CUBOTスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

日本のAmazonで多数販売されている「CUBOT(キューボット)」と言う海外スマホをご存じでしょうか?

価格が安い上にレビュー評価が高い海外スマホなので、個人的にはかなり気になっているメーカーです。

今回はそんな「CUBOT」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

CUBOTはどこの国のメーカーなの?

CUBOTはどこの国のメーカーなの?

CUBOTは中国の深セン市に拠点を置く家電メーカーです。スマホ以外にもスマートウォッチやイヤホンなども販売しています。

スマホメーカーの多い中国ではそこまで業績が良くないみたいですが、ヨーロッパ地域など海外での販売に注力しているそうです。日本のAmazonでも多数出品されているように、ネットショップを使った展開が主なのかもしれませんね。

CUBOTスマホの特徴は?

CUBOTスマホの特徴は?

CUBOTは、日本のAmazonで多数のモデルを販売しております。UMIDIGIやBlackviewほどの知名度はありませんが、それでもレビュー数などを見る限りではかなり売れているのではないかと思います。

Amazonで売られているモデルは、1万円~3万円ぐらいのエントリークラス~ミドルクラスが多いです。

CUBOTスマホは買っても大丈夫なの?

海外の中華スマホなんかを探していると、「買わない方が良い」という意見が出るときがあります。

どうしても中国製品は「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」「粗悪品」などのイメージがあるので敬遠されがちです。

CUBOTも中国で製造されているので気になるところですが、ヨーロッパでしっかりと販売されているところを見ると、よく分からないメーカーの中華タブレットなんかよりはよっぽど信憑性があります。

また知名度の少ないスマホは、購入者が少ないので情報が出回っていないと言うデメリットもあります。しっかりとネットで情報を検索してから買うようにしましょう。

<スポンサーリンク>

CUBOTスマホはどこで買うの?

CUBOTの一部モデルは、日本のAmazonでも販売されています。またGearBestやEtorenなどの海外輸入店でも多く取り扱われているので、そちらから個人輸入することも可能です。

CUBOTスマホの評判は?

実際にCUBOTスマホを購入したことのあるユーザーの意見をまとめてみました。

<スポンサーリンク>

CUBOTスマホのおすすめ機種

日本のAmazonで取り扱われているおすすめのCUBOTスマホを紹介しておきます!気になる方はチェックしてみて下さい!

こちらは6.8型の大型スマホ、ファブレットと呼ばれるサイズ感の「CUBOT Max 2」です。特徴は何と言ってもその画面サイズ。動画の視聴用にスマホを探している方がいればオススメです。チップセットはHelio P22が採用されているのでAnTuTu7のベンチマークスコアは8万前後と低スコア。普段使いや動画をみる程度なら問題ありませんが、メイン機としては微妙だと思います。価格は大体3万円ぐらいで売られています。

こちらはライトモデルの「CUBOT J5」です。特徴は何と言っても価格の安さです。Amazonで1万円以下で販売されているので、サブ機をお探しの方にオススメです。チップセットにMT6580が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは2万~3万とかなりの低スコア。あまりにスコアが低いので、個人的にはCUBOT Max 2の方が好みですが、それでも1万円以下で買えるスマホを探しているのであればオススメです。

まとめ

CUBOTはヨーロッパ地域やネットショップでグローバルに展開しているメーカーでした。

どちらかといえば「よく分からない中華メーカー」と言う印象があったかもしれませんが、その点は安心して購入できます。

Twitterで評判を調べているときも、そこまで悪い事は書かれていませんでしたからね。ただ中華メーカーは本当に色んなメーカーがあって、色んなコスパの良いスマホが販売されています。

今回紹介したCUBOTのスマホも良いと思いますが、安さを求めるのであればUMIDIGIやOUKITEL、コスパを求めるのであればXiaomiスマホなんかもチェックしてみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。