前回売り切れ続出!!超オトクな乗り換えセール開催中!!

【折りたたみスマホ一覧】買って後悔しないおすすめの折り畳みスマホは?【2023年最新】

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

最近は「折りたたみスマホ」というものが販売されております。

折りたたみスマホは、大画面ディスプレイを搭載しながらも、折りたたむことでコンパクトに収納ができる革新的なスマホです。

様々なメーカーから投入されており、新しいタイプのスマホとして注目されております。

というわけで、今回はそんな折りたたみスマホを一覧にまとめてみました!

折りたたみスマホは、なんと言ってもロマンのあるデバイスなので、気になる方はぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

折りたたみスマホとは?

折りたたみスマホとは?

折りたたみスマホは、新しいタイプのスマートフォンです。

これまでのスマホと違って、ガラケーのように開いて、全画面ディスプレイでスマホ操作ができる仕様です。

開いて全画面で操作できるので、通常のスマホよりも画面サイズが大きいモデルが多いです。

またスマホを折り畳むことで、通常のスマホよりもコンパクトになります。これが折りたたみスマホのメリットと言えるでしょう。

折りたたみスマホは携帯性と大画面の両立ができるわけですね(*´▽`*)

<スポンサーリンク>

折りたたみスマホの一覧と比較

縦開きタイプ
機種名 メーカー 発売日 SoC 画面サイズ 画面解像度 重量 参考価格
Galaxy Z Flip サムスン 2020年2月 Snapdragon 855+ 6.7インチ 2636×1080 183g 18万円
Galaxy Z Flip3 サムスン 2021年10月 Snapdragon 888 6.7インチ 2636×1080 184g 15万円
Galaxy Z Flip4 サムスン 2022年9月 Snapdragon 8+ Gen 1 6.7インチ 2640×1080 187g 16万円
Razr 5G モトローラ 2021年3月 Snapdragon 765G 6.2インチ 2142×876 192g 20万円
Galaxy Z Flip5 サムスン 2023年9月 Snapdragon 8 Gen 2 6.7インチ 2640×1080 187g 19万円
razr 40 ultra モトローラ 2023年8月 Snapdragon 8+ Gen 1 6.9インチ 2640×1080 188g 14万円
razr 40 モトローラ 2023年11月 Snapdragon 7 Gen 1 6.9インチ 2640×1080 189g 12万円
razr 40s モトローラ 2023年12月 Snapdragon 7 Gen 1 6.9インチ 2640×1080 189g 10万円
横開きタイプ
機種名 メーカー 発売日 SoC 画面サイズ 画面解像度 重量 価格
Galaxy Z Flip サムスン 2019年10月 Snapdragon 855 7.3インチ 2152×1536 276g 24万円
Galaxy Z Fold2 サムスン 2020年11月 Snapdragon 865+ 7.6インチ 2208×1768 282g 26万円
Galaxy Z Fold3 サムスン 2021年10月 Snapdragon 888 7.6インチ 2208×1768 272g 24万円
Surface Duo 2 マイクロソフト 2022年1月 Snapdragon 888 8.3インチ 2688×1892 284g 18万円
Galaxy Z Fold4 サムスン 2022年9月 Snapdragon 8+ Gen 1 7.6インチ 2176×1812 263g 25万円
Pixel Fold グーグル 2023年7月 Tensor G2 7.6インチ 2208×1840 283g 25万円
Galaxy Z Fold5 サムスン 2023年9月 Snapdragon 8 Gen 2 7.6インチ 2176×1812 253g 24万円

おすすめの折りたたみスマホは?

折りたたみスマホは、まだまだ種類が少ないので価格が高くなっております。

過去モデルが値下がりし始めてはいますが、それでも10万円を超える高価なものばかりです。

なので、コスパは諦めてある程度の予算を用意して最新モデルを買いましょう。一応状態の良い中古を探すという手もありますが、、ディスプレイの耐久が気になるのであまりおすすめはできません。

というわけでおすすめの最新モデルをいくつかピックアップしておきます!

Galaxy Z Flip5

Galaxy Z Flip5

こちらはサムスンの2023年モデル「Galaxy Z Flip5」です。
チップセットにSnapdragon 8 Gen 2が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは140万前後を記録しています。
こちらは縦開きタイプのGalaxy Z Flipシリーズ最新モデルです。キャリアで採用されておりますが、SIMフリー版も販売されています。
縦開きタイプはよりコンパクトに収納ができます。

発売 サムスン/2023年9月
動作性能 Snapdragon 8 Gen 2/8GBRAM
AnTuTu:140万
ストレージ 内部256or512GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.7インチ/2640×1080 有機EL
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面1000万画素
バッテリー 3700mAh
サイズ 165.1 × 71.9 × 6.9 mm/187 g
参考価格 19万円(執筆時13万円前後)

Galaxy Z Fold5

Galaxy Z Fold5

こちらはサムスンの2023年モデル「Galaxy Z Fold5」です。
チップセットにSnapdragon 8 Gen 2が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは140万前後を記録しています。
こちらは横開きタイプのGalaxy Z Foldシリーズ最新モデルです。7.6インチの大画面ディスプレイが搭載されております。
こちらもキャリアで採用されておりますが、SIMフリー版も発売済み。

発売 サムスン/2023年9月
動作性能 Snapdragon 8 Gen 2/12GBRAM
AnTuTu:140万
ストレージ 内部256or512or1000GB/外部非搭載
ディスプレイ 7.6インチ/2176×1812 有機EL
カメラ 背面5000万+1200万+1000万画素
前面1000万+400万画素
バッテリー 4400mAh
サイズ 129.9 × 154.9 × 6.1 mm/253 g
参考価格 24万円(執筆時20万円前後)
縦開きタイプ、横開きタイプ共にGalaxyシリーズがおすすめです。価格が高い分スペックも超ハイスペック仕様となっております。
なるべく安いモデルが良い場合は、モトローラのシリーズがおすすめです。Razr 40シリーズはどれも価格が控えめになっています。

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

折りたたみスマホの評判は?壊れるデメリットが…

折りたたみスマホの評判は?壊れるデメリットが…

折りたたみスマホの第一のデメリットは価格が高いことです。

大画面でマルチタスクをこなすことが出来る折りたたみスマホですが、その分動作性能も高く設定されています。

国内で販売されているのは、どれも10万円を超える高額なモデルばかりです。

SNSでは価格が高いので壊れた時が怖いという意見が多いです。

SNSでもいくつか報告が挙がっていますが、正直思ったより報告数は少なかったですね。そもそも購入者が少ないので投稿自体少ない可能性が高いですが、、判断が難しいところです(;’∀’)

普通に使う分には問題ないと信じたいところですが…。

安い折りたたみスマホは存在する?

安い折りたたみスマホは存在する?

これまで紹介してきた折りたたみスマホは、どれも10万円を超える高級品ばかりです。

少し前に販売されていた「2画面スマホ」であれば、折りたたみスマホのような使い方ができます。

2画面スマホ

ディスプレイを閉じるのではなく、ディスプレイが2枚付いているタイプですね。

今はキャリアで購入できなくなっているので、白ロムを探すぐらいしか入手経路はありません。

状態が良いモデルも3万円ぐらいで入手できます。二画面を目的に折りたたみスマホを探している方は、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

というわけで今回は「折りたたみスマホ」を紹介してみました。

折りたたみスマホは携帯性と大画面を両立している珍しいタイプのスマホとなっております。

凄く良い仕様だとは思うのですが、、やはり価格の高さがネックです…。これから色んなメーカーから投入されたら、もう少し手の出しやすい価格の端末も登場するかもしれませんね(;´・ω・)

現状はロマンを求めて購入している人が多そうですね、、ぜひロマン好きな方はチェックしてみてください(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です