スマホ投売り最強セール再び!

【OPPO A73 実機レビュー】3万円で買えるeSIM対応の万能スマホを開封!

先日発売されたeSIM対応のOPPO製スマホ「OPPO A73」を購入したので、開封レビューします。

OPPO A73は、nanoSIM+eSIMのDSDV仕様とのことで、物理SIMとeSIMに対応した貴重なモデル。eSIMを利用する場合はネット上の手続きで通信事業者を切り替えられます。

今回はそんなOPPOの最新スマホ「OPPO A73」をレビューしていきます!
eSIMに興味のある方ライト~ミドルクラスのスマホを探している方は、ぜひ参考にしてみてください!

OPPO A73のスペック

OPPO A73のスペック

OPPOのAシリーズと言えばライトユーザーに向けた低価格モデル。まずは今回のOPPO A73のスペックをざっくりとチェックしておきましょう。

OPPO A73の主なスペック

  • OS:ColorOS 7.2(Android 10)
  • CPU:Snapdragon 662
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB(外部256GB)
  • ディスプレイ:6.44インチ、有機EL、2400×1080(FHD+)、画面占有率90.7%、水滴型ノッチ
  • カメラ:背面1600万+800万+200万+200万画素、前面1600万画素
  • バッテリー:4000mAh
  • 機能:USB Type-C、Wi-Fia/b/g/n/ac、DSDV、eSIM、画面内認証、顔認証
  • サイズ・重量:159.8 x 72.9 x 7.45 mm/162 g
  • カラー:ダイナミックオレンジ、ネービーブルー

OPPO A73のベンチマークスコア

実際にAnTuTuBenchmarkとGeekBenchを使って、OPPO A73のスコアを計測してみました。OPPO A73はクアルコム社のSnapdragon 662が搭載されているので、動作性能は低~中性能クラスです。

OPPO A73 AnTuTu OPPO A73 Geekbench

意外にもOPPO Reno3 AやOPPO A5 2020が搭載するSnapdragon 665とほとんど同じスコアでした。色んなベンチマークスコアを測定した記事があるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。
参考:OPPO A73の実機ベンチマークスコア【AnTuTu】【Snapdragon 662】

OPPO A73の価格と発売日

OPPO A73の発売日は2020年11月で、価格は30,800円です。

最近スマ情で購入したミドルレンジと比べると以下の通り。

端末 AnTuTu 価格
UMIDIGI A7 Pro 11万 16,800円(64GB)
19,800円(128GB)
moto g8 power 16万 32,800円
OPPO A73 18万 30,800円
OPPO A5 2020 18万 25,000円
Redmi Note 9S 25万 24,000円(4GB)
28,000円(6GB)

OPPO A73を単純なベンチマークスコアと価格で考えるとコスパは微妙。

OPPO A73のお買い得セール情報

OPPO A73が13,000円で買える投売りセール!
現在「OCNモバイルONE」で開催されている大感謝スマホセールにて、OPPO A73が7,000円割引(20,000円→13,000円)の激安販売!

他社からの乗り換えの場合はさらに5,000円割引が適用されるのでおすすめです。

さすがにここまで安くなるセールは他じゃありえないので、OPPO A73を契約するならこのセールを利用すべし!
2020年12月23日までの期間限定なのでお早めに。

 

\ 前回 在庫切れ続出! /

<スポンサーリンク>

【いざ開封!】OPPO A73の外観レビュー

OPPO A73のパッケージ

届いたOPPO A73を早速開封していきます!パッケージは前作にあたる「OPPO A5 2020」とほぼ同じデザイン。

OPPO A73のパッケージを開封

箱を開けるとOPPO A73本体と同梱されているアクセサリーの箱が登場。

OPPO A73の背面

今回は鮮やかな「ダイナミックオレンジ」カラーを選択。後ほど触れますが、素材のレザー調がかなりイイ感じ。

OPPO A73の初期フィルム

ありがたいことに初期から液晶保護フィルムが貼られていました。ザラつきがないので恐らく光沢タイプですね。

OPPO A73の細部をチェック

OPPO A73の左側面

OPPO A73の左側面。「SIMトレイ」「ボリューム上下ボタン」が配置されています。

OPPO A73の右側面

OPPO A73の右側面。こちら側には「電源ボタン」のみ配置されています。

OPPO A73の底面

底面には「スピーカー」「イヤホンジャック」「USBポート」「マイク」が配置されています。

OPPO A73の上面

上面はこんな感じで受話口のみ。

OPPO A73の付属品を紹介

OPPO A73の充電器

OPPO A73の同梱品をチェックしていきます。まずこちらは「ACアダプター」です。

OPPO A73の充電器2

18Wの急速充電に対応とのこと。

OPPO A73の充電ケーブル

こちらはType-Cケーブル。OPPO A73はUSB Type-Cが採用されております。

OPPO A73の有線イヤホン

ありがたいことに「有線イヤホン」も付属していました。

OPPO A73のSIMピン

こちらは「SINピン」です。OPPOの安いモデルはこのシンプルデザインのピンが付いている印象です。

OPPO A73のクイックスタートガイド

こちらは「クイックスタートガイド」です。

OPPO A73のクイックスタートガイド2

表記は日本語です。

OPPO A73の保証書

もう1枚書類が同梱されていました。こちらは保証書です。

OPPO A73の保証書2

こちらも日本語で表記されております。他にも使用上の注意点などが記載されています。

OPPO A73の純正ソフトケース

そしてTPU素材の「ソフトケース」も同梱されていました。

OPPO A73の純正ケースを装着

純正品なのでフィット感抜群。かなりきつめ設計なので装着が苦労するほど。

OPPO A73の純正ケースを装着2

イイ感じ!しっかりとカメラユニット部分も保護されていますね。

付属品をまとめると以下の通り。

  • OPPO A73の本体
  • 光沢フィルム(装着済み)
  • 有線イヤホン
  • TPUソフトケース
  • SIMピン
  • 充電器(18W)
  • Type-A to Cケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証書
オマケグッズが豊富なのは嬉しいですね!
ケースもフィルムもイヤホンも実用的なので、とりあえずしばらくこのまま使ってみる予定です!

blankイッテツ

OPPO A73のディスプレイ性能

OPPO A73のディスプレイ

OPPO A73は6.44インチの大型ディスプレイが搭載されております。最近のスマホは6インチ超えの大型ディスプレイが主流です。

OPPO A73のディスプレイ2

しっかりと片手操作ができるように横幅は抑えられており、縦長ディスプレイが採用されております。縦横比は20:9。

OPPO A73のディスプレイ3

OPPO A73は有機ELディスプレイが採用されており、画面解像度は2400×1080(FHD+)です。前作にあたるOPPO A5 2020はHD+の液晶ディスプレイだったので、明確な進化ポイントとなります。

OPPO A73のディスプレイ4

そしてOPPO A73のベゼルはこんな感じです。上部には水滴型ノッチが採用されており、画面占有率は90.7%と高め。

OPPO A73とOPPO A5 2020の比較画像

こちらはOPPO A73(左)とOPPO A5 2020(右)との比較。

画面占有率の高い縦長のFHD+有機ELディスプレイ!
OPPOらしくディスプレイ性能はバッチリですね!

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

OPPO A73のカメラ性能

OPPO A73のカメラユニット

OPPO A73は4つのレンズを搭載した「クアッドカメラ」となっております。レンズそれぞれの役割は以下の通り。

  1. 1600万画素(標準/F2.2)
  2. 800万画素(超広角119°/F2.2)
  3. 200万画素(モノクロ/F2.4)
  4. 200万画素(ポートレート/F2.4)

OPPO A73のカメラユニットの出っ張り

ちなみにカメラユニットの出っ張りはこんな感じ。全く出っ張っていないので厚みはかなり薄くなっています。

実際に写真を撮ってみた

メインレンズ・オートで何枚か撮影してみました。曇りでしたが(;´・ω・)

OPPO A73のカメラで植物を撮影
OPPO A73のカメラで空を撮影
OPPO A73のカメラで地面を撮影
OPPO A73のカメラで植物を撮影2

デフォルトだとAIのシーン認識が弱いみたいで、植物の色味がかなり微妙な仕上がりでした。

OPPO A73のAIダズルカラー

カメラUIの上の方にある「AIダズルカラー」をオンにすると、AIがシーンを認識してくれますのでオン推奨です。

119度の超広角撮影に対応

OPPO A73の通常撮影
OPPO A73の広角撮影

OPPO A73は広角撮影にも対応しているので、より画角の広い写真を撮影できます!

ポートレート撮影にも対応

OPPO A73の通常撮影2
OPPO A73のポートレート撮影

OPPO A73はポートレート撮影ができるので、より一眼レフっぽく背景をぼかす事ができます!写真のように右下のコーヒー缶にピントを合わせると、背景をぼかせます。

紹介してきれなかったところで言うと、OPPO A73は「夜景モード」や「フィルタ機能」も搭載。
暗所での撮影や、いろんなシーンに合わせたフィルタを選ぶことができます!

blankイッテツ

OPPO A73の良いところ【メリット】

OPPO A73の良いところ

実際に使ってみて分かったOPPO A73の良いところを紹介します。

フルキャリア対応&DSDV・eSIMに対応!

FDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
TD-LTE: 38 / 41
W-CDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19

OPPO A73は、B1/3/8/18/19/26に対応しているのでフルキャリアに対応しています。どの回線を使っても快適に通信できるので優秀です。

またOPPO A73は「eSIM」に対応しています。eSIMはネット上で手続きができるデジタルSIMのことで、今後流行るであろう機能です。物理SIMとのDSDVにも対応しているので、例えば「OCNの物理SIM+楽天のeSIM」などと言った組み合わせを実現できます!

レザー調のデザインが格好良い!

レザー調のデザインが格好良い!

OPPO A73は3万円とは思えないほど見栄えが良いです。

OPPO JAPAN公式ツイッターの方で明言されておりましたが、素材は樹脂とのこと。ただし見た目も手触りもかなり良い仕上がりなので、このデザイン性の高さはOPPO A73を選ぶメリットと考えてよいでしょう。

端末が軽くて薄い!

OPPO A73の重量

OPPO A73の重量実測値は164.7グラムと軽量。前作にあたるOPPO A5 2020の重量は195グラムだったので、30グラム以上も軽量化されています。

OPPO A73の重量(純正ケース付き)

ちなみに純正ソフトケース装着時の重量は182.7グラムです。ケース装着時ですらOPPO A5 2020より軽いのはスゴイですね。

OPPO A73とOPPO A5 2020の比較画像

またOPPO A73の端末サイズは159.8 x 72.9 mmで、厚みは7.45 mmとかなり薄型設計です。前作OPPO A5 2020の端末サイズが「163.6 × 75.6 × 9.1mm」なので、重量だけでなく縦幅・横幅・厚みもよりコンパクト化されています。

ディスプレイ内認証に対応!

ディスプレイ内認証に対応

OPPO A73はディスプレイ内認証に対応しております。ディスプレイ内認証に対応していれば、画面内で指紋認証を利用できます。実際に指紋を登録してしばらく使ってみましたが、精度は問題なく快適に利用できました!

有機ELディスプレイ搭載で視野角が広い!

有機ELディスプレイ搭載で視野角が広い!

OPPO A73は有機ELディスプレイが搭載されているので、液晶ディスプレイと比べて視野角が広いというメリットがあります。

OPPO A73とOPPO A5 2020のディスプレイ比較

こちらはOPPO A73(左)とOPPO A5 2020(右)との比較画像です。

Android 10で「ダークモード」が使える!

blank blank

OPPO A73のプリインストールOSはAndroid 10ベースの「ColorOS 7.2」です。Android 10と言えばダークモードに対応しています。ダークモードはUIを全体的に暗めに変更してくれるモードのことで、人によっては画面が見やすくなったり、目の疲れが軽減します。⇒ダークモードの変更手順とメリットを紹介【Android/iOS】

OPPO A73の悪いところ【デメリット】

OPPO A73の悪いところ

実際に使ってみて分かったOPPO A73の悪いところを紹介します。

動作性能は並。重いゲームは厳しい。

OPPO A73はAnTuTuのベンチマークスコアが18万ほどとなっております。ミドルクラスとしては悪くないスコアなので、普段使いであれば快適に利用できるでしょう。ただし3D系の重いゲームプレイなどはカクついてしまうかも。

おサイフケータイ・防水防塵に非対応

OPPO A73は、おサイフケータイや防水防塵が非対応となっております。競合機である「OPPO Reno3 A」が両機能に対応しているので、もしおサイフケータイや防水防塵対応モデルをお探しなのであれば、OPPO Reno3 Aを選びましょう。

物理SIM2枚差しのDSDVは利用不可

物理SIM2枚差しのDSDVは利用不可

OPPO A73はeSIMに対応している代わりに、物理SIMは1枚しか利用できません。

物理SIM+eSIMの同時利用(DSDV)は可能ですが、物理SIM2枚の同時利用はできないので注意しましょう。

OPPO A73の購入方法

OPPO A73はSIMフリースマホなので、端末単体で購入できます。大体3万円ぐらいで販売されていますが、格安SIMとのセット購入キャンペーンを利用すれば、格安で入手できる場合があります。ちなみにOCNモバイルONEで頭がおかしいレベルの投売りセールが開催されているので、今買うなら絶対にOCNがおすすめ!

OPPO A73のお買い得セール情報

OPPO A73が13,000円で買える投売りセール!
現在「OCNモバイルONE」で開催されている大感謝スマホセールにて、OPPO A73が7,000円割引(20,000円→13,000円)の激安販売!

他社からの乗り換えの場合はさらに5,000円割引が適用されるのでおすすめです。

さすがにここまで安くなるセールは他じゃありえないので、OPPO A73を契約するならこのセールを利用すべし!
2020年12月23日までの期間限定なのでお早めに。

 

\ 前回 在庫切れ続出! /

OPPO A73のおすすめ設定

OPPO A73を買ったらやっておきたいおすすめ設定をまとめてみました。OPPO A73を買う予定の方は、こちらの記事もチェックしてみてください!

blank OPPO A73を購入したらやっておきたい10個の設定

まとめ

まとめ

OPPO A73はeSIMの対応が最大の売りですが、それを省いたとしても万能なミドルレンジスマホとしておすすめです。

AnTuTu18万、クアッドカメラ、有機ELディスプレイ、軽量薄型、レザー調デザインとかなり扱いやすい仕様となっております。3万円で買えるスマホとしては万能すぎるので、しばらくライトユーザーに人気のスマホとなりそうですね。

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。