特典だらけの超お得キャンペーン開催中

【2021年最新】おすすめのコンパクトSIMフリースマホ4選

スマートフォンを選ぶときの比較ポイントとして「端末の大きさ」があります。

最近のスマートフォンはどんどん大型化しており、登場するスマホは6インチを超える大型ディスプレイを搭載しているモデルばかり。

そんな中でもコンパクトスマホは、片手操作ができると言うメリットがあるので、一部のユーザーから人気があります。

というわけで今回はSIMフリースマホの中でも、端末サイズの小さいコンパクトモデルを紹介します。SIMフリースマホをお探しの方やコンパクトモデルをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

スマホは小さい方がいいの?

スマホ小さい方がいいの?

コンパクトスマホのメリットは下記の2つ。

  • 片手操作ができる
  • 持ち運びやすい

冒頭でもお話しましたが、最近のスマートフォンはどんどん大型化が進んでいます。現在の流行りは6.4インチなどの超大型ディスプレイ。6インチ超えは、ズボン次第でポケットからもはみ出てしまうほどのサイズ感です。

そんな中でもコンパクトスマホは片手操作ができるし、ズボンやカバンにも収納しやすくて持ち運びやすいので、人によっては重宝します。

しかしコンパクトスマホにはデメリットも存在します。

  • 表示される情報量が少ない
  • 動画が見にくい

コンパクトスマホは画面が小さいので、画面に表示される情報量が少ないです。これによって、ウェブブラウザではスクロールする数が増えますし、文字が見えない場合は拡大する手間がかかってしまいます。

またそれによって動画が見にくいというのも何気に痛手。最近は暇つぶしと言えばネットフリックスやAbemaTVなどの動画配信サイトですよね。何かを学ぼうと思ってもまずはYoutubeを参考にしたり。

基本的にコンパクトスマホは情報収集に向いていません。スマホで作業をする方や頻繁に動画を見る方はコンパクトスマホが向いていません。

  • スマホで情報収集や動画視聴をあまりしない方
  • 手が小さくて文字が入力しにくい方
  • スマホに持ち運びやすさを求めている方

この辺りにあてはまる方は小さいスマホの方がいいですね。コンパクトスマホを選びましょう。

「片手操作」だけならコンパクトスマホじゃなくてもいい

昔のコンパクトスマホは画面サイズで判断

決まった定義があったワケではないですが、一昔前は4.9インチ以下をコンパクトモデル、5.0~5.5インチをスタンダードモデル、5.6~5.9インチを大画面モデル、6インチ以上をファブレットと呼んでいました。

2016年・2017年はスマホのディスプレイサイズが大型化し、それに伴ってスマホの端末サイズもどんどん大きくなってしまいました。

大画面モデルと言われていたスマホがスタンダードなサイズ感へ、ファブレットと呼ばれていたモデルが大画面スマホへ、コンパクトスマホの定義がガラッと変わってしまったのです。

しかしそんな中2018年代では、「ワイドディスプレイ+ベゼルレス」のスマホが増えたことによって、画面サイズは大型化されたものの端末サイズはコンパクトに抑えたモデルが増えたのです!

簡単に言ってしまうと、スマホの縁部分が狭くなって、その分ディスプレイの領域が縦に増えたのです。

ベゼルレス

ワイドディスプレイ+ベゼルレスが採用されているスマホは、画面サイズの割に横幅が抑えられているという特徴があります。

最近のスマホで言えばXperiaが良い例ですね。例えばXperia 5 IIは、縦横比21:9の超ワイドディスプレイが採用されているため「6.1インチで横幅68mm」とかなり横幅が狭いです。

昔のコンパクトスマホ縦横比16:9の「HUAWEI nova」というモデルは「5インチで70mm」です。ディスプレイサイズが1.1インチも小さいのに、横幅はむしろXperia 5 IIの方がコンパクトになっているのです。

つまり片手操作だけが目当てなのであれば、コンパクトスマホにこだわらなくても大丈夫です。横幅さえコンパクトなら、何とか片手で操作できますからね。

おすすめのコンパクトSIMフリースマホ

端末サイズが6インチ以下のSIMフリースマホの中からおすすめのモデルを紹介します。ちなみにコンパクトどころではない「超小型スマホ」をまとめた記事もあるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。
参考:【軽量小型】3インチや4インチ台の小さな小型スマホ17選

SHARP AQUOS sense4

AQUOS sense4

発売 SHARP/2020年11月
動作性能 Snapdragon 720G/4GBRAM
AnTuTu8:28万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 5.8インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 4570mAh
サイズ 148 × 71 × 8.9 mm/177 g
カラー ライトカッパー
ブラック
シルバー
参考価格 35,000円前後
AQUOS sense4の開催キャンペーン

BIGLOBE SIMblank
実質価格:9,520円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にAQUOS sense4(29,520円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが20000ポイントも付与されます!
また「月額料金が最大12か月間550円割引」「セキュリティセット・プレミアム6か月無料」「エンタメフリーオプション6か月無料」など特典多数!
エンタメフリーオプションはYoutubeなど対象サービスの通信量がノーカウントになるお得なオプションです!
2021年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:24,310円
(乗り換えがお得!)
AQUOS sense4(24,310円)を他社からの乗り換えで購入した場合、5,000円割引が適用されます。また対象オプションの同時加入で2,000円割引も適用!

こちらはシャープの2020年モデル「AQUOS sense 4」です。

前作にあたるAQUOS sense3からCPUとカメラが強化された後続モデル。チップセットにSnapdragon 720Gが搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは28万前後を記録しています。

画面サイズ5.8インチで、横幅71mmのコンパクトモデルです。防水防じん・おサイフケータイに対応しているのが特徴的です。

Google Pixel 4a

Google Pixel 4a

発売 グーグル/2020年8月
OS Android 10
動作性能 Snapdragon 730/6GBRAM
ストレージ 内部128GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.81インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面:1220万画素
前面:800万画素
バッテリー 3140mAh
防水防塵
おサイフケータイ 対応
サイズ 144 × 69.4 × 8.2 mm/143 g
カラー Just Black
参考価格 42,900円

こちらはグーグルスマホ「Pixel 4a」です。

Snapdragon730が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアは27万前後を記録しています。こちらはPixel 4の廉価版モデル。

おサイフケータイ・eSIMに対応しているミドルクラスです。画面サイズは5.81インチで、横幅は69.4mmのコンパクトモデル。DSDV対応とのことですが、片側がeSIMなので注意。※後日に5G対応モデルも登場。

APPLE iPhone SE 2

blank

発売 APPLE/2020年4月
動作性能 A13 Bionic/3GBRAM
AnTuTu8:45万
ストレージ 内部64or128or256GB/外部非対応
ディスプレイ 4.7インチ/1334×750
カメラ 背面1200万
前面700万画素
バッテリー 1821mAh
サイズ 138.4 × 67.3 × 7.3 mm/148 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド
参考価格 44,800円
49,800円
60,800円

こちらはお馴染みアップル社iPhoneのコンパクトシリーズ「iPhone SE 2」です。

チップセットにA13が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは45万を記録しています。

画面サイズ4.7インチで、横幅は67.3mmです。iPhone自体小さいモデルが多いのですが、こちらのiPhone SE 2はとくに小さいです。

価格が4~6万円ほどなので、iPhoneシリーズの割に安く設定されています。

APPLE iPhone 12 mini

Pixel 3

発売 Google/2020年10月
動作性能 A14 Bionic
AnTuTu8:57万
ストレージ 内部64or128or256GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.4 インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面1200万画素
バッテリー 不明
サイズ 131.5 × 64.2 × 7.4 mm/133 g
カラー ブラック
ホワイト
PRODUCT(RED)
グリーン
ブルー
参考価格 74,800円~

こちらはiPhone12シリーズのコンパクトモデル「iPhone 12 mini」です。

チップセットにA14が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが57万とハイスコアを記録。

画面サイズが5.4インチで、横幅が64.2mmです。iPhone SE2よりも高性能ですが、その分価格もやや高め。ハイスペックなコンパクトモデルをお探しの方におすすめ!

<スポンサーリンク>

片手操作をアシストするスマホリング

端末サイズ自体がコンパクトな方が良いと言う方には関係ありませんが、単純に片手操作が出来れば良いと言う方はスマホリングを使うことで、解決できるかもしれません。

スマホリングは、スマホの背面に貼り付けるリングのことです。その固定されたリングに指を通すことで、落下を防ぐことが出来ます。

そして上手く使えば片手操作のアシストとして優秀な道具になります。もし大画面ディスプレイで片手操作がしたいと言う方には必須のアイテムです。

探すのが面倒だと言う方は一番有名で人気なバンカーリングを選んでおけば問題ないかと。

ちなみにスマホリングは様々なデザインの製品が販売されております。こちらの記事でオシャレなデザインや奇抜なデザインの製品を紹介しています!興味のある方は合わせて参考にしてみて下さい!
参考:オシャレなデザインから奇抜なものまで!いろんなスマホリングまとめ

まとめ

まとめ

コンパクトモデルは種類が少ないのがネックですね。今回おすすめモデルとして4機種を取り上げましたが、ぶっちゃけ他モデルや過去モデルはコスパが微妙です。

今コンパクトモデルを買うなら今回紹介した4機種から選びましょう。とくにこだわりがなければAQUOS sense4かPixel 4aで問題ないと思いますし、iPhoneシリーズならiPhone SE2、ハイスペックが欲しいならiPhone 12 miniがおすすめ!

期間限定特典だらけの超お得キャンペーン開催中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。