ついにきた!前回 在庫切れ続出のスマホ投売りセール

【2020年最新】中国スマホのおすすめ機種15選【中華スマホ】

日本で人気の高い「HUAWEI」「OPPO」中国のメーカーです。

中国メーカーと言えば、かつては「不良品が多い」「サポートが悪い」などネガティブな印象が強かったです。

しかしスマホが世界的に流行し、中国メーカーの多くが海外市場へと参入しはじめました。その結果いくつかのメーカーは海外でも受け入れられており、実際世界的にシェア率の高いメーカーも多く存在しています。

中国スマホの特徴は何と言ってもコストパフォーマンスの高さです。「Xiaomi」「UMIDIGI」と言った有名メーカーのスマホは動作性能の割に価格が安くて、日本のスマホでは考えられないぐらいコスパが良いです。

今回はそんな中国スマホの中でも日本で未発売のモデルをいくつかピックアップしてみました。海外スマホをお探しの方やコスパの良いスマホをお探しの方は、ぜひ端末選びの参考にしてみて下さい!

中国スマホを買う前に

中国スマホをお探しの方は、注意点がいくつかあるので軽く目を通しておいて下さい。さすがに中国スマホを探していると言う猛者は「対応バンド」「輸入方法」などについて詳しいと思いますが、おさらい程度に。

1.対応バンドをチェックする

対応バンドをチェックする

中国スマホを買うときに注意したいのが対応バンドです。

中国スマホはもともと中国市場に向けて販売された製品です。日本で使うために重要な周波数帯も、中国では必要ない場合があります。

中国スマホはauの主力バンドとドコモのプラチナバンドに非対応な場合が多いです。ドコモ回線で利用する予定の方はBand19に対応しているかどうかをしっかりと確認してください。

プラチナバンド(Band19)に対応していないと、地域や場所によってはネットに繋がりにくくなってしまいます。au回線もドコモ回線も使うことができない場合はソフトバンク回線を用意しないといけません。

これはかなり痛手に思えますが、個人的にはそこまで大きな問題ではないと思っています。と言うのも最近はソフトバンク回線を提供する格安SIMが増えているからです。

通信速度に定評のある「ワイモバイル」はもちろんオススメですが、ワンコインから契約出来る「mineo」「LINEモバイル」などでもソフトバンク回線が提供されているので、そちらを契約することで中国スマホを快適に使うことが出来ます。

ソフトバンク回線の格安SIMサービス

海外スマホはau回線で通信できない場合が多いので、出来るだけドコモ回線かソフトバンク回線での利用をおすすめします。

各キャリアの対応バンド(4G)
バンド ドコモ au ソフトバンク
Band 1
Band 3
Band 8
Band 11
Band 18/26
Band 19
Band 21
Band 28
Band 41
Band 42

ドコモ⇒1/3/19
ソフトバンク⇒1/3/8
これらのバンドに対応していれば快適に通信することが出来ます。必ず購入前にチェックしましょう。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

2.購入方法を考える

購入方法を考える

中国スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールにて、たくさんのモデルが出品されています。

しかし海外スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールで購入するよりもEtoren.comEtorenGearbestAliExpressなどの輸入店で直輸入した方が安く入手できます。

アカウント登録が必要なので多少の手間はありますが、どの輸入店もガジェットが安いですし、いきなり激安のセールが来たりするので、ガジェット好きなら登録しておいて損はないと思います。

輸入店のデメリットは2つあります。

  1. 商品の到着が遅い
  2. 税金がかかる場合がある

商品の到着が遅いのは、海外からの発送なので仕方ありません。EMSやDHLなどの追跡可能な発送方法を選べば、到着が早いですが、その分送料が余分にかかってしまいます。発送方法にもよりますが10日ほどかかると思ってください。

そして16669円以上のスマホを購入した場合、商品代金の60%に輸入消費税が10%かかるので注意しましょう。
3万円のスマホを輸入するなら60%の1万8000円に対して輸入消費税が10%かかります。つまり1800円ほどの税金がとられてしまうわけですね。

関税込みの料金で表示されている場合は後から請求されることはありませんし、日本倉庫から発送の場合はそもそも関税がかかりません。しかし運悪く関税の対象になってしまった場合は、無視することは出来ないので諦めて支払うように。

3.必要なスペックや機能を確認する

必要なスペックや機能を確認する

スマホを選ぶとき、自分にはどのようなスマホが必要なのか考える必要があります。

とくに重要なのは「動作性能」です。自分がどのような使い方をするのか、によって必要な動作性能が変わってきます。それなら「とりあえず動作性能の高いスマホを選べば良いのでは?」と思われがちですが、動作性能は製造コストと直結しているので、動作性能の高いモデルほど価格が高いのです。

例えば、
「私はガンガン新作のゲームをプレイするゲーマーだ!」っていう人は、動作性能の高いハイスペックモデルを選ぶ必要があります。

「ゲームをプレイしないから普段使いが快適ならオッケー!」っていう人は、ある程度価格の抑えられているミドルレンジモデルを選ぶべきです。

「全くスマホ使わないからとにかく安い方がイイ」っていう人は、低価格のライトモデルを選びましょう。

そして動作性能だけでなく、対応している機能もしっかりと確認しましょう。

「広角撮影が使いたい!」と言う方は広角レンズを搭載したモデルが必要ですし、「バッテリー持ちが命!」と言う方は大容量バッテリーを搭載したモデルを選ぶべきです。

自分にとって「どの程度のランクが必要なのか」「どのような機能が必要なのか」をしっかりと見極めた上で端末を選びましょう!

中国スマホのおすすめハイスペックモデル

スマホをよく使うと言う人はハイスペックモデルがオススメです。国内で販売されているハイスペックモデルは高価格ですが、中国スマホの場合はある程度価格が抑えられているのでコスパに優れています。

Xiaomi Mi 9

Xiaomi Mi 9

こちらはXiaomiの無印モデル「Xiaomi Mi 9」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは43万前後です。これだけのハイスコアを記録していながらも5万円~6万円で購入出来るコスパの良さ。コスパの良いハイスペックモデルをお探しなのであれば、間違いなくオススメのスマホです。Band19非対応なので、ソフトバンク回線でのみ快適に通信できます。
発売 Xiaomi/2019年3月
動作性能 Snapdragon 855/6or8GBRAM
AnTuTu8:43万
ストレージ 内部64or128GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面4800万+1600万+1200万画素
前面2000万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 157.5 x 74.7 x 7.6 mm/173 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Mi Mix 3

Xiaomi Mi Mix 3

こちらは手動カメラが特徴的な「Xiaomi Mi Mix 3」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは33万前後です。スライドカメラによってレンズが内蔵されているので、画面占有率が93.4%とかなり高くなっております。価格はXiaomi Mi 9と同じく5万円前後なので、Snapdragon 855を搭載しているXiaomi Mi 9の方が動作性能では優れています。
しかし、こちらのMi Mix 3はBand19に対応しているので、ドコモ回線を使えると言うメリットがあります。
発売 Xiaomi/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/6or8or10GBRAM
AnTuTu8:33万
ストレージ 内部128or256or512GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面2400万+200万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 157.9 x 74.7 x 8.5 mm/218 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Mi 9T Pro

Xiaomi Mi 9T Pro

こちらは収納式カメラを搭載したXiaomiスマホ「Xiaomi Mi 9T Pro」です。
インド向けモデル「Redmi K20 Pro」も同じ端末です。チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは43万前後を記録しています。Xiaomi Mi 9と同じく5万円前後で購入出来る神コスパ。収納式カメラによるフルビューディスプレイに興味のある方はこちらを検討してみて下さい。こちらも残念ながらBand19非対応となっております。
発売 Xiaomi/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu8:43万
ストレージ 内部64or128GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面4800万+1300万+800万画素
前面2000万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 156.7 x 74.3 x 8.8 mm/191 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Pocophone F1

Xiaomi Pocophone F1

こちらはインド向けに発売されたXiaomiスマホ「Xiaomi Pocophone F1」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは33万前後です。スナドラ845が搭載されているのにも関わらず4万円以内で買えるコスパの高さ。
価格の安い理由は、ボディ素材であったり、カメラ性能であったり、液晶ディスプレイであったり、様々な部分がコストカットされているからです。ほとんどのスマホは、動作性能が高ければ他のスペックも高水準になりがちですが、こちらのPocophone F1は動作性能にだけ力が入っていると言うなんとも珍しい仕様です。こちらもBand19非対応です。
発売 Xiaomi/2018年8月
動作性能 Snapdragon 845/6or8GBRAM
AnTuTu8:33万
ストレージ 内部64or128or256GB/非搭載
ディスプレイ 6.18インチ/2248×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+500万画素
前面2000万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 155.5 x 75.3 x 8.8 mm/180 g
参考価格 40,000円前後

OnePlus 7T

OnePlus 7T

こちらはOPPOのフラグシップシリーズの「OnePlus 7T」です。
チップセットにSnapdragon 855+が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアが48万前後と言うハイスコアを記録しています。
またSnapdragon 855+の搭載だけでなく、超広角レンズ搭載のトリプルカメラ、90ヘルツに対応した有機ELディスプレイ、3800mAhの大容量バッテリーなど、いろんなスペックが高水準のハイエンドスマホです。価格は6万円超えですが、現行では最強クラスのAndroidスマホなので、むしろコスパは優れている部類です。Band19にも対応しているのでドコモ回線でも快適につかうことが出来ます!
解像度がQHD+に強化された上位モデル「OnePlus 7T Pro」もありますが、そちらはさらに価格が高いので、個人的にはこちらのモデルの方がオススメ。
発売 OnePlus/2019年9月
動作性能 Snapdragon 855+/8GBRAM
AnTuTu8:48万
ストレージ 内部128or256GB/非搭載
ディスプレイ 6.55インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1600万+1200万画素
前面1600万画素
バッテリー 3800mAh
サイズ 160.94 x 74.44 x 8.13 mm/190 g
参考価格 6万円前後

中国スマホのおすすめミドルレンジモデル

そこまでハイスペックが必要ないと言う方はミドルレンジモデルがオススメです。ミドルレンジモデルの定義はあいまいですが、「中くらいのクラス」と考えてよいでしょう。メーカーやモデルによっては価格が安くコスパの良い製品があるので、そういったモデルをピックアップしてみました!

Xiaomi Redmi Note 7

Xiaomi Redmi Note 7

こちらはXiaomiのミドルクラスの「Redmi Note 7」です。
チップセットにSnapdragon 660が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後です。3GBモデルが2万円以内と言う安さです。ハイエンドモデルの多いMiシリーズと違って、Redmiシリーズはこういった価格の安いモデルがメインとなっております。Band19非対応なので注意。
発売 Xiaomi/2019年1月
動作性能 Snapdragon 660/3or4or6GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部32or64GB/最大256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+500万画素
前面1300万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 159.2 x 75.2 x 8.1 mm/186 g
参考価格 20,000円前後

UMIDIGI X

UMIDIGI X

こちらは有機ELディスプレイを搭載したUMIDIGIスマホ「UMIDIGI X」です。
メインに4800万画素のレンズを搭載したトリプルカメラ仕様で、画角120度の超広角撮影にも対応。チップセットにHelio P60が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後です。価格は現在2万3000円前後です。しっかりとBand19にも対応しています。
発売 UMIDIGI/2019年8月
動作性能 Helio P60/4GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.35インチ/1548×720 HD+
有機EL
カメラ 背面4800万+800万+500万画素
前面1600万画素
バッテリー 4150mAh
サイズ 158.6 x 75.6 x 8.1 mm/202 g
価格 249.99ドル

Blackview BV9500 Plus

Blackview BV9500 Plus

こちらは大容量バッテリーを搭載したタフネススマホ「BV9500 Plus」です。
チップセットにHelio P70が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは16万前後を記録しています。
耐久性能では、防水防塵として「IP68」「IP69K」に対応し、耐衝撃では「MIL規格」に対応。かなり重厚なデザインのタフネススマホで、厚みが18.7ミリと言う分厚さ。その分バッテリー容量が10000mAhという大容量を搭載しています。BV9500 Plusは価格が安いのも良い所で、発売時の価格が300ドル前後なので3万5000円ほどで購入することが出来ます。こちらはドコモ・ソフトバンク・auにフル対応なので国内でも快適に使うことが出来ます!
発売 Blackview/2019年8月
動作性能 Helio P70/4GBRAM
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部64GB/最大256GB
ディスプレイ 5.7インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+30万画素
前面1300万画素
バッテリー 10000mAh
サイズ 165 x 81.8 x 18.7 mm/268 g
参考価格 35,000円前後

中国スマホのおすすめライトモデル

そこまでスマホを使わないと言う方はライトモデルがオススメ。ライトモデルは「エントリークラス」などと呼ばれる低価格モデルのことです。UMIDIGIを筆頭に、中華スマホはライトモデルですらある程度性能が良いので、予算がそこまで無い方やサブ機にオススメです!

UMIDIGI A5 Pro

UMIDIGI A5 Pro

こちらはUMIDIGIスマホ「UMIDIGI A5 Pro」です。
安いUMIDIGIスマホの中でも、とくに安いのがこのUMIDIGI A5 Proです。チップセットににHelio P23が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは10万前後です。さすがに出来ることは制限されていますが、それでもひと昔前のミドルクラスぐらいの性能はあるので、普段使いであれば問題ないです。価格は現在1万5000円前後です。Band19にも対応しているのでドコモ回線可。
発売 UMIDIGI/2019年5月
動作性能 Helio P23/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32GB/外部256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+800万+500万画素
前面1600万画素
バッテリー 4150mAh
サイズ 156 x 75.9 x 8.2 mm/203 g
参考価格 158ドル

Blackview A60 Pro

Blackview A60 Pro

こちらはBlackviewのエントリーモデルの「Blackview A60 Pro」です。
チップセットにHelio A22が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは8万前後を記録しています。
こちらは1万円で購入出来るライトモデルとなっております。1万円前後で買える格安モデルはいくつか存在しておりますが、動作性能を考えるとBlackview A60 Proはかなりハイコスパの部類です。Band19非対応なので、できればソフトバンク回線で使いたいところです。
発売 Blackview/2019年5月
動作性能 Helio A22/3GBRAM
AnTuTu8:8万
ストレージ 内部16GB/最大256GB
ディスプレイ 6.0インチ/1280×600 HD+
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 4080mAh
サイズ 156.8 x 74 x 9.8 mm/170 g
参考価格 10,000円前後

OUKITEL C17 PRO

OUKITEL C17 PRO

こちらは2019年夏に登場したOUKITELのエントリーモデル「OUKITEL C17 PRO」です。
チップセットにはHelio P23が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは8万前後です。動作性能はそこまで高くありませんが、価格が1万5000円前後と言う低価格に設定されています。また低価格ながらにトリプルカメラ搭載・顔認証対応・DSDV対応・パンチホールディスプレイ搭載・3900mAhバッテリー搭載など、非常に機能面が優れています。
Band19にも対応しているので、日本でも快適に使うことが出来ます。
発売 OUKITEL/2019年8月
動作性能 Helio P23/4GBRAM
AnTuTu8:8万
ストレージ 内部64GB/最大128GB
ディスプレイ 6.35インチ/1560×720 HD+
カメラ 背面1300万+500万+200万画素
前面500万画素
バッテリー 3900mAh
サイズ 158 × 75.3 × 8.8 mm/202 g
参考価格 15,000円前後

中国スマホのおすすめ国内発売モデル

これまでは国内で未発売の海外モデルをピックアップしてきましたが、正直国内で販売されている中国スマホも海外モデルと遜色ないほどコスパに優れています。

輸入購入に不安がある方や、技適マークの付いたモデルの方が良いと言う方は、素直に国内で販売されているモデルを選びましょう。

OPPO Reno A

OPPO Reno A

こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno A」です。
Snapdragon 710搭載、有機ELディスプレイを搭載してながらも3万円台で購入出来るコスパの良さ。AnTuTu8のベンチマークスコアは20万前後とハイスコアを記録。そしてDSDV・おサイフケータイ・防水防塵にも対応しています。DSDS及びDSDV機の中でおサイフケータイに対応しているのは「Reno A」と「R15 Pro」と「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」の4機種しかありません。おサイフケータイ対応モデルをお探しの方は是非!
発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面2500万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
価格 35,273円(税込)
Reno Aの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:12,000円
(投売り特価!)
人気スマホSALE開催中!
Reno A(27,000円)を期間中に音声SIMで購入すると、15,000円割引が適用される超お買い得セールです!
2020年6月15日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:18,973円
(大量ポイント付与!)
Rakuten UN-LIMIT 提供キャンペーン 開催!
キャンペーン期間中にReno A 128GB(35,273円)をデータ使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」で契約した場合、「10000ポイント」「オンライン契約で3000ポイント」「事務手数料分3300ポイント」と大量ポイントが貰えます!
さらに今ならRakuten UN-LIMIT契約でプラン料金1年間無料(300万人限定)と言うとんでもない特典あり!

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:19,800円
(特典多数!)
2年連続シェアNo.1記念キャンペーン!
Reno A(29,800円)を音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用!また「初期費用が1円」「誰とでも10分通話定額オプションが7か月間0円」「乗り換えで6,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

BIGLOBE SIM
実質価格:28,760円
(特典多数!)
端末セット特典!
Reno A(35,760円)を期間中に3GB以上の音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが7,000ポイント付与されます!
また通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料に!さらに月額料金の6か月間1,600円割引も適用!さらにさらに初月の月額料金&初期費用が0円になる特典だらけのお得セールです!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

こちらはReno Aの下位モデル「OPPO A5 2020」です。
Snapdragon 665を搭載しており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後と言うハイスコアを記録しているにも関わらず、なんと2万5000円で購入出来るコストパフォーマンスの高さです。またクアッドカメラの搭載や5000mAhバッテリーの搭載など、この価格ではありえない仕様となっており、DSDV及びトリプルスロットにも対応している秀逸さ。OPPOのライト~ミドルクラスのコスパはとんでもなく良いですね。
発売 OPPO/2019年11月
動作性能 Snapdragon 665/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1200万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1 mm/195 g
カラー グリーン
ブルー
価格 25,000円前後
OPPO A5 2020の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:3,000円
(投売り特価!)
人気スマホSALE開催中!
OPPO A5 2020(18,000円)を期間中に音声SIMで購入すると、15,000円割引が適用される超お買い得セールです!
2020年6月15日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:9,882円
(大量ポイント付与!)
Rakuten UN-LIMIT 提供キャンペーン 開催!
キャンペーン期間中にOPPO A5 2020(26,182円)をデータ使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」で契約した場合、「10000ポイント」「オンライン契約で3000ポイント」「事務手数料分3300ポイント」と大量ポイントが貰えます!
さらに今ならRakuten UN-LIMIT契約でプラン料金1年間無料(300万人限定)と言うとんでもない特典あり!

BIGLOBE SIM
実質価格:19,640円
(特典多数!)
端末セット特典!
OPPO A5 2020(26,640円)を期間中に3GB以上の音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが7,000ポイントも付与されます!
また通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料に!さらに月額料金の6か月間1,600円割引も適用!さらにさらに初月の月額料金&初期費用が0円になる特典だらけのお得セールです!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典多数!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
OPPO A5 2020(24,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券3,000円分が貰えます!また「初期費用が1円」「誰とでも10分通話定額オプションが7か月間0円」「乗り換えで6,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI P30 lite

P30 lite

こちらはHUAWEIの大人気モデル「P30 lite」です。
チップセットにはKirin710が搭載されております。AnTuTu8のベンチマークスコアでは16万前後を記録しています。トリプルカメラの搭載やDSDVの対応などといった機能面がとても優れています。価格は3万円ほどですが、様々な格安SIMサービスにて取り扱われているので、キャンペーン次第では安く入手出来ることも。
発売 HUAWEI/2019年5月
動作性能 Kirin 710/RAM4GB
AnTuTu8:16万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.15インチ/2312×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+800万+200万画素
前面2400万画素
バッテリー 3340mAh
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.57 mm/159 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
機能 トリプルカメラ
Wi-Fi5GHz(a/ac)
USB Type-C
ベゼルレス
ノッチ
価格 32,800円
P30 liteの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:14,800円
(特典多数!)
2年連続シェアNo.1記念キャンペーン!
P30 lite(23,800円)を音声SIMで契約した場合、9,000円割引が適用!また「初期費用が1円」「誰とでも10分通話定額オプションが7か月間0円」「乗り換えで6,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Pro

こちらはHUAWEIの最上位モデル「Mate 20 Pro」です。
ハイシリコン社のKirin980が搭載されているハイスペックモデルで、AnTuTu8スコアは35万前後を記録しています。高性能なのは動作性能だけでなく、ライカのトリプルレンズが搭載されているカメラ機能にも注目です。レビュー評価ではカメラへの高評価がとても多く、端末自体の評判もとても良いです。10万円を超える高価格モデルです。高性能なカメラを体験したいと言う方には是非オススメしたい端末です。
発売 HUAWEI/2018年12月
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu8:35万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.39インチ/3120×1440 QHD+
カメラ 背面4000万+2000万+800万画素
前面2400万画素
バッテリー 4200mAh
サイズ 157.8 × 72.3 × 8.6 mm/189 g
カラー ミッドナイトブルー
トワイライト
価格 111,880円
Mate 20 Proの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:73,000円
(乗り換えがお得!)
Mate 20 Pro(73,000円)を他社からの乗り換えで購入すると、5,000円割引が適用!

まとめ

今回取り上げた中国スマホは、評判の良いモデルばかりです。紹介する前にAmazonのレビュー評価とGearbestのレビュー評価を確認してから厳選したので、ハズレのスマホは無いと思います。

しかし、ハイスペックが必要なのにライトモデルを選んでしまったり、Band19に対応していないのにドコモ回線を利用したりする場合だと話は別です。端末のカクつきや不安定な通信は、かなりのストレスになってしまいます。

今回紹介した中国スマホは、しっかりと自分に見合ったランクを選ぶことが出来れば、お買い得なモデルばかりです!これからはぜひ中国スマホを端末選びの視野に入れてみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。