スマホの月額料金を7000円安くする方法

NMカードの購入方法や海外価格【microSDへの変換は?】

2018年冬に登場した「Mate 20 Pro」では外部ストレージに従来のmicroSDカードを使うこと出来ません。

かわりに「NM Card」と呼ばれる新規格のメモリカードに対応しています。

本記事ではそんな新規格の外部メモリカードについて情報をまとめてみました!

HUAWEI NM Cardとは?

HUAWEI NM CardはNano Memoryの略で、nanoSIMと同サイズのコンパクトなメモリカードです。

NM Cardのメリットは明確で、それは「コンパクトさ」です。従来のmicroSDカードよりも45%も小さいので、端末に搭載するカードトレイがよりコンパクトになっています。

HUAWEIの新型モデルに採用

HUAWEI NM Cardは、2018年冬に登場した「Mate 20 Pro」や2019年5月に登場した「HUAWEI P30」などの新型モデルに採用されています。

さすがにHUAWEI端末以外で採用されることは無いと思いますが、今後スマホが開発されていく上で、外部メモリカードのトレイサイズをコンパクトにする必要が出てくれば、可能性はゼロではないかもしれませんね。

デメリットは容量と価格

2019年時点の話ですが、HUAWEI NM Cardの対応容量は最大256GBまでとなっております。microSDの場合はそれ以上の「400GB」や「512GB」に対応したモデルも数多く存在しています。

またmicroSDカードと比べて価格が高いと言うデメリットもあります。HUAWEIが販売する純正品だとmicroSDカードの2倍~3倍ほどが相場となっています。

例えばこちらの128GBのNMカードですが、価格は9,980円(税込)となっております。

こちらは256GBのNMカード。価格は18,480円(税込)となっております。

一方でこちらは128GBのmicroSDカード。価格は1,740円(税込)で、純正NMカードの4分の1ほどの価格となっております。

HUAWEI NM Cardの海外価格は?

2019年10月時点のAliexpress価格は以下の通り。

64GB:37.83ドル(約4,000円)
128GB:67.84ドル(約7,200円)
256GB:120ドル(約12,800円)
カードリーダー:18.76ドル(約2,000円)

海外で購入した方がかなり安く入手出来ます。国際郵便だと送料も安いです。手元に届くまでかなり時間がかかるのがネックですけどね。

以下はHUAWEIショップVMALL.COMの現地価格となっております。

64GB:199元(約3,300円)
128GB:399元(約6,500円)
256GB:799元(約13,100円)
カードリーダー:99元(約1,600円)

さすがに現地の価格はかなり安く、Aliexpressよりもさらに安いです。

手っ取り早く入手したいのであれば日Amazonでの購入がオススメですが、安く入手したいのであればAliexpressでの購入がオススメです。

パソコンへ転送する場合はカードリーダーが必要

カードメモリに保存されているファイルをパソコンで使う場合には、接続用のカードリーダーが必要です。写真をパソコンに保存したい人は、NM cardとカードリーダーがセットで販売されているのでそちらを選びましょう。

また内部ストレージ・カードメモリ間でのファイル転送に関しては、HUAWEI公式の以下の記事にて手順が記載されています。
参考:「ファイル」アプリを利用したSDカードと内部ストレージ間のデータ移行方法

microSDカードへの変換は?

microSDカードは、変換アダプターを使うことによってサイズを変更できます。例えばmicroSDカードを変換アダプターに装着することによって、SDカードのサイズで使うことが出来ます。

NMカードはnanoサイズのカードメモリとのことなので、microSDカードへの変換アダプターがあれば、microSD対応の端末でも使うことが出来る可能性があります。

そう思い各ネットモールや海外ショップを調べてみましたが、残念ながらNMカードの変換アダプターは販売されていませんでした。

今のところNMカードを使うには、NMカード規格に対応した「Mate 20 Pro」や「HUAWEI P30」が必要です。

まとめ

HUAWEI NM cardのデメリットは何と言っても価格の高さです。価格の安さを考えるとmicroSDカードの方が圧倒的にお得ですね。

これから登場するHUAWEI端末がNMcard対応なのかmicroSDカード対応なのか、とても気になるところです。もしこれからもNMcardが採用されるのであれば、何とか価格を下げてもらいたいものですね。

人気記事スマホ料金が7,000円も安くなる!?確実に節約できる2つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。