スマホ投売り最強セール再び!

OUKITELスマホはテザリングができない【ルーター代わりに買う予定の人は注意】

先日開封したOUKITELスマホ「OUKITEL C19」と「OUKITEL WP8 Pro」でテザリングを利用しようとしたところ、ネットワークの中に作成したSSIDが表示されないトラブルに遭いました。

セキュリティを「なし」にしてみたり、パスワードを変更してみたり、ネットワーク名を変更してみたり、色々と試行錯誤したものの結局ネットワークに表示されず。

元々タフネススマホのOUKITEL WP8 Proはテザリングで利用しようと思っていたので、なんとかできないかネットで調べてみました!

一応それっぽい対処法が見つかったので、今回はそれを紹介していこうと思います。

OUKITELスマホでテザリングできない時の対処法

先に結論を言っておくと、OUKITELスマホのテザリングには致命的な欠陥があります。OUKITELスマホがテザリングを利用できない時の対処法は以下のサイトにて紹介されていました。

参考 【田舎でITレビュー】中国・中華製スマホ、テザリングでWi-Fi電波・SSIDが見つからない?

こちらのサイトを要約すると以下の通り。

  • Wi-Fiの周波数帯は1~14チャンネルに分かれている
  • 日本の端末は13チャンネルまでしか受信できない
  • OUKITELスマホは14チャンネルが使われる

つまりOUKITELスマホでテザリングするためにアクセスポイントを作ると14チャンネルが使われ、1~13チャンネルまでしか表示できない日本の端末で接続することができないのです。

OUKITELスマホで作成したアクセスポイント(14チャンネル)に接続するためには、14チャンネルに接続できるスマホが必要になります。

この対処法として紹介されているのが、「別のスマホで最初にテザリングをオンにする」というものです。

別のスマホで一度テザリングをオンにしておくことで、OUKITELスマホで作られる14チャンネルの邪魔・干渉がされ、アクセスポイント作成時に14チャンネル以外が選択されるとのこと。

わざわざテザリングを使うために、別のスマホを用意した上にひと手間必要なのは致命的ですね(;´・ω・)

まずはテザリングができるか試してみる

blank

とはいえお手持ちのスマホで作成したアクセスポイントが14チャンネルになるかどうかは、試してみないと分かりません。14チャンネルが優先的に選ばれない端末であれば、日本の端末からアクセスできるので、普通にテザリングを利用できます。

OUKITELスマホのテザリング設定手順を紹介しておくので、まずはアクセスポイントを作成して、他の機器から接続できるかどうかをお試しください!

blank OUKITEL C19を例にテザリング手順を紹介します。まずは「設定」から「ネットワークとインターネット」を開きます。
blank 次に「アクセスポイントとテザリング」をタップします。
blank 「Wi-Fiアクセスポイント」をタップします。
blank こちらの画面でSSID名やパスワードを変更できます。

一番上から「オン」に切り替えてテザリングを開始しましょう。

blank 端末上部メニューにテザリングマークが表示されていればオッケーです。
まずはテザリング設定をして、他スマホからアクセスできるか試してみてください!

blankイッテツ

OUKITELスマホ同士ならテザリングができる

blank

ちなみに14チャンネルが使えるOUKITELやUMIDIGIなどの中国スマホだと、Wi-Fi一覧にOUKITELスマホのSSIDが表示され、もちろん接続もできます。

<スポンサーリンク>

まとめ

OUKITELスマホのテザリングは、日本の端末から接続できない場合があるので要注意です。筆者の持っているOUKITEL C19とOUKITEL WP8 Proは接続できませんでしたが、もう少し価格の高いモデルでどうなるのかは不明です。何か情報があればコメントに残して頂けたら嬉しいです。

期間限定スマホの投売り最強セールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。