前回売り切れ続出!!超オトクな乗り換えセール開催中!!

【2024年最新】リフレッシュレート90Hz以上のおすすめSIMフリースマホまとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

最近のスマホスペックを見ていると、よく「リフレッシュレート」というワードを目にします。

リフレッシュレートは「ディスプレイが1秒間に表示できる画像の枚数」のことで、高ければ高いほど画面が滑らかに動きます。

分かりやすく言うと「パラパラ漫画」です。全く同じ動きをパラパラ漫画で表現するときに、60枚と90枚だと動きの滑らかさが違いますよね。90枚の方がより細かいところまで動きを表現できるからです。

そんな画面の動きに重要な「リフレッシュレート」ですが、従来のモデルは60Hzが主流となっておりました。しかし最近では「90Hz」「120Hz」に対応した端末が増えています。

リフレッシュレート90Hzや120Hzのスマホはスクロール時のアニメーションなどの動きが滑らかになります。また高リフレッシュレートに対応したゲームアプリの動きも非常に滑らかになります。

最近は対応端末が多いので、90Hzに対応しているからと言って値段が上がっているわけでもないですし、どちらかと言えば「普通の端末が90Hz」になりつつあります。

というわけでこれからもますます増えるであろう高リフレッシュレートスマホをまとめてみました!

おすすめキャンペーン!!
\ 前回売り切れ続出! /
IIJmio(みおふぉん)
IIJmioblank
超お得な乗り換えセール開催中
9月2日までの期間限定なのでお早めに!!

スマホに高リフレッシュレートは必要なのか?

スマホに高リフレッシュレートは必要なのか?

本記事では高リフレッシュレートのおすすめSIMフリースマホを紹介するわけですが、まず先に「高リフレッシュレートスマホのデメリット」について紹介しておこうと思います。

せっかく買うスマホを選んだ後に「こんなデメリットあったんかよ!」ってなっちゃいますからね。

高リフレッシュレートスマホの一番のデメリットは「バッテリー持ちが悪くなること」です。

まずは下記のツイートをご覧ください。

こちらは実際に筆者が実機(Redmi Note 11 90Hz)を使って測定したバッテリー連続使用時間です。90Hz測定時は、60Hz測定時に比べて約13~15%ほどバッテリー連続使用時間が減っています。

これはかなりの痛手ですよね。スマホなんてバッテリー持ちが長ければ長いほど良いんですから。

このデメリットを補うようなメリットが高リフレッシュレートにあるかどうか、、っていうのがポイントになるわけです。


そしてスマホに高リフレッシュレートが必要なのかってところなんですけど、

個人的にはあった方が良いと思っています。なぜならリフレッシュレートは設定で切り替えることができるので、90Hzや120Hzが気に入らなかったら60Hzにすることができるからです。

また冒頭でもお話ししましたが、最近は90Hzがスタンダードになりつつあるので、90Hzだからと言ってそこまで価格が上がっているわけでもありません。

※ただし120Hzやそれ以上のモデルはそこそこ価格が上がります。

<スポンサーリンク>

リフレッシュレートを上げる設定

リフレッシュレートを上げる設定

リフレッシュレートを切り替えることができるとお話ししましたが、高リフレッシュレートでもデフォルトが60Hzになっている場合があります。

blank

▲「設定」から「ディスプレイ」の項目を開くとリフレッシュレートの設定項目があります。

blank

▲こちらからリフレッシュレートを変更できます。こちらはXiaomiのスマホを使っていますが、ほとんどのスマホがこのような手順だと思います。

リフレッシュレート90Hzのおすすめスマホ

というわけでリフレッシュレート90Hzに対応したおすすめのSIMフリースマホを紹介します。

端末名 AnTuTu 執筆時価格
OPPO Reno9 A(90Hz) 38万 4~5万円
OPPO A79 5G(90Hz) 38万 2~3万円
moto g24(90Hz) 25万 2万円

OPPO Reno9 A(90Hz)

OPPO Reno9 A

こちらはOPPOのミドルレンジモデル「OPPO Reno9 A」です。
チップセットにSnapdragon 695 5Gが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは38万前後を記録しております。
おサイフケータイ・防水防じんに対応した人気シリーズとなっております。前作のReno7 Aとほとんど性能が同じなので、価格次第では前作を選ぶのも手。

発売 OPPO/2023年6月
動作性能 Snapdragon 695 5G/8GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL/2400×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 160 × 74 × 7.8 mm/183 g
カラー ナイトブラック
ムーンホワイト
参考価格 46,800円

OPPO Reno9 Aの開催キャンペーン

  • Y!mobile
    乗り換え価格:9,800円(乗り換えがお得!!)
    他社からのりかえキャンペーン
    OPPO Reno9 A(31,680円)を他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lプラン 一括払いで契約した場合、21,880円割引が適用されます。また新規契約の場合も13,280円割引が適用されます。
    数量限定なのでお早めに。
  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:9,980円(乗り換えがお得!!)
    サマーキャンペーン
    OPPO Reno9 A(41,980円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、32,000円割引が適用されます。
    さらにギガプランの音声SIM/eSIMの場合は「6ヶ月間 月額440円割引」「3ヶ月間 通話定額410円割引」も適用されます!
    2024年9月2日までの期間限定なのでお早めに。
  • nuro mobileblank
    実質価格:32,000円(キャッシュバック特典!!)
    OPPO Reno9 A(43,000円)を「他社からのお乗り換えでNEOプラン(20GB)」にて契約した場合、11,000円のキャッシュバックが貰えます!
  • 楽天モバイルblank
    実質価格:20,700円(大幅値下げ!!)
    特価キャンペーン!
    OPPO Reno9 A(40,700円)を新規or乗り換えで「Rakuten最強プラン」で申し込みすると、20,000円割引が適用されます。

OPPO A79 5G(90Hz)

OPPO A79 5G

こちらはOPPOの2024年モデル「OPPO A79 5G」です。
チップセットにDimensity 6020が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは38万前後を記録しています。
価格の割にスペックが優秀なのでコスパ抜群です。

発売 OPPO/2024年2月
動作性能 Dimensity 6020/4GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.7インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面5000万+200万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 166 × 76 × 8.0 mm/193 g
カラー ミステリーブラック
グローグリーン
参考価格 24,800円

OPPO A79 5Gの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:110円(乗り換えがお得!!)
    サマーキャンペーン
    OPPO A79 5G(26,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、26,690円割引が適用されます。
    さらにギガプランの音声SIM/eSIMの場合は「6ヶ月間 月額440円割引」「3ヶ月間 通話定額410円割引」も適用されます!
    2024年9月2日までの期間限定なのでお早めに。
  • Y!mobile
    乗り換え価格:3,980円(乗り換えがお得!!)
    GW SALE
    OPPO A79 5G(21,996円)を他社からの乗り換えでシンプル2 M/Lプラン 一括払いで契約した場合、18,016円割引が適用されます。また新規契約の場合も8,596円の割引が適用されます。
    数量限定なのでお早めに。
  • 楽天モバイルblank
    実質価格:21,800円(大量ポイント獲得!!)
    スマホトク得乗り換えキャンペーン!
    OPPO A79 5G(33,800円)購入時「Rakuten最強プラン」申し込み後に「Rakuten Link」を利用した場合は6,000ポイント付与!
    さらに他社からの乗り換えで6,000ポイント追加最大12,000ポイント還元のお得セール開催中です!

moto g24(90Hz)

moto g24

こちらはモトローラの格安モデル「moto g24」です。
チップセットにHelio G85が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは25万前後を記録しています。
2万円で買える格安モデル。OPPO A79 5Gよりもさらに安いモデルを探している方におすすめ。

発売 モトローラ/2024年3月
動作性能 Helio G85/8GBRAM
AnTuTu:25万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.6インチ/1612×720 HD+
カメラ 背面5000万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 163.5 × 74.5 × 8 mm/181 g
カラー マットチャコール
アイスグリーン
参考価格 20,800円

moto g24の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:1,980円(乗り換えがお得!!)
    サマーキャンペーン
    moto g24(19,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、17,820円割引が適用されます。
    さらにギガプランの音声SIM/eSIMの場合は「6ヶ月間 月額440円割引」「3ヶ月間 通話定額410円割引」も適用されます!
    2024年9月2日までの期間限定なのでお早めに。

<スポンサーリンク>

リフレッシュレート120Hz以上のおすすめスマホ

リフレッシュレート120Hz以上のおすすめSIMフリースマホを紹介します。

端末名 AnTuTu 執筆時価格
moto g52j 5G II(120Hz) 38万 3万円
Zenfone 9(120Hz) 100万 10万円~
Xiaomi 13T Pro(144Hz) 160万 10万円~
Redmi Note 11 Pro(120Hz) 39万 4万円
edge 20(144Hz) 50万 4~5万円
ROG Phone 6(165Hz) 100万 12万円
AQUOS R6(240Hz) 78万 9万円~

moto g52j 5G II(120Hz)

moto g52j 5G II

こちらはモトローラのおサイフケータイ対応モデル「moto g52j 5G II」です。
チップセットにSnapdragon 695 5Gが搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは38万前後を記録しております。
こちらはモトローラのおサイフケータイ対応モデルとなっております。前作からマイナーアップグレードされております。

発売 モトローラ/2023年7月
動作性能 Snapdragon 695 5G/8GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.8インチ/2460×1080 FHD+
カメラ 背面5000万+800万+200万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 171 × 76.8 × 9.1 mm/206 g
カラー インクブラック
パールホワイト
価格 39,800円

moto g52j 5G Ⅱの開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:7,980円(乗り換えがお得!!)
    サマーキャンペーン
    moto g52j 5G Ⅱ(23,800円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、15,820円割引が適用されます。
    さらにギガプランの音声SIM/eSIMの場合は「6ヶ月間 月額440円割引」「3ヶ月間 通話定額410円割引」も適用されます!
    2024年9月2日までの期間限定なのでお早めに。

ZenFone 9(120Hz)

ZenFone 9

こちらはASUSの2022年モデル「ZenFone 9」です。
チップセットにSnapdragon 8 + Gen 1が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは100万前後を記録しています。
こちらはASUSの人気シリーズで、超高性能なハイスペックスマホです。リフレッシュレートは120Hzに対応。

発売 ASUS/2022年11月
動作性能 Snapdragon 8 + Gen 1/8GBRAM
AnTuTu:100万
ストレージ 内部128or256GB/外部非対応
ディスプレイ 5.9インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面5000万+1200万画素
前面1200万画素
バッテリー 4300mAh
サイズ 146.5 × 68.1 × 9.1 mm/169 g
カラー ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト
サンセットレッド
スターリーブルー
参考価格 99,800円~

Xiaomi 13T Pro(144Hz)

Xiaomi 13T Pro

こちらはXiaomi 13Tの上位モデル「Xiaomi 13T Pro」です。
チップセットにDimensity 9200+が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアは160万前後を記録しています。
ベンチマークスコアだけで言えばSnapdragon 8 Gen2並のスコアです。10万円前後と高額ですが、コスパで言えばむしろ優秀な部類です。

発売 Xiaomi/2023年12月
動作性能 Dimensity 9200+/12GBRAM
AnTuTu:160万
ストレージ 内部256GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.7インチ/2712×1220 FHD+ 有機EL
カメラ 背面5000万+5000万+1200万画素
前面2000万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 162 x 76 x 8.6 mm/200 g
参考価格 100,000円前後

Redmi Note 11 Pro(120Hz)

Redmi Note 11 Pro

こちらは2022年5月に登場したXiaomiスマホ「Redmi Note 11 Pro」です。
チップセットにSnapdragon 695 5Gが搭載されているので、AnTuTuベンチマークスコアは39万前後を記録しています。こちらのスマホはメインレンズに10800万画素という超高画素レンズや6.67インチの有機ELディスプレイが搭載されており、とにかく優秀なミドルレンジモデルです。中価格ながら120Hzに対応しています。

発売 Xiaomi/2022年5月
動作性能 Snapdragon 695 5G/6GBRAM
AnTuTu:39万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.67インチ/2400×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面10800万+800万+200万画素
前面1600万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 164.2 x 76.1 x 8.1 mm/202 g
イオンモバイル価格 40,000円

Redmi Note 11 Pro 5Gの開催キャンペーン

  • 楽天モバイルblank
    実質価格:14,980円(大量ポイント獲得!!)
    スマホトク得乗り換えキャンペーン!
    Redmi Note 11 Pro 5G(26,980円)購入時「Rakuten最強プラン」申し込み後に「Rakuten Link」を利用した場合は6,000ポイント付与!
    さらに他社からの乗り換えで6,000ポイント追加最大12,000ポイント還元のお得セール開催中です!

motorola edge 20(144Hz)

MOTOROLA edge 20

こちらはモトローラのハイスペックモデル「MOTOROLA edge 20」です。
チップセットにSnapdragon 778Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは50万前後を記録しています。
144Hzリフレッシュレート対応の有機ELディスプレイや10800万画素レンズの搭載が特徴の5万円スマホです。

発売 MOTOROLA/2021年10月
動作性能 Snapdragon 778G/6GBRAM
AnTuTu:50万
ストレージ 内部128GB/外部非対応
ディスプレイ 6.7インチ/2400×1080 FHD+
カメラ 背面10800万+1600万+800万画素
前面3200万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 163 × 76 × 6.99 mm/163 g
カラー フロストオニキス
参考価格 50,000円前後

ROG Phone 6(165Hz)

ROG Phone 6

こちらはASUSのゲーミングブランド「ROGシリーズ」の「ROG Phone 6」です。
チップセットにSnapdragon 8 + Gen 1が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは100万超えを記録しています。
ROG Phoneはゲーミングに特化したスマホなので高性能なのはもちろんですが、冷却機能やオーディオもハイパフォーマンスです。さらにリフレッシュレートも165Hzに対応しているのでゲーム画面が滑らかに動きます。まさに「ゲーム用の最強スマホ」といった感じです。欠点があるとすれば価格の高さです。RAM12GBモデルですら12万円を超えているので注意。
RAMの強化されている上位モデル「ROG Phone 6 Pro」も165Hz対応です。

発売 ASUS/2022年10月
動作性能 Snapdragon 8 + Gen 1/12or16GBRAM
AnTuTu:100万
ストレージ 内部256or512GB/外部非搭載
ディスプレイ 6.78インチ/2448×1080 有機EL
カメラ 背面5000万+1300万+500万画素
前面1200万画素
バッテリー 6000mAh
サイズ 173 x 77 x 10.4 mm/239 g
カラー ファントムブラック
ストームホワイト
価格 12万9800円
14万9800円

AQUOS R6(240Hz)

AQUOS R6

こちらはシャープのハイスペックモデル「AQUOS R6」です。
チップセットにSnapdragon 888 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは78万前後を記録しています。
シャープ独自の「Pro IGZO OLED」ディスプレイが搭載されており、なんとリフレッシュレートは240Hzに対応。10万円もする高級スマホです。

発売 シャープ/2021年9月
動作性能 Snapdragon 888 5G/12GBRAM
AnTuTu:78万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.6インチ/2730×1260
カメラ 背面2020万画素
前面1260万画素
バッテリー 5000mAh
サイズ 162 × 74 × 9.5 mm/207 g
カラー ブラック
参考価格 100,000円前後

AQUOS R6の開催キャンペーン

  • IIJmio(みおふぉん)blank
    乗り換え価格:59,800円(乗り換えがお得!!)
    サマーキャンペーン
    AQUOS R6(110,000円)を他社からの乗り換えで音声SIM契約した場合、50,200円割引が適用されます。
    さらにギガプランの音声SIM/eSIMの場合は「6ヶ月間 月額440円割引」「3ヶ月間 通話定額410円割引」も適用されます!
    2024年9月2日までの期間限定なのでお早めに。

まとめ

端末名 AnTuTu 執筆時価格
90Hz
OPPO Reno9 A(90Hz) 38万 4~5万円
OPPO A79 5G(90Hz) 38万 2~3万円
moto g24(90Hz) 25万 2万円
120Hz~
moto g52j 5G II(120Hz) 38万 3万円
Zenfone 9(120Hz) 100万 10万円~
Xiaomi 13T Pro(144Hz) 160万 10万円~
Redmi Note 11 Pro(120Hz) 39万 4万円
edge 20(144Hz) 50万 4~5万円
ROG Phone 6(165Hz) 100万 12万円
AQUOS R6(240Hz) 78万 9万円~

というわけで高リフレッシュレートのおすすめSIMフリースマホをまとめてみました。

これからますます90Hzや120Hz対応のモデルが増えます。そしてそれに伴って高リフレッシュレートに対応したゲームアプリなんかも増えると思うので、そうなってくると高リフレッシュレートの需要はますます上がることでしょう(*´▽`*)

今スマホの買い替えを検討している方がいれば、ぜひ画面の動きが滑らかな高リフレッシュレートのスマホをお試しください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です