前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【2021年最新】OPPOスマホのおすすめ機種ランキングベスト6

2018年2月の「R11s」日本投入を皮切りに、怒涛の勢いで日本向けモデルを発売し続けているスマホメーカー「OPPO」をご存じでしょうか?

元々は海外のよく分からないSIMフリースマホということで、知る人ぞ知るスマホメーカーといった感じで、一般層の購入者はほとんどいませんでした。

しかしその後登場した「R15 Neo」のコスパの良さが好評だったり、「R17 Neo」がUQモバイルの専売モデルとして登場したり、少しずつ知名度が上がっていきました。今では格安SIMサービスだけでなくauやソフトバンクなどの大手キャリアでも採用されているほどの人気メーカーとなりました!

というわけで今回はそんなOPPOスマホのおすすめ機種をランキング形式で紹介。OPPOスマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

万能なのはOPPO Reno3 A

万能なのはOPPO Reno3 A

スマホをたくさん紹介するのでどれを買うか迷ってしまうかもしれません。だからはじめに言っておきますが、とりあえず性能にこだわらないのであれば1位のOPPO Reno3 Aがおすすめです。

防水防塵やおサイフケータイに対応したSIMフリースマホなのですが、バランスが良くて万能です。価格も3~4万円ぐらいなので買いやすいです。AnTutuのベンチマークスコアが18万しかないので、重い3D系のゲームは厳しいですが、普段使いであればサクサク動きます。

<スポンサーリンク>

OPPOスマホおすすめ機種ランキング

というわけでAmazonや価格.comのレビュー評価を参考に、おすすめのOPPOスマホをランキング形式で紹介していきます!

1位.OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A

発売 OPPO/2020年6月
OS ColorOS 7.1(Android 10ベース)
動作性能 Snapdragon 665/6GBRAM
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.44インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面:4800万画素 + 800万画素 + 200万画素 + 200万画素
前面:1600万画素
バッテリー 4025mAh
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
通信 4G:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/39/40/41
3G:B1/2/4/5/6/8/19
サイズ 160.9 × 74.1 × 8.2 mm/175 g
カラー ホワイト
ブラック
参考価格 30,000円
Reno3 Aの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
乗り換え価格:12,719円
(乗り換えがお得!)
OPPO Reno3 A(25,719円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。また対象オプションの同時加入で2,000円割引も適用!

BIGLOBE SIMblank
実質価格:12,056円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にOPPO Reno3 A(34,056円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが20,000ポイントも付与されます!
また「月額料金が最大12か月間550円割引」「セキュリティセット・プレミアム6か月無料」「エンタメフリーオプション6か月無料」など特典多数!
エンタメフリーオプションはYoutubeなど対象サービスの通信量がノーカウントになるお得なオプションです!

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:11,800円
(乗り換えがお得!)
MNP限定!ギガプランとセットで大特価!
OPPO Reno3 A(19,800円)を他社からの乗り換えでギガプラン音声SIM契約した場合、8,000円割引が適用されます。また初期費用3,300円が1円に!
2021年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

blank 【開封レビュー】OPPO Reno3 Aは前作からスペックダウンしたけど総合的には大幅強化!

こちらは2020年夏に登場したおサイフケータイ・防水防塵対応モデル「OPPO Reno3 A」です。Renoシリーズはおサイフケータイ・防水防塵に対応したSIMフリースマホとして大人気のシリーズとなっております。またチップセットにSnapdragon 665が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは18万前後を記録。価格が3~4万円ぐらいなので、コスパもそこそこ良い方です。

有機ELディスプレイ・クアッドカメラ・大容量ストレージなど便利な仕様となっておりますので、「万能」という言葉がよく似合うスマホです!

2位.OPPO Reno A

OPPO Reno A

発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面2500万画素
通信(4G) B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
通信(3G) B1/2/4/5/6/8/19
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
参考価格 25,000円前後
Reno Aの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:1円
(投売り特価!)
Reno A(16,501円)を音声SIMセットで購入すると、16,500円割引が適用されます。
2021年8月2日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:6,480円
(乗り換えがお得!)
MNP限定!ギガプランとセットで大特価!
Reno A(14,800円)を他社からの乗り換えでギガプラン音声SIM契約した場合、8,320円割引が適用されます。また初期費用3,300円が1円に!
2021年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:28,800円
(超オトク!)
キャンペーン期間中にReno A(38,800円)を「Rakuten UN-LIMIT V」で契約、且つ「Rakuten Link」の利用で10,000円相当のポイントが貰えます!
さらに今ならプラン料金3か月無料が適用されます!

こちらはOPPO Reno3 Aの前作モデル「OPPO Reno A」です。こちらもReno3 Aと同じくおサイフケータイ・防水防塵に対応。チップセットにSnapdragon 710が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは20万前後と後続機Reno3 Aを上回ります。その代わりカメラ性能やバッテリー性能などはReno3 Aの方が優秀です。

基本的にはバランス良くアップグレードされているReno3 Aの方がおすすめですが、とくにこだわりがなく価格が安い方がイイと言う方は前作のReno Aを選びましょう。

3位.OPPO Reno3 5G(Softbank)

OPPO Reno3 5G

発売 OPPO/2020年7月
OS ColorOS 7.0(Android 10ベース)
動作性能 Snapdragon 765G/8GBRAM
AnTuTu8:30万
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.53インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1300万+800万+200万画素
前面3200万画素
バッテリー 4025mAh
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
通信 ソフトバンク
サイズ 72 × 159 × 7.7 mm/171 g
カラー ミスティホワイト
参考価格 68,400円

こちらは2020年夏に登場したソフトバンクの5G対応モデル「OPPO Reno3 5G」です。チップセットにSnapdragon 765Gが搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは30万前後を記録。キャリアモデルなので価格は7万円近い高価格に設定されておりますが、なんといってもやはり5Gの対応が特徴です。

コスパ自体は微妙ですが、イオシスやムスビーなどの白ロム販売店で状態の良い中古が5万円ぐらいで売られているので、ソフトバンク経由以外で入手したいのであればそちらがおすすめ。

4位.OPPO A5 2020

OPPO A5 2020

発売 OPPO/2019年11月
動作性能 Snapdragon 665/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/1600×720 HD+
カメラ 背面1200万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1 mm/195 g
カラー グリーン
ブルー
価格 25,000円前後
OPPO A5 2020の開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
乗り換え価格:3,501円
(乗り換えがお得!)
OPPO A5 2020(16,501円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。また対象オプションの同時加入で2,000円割引も適用!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:12,020円
(超オトク!)
キャンペーン期間中にOPPO A5 2020(22,020円)を「Rakuten UN-LIMIT V」で契約、且つ「Rakuten Link」の利用で10,000円相当のポイントが貰えます!
さらに今ならプラン料金3か月無料が適用されます!

blank 【開封レビュー】OPPO A5 2020はコスパ最強かも!?【写真追加】

こちらはOPPOのライトモデル「OPPO A5 2020」です。チップセットにSnapdragon 665が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後を記録。Reno3 AやReno Aとほとんど同スコアなのにも関わらず2万円前後で買える安さが特徴です。DSDV及びトリプルスロットにも対応しているのでサブ機としてもおすすめ。よく格安SIMのセットキャンペーンの対象になっているので、そういうセールを利用すればより格安で入手できることもあります。

5位.OPPO A73

OPPO A73

発売 OPPO/2020年11月
動作性能 Snapdragon 662/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.44インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面1600万+800万+200万+200万画素
前面1600万画素
通信(4G) B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/41
通信(3G) B1/2/4/5/6/8/19
バッテリー 4000mAh
サイズ 159.8 × 72.9 × 7.45 mm/162 g
カラー ダイナミックオレンジ
ネービーブルー
参考価格 30,800円
OPPO A73の開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
乗り換え価格:3,501円
(乗り換えがお得!)
OPPO A73(16,501円)を他社からの乗り換えで購入した場合、13,000円割引が適用されます。また対象オプションの同時加入で2,000円割引も適用!

IIJmio(みおふぉん)blank
端末価格:2,990円
(乗り換えがお得!)
MNP限定!ギガプランとセットで大特価!
OPPO A73(21,500円)を他社からの乗り換えでギガプラン音声SIM契約した場合、18,510円割引が適用されます。また初期費用3,300円が1円に!
2021年8月31日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:1円
(超オトク!)
キャンペーン期間中にOPPO A73(25,001円)を「Rakuten UN-LIMIT V」で契約、且つ「Rakuten Link」の利用で25,000円相当のポイントが貰えます!
さらに今ならプラン料金3か月無料が適用されます!

blank 【OPPO A73 実機レビュー】3万円で買えるeSIM対応の万能スマホを開封!

こちらはOPPOのライトモデル「OPPO A73」です。チップセットにSnapdragon 662が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアが17万前後を記録。ネット上で手続きができるeSIMに対応しているのが特徴的なライトモデル。

OPPO A5 2020の後続モデルという位置付けですが、FHD+の有機ELディスプレイへとアップグレードされています。

6位.Find X2 Pro(au)

Find X2 Pro

発売 OPPO/2020年7月
OS ColorOS 7.1(Android 10ベース)
動作性能 Snapdragon 865/12GBRAM
AnTuTu8:58万
ストレージ 内部512GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.7インチ/3168 × 1440 QHD+
カメラ 背面4800万+4800万+1300万画素
前面3200万画素
バッテリー 4260mAh
防水防塵 対応
おサイフケータイ
通信 au
サイズ 74.4 x 165.2 x 11.4 mm/200-217 g
カラー ブラック
オレンジ
参考価格 68,400円

こちらは2020年夏に登場したauの5G対応モデル「Find X2 Pro」です。チップセットにSnapdragon 865が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは58万前後とハイスコアを記録しています。キャリアモデルなので入手しずらい上に、ムスビーやイオシスでも出回っている数が少ないのが難点。

古いモデルも安く入手できるならアリ!

今回は2019年後半以降のモデルをランキングで紹介しましたが、それ以前のモデルも何気に良端末が多いのでいくつかピックアップ。

    OPPOの国内向け過去モデル一覧
  • R11s
  • R15 Neo
  • R15 Pro
  • R17 Neo
  • AX 7
  • Find X
  • Reno 10x Zoom

Find X

OPPO Find X

発売 OPPO/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/8GBRAM
AnTuTu:28万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+2000万画素
前面2500万画素
バッテリー 3400mAh
サイズ 156.7 × 74.2 × 9.6 mm/186 g
カラー ワインレッド
サイレントブルー
価格 111,880円
Find Xの開催キャンペーン

現在開催されているキャンペーン無し

こちらは2018年に登場したハイスペックモデル「Find X」です。

「ステルス3Dカメラ」と言う収納されたカメラが自動でリフトアップする機能が搭載されており、ディスプレイがフルビュー仕様になっています。

チップセットにSnapdragon 845が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは28万前後とハイスコア。4,5万円ほどで入手できるのであれば全然アリ。

Reno 10x Zoom

Reno 10x Zoom

発売 OPPO/2019年7月
動作性能 Snapdragon 855/8GBRAM
AnTuTu8:45万
ストレージ 内部256GB/外部512GB
ディスプレイ 6.65インチ/2340×1080 FHD+
有機EL
カメラ 背面:
4800万画素(F1.7)
800万画素(F2.2)
1300万画素(F3.0)

前面:
1600万画素(F2.0)

バッテリー 4065mAh
サイズ 162 × 77.2 × 9.3 mm/215 g
カラー ジェットブラック
オーシャングリーン
価格 99,880円

こちらは10倍ズーム撮影ができるハイスペックモデル「Reno 10x Zoom」です。チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTuのベンチマースコアは45万ほど。

高性能かつ高性能カメラを搭載したモデルを探している方におすすめ。当時の価格は10万円ほどですが、現在は中古が7,8万円ぐらいで取引されています。

<スポンサーリンク>

まとめ

OPPOスマホはコスパの優れたミドル・ライトモデルが多いです。SIMフリースマホでハイスペックモデルが欲しい方は、過去モデルとして紹介したFind XやReno 10x Zoomをチェックしてみてください。

最初の方に記載しましたが、とりあえずこだわりがなければOPPO Reno3 Aを選んでおけば間違いありません。

期間限定前回売り切れ続出の投売りセールが再びやってきた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。