nova lite3がまさかの「1円」好評OCN投げ売りセール再び!

Blackviewのおすすめスマホ4選【海外タフネススマホ】

タフネススマホを探していると「Blackview」と言うメーカーのスマホがよく取り上げられています。

Blackviewのスマホは日本では知名度が低いですが、海外スマホのメーカーとしてはかなり有名なシリーズです。

本記事ではそんなBlackviewスマホのおすすめ機種をまとめてみました!

どのBlackviewスマホを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

Blackviewスマホの特徴は?

Blackviewスマホの特徴は?

Blackviewのもっとも有名な「BV」シリーズでは、防水防塵やMIL規格に対応した耐久力が特徴です。いわゆるタフネスモデルと呼ばれるスマホを多く製造しており、海外のタフネススマホを探しているのであれば、まず名前が挙がる有名なシリーズです。モデルによってはトランシーバーやサーマルセンサーが搭載されているものもあります。

またタフネススマホだけでなく、スタンダードな低価格スマホなども販売されており、そちらも一部の端末が高評価を得ています。

とはいえBlackviewのスマホを買うのであれば、やはりタフネススマホがオススメです。バッテリー容量も多いですし、ボディがかなり丈夫なので、外仕事や工事現場作業で人気のスマホです。

Blackviewスマホは日本で使えるの?

Blackviewスマホは日本で使えるの?

海外スマホを買うときに注意したい対応バンドですが、Blackviewスマホはドコモ・au・ソフトバンク回線の通信バンドにも対応しているので、日本でも使うことが出来ます!

海外スマホはドコモのプラチナバンドであるBand 19に対応していなかったり、ソフトバンクのBand8に対応していないことがあるので、今回のBlackviewのようにフル対応しているのは分かりやすくて良いですね。しかしau回線は実際に通信してみないと分からないと言われているので、対応バンドだけでなく通信出来ているかどうかの報告をチェックしてみましょう。インターネットで検索すれば使用者レビューなどが出てくるのでそちらを前もってチェックしておきましょう。

海外スマホの購入方法

海外スマホの購入方法は?

BlackviewスマホはAmazonや楽天市場などのネットモールにて、たくさんのモデルが出品されています。

しかし海外スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールで購入するよりもEtoren.comEtorenGearbestAliExpressなどの輸入店で直輸入した方が安く入手できます。

アカウント登録が必要なので多少の手間はありますが、どの輸入店もガジェットが激安なので、ガジェット好きなら登録しておいて損はないと思います。

輸入店のデメリットは2つあります。

  1. 商品の到着が遅い
  2. 税金がかかる場合がある

商品の到着が遅いのは、海外からの発送なので仕方ありません。EMSやDHLなどの追跡可能な発送方法を選べば、到着が早いですが、その分送料が余分にかかってしまいます。発送方法にもよりますが10日ほどかかると思ってください。

そして16669円以上のスマホを購入した場合、商品代金の60%に輸入消費税が10%かかるので注意しましょう。
3万円のスマホを輸入するなら60%の1万8000円に対して輸入消費税が10%かかります。つまり1800円ほどの税金がとられてしまうわけですね。

海外スマホを選ぶポイント

海外スマホを選ぶポイント

まず分かりやすいスマホを選ぶポイントは、「動作性能」と「価格」のバランスです。

動作性能が高くて価格も高いのは当たり前のことですが、
動作性能が平均的で価格が激安だったら、それは「コスパが良い」と言うことになりますよね。

スマホを選ぶときに重要なのは、価格に見合った性能なのか、価格以上にパフォーマンスが優れているのか、を見極めることです。

そして価格だけではなく、
「広角撮影が使いたい!」と言う方は広角レンズを搭載したモデルが必要ですし、「バッテリー持ちが命!」と言う方は大容量バッテリーを搭載したモデルを選ぶべきです。

コストパフォーマンスも大事ですが、それ以上に自分に必要なスペックや機能を考えて選ぶことが大事です。

Blackviewスマホの場合は「タフネスモデルを選ぶかどうか」と言うのも端末を選ぶポイントになります。加えて「デザイン」「評判」「対応バンド」なども踏まえた上で、自分が納得のできるスマホに出会えたら購入しましょう!

Blackviewのおすすめスマホ4選

実際に人気の高いBlackviewスマホを4機種紹介します。Blackviewスマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

BV9600 Pro

BV9600 Pro

こちらは2018年のハイエンドタフネスモデル「BV9600 Pro」です。
チップセットにHelio P60が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後を記録しています。タフネススマホの割にスタイリッシュなデザインが特徴です。
防水防塵として「IP68」「IP69K」に対応し、耐衝撃では「MIL規格」に対応。さらにタフネススマホには珍しくディスプレイに有機ELが採用されています。発売当初の価格は500ドルとなっておりましたが、現在は輸入店であれば5万円前後で購入出来ます。バンド1/3/8/19に対応しているのでドコモやソフトバンクでの通信が可能です。タフネスモデルの割には動作性能がそこそこ高いので、ある程度スマホを使うと言う人にオススメです。
発売 Blackview/2018年11月
動作性能 Helio P60/6GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部128GB/最大256GB
ディスプレイ 6.28インチ/2248×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面1600万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 5580mAh
サイズ 162.9 x 81.4 x 8.5 mm/268 g
参考価格 50,000円前後

BV9500 Plus

BV9500 Plus

こちらは大容量バッテリーを搭載した「BV9500 Plus」です。
チップセットにHelio P70が搭載されているので、Helio P60と同じくAnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後を記録しています。
耐久性能では、防水防塵として「IP68」「IP69K」に対応し、耐衝撃では「MIL規格」に対応。先ほど紹介したBV9600 Proがスタンダードなスマホに寄せたデザインとなっておりましたが、こちらはかなり重厚なデザインです。厚みが18.7ミリと言う分厚さなので注意。その分バッテリー容量が10000mAhという大容量を搭載しています。BV9500 Plusは価格が安いのも良い所で、発売時の価格が300ドル前後なので3万円ほどで購入出来ます。こちらはドコモ・ソフトバンク・auにフル対応なので国内でも快適に使うことが出来ます。
発売 Blackview/2019年8月
動作性能 Helio P70/4GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部64GB/最大256GB
ディスプレイ 5.7インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+30万画素
前面1300万画素
バッテリー 10000mAh
サイズ 165 x 81.8 x 18.7 mm/268 g
参考価格 30,000円前後

BV9100

BV9100

こちらはBV9500 Plusよりもさらにバッテリー容量が多い「BV9100」です。
チップセットにHelio P35が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは10万前後を記録しています。
耐久性能では、こちらも防水防塵として「IP68」「IP69K」に対応し、耐衝撃では「MIL規格」に対応。こちらの端末はBV9500 Plusよりも更に3000mAh多い13000mAhバッテリーを搭載しておりますが、動作性能は低くなっております。価格はBV9500 Plusと同じぐらいで3万円ほどで購入出来ます。こちらもドコモ・ソフトバンク・auにフル対応です。バッテリー容量を重視で選ぶのであれば、BV9500 Plusよりもこちらの方がオススメ。
発売 Blackview/2019年8月
動作性能 Helio P35/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部64GB/最大128GB
ディスプレイ 6.3インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+30万画素
前面1600万画素
バッテリー 13000mAh
サイズ 171.28 x 80.2 x 19.45 mm/408 g
参考価格 30,000円前後

Blackview A60 Pro

Blackview A60 Pro

こちらはエントリーモデルの「Blackview A60 Pro」です。
チップセットにHelio A22が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは7万前後(8のスコアが無かった)を記録しています。
こちらはタフネスモデルではないので防水防塵やMIL規格に対応しておりませんが、1万円で購入出来るエントリークラスとなっております。こちらドコモ・ソフトバンク回線に対応しています。性能は低いので、あくまで普段使いのみの方やサブ機を探している方にオススメ。
発売 Blackview/2019年5月
動作性能 Helio A22/3GBRAM
AnTuTu7:7万
ストレージ 内部16GB/最大256GB
ディスプレイ 6.0インチ/1280×600 HD+
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 4080mAh
サイズ 156.8 x 74 x 9.8 mm/170 g
参考価格 10,000円前後

まとめ

タフネススマホと言えば日本ではTORQUEシリーズが有名ですが、海外だとUlefoneとBlackviewが有名です。

今回はそんなBlackviewのスマホをいくつか紹介してみました!個人的には2番目に紹介した「BV9500 Plus」がオススメです。

動作性能も高く、耐久性能もしっかりとしていて、さらに10000mAhもの大容量バッテリーが搭載されていますからね。しかもレビュー評価が高い上に価格が安いです。タフネススマホを探している方にオススメです!

BV9500 Plusは厚みが18ミリを超えるほど重厚なので、それがイヤだと言う方は1番目に紹介した「BV9600 Pro」を選びましょう。

ちなみに国内モデルを中心にタフネススマホを紹介している記事があるので、興味のある方はそちらもぜひ参考にしてみて下さい。
【2019年最新】SIMフリータフネススマホの比較まとめ

国内モデルの方が購入しやすいのでオススメですが、価格が高く設定されています。手間をかけずに簡単にタフネススマホを買いたいと言う方は国内モデルを検討してみて下さいね!

期間限定nova lite3が「1円」で買える投売りセール開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。