前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【UMIDIGI A13 Pro レビュー】2万円台で買える海外スマホ。弱点は多いけどサブ機ならアリかも

技適マーク搭載の海外スマホとして有名な「UMIDIGI」から発売された「UMIDIGI A13 Pro」を入手したので開封レビューしていきます。

ざっくりと特徴を言ってしまうと、、

  • 普段使いなら快適なレベルの動作性能
  • それなりに普通に撮れるカメラ
  • それなりにオシャレなデザイン
  • 技適マーク搭載
  • 2万円台で買える

シンプルに「それなりに使える価格の安いスマホが欲しい!」なんて方に最適なモデルとなっております。

技適マーク付きの安い海外スマホを探している方は、
ぜひチェックしてみてください(*´▽`*)

UMIDIGI A13 Proのスペック

UMIDIGI A13 Pro のスペック

まずはUMIDIGI A13 Proのスペックをざっくりとチェックしておきましょう。

UMIDIGI A13 Proの主なスペック

  • OS:Android 11
  • CPU:UNISOC T610(AnTuTu21万)
  • RAM:4/6GB
  • ROM:128GB(外部256GB)
  • ディスプレイ:6.7インチ、1650×720(HD+)、リフレッシュレート60Hz
  • カメラ:背面4800万+800万+500万画素、前面1600万画素
  • バッテリー:5150mAh、10W
  • 機能:USB Type-C、Wi-Fi a/b/g/n/ac、指紋/顔認証
  • 重量:207g
  • 4G(FDD-LTE):B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/66
  • 4G(TDD-LTE):B34/38/39/40/41
  • カラー:ギャラクシーブルー、サングローゴールド、スターリーブラック
ひと昔前なら2万円台でAnTuTu21万は優秀だったのですが、最近では割と普通かも。
あと気になるところで言えば解像度がHD+なところですね。前作からダウングレードしています。

blankイッテツ

<スポンサーリンク>

UMIDIGI A13 Proの価格と購入先

UMIDIGI A13 Proの価格や購入先

UMIDIGI A13 Proは日本のAmazonで購入できます。価格は25,000~30,000円ほど。Amazonで買う場合は下にある「クーポンの適用」をチェックすることで多少安くなります。

たまに海外通販店のBanggoodで鬼安セールをやっていることがあるので要チェック。筆者が見た時は140ドル台(2万円前後)で売られていました。

UMIDIGI A13 Proの外観レビュー

UMIDIGI A13 Proの外観レビュー

というわけで早速届いた「UMIDIGI A13 Pro」を開封レビューしていきます!

UMIDIGI A13 Proの外観レビュー2

UMIDIGIお馴染みの黄色いパッケージに入って届きました。
ちなみにカラーは「ギャラクシーブルー」です。

付属品をチェック

付属品をチェック

端末を見る前に同梱されている付属品をチェックしていきましょう。

付属品をチェック2

まずこちらは10Wの「ACアダプター」です。
ただし先端を見れば分かるように海外の規格となっております。日本のコンセントで使うには変換機が必要なので注意。

付属品をチェック3

続いてこちらは「USB Type-Cケーブル」です。
UMIDIGIお馴染みの赤色のケーブルとなっております。

付属品をチェック4

こちらは「SIMピン」です。超安っぽいですね。

付属品をチェック5

そして最後は「取扱説明書」です。

またはじめから端末に「液晶保護フィルム」「ソフトケース」が装着されています。

blankイッテツ

端末細部をチェック

端末細部をチェック

というわけでUMIDIGI A13 Proの本体詳細をチェックしていきます。

端末細部をチェック2

6.7インチの大型ディスプレイが搭載されておりますが、画面解像度はHD+と低め。

端末細部をチェック3

装着されている純正ケースを外すとこんな感じ。
UMIDIGI A13 Proは値段の割にデザイン性が高めでイイですね。

端末細部をチェック4

正面から見て左側面には「スマートキー(ショートカットキー)」「SIMトレイ」が配置されております。

ちなみにSIMトレイの2スロット目はSDカードとの排他利用となっております。

端末細部をチェック5

正面から見て右側面には「電源ボタン」「ボリュームボタン」が配置されております。

端末細部をチェック6

上面には「イヤホンジャック」が配置されております。

そして底面には「USBポート」「スピーカー」が配置されております。

<スポンサーリンク>

UMIDIGI A13 Proの性能

UMIDIGI A13 Proの色んな性能を見ていきましょう。

ディスプレイは6.7インチHD+の60Hz

ディスプレイは6.7インチHD+の60Hz

UMIDIGI A13 Proは6.7インチの大型ディスプレイが採用されております。ただし画面解像度が1650×720のHD+なのがデメリットです。

また最近流行りの高リフレッシュレートにも対応していないため、従来の60Hz対応となっております。

カメラはそれなりに綺麗に撮れる

カメラはそれなりに綺麗に撮れる

UMIDIGI A13 Proのカメラ構成は下記の通り。

  • 4800万画素(メイン)
  • 800万画素(超広角)
  • 500万画素(マクロ)

UMIDIGIやOUKITELなどの海外格安シリーズのカメラに良い印象がありませんでしたが、今回のUMIDIGI A13 Proはそれなりにスタンダードに撮れます。

通常撮影
広角撮影
通常4800万画素レンズでは綺麗な写真が撮れていますが、広角撮影の800万画素レンズはかなり微妙ですね。

blankイッテツ

マクロ撮影
マクロ撮影を使えば通常ではピントの合わないような近距離での撮影が可能になります。

blankイッテツ

AnTuTuのベンチマークスコアは21万

UMIDIGI A13 ProはT610を搭載しており、AnTuTuベンチマークスコアは218884を記録しております。

価格帯の割にはマシなスコアだと思います。これだけのスコアが出るなら普段使いであれば快適に動くことでしょう。

UMIDIGI A13 Proの重量は207グラム

a

UMIDIGI A13 Proの重量実測値は「207.4グラム」でした。

a

ちなみに純正ケースを装着した場合だと「228.8グラム」でした。

回線はフルキャリア対応

B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66

UMIDIGI A13 Proは日本のキャリアで重要な「B1/3/8/18/19/26」に対応しております。

ドコモ、ソフトバンク、auの主要バンド+プラチナバンドに対応しているので、どのキャリアでも安心して使えます。

スマートキーのカスタマイズ可

ショートカットキーのカスタマイズ可

UMIDIGI A13 Proは側面に「スマートキー」が配置されており、こちらにいろんなショートカットを割り当てることができます。

スクショやアプリの起動などを割り当てることができるので何気に便利です。タフネススマホなどによく採用されています。

UMIDIGI A13 Proの良いところ【メリット】

UMIDIGI A13 Proの良いところ

UMIDIGI A13 Proは「2万円台で買える格安モデル」です。AnTuTuベンチマークスコアが20万あるので、普段使いであればそれなりに快適に動くことでしょう。

また紹介していない部分で言うと、内部ストレージが128GBなのも良い点です。格安モデルは64GBが多いですからね。

さらにメインのカメラがそこそこ使えるってのも良いですね。広角レンズでの仕上がりは微妙でしたが、4800万画素のメインレンズで撮った写真はかなり良い仕上がりでした。

<スポンサーリンク>

UMIDIGI A13 Proの気になるところ【デメリット】

UMIDIGI A13 Proの気になるところ

UMIDIGI A13 Proの弱点・デメリットはいくつかあります。

まずは上記でも記載した広角レンズが微妙なところです。「カメラはそれなりに綺麗に撮れる」にて実際に撮影した写真を上げておりますが、空や雲の感じにすごく違和感があります。

また画面解像度がHD+なのもデメリットです。UMIDIGI A13 Proは6.7インチの大型ディスプレイを搭載しているので、解像度が低いとより画素の粗さが目立ってしまいます。

ただしHD+はバッテリー持ちが良いと言われているので、高解像度が不要だという方にとってはむしろメリットになりますね。

まとめ

まとめ

というわけで海外スマホ「UMIDIGI A13 Pro」を開封レビューしてみました。

繰り返しになりますが、UMIDIGI A13 Proは2万円台で買えるそれなりに使えるスマホです。

基本的にはスマホをあまり使わないライトユーザーやサブ機におすすめのモデルとなっております。3D系の重いゲームは厳しいので、購入を検討している方は注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。