【2020年最新】おすすめのコンパクトSIMフリースマホ5選

スマートフォンを選ぶときの比較ポイントとして「端末サイズ」があります。

最近のスマートフォンはどんどん大型化しており、登場するスマホは6インチを超える大型ディスプレイを搭載しているモデルが多いです。

そんな中でもコンパクトスマホは片手操作が出来ると言うメリットがあるので、一部のユーザーから人気があります。

本記事ではそんなコンパクトSIMフリースマホをまとめてみました!小さなスマホを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

昔のコンパクトスマホは画面サイズで判断

決まった定義があったワケではないですが、一昔前は4.9インチ以下をコンパクトモデル、5.0~5.5インチをスタンダードモデル、5.6~5.9インチを大画面モデル、6インチ以上をファブレットと呼んでいました。

2016年・2017年はスマホのディスプレイサイズが大型化し、それに伴ってスマホの端末サイズもどんどん大きくなってしまいました。大画面モデルと言われていたスマホがスタンダードなサイズ感へ、ファブレットと呼ばれていたモデルが大画面スマホへ、コンパクトスマホの定義がガラッと変わってしまったのです。

しかしそんな中2018年代では、ワイドディスプレイ+ベゼルレスのスマホが増えたことによって、画面サイズは大型化されたものの端末サイズはコンパクトに抑えたモデルが増えたのです!

このワイドディスプレイ+ベゼルレスのスマホによって、画面サイズの縦横比が16:9から18:9へと変わりました。同じ5インチだったとしても端末サイズに違いが出ます。つまりコンパクトモデルの定義が画面サイズではなくなったと言っても過言ではありません。

今のコンパクトスマホは横幅で判断

画面サイズで端末サイズを分類できなくなったので、スマホのコンパクトモデルを選ぶのであれば端末の横幅を参考にすればよいです。コンパクトスマホを探している方は「片手操作」が理由の方が多いからです。もちろん片手操作だけでなく、「ポケットに収まってほしい」とか「重いのがイヤ」と言う方もいると思いますが、やっぱり一番に気になるポイントは「片手操作が出来るかどうか」でしょう。

かつてのコンパクトモデルの横幅を見てみましょう。
2017年に登場した縦横比16:9の「HUAWEI nova」は5インチで横幅が70ミリとなっております。

novaは当時コンパクトスマホとして人気のあった端末です。そのスマホが70ミリなので本記事では横幅が70ミリ以下のスマホをピックアップすることにしました!

おすすめのコンパクトSIMフリースマホ

なるべく新し目のコンパクトモデルを紹介しようとしたところ、ベゼルレスが流行して以来のモデルが多かったので、先ほど記載した条件である横幅70ミリ以下のスマホをピックアップしてみました。コンパクトスマホをお探しの方で、なるべく新しいモデルが良いと言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

AQUOS sense3

AQUOS sense3

こちらはシャープの2019年冬モデル「AQUOS sense3」です。
前作にあたるAQUOS sense2から様々なスペックがアップグレードされており、チップセットにSnapdragon 630が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは11万前後を記録しています。防水防塵・おサイフケータイ・DSDVに対応しており、5.5型ディスプレイ・横幅70ミリのコンパクトモデルです。25,000円前後とお手頃な価格に設定されています。
発売 SHARP/2019年11月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:11万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.5インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 147 × 70 × 8.9 mm/167 g
カラー ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
参考価格 25,000円前後

AQUOS R2 compact

AQUOS R2 compact

こちらはシャープのコンパクトハイスペックモデル「AQUOS R2 Compact」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアが28万前後とハイスコアを記録。もし3D系のゲームをプレイする予定なのであればオススメのモデルです。名称にもある通り131 × 64ミリの超コンパクトスマホとなっております。定価は75,000円ほどでしたが、今では6万円ぐらいで購入出来ます。
発売 SHARP/2019年2月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu8:28万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.2 インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 2500mAh
サイズ 131 × 64 × 6.3 mm/135 g
カラー ディープホワイト
ピュアブラック
参考価格 75,000円前後

SONY Xperia Ace

SONY Xperia Ace

こちらはソニーのコンパクトモデル「Xperia Ace」です。
こちらはキャリアでも採用されているモデルのSIMフリー版です。Snapdragon 630が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは10万前後を記録しています。防水防塵・おサイフケータイ対応しており、5.0型ディスプレイ・横幅67ミリのコンパクトモデルです。価格は50,000円前後とかなり高めに設定されています。
発売 SONY/2019年10月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.0インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万
前面800万画素
バッテリー 2700mAh
サイズ 140 × 67 × 9.3 mm/155 g
カラー パープル
ホワイト
ブラック
参考価格 50,000円前後

Google Pixel 3

Pixel 3

こちらはグーグルが国内に向けて発売した「Pixel 3」です。
AQUOS R2 Compactと同様にスナドラ845が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアは27万前後とハイスコア。また夜景の撮影も評判が良いので、画素数こそ微妙ですが、カメラ機能はそれなりに良い。もしコストを考えないならオススメの端末なのですが、やはり価格は高めに設定されています。5.5型ディスプレイ・145.6 × 68.2ミリのコンパクトスマホです。しかし価格が高すぎるのでコスパは微妙。現在は7万円前後で販売されています。
発売 Google/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu8:27万
ストレージ 内部64or128GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.5 インチ/2160×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面1220万画素
前面800万+800万画素
バッテリー 2915mAh
サイズ 145.6 × 68.2 × 7.9 mm/148 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
ノットピンク
参考価格 10万円前後

Google Pixel 3a

blank

こちらはそんなPixel 3の廉価モデル「Pixel 3a」です。
こちらはPixel 3のスペックダウンと共に価格も大幅に下げられた廉価モデルです。Snapdragon 670を搭載しているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは17万前後とそれなりのスコア。バランスの良いミドルクラスをお探しの方にオススメです。グーグルと連携した機能が多く搭載されているのも特徴的です。Pixel 3よりもかなり安く設定されており、定価は48,600円となっております。
発売 Google/2019年5月
動作性能 Snapdragon 670/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.6インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm/147 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
パープルイッシュ
価格 48,600円

<スポンサーリンク>

片手操作をアシストするスマホリング

端末サイズ自体がコンパクトな方が良いと言う方には関係ありませんが、単純に片手操作が出来れば良いと言う方はスマホリングを使うことで、解決できるかもしれません。

スマホリングは、スマホの背面に貼り付けるリングのことです。その固定されたリングに指を通すことで、落下を防ぐことが出来ます。

そして上手く使えば片手操作のアシストとして優秀な道具になります。もし大画面ディスプレイで片手操作がしたいと言う方には必須のアイテムです。

探すのが面倒だと言う方は一番有名で人気なバンカーリングを選んでおけば問題ないかと。

ちなみにスマホリングは様々なデザインの製品が販売されております。こちらの記事でオシャレなデザインや奇抜なデザインの製品を紹介しています!興味のある方は合わせて参考にしてみて下さい!
参考:オシャレなデザインから奇抜なものまで!いろんなスマホリングまとめ

まとめ

はっきりと「コンパクトモデル」と呼ばれるスマホは少ないです。今回は古いモデルを省いて、新し目のモデルを5機種ピックアップしてみました。

オススメはPixel 3やAQUOS R2 compactなどのハイスペックモデルですが、高性能な分価格も高く設定されています。もし予算に余裕があればこの2機種をオススメしますが、そうでない場合はAQUOS sense3がオススメです。おサイフケータイや防水防塵だけでなくシャープスマホ初のDSDV対応機ですからね。

DSDVがよく分からないと言う方は、こちらの記事を見れば分かると思うので、ぜひ参考にしてみて下さい!参考:DSDV対応スマホのメリットやデメリット【一覧表あり】

コンパクトモデルのメリットは「片手操作が出来る」「ポケットに入りやすい」の2点です。もしこれらに魅力を感じる方は、ぜひ今回紹介したようなコンパクトモデルを検討してみて下さいね!

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。