OCNモバイルONEのバッテリーが異常に減るのは本当なの?【ワイモバイルSIMと比較】

OCNモバイルONEはバッテリーが異常に消耗するとの噂が…。
OCNモバイルONEに乗り換えても大丈夫なのだろうか…!?

先日Twitterでこの話題について話していたのですが、どうしても気になったので検証してみました。

この記事で分かること

  • OCNモバイルONEのバッテリー異常消費は本当なのか
  • ワイモバイルと比べてどのぐらい違うのか
  • OCNモバイルONEへ乗り換えても大丈夫なのか

今回は実際にOCNモバイルONEのSIMを使って、バッテリー消費が本当に早いのかどうかを検証していきます!

OCNモバイルONEへ乗り換えたいけど、バッテリー消費の問題で迷っていると言う方は、ぜひ参考にしてください!

OCNモバイルONEのバッテリー消費は本当に早かった…

OCNモバイルONEのバッテリー消費は本当に早かった…

今回は「OCNモバイルONE」「ワイモバイル」の回線を使って、スリープ状態で48時間放置し、バッテリー消費を計測してみました。できればドコモ回線同士で試したかったのですが、OCN以外だとワイモバイルしか無かったので仕方なくチョイス。

そして結論を言ってしまうと、OCNモバイルONEの方がバッテリーが減っていました。

検証結果のスクリーンショットがあるので紹介していきます。

ワイモバイルSIMと比べてバッテリー消費が3倍

OCNモバイルONE ワイモバイル
OCNモバイルONEのバッテリー消費48時間 ワイモバイルのバッテリー消費48時間

スリープ状態をメインに48時間放置した結果です。使用端末はモトローラのmoto g8 plus。
メニューバーにアップデートの通知が表示されていたので、使用アプリに表示されています。ストアの1%は謎ですが、OCNモバイルONEの方がバッテリー消費が20%も多いという検証結果に。

まるまる48時間の計測なので、1時間辺りのバッテリー消費は以下の通り。

  • OCNモバイル⇒0.63%
  • ワイモバイル⇒0.2%

OCNモバイルONEの方が3倍ものバッテリーを消耗しております。仮に電池使用している「Google Play 開発者サービス」が無かったとしても、「87%」と「99%」なのでどちらにせよOCNモバイルONEの方がバッテリー消耗が激しいです。

OCNモバイルONE ワイモバイル
OCNモバイルONEの電池消耗2 ワイモバイルの電池消耗2

別の端末(AQUOS R2 compact/シャープ)でも検証。手違いで15時間と16時間のデータとなってしまいましたが、1時間辺りの電池消耗は以下の通り。

  • OCNモバイル⇒1.13%
  • ワイモバイル⇒0.37%

AQUOS R2 compactでも3倍以上の差が付きました。

OCNモバイルONE ワイモバイル
OCNモバイルONEの電池消耗3 ワイモバイルの電池消耗3

さらに別の端末(Reno3 A/OPPO)でも検証。こちらも使用時間が違うので、1時間辺りの消費を計算。

  • OCNモバイル⇒0.8%
  • ワイモバイル⇒0.22%

またまた3倍以上の差が付いています。「OCNモバイルONEのバッテリー消費が多い」と言う噂は確定ですね(;´・ω・)

検証結果をまとめると以下の通り。

1時間辺りのバッテリー消費量
OCNモバイルONE ワイモバイル
端末A 0.63%(3.15倍) 0.2%
端末B 1.13%(3.05倍) 0.37%
端末C 0.8%(3.63倍) 0.22%

SIM2枚差し(DSDV)の場合は同じ

DSDVのバッテリー消費 DSDVのバッテリー消費2

同時待ち受けで「OCNモバイルONE」と「ワイモバイルSIM」を使用。メインSIMを入れ替えて6時間ほど計測してみましたが、バッテリー消費は全く同じ。やはりOCNモバイルONEのSIMを待ち受けているだけでバッテリー消費が多いみたいです。

<スポンサーリンク>

OCNのバッテリー消費が多い原因

OCNのバッテリー消費が多い原因

ほとんどの格安SIMでは「プライベートIPアドレス」というものが割り当てられておりますが、OCNモバイルONEは全てのプランで「グローバルIPアドレス」というものが割り当てられております。

プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの違いはググってもらうとして、OCNモバイルONEはこのグローバルIPアドレスが割り当てられている事でバッテリーの消費量が上がっているみたいです。

かんたんに言ってしまえば、グローバルIPが割り当てられていると外部から定期的に通信データが飛んできて、それを受信するために裏で動いてしまう(スリープが解除される)というわけです。これによって、プライベートIPアドレスが割り当てられている他のSIMよりも、バッテリーが無駄に減っているとのこと。

参考⇒『本機とOCNモバイルONE回線と設定』 のクチコミ掲示板(価格.com)

OCNのバッテリー異常消費の対策

OCNのバッテリー異常消費の対策

OCNモバイルONEのバッテリーは、外部からの通信(パケット)によって、裏で頻繁にスリープ状態が解除されていることが原因でした。この外部からの通信を減らすためには、そもそもパケットを送受信しないように、モバイルデータを切る以外ありません。

いつ電話がかかってくるか分からないのにモバイルデータを切るのは正直かなり厳しいですよね(;´・ω・)
さすがに諦めようかと思っていましたが、調べてみるといくつか効果のありそうな対策があったので、それを紹介しておきます。

  1. 優先ネットワークの固定
  2. タスクキルの強い中華スマホを選ぶ

1.優先ネットワークの固定

まず優先ネットワークを4Gに固定することで、バッテリーの消耗を抑えられるとの情報がありました。(参考⇒OCN ユーザーは注意! スマホのバッテリー異常消耗 打つ手なし…

こちらの掲示板によると、優先ネットワークのタイプを「4G/3G/2G」から「LTE Only(4G Only)」に変更することでバッテリー異常消耗が弱まったとのこと。

3Gや2Gでのパケット送受信がなくなるから?理由は分かりませんが、バッテリー消費が抑えられているのは間違いなさそう。

2.タスクキルの強い中華スマホを選ぶ

また同じ掲示板で「Redmi Note 9Sなどの中華スマホだと、OCNのバッテリー消費がマシ」との話もありました。

最近の中華スマホはタスクキルが強く、バッテリー持ちの良い端末が多いです。タスクキルがパケットの送受信に関係あるのか分かりませんが、こちらも実際に測定している方がいて、バッテリー消耗が抑えられたとの報告があります。

色々と調べてみましたが、現実的な対策はこの2つでした。
ちなみにLINEモバイルもグローバルIP割り当てなのですが、OCNと同様の不具合が報告されているので、バッテリー異常消費はグローバルIPが原因なのは間違いなさそう。

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

OCNモバイルONEを選んでも大丈夫なの?

今回検証した通り、OCNモバイルONEは他のSIMと比べてバッテリーの消費が3倍以上もあります。

普通に考えると「OCNモバイルONEのSIMは使わない方がいい」と言う結論になりますが、OCNモバイルONEには他に選ぶメリットがあります。それは不定期開催のスマホ投売りセールです。

OCNモバイルONEでは年に4回ほど、驚くほどスマホ価格が安くなる投売りセールが開催されています。過去のセールを例に挙げると、

  • Reno3 A⇒22,600円(相場35,000円)
  • moto g8 plus⇒13,800円(相場35,000円)
  • OPPO A5 2020⇒1円(相場20,000円)

こんな感じで取り扱いスマホがすべて格安で販売されています。OCNモバイルONEとのSIMセットが条件ですが、マジでお買い得です。

バッテリー消費とのトレードオフですが、欲しい端末を格安で入手できるのは大きなメリットです。セール情報にて格安SIMのセール情報を更新しているので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

まとめ

OCNモバイルONEのバッテリー異常消耗は事実でした。ちなみに新プランもグローバルIPアドレスなので、同じようにバッテリー消耗が多いです。

もしOCNモバイルONEの契約を考えているのであれば、今回のバッテリー消耗は頭に入れておいてください!

2 COMMENTS

blank 名無しのゴンう゛ぇ

OCNだけどそんなに困ったことないんだけどなぁ セッティング問題では?素人に迷わすような記事はどなんでしょう 私の端末(HUAWEIP30、RedomiNote9s)はスリープにしてたらそんなの減ってないですよ どちらもOCNSIMMだけ。

返信する
blank イッテツ

>名無しのゴンう゛ぇさん
コメントありがとうございます。スマ情管理人のイッテツです。
同じセッティングで測定してみた結果なのですが、、確かに印象は悪いですよね(;´・ω・)

LINEモバイルでも同じ現象があるそうなので、いずれLINEモバイルSIMも含めて再度検証してみようと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。