらの中にあるパッケージを開封します。

「iPhone」「SIMピン」「SIMカード」の3種類を取り出しましょう。

SIMカードが固定されているので取り外します。

iPhoneの側面にあるSIMトレイを開いて、UQモバイルのSIMカードを装着します。

またMNP予約番号の入力についても、分かりにくい所があったので紹介しておきます。

筆者のようにゲストでログインしている場合は、こちらの「ご注文履歴」からMNP予約番号を入力します。

注文番号とパスワードを入力してください。

ピンク色の「回線を切り替える」からMNP予約番号の入力画面へ。

こちらにMNP予約番号を入力して、UQモバイルへ移行してください。

以上の手順でUQモバイルの利用を開始できます。
慣れてしまえばすごく簡単なので、乗り換え系のキャンペーンは得できるタイミングがあれば利用することをおすすめします!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

当たりハズレのあるバッテリー劣化具合

当たりハズレのあるバッテリー劣化具合

今回のUQモバイルで買えるau Certified(認定中古品)iPhoneの怖いところがバッテリーの劣化具合ですね。

こちらはiPhoneの設定で見れるバッテリーの劣化具合のチェック画面なのですが、、筆者はありがたいことにほとんど劣化していない95%のモデルを引き当てることができました。

UQの公式によると「80%以上」が選ばれるそうなので、ハズレを引いてしまうとバッテリーがそこそこ劣化したモデルが届いてしまいます。

おそらく外観に関しては、今回筆者が紹介したレベルの美品が届くと思いますが、バッテリー劣化に関してはギャンブルと思っておいてください(´;ω;`)

まとめ

まとめ

というわけで「UQモバイルのau Certified(認定中古品)iPhone 11」を開封レビューしてみました!

外観は小さな傷が二つあるだけだったし、バッテリーも新品と比べて95%というパフォーマンスを発揮してくれました。

これが大当たり端末なのかは、2個目3個目を購入してみないと分からないですが、、個人的には大満足です(*´▽`*)

同じように中古iPhoneを購入した方がいれば、バッテリー状態などをコメントに残していただけたら幸いです。この記事を見てUQの中古iPhoneを買うユーザーの参考になると思いますので、ぜひ宜しくお願いいたします!!

>>お申込みはUQmobileオンラインショップで

※余談

iPhone 11用にシンプルTPUケースと強化ガラスフィルム買いました!

中国メーカーっぽいけど、超安かったし普通に問題なく使えているのでシェアしておきます。

ライトニングケーブルは長く使うだろうしAnkerの製品を選びました。

というわけで先日購入したPOCO X3 Proはサブスマホ行きです!
しばらくはiPhone 11メインで運用していこうと思いまする~

blankイッテツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。