スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

Androidスマートフォンをお使いの方で、
「外部メモリ」や「外部ストレージ」と言う単語を目にしたことはありませんか?

外部メモリはSDカードを使って増設出来る追加容量のことで、スマホで大容量のファイルを管理する方に必須のアイテムです。

今回はそんなAndroidスマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いについて、ざっくりと初心者向けにまとめてみました!

スマートフォンの容量は「ROM」と呼ばれている

スマートフォンのROMとは内部ストレージの事で、端末本体の容量のことになります。
・ROM
・ストレージ
・容量
・内部ストレージ
・内蔵ストレージ

等と様々な呼び方がありますが、ようするに端末本体の容量のことです。

スマートフォンのスペック情報などを見てみるとROMと表記されていることが多いです。
パソコンで言うところのハードディスクの部分になります。
要するにファイルを保存しておく場所の事で、
沢山のファイルをスマートフォンに保存したい方にとっては、
このROMの容量が多い端末が必要になってくるわけです。

「外部メモリ」を使えば容量を追加出来る!

自分のスマホのROMを確認したらめっちゃ低い!って方も安心して下さい。
今回の本題になりますが、スマートフォンには「外部メモリ」と呼ばれる物によって、
先ほど説明したROMとは別の容量を追加する事が出来ます!
・外部メモリ
・外部ストレージ
・SDカード

等と様々な呼び方がありますが、全て外部の追加容量のことになります。
この外部メモリは家電量販店やネットショップでカンタンに購入する事が出来ますが、
購入時には軽く気をつけておかないといけないポイントがあるので、カンタンに解説していきます。

スマホの外部メモリの種類

まずは現在のAndroidスマートフォンの外部メモリの種類についてです。
microSD / microSDHC / microSDXC
の3種類に分かれており、
これらの違いはカンタンに言うと容量の違いです。
・microSD(最大2GB)
・microSDHC(4GB/8GB/16GB/32GB)
・microSDXC(64GB/128GB/200GB/256GB/~2TB)
※2TB=2000GB

2018年以降で考えれば、ほとんどの端末がmicroSDXC対応となっており、それぞれの端末で対応数が異なります。
もちろんmicroSDHCやmicroSDまで(~32GB)の端末も存在しますが、最近では本当に稀なので、microSDの表記については最大の数字だけ気にしておけば大丈夫です。
最大256GBなら256GBまでのSDカード、最大512GBなら512GBまでのSDカードを利用することが出来ます。

microSDメモリカードで見落としがちな注意点

各スマートフォンにはスペックを確認すると、
・外部メモリ「microSDXC」
みたいな表記があるんですけど、
microSDXCだからと言って、2TBまで対応するわけではありません。
microSDXC(128GB)みたいな記載があれば、128GB以下のmicroSDカード全てに対応しています。
時期によってはmicroSDXC対応でも128GBよりも低いモデルが多々発売しているので、
64GBや128GBのmicroSDメモリカードを購入する場合は、
絶対にスマホ側の対応サイズを詳細(最大数)までチェックしましょう。

実際にmicroSDメモリカードを購入する際の注意点

これまで記載してきたように、端末の対応数さえしっかりと確認出来れば問題ないです。

後はどのメーカーのどの様な仕様のカードを購入するかです。
購入する際に気をつけるべき点はいくつかありますが、
今回はその中でも絞って「速度」と「容量」について記載します。

microSDメモリカードの速度とは

microSDメモリカードにおける「速度」とは「転送速度」のことで、
パソコンなんかを普段利用する方は分かると思いますが、
何らかの場所から、microSDメモリカードにファイルを転送する速度です。
大きなファイルや多数のファイルを転送する場合に、
この転送速度がとても重要になってきます。
言葉の通り、
速度が遅ければ時間がかかりますし、
速度が速ければ時間がかかりません。
全てのmicroSDメモリカードにはこの転送速度を「スピードクラス」と言う標記で表されています。
C1~C10まで存在しており、数字が高い程転送速度は速くなります。
冒頭に記載したAmazonのランキングでも上位の製品はほとんどがクラス10の製品ですね。
確認したい方は、「クラス10」や「Class10」などが記載してあったり、
本体で言うと「C」の中に数字が書いてあるので、そこでも確認する事が出来ます。

またスピードクラスとは別に、UHS-○と言うモノがあります。
UHS規格は転送速度を更に向上させたモノなので、
現在ではUHS-I / UHS-II の2種類のタイプがあり、
UHS-IIに関してはまだまだ発売から間も無い事もあり、
これまた先ほどのAmazonのランキングでも上位の製品はUHS-Iの方が多いです。
ほとんどの方はそこまでこだわる必要もありませんが、
逆に必要な方にとってはとても重要なポイントになります。

使い用途で容量を選ぶ!

ここまで記載してきた内容で、
一応はmicroSDメモリカードを失敗なく購入出来ると思います。
後は自身の使い用途によって容量を選ぶことです。
何も考えずに購入を考えている方は少ないかもしれませんが、
そんな方はとりあえずは16GB/32GB/64GBから価格と相談して購入しましょう。

128GB/200GBに関しては、はっきりと使い用途が決まっている方、
もしくはお金持ちで一応購入したい方にのみオススメ。
スマホでこれだけの容量を使用したいなんて方は、
・画像ファイル(写真をよく撮る、漫画をいっぱい保存する等)
・音楽ファイル(大量に曲を入れてウォークマンとして利用する)
・動画ファイル(動画をよく撮る、アニメや映画をスマホに保存する)

この辺りに当てはまる方は、128GBや200GBが視野に入る事でしょう。
パソコンをよく利用する方は、これらの数字が現実的にどの程度なのか分かることでしょう。
全く分からない方への目安としては、
音楽ファイルで大体1曲辺り5MB前後、
音質や再生時間によっては12MB前後程度までは行くと思います。
画像ファイルはモノによって全く異なりますが、
スマホでよく写真を撮る方は、写真1枚辺り11MB程度でしょうか。
私の端末だと画素数が高いので、もうちょっと低いのかもしれません。
気になる方は実際に何枚か撮影してみて、ファイルの容量を確認してみて下さい。
動画も同じ手順で確認してみることが一番早いです。
特に動画は解像度と録画時間次第ではものすごい容量になります。
※1000MB=1GB

おすすめのmicroSDメモリカードのメーカー

Amazonランキングでも見て分かる通り、
ランキング上位のメーカーはいくつかしかありません。
microSDメモリカードは、壊れる可能性が十分にあります。
私もガラケー時代、デジカメ、パソコンのHDDと、
様々なタイプの外部ストレージを購入してきましたが、
どうしても壊れることはある!
パソコンの3TBの外付けHDDを購入して1週間で壊れた時は、
流石にお店にクレームをしてしまいました^^;
ガラケー時代はあるSDカードの安さに驚いて3枚購入して、
1年以内に3枚壊れたこともあります…。

そんな苦い思い出もあるので私は外部メモリカードを購入する際には、
「価格の安さ」は一切捨てます。
「評判の良いメーカー」と「製品のネットでのレビュー評価」
この2つをとても重視するべきだと思います。
私は「評判の良いメーカー」で「レビュー評価も良い」上に、
ついでに価格も安ければラッキー!みたいな考え方で購入しています。

それを踏まえた上でオススメのメーカーは3つです。
・Transcend(安い上に評判が良すぎる!)
・SanDisk(シェア率1位!不動の有名メーカー)
・TOSHIBA(フラッシュメモリと言えば東芝!)

この辺りのメーカーは文句なく人気です。
特にAmazonのTranscendはスゴイオススメで、
私自身も2枚使用しておりますが、未だに問題なく使用出来ています。
他にも有名なメーカーが多数参戦しておりますが、
個人的にはスマホで使うのであればのUHS-I/クラス10で問題ないかと。

もっと探す方はこちらから。

Transcendの製品一覧へ SanDiskの製品一覧へ TOSHIBAの製品一覧へ

スマホのmicroSDメモリカードのまとめ

とりあえずは最低限の必要な知識のみ記載しておきました。
転送速度の詳細や各メーカーの速度別など色々まだまだ内容はあったのですが、
冒頭でも記載した通りに、とりあえずは初心者の方がmicroSDメモリカードを選ぶのに必要な情報のみを記載しました。
しばらくは今回紹介した16GB/32GB/64GB/128GBが主流となるでしょう。
しかし200GBが登場したり、microSDXCの最大サイズが2TBである事も考えると、
スマートフォンの対応次第ではこれからも更に大容量のタイプが流行するのかもしれませんね。紹介しそびれましたが、話題の200GBのモデルがこちらになります。

とんでもない価格になっていますが、もし必要な方は是非!

2017年10月追記
最近では更に256GB対応の端末も増えて、256GBのSDカードも販売されているようですね。

2018年11月追記
最近では512GBや400GBや256GBなどに対応した端末がかなり多いです。それに伴いSDカード自体も大容量のものが増えております。
200GBや256GB辺りのSDカードはモノによっては価格も安いのでオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。