前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

OPPOスマホはどこの国のメーカー?評判は良いのか?

最近、指原さんが宣伝している「Reno(リノ)」と言うスマホのコマーシャルを見たことありませんか?

あのスマホを製造しているのは「OPPO(オッポ)」と言う海外メーカーです。

OPPOは、日本でコマーシャルを打つほど日本のスマホ市場に力を入れており、実際に知名度がガンガン上がっています。

今回はそんな「OPPO」が一体どこの国のメーカーなのかを調べてみました!

OPPOはどこの国のメーカーなの?

OPPOはどこの国のメーカーなの?

OPPO(オッポ)は、中国の広東に本社を置く電気機器メーカーです。

OPPOは歩歩高(BBK)グループのAV部門が独立したメーカーです。OPPOスマホ以外にも高級志向の「OnePlus」と言うシリーズも販売しております。

また同じく歩歩高(BBK)グループから独立した「vivo」と言うメーカーもスマホを取り扱っております。「OPPO」「Oneplus」「vivo」は中国スマホとして有名なメーカーですが、じつは親元が同じ歩歩高(BBK)グループなのですね。

<スポンサーリンク>

OPPOスマホの特徴は?

OPPOスマホ言えば、かつては「カメラフォン」と言う名称で高い世界シェア率を誇っていました。日本に進出した時も「R15 Neo」や「AX 7」など価格の安いライトモデルを投入する傍ら「R11s」「R15 Pro」「Find X」などカメラ性能の高いモデルも投入していたのです。

しかし印象がガラッと変わり、知名度が上がったきっかけがあります。それは「Reno A」と言うコスパモンスターの登場です。

Reno Aは日本独自の機能である「おサイフケータイ」に対応したスマホです。冒頭で記載したように、コマーシャルに指原さんを起用するほど力が入っており、Snapdragon 710・有機ELディスプレイ・防水防塵・DSDVの対応など、SIMフリースマホを探しているユーザーにモロに刺さる仕様となっております。しかも価格が3万円台という安さでコスパが抜群です。

すでにじわじわと日本でも人気が出始めていたOPPOスマホですが、このReno Aの登場できっちりとユーザーの心を掴みました。

実際に売れ筋ランキングを見てみるとReno Aはランキング上位の常連になっていますし、実際におすすめ出来るスペックを持っているので、いろんなブログでも紹介されていますよね。

OPPOスマホは買っても大丈夫なの?

海外の中華スマホなんかを探していると、「買わない方が良い」と言う意見が出るときがあります。

しかしその点OPPOは、先ほど上記で紹介した流れの通りで、今ではすっかり日本でも市民権を得ています。

日本企業も設立されていますし、サポート面も電話でしっかりと対応してくれます。

とくに買うのを躊躇するような理由はないと思うので、安心して購入してください。

<スポンサーリンク>

OPPOスマホの評判は?

とは言えあくまで筆者イッテツの個人的な意見なので、実際にOPPOスマホを購入したことのあるユーザーの意見をまとめてみました。

まとめ

OPPOスマホは、日本上陸大成功しましたね。

「Reno A」や「OPPO A5 2020」はコスパがすごく良いので、しばらくこの人気は続くでしょう。

皆さんも中国スマホだからと言って敬遠せずに、ぜひ今回紹介したOPPOスマホの購入を検討してみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

1 COMMENT

blank みなこ

中国メーカーの場合、バックに必ず中国政府がおり情報を抜き取られるなど、安全面で非常に問題多い。
無知って怖いわ、ほんと。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。