【2018年最新】ベゼルレス設計のSIMフリースマホ一覧と比較!おすすめは?

iPhone XやGalaxy S8シリーズなど「ベゼルレス」のスマートフォンが続々と登場しています。
2017年頃からベゼルレス設計のスマホが増えており、2018年のトレンドとなりつつあります。
もちろんiPhone XやGalaxy S8シリーズなどのキャリアスマホだけでなく、格安SIMで使われるSIMフリースマホでも最近急激に採用端末が増えております!
今回はそんなトレンドなベゼルレス設計を採用しているSIMフリースマホを比較してみました!
ベゼルレスのスマホを探している方は是非ご参考下さい^^

そもそもベゼルレスとは?

ベゼル(bezel)は「枠」 のことです。
レス(less)は「少ない」 と言う意味です。

つまりベゼルレスは直訳で、 「枠が少ない」 と言うことになります。

スマートフォンで言えば、前面のディスプレイ周りの枠部分のことをベゼルと言います。そして、この枠をより少なくした設計をベゼルレスと言います。

ベゼルレスのメリットは?

ベゼルレスのメリットは明確で、
ベゼルを削っている分、大きなディスプレイを搭載しても端末サイズを抑えることが出来るところ です。

だからベゼルレスのスマホは大画面ディスプレイを搭載したモデルが多く、
大画面を搭載しながらも端末サイズ自体はある程度コンパクトになっています。

またベゼルレス設計では、
縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されることが多いです。
解像度で言えば1920×1080(FHD)よりも縦に少し長い2160×1080(FHD+)のディスプレイが多いですね。

ベゼルレスのSIMフリースマホ比較表

実際にベゼルレスを採用している国内のSIMフリーモデルの一覧と比較になります。参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。
端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

ベゼルレスのSIMフリースマホ比較表
名称 メーカー 画面 参考価格
Mate 10 Pro HUAWEI 6.0 インチ 89,800円
Mate 10 lite HUAWEI 5.9 インチ 42,800円
Wiko View Wiko 5.7 インチ 26,770円
OPPO R11s OPPO 6.01 インチ 57,980円
nova lite 2 HUAWEI 5.65 インチ 25,980円
ZenFone Max Plus (M1) ASUS 5.7 インチ 29,800円
g08 Wiko 5.7 インチ 33,800円
ZenFone 5Q ZC600KL ASUS 6.0 インチ 39,800円
ZenFone 5 ZE620KL ASUS 6.2 インチ 52,800円
Moto G6 モトローラ 5.7 インチ 28,800円
Moto G6 Plus モトローラ 5.9 インチ 38,800円
Moto E5 モトローラ 5.7 インチ 18,500円
P20 lite HUAWEI 5.8 インチ 31,980円
P20 HUAWEI 5.8 インチ 69,800円
ZenFone 5Z ZS620KL ASUS 6.2 インチ 69,800円
AQUOS sense plus シャープ 5.5 インチ 50,000円
HTC U12+ HTC 6.0 インチ 95,000円
R15 Neo OPPO 6.2 インチ 25,880円
29,880円
Essential Phone Essential 5.7 インチ 50,000円
ZenFone Max (M1) ASUS 5.5 インチ 22,800円
Moto G6 Play モトローラ 5.7 インチ 22,800円
nova 3 HUAWEI 6.3 インチ 54,800円

【厳選】おすすめのベゼルレス端末を紹介!

ベゼルレス設計のSIMフリースマホの中でもいくつかおすすめの端末があるのでピックアップ!ベゼルレススマホを購入予定の方は是非候補に入れて下さい^^

大容量バッテリー搭載!「ZenFone Max Plus (M1)」

ZenFone Max Plus (M1)の主な仕様
・発売時期(2018年冬)
・通信(au/docomo/Softbank)
・OS(Android 7.0)
・CPU(MT6750T)
・RAM(4GB)
・ROM(32GB)
・画面(5.7 インチ/FHD+)
・カメラ(1600万+800万画素/800万画素)
・バッテリー(4130mAh)
・USBポート(microUSB)
ZenFone Max Plus (M1)の主な特徴
はじめに紹介するのはASUS製のZenFone Max Plusです。こちらは5.7型のFHD+を搭載しながらも152×73 mmとコンパクトに収まっています。
そして機能面ではデュアルカメラの搭載や大容量バッテリーの搭載などとメリットが多いです。通信面でもauの3G以外は全てに対応しているので様々な格安SIMと相性が良いです。
残念ながら動作面ではMediaTek社のコストを抑えたチップセットが採用されていることもあって性能は低いです。Antutuで55000前後とのこと。
それでも価格がめちゃくちゃ安いので、動作面が気にならない普段使いの方にはまずオススメしたい端末です。
ZenFone Max Plus (M1)の購入方法
Amazon「ZenFone Max Plus M1」で検索する
楽天市場「ZenFone Max Plus M1」で検索する
Yahoo!ショッピング「ZenFone Max Plus M1」で検索する

コスパ最強スマホ!「nova lite 2」

nova lite 2の主な仕様
・発売時期(2018年冬)
・通信(docomo)
・OS(Android 8.0)
・CPU(Kirin 659)
・RAM(3GB)
・ROM(32GB)
・画面(5.65 インチ/FHD+)
・カメラ(1300万+200万画素/800万画素)
・バッテリー(3000mAh)
・USBポート(microUSB)
nova lite 2の主な特徴
次に紹介するのは「コスパ最強」と言われているHUAWEI製のnova lite2です。
こちらは5.65インチのFHD+を搭載しており、150×72mmのコンパクトさ。それでいて薄型でもあるのでオススメです。
価格は先ほどのZenFone Max Plusよりも安いのに、Antutuベンチマークスコアでは87000を記録しているので性能はむしろ勝っています。
残念ながら「格安SIM」の専売モデルとなっているので、端末単体での購入が出来ないところがネックです。
もし何らかの格安SIMを契約する予定がある方や、契約している格安SIMのサービス内で乗り換えが可能な方にはオススメです!
nova lite 2 キャンペーン情報
IIJmio実質価格18,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!nova lite 2(21,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年11月4日までの期間限定なのでお早めに。

OCN モバイル ONE端末価格16,800円
Amazon.co.jp限定特典!Amazon経由での音声SIM契約は、Amazonギフト券2,000円~10,000円が貰えます!

BIGLOBE 格安SIM実質価格11,520円~15,120円
セレクトプラン値引き特典対象!nova lite2(25,920円)をキャンペーン期間中に「音声通話SIM」で契約した場合、10,800円~14,400円OFF!
2018年10月1日~2018年12月2日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円~1,980円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite2(25,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

ベゼルレスの白ロムや海外スマホ

SIMフリースマホだけでなく、キャリアスマホも白ロム端末として販売されているのでいくつかをピックアップ。
またiPhoneシリーズで言えばiPhone XがSIMフリーモデルも販売されています。

そして国内の火付け役の片割れでもあるGalaxy S8シリーズも白ロムとして流通しています。

さらにソフトバンクやワイモバイルで昔から販売されているAQUOS CRYSTALシリーズも白ロムとして流通しています。

海外で言えば最も有名なシリーズはシャオミのMi MIXでしょう。国内でも購入出来ますが技適の問題があるので注意。

まとめ

2018年のトレンドとなりつつあるベゼルレス+縦横比18:9の縦長ディスプレイの採用端末、いかがでしたでしょうか。
これからもがんがん増えると思われますし、私も実際にいくつか触ったことがありますが違和感を覚えるほどの迫力です。
動画の視聴が多い方はもちろんですが、大画面ディスプレイに興味のある方は是非是非検討してみて下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。