超オトクな乗り換えセールがまさかの延長戦!!

【2022年最新】おすすめのドコモ白ロム21選【中古スマホで節約!】

ひと昔前はおサイフケータイ対応のSIMフリースマホがほとんど存在しなかったのです。

そういった理由から格安SIMサービス用にスマホを用意するとき、中古の白ロムスマホを選ぶ人が多かったのです!

最近ではおサイフケータイに対応したSIMフリースマホが増えているので、昔ほど白ロムスマホを選ぶメリットがありませんが、それでも中古に抵抗が無いのであれば、型落ちのハイスペックモデルや過去に投売りされたスマホなんかを激安で購入することが出来ます。

本記事ではそんな中古に抵抗の無い方に向けて、おすすめのドコモの白ロムスマホをまとめてみました!

白ロムスマホを買うときの注意点

白ロムスマホ購入の注意点

スマホには盗難品や不正利用にかかる制限が設けられており、そういったロックがかかった端末を赤ロムと呼びます。

白ロムスマホを購入する際に、赤ロムを掴んでしまったら最悪です。絶対に信用出来る出品先から購入するように心がけましょう。

  • ネットモールで購入
  • オークションで落札
  • フリマアプリで落札
  • 白ロムスマホ専門店で購入
  • 知人から使ってない端末を譲ってもらう

白ロムの購入方法は上記のような方法があります。
不正製品が出回る確立が高いのはオークションやフリマなどの個人出品です。しかしオークションやフリマは価格が安いのも事実です。

安全に購入したのであれば専門店での購入がオススメです。白ロム業界大手の二社「ムスビー」「イオシス」は出品数が多いので、とくにオススメです。こちらの記事でムスビーとイオシスの違いについて比較しているので、白ロムの購入を検討している方はチェックしておいて下さい。
参考:白ロム販売店「ムスビー」と「イオシス」の違いを比較!おすすめはどっち?

<スポンサーリンク>

白ロムスマホの対応バンド確認

白ロムスマホの対応バンド確認

もし自分が使う格安SIMサービスがすでに決まっているのであれば、必ずしっかりと通信できる周波数帯を確認しましょう。そしてその回線に対応した通信バンドの白ロムスマホを選びましょう。

これは白ロムスマホだけでなく、SIMフリースマホの場合も同じです。ドコモ回線ならドコモ回線の使える端末、au回線ならau回線の使える端末を選びましょう。

白ロムスマホの場合は、ドコモスマホを選べばドコモ回線が使えるし、auスマホを選べばau回線が使えるので、分かりやすくて良いですね。

こちらの記事でそれぞれの周波数帯についてまとめてあるので、購入前にチェックしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

Xperiaシリーズでおすすめの白ロムスマホ

ソニーのXperiaシリーズの中からオススメ白ロムをピックアップ!

Xperia 5 II SO-52A

Xperia 5 II SO-52A

こちらは2020年に登場した「Xperia 5 II SO-52A」です。
チップセットにSnapdragon 865 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが56万前後を記録しています。
こちらは5G対応のハイスペックモデルです。まだまだ価格は高め。
発売 ソニー/2020年10月
動作性能 Snapdragon 865 5G/8GBRAM
AnTuTu:56万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.1インチ/2520×1080 FHD+
カメラ 背面1220万+1220万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 158 x 68 x 8.0 mm/163 g
カラー ブラック
パープル
グレー
ブルー
ピンク

Xperia 5 SO-01M

Xperia 5 SO-01M

こちらは2019年に登場した「Xperia 5 SO-01M」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが40万前後を記録しています。
こちらはXperia 5 II SO-52Aの前作モデルです。ハイスペックな割に価格が安いので、状態次第ではおすすめ。
発売 ソニー/2019年11月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu:40万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.1インチ/2520×1080 FHD+
カメラ 背面1220万+1220万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 158 x 68 x 8.2 mm/164 g
カラー ブラック
グレー
ブルー
レッド

Xperia 1 SO-03L

Xperia 1 SO-03L

こちらは2019年夏モデル「Xperia 1 SO-03L」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが50万前後を記録しています。
こちらは4Kディスプレイが搭載されたハイスペックモデルです。
発売 ソニー/2019年6月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu:50万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.5インチ/3840×1644 4K
カメラ 背面1220万+1220万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 167 x 72 x 9 mm/178 g
カラー ブラック
パープル

Xperia 10 III SO-52B

Xperia 10 III SO-52B

こちらは2021年夏モデル「Xperia 10 III SO-52B」です。
チップセットにSnapdragon 690 5Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが34万前後を記録しています。
こちらは5G対応のミドルレンジモデルです。かなり新しいモデルなので、価格はやや高め。
発売 ソニー/2018年11月
動作性能 Snapdragon 690 5G/6GBRAM
AnTuTu:34万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.0インチ/2520×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+800万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 154 x 68 x 9.1 mm/169 g
カラー ブラック
ホワイト
イエロー
ブルー
ピンク

Xperia XZ3 SO-01L

Xperia XZ3 SO-01L

こちらは2018年に登場した「Xperia XZ3 SO-01L」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが30万前後を記録しています。
6インチのQHD+有機ELディスプレイを搭載したハイスペックモデルですが、2018年発売なので安くてお買い得です。
発売 ソニー/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu:30万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 6.0インチ/2880×1440 QHD+
カメラ 背面1920万画素
前面1320万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 158 x 73 x 9.9 mm/193 g
カラー Forest Green
Black
Bordeaux Red
White Silver

Xperia Ace II SO-41B

Xperia Ace II SO-41B

こちらは2021年に登場した「Xperia Ace II SO-41B」です。
チップセットにHelio P35が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが10万前後を記録しています。
こちらは2021年に登場したライトモデルです。元々価格は安いですが、白ロムだとさらに安いです。全くスマホを使わない方やサブ機におすすめです。
発売 ソニー/2021年5月
動作性能 MediaTek Helio P35/4GBRAM
AnTuTu:10万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 5.5インチ/1496×720 HD+
カメラ 背面1300万+200万画素
前面800万画素
バッテリー 4500mAh
サイズ 140 x 69 x 8.9 mm/159 g
カラー ブラック
ホワイト
ブルー

<スポンサーリンク>

Galaxyシリーズでおすすめの白ロムスマホ

サムスンのGalaxyシリーズの中からオススメ白ロムをピックアップ!

Galaxy S9 SC-02K


こちらは2018年に登場した「Galaxy S9 SC-02K」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアでは27万前後とハイスコアを記録しています。
5.8型のQHD+有機ELディスプレイを搭載したハイスペックモデルです。
発売 サムスン/2018年5月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu7:27万
ストレージ 内部64GB/外部400GB
ディスプレイ 5.8インチ/2960×1440 QHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 148 x 69 x 8.5 mm/161 g
カラー チタニウム グレー
ミッドナイトブラック
ライラックパープル

Galaxy S10 SC-03L

Galaxy S10 SC-03L

こちらは2018年に登場した「Galaxy S10 SC-03L」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアでは35万前後とハイスコアを記録しています。
Galaxy S9の後続モデルで、2019年代に登場したモデルなので、まだまだ高価格です。カメラ性能が大幅に向上しているので、高性能なカメラを使いたいと言う方にオススメ。
発売 サムスン/2019年6月
動作性能 Snapdragon 855/8GBRAM
AnTuTu7:35万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.1インチ/3040×1440 QHD+
カメラ 背面1200万+1200万+1600万画素
前面1000万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 150 x 70 x 7.8 mm/158 g
カラー Prism White
Prism Black
Prism Blue

Galaxy A20 SC-02M

Galaxy A20 SC-02M

こちらは2018年に登場した「Galaxy A20 SC-02M」です。
チップセットにExynos 7884Bが搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは10万前後を記録しています。
こちらはGalaxyシリーズでは珍しい格安のライトモデルです。とても安いのであまりスマホを使わないと言う方やサブ機を探している方にオススメ!
発売 サムスン/2019年11月
動作性能 Exynos 7884B/3GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 5.8インチ/1560×720 HD+
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 150 x 71 x 8.4 mm/151 g
カラー レッド
ホワイト
ブラック

Galaxy Feel SC-04J

Galaxy Feel SC-04J

こちらはかつてdocomo withの対象端末として登場したGalaxy Feelの初代モデル「Galaxy Feel SC-04J」です。2017年代のモデルなので、なによりも価格の安さが特徴です。
動作性能はAnTuTu7のベンチマークスコアは6万と控えめですが、普段使いであれば問題なく使うことが出来ます。Galaxy A20よりもさらに低スペックでさらに安いモデルとなっております。
発売 サムスン/2017年6月
動作性能 Exynos7870/3GBRAM
AnTuTu7:6万
ストレージ 内部32GB/外部256GB
ディスプレイ 4.7インチ/1280×720 HD
カメラ 背面1600万画素
前面500万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 168 x 67 x 8.3 mm/149 g
カラー Opal Pink
Indigo Black
Moon White

Galaxy Note8 SC-01K

Galaxy Note8 SC-01K

こちらは2017年代に登場したスタイラスペン搭載モデル「Galaxy Note8」です。
Snapdragon 835が搭載されているかつてのハイスペックモデルで、AnTuTu7のベンチマークスコアは20万前後を記録しています。タッチペンを使った機能に興味のある方にオススメです。
発売 サムスン/2017年10月
動作性能 Snapdragon 835/6GBRAM
AnTuTu7:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2960×1440 QHD+
カメラ 背面1220万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 163 x 75 x 8.7 mm/190 g
カラー ミッドナイトブラック
メープルゴールド

AQUOSシリーズでおすすめの白ロムスマホ

シャープのAQUOSシリーズの中からオススメ白ロムをピックアップ!

AQUOS R5G SH-51A

AQUOS R5G SH-51A

こちらはAQUOS Rシリーズの2020年モデル「AQUOS R5G SH-51A」です。
チップセットにSnapdragon 865が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは60万前後を記録しております。
3168×1440の高解像度Pro IGZOディスプレイが搭載された5G対応スマホ。かなりハイスペックなので価格は高め。
発売 シャープ/2020年3月
動作性能 Snapdragon 865/12GBRAM
AnTuTu:60万
ストレージ 内部256GB/外部1TB
ディスプレイ 6.5インチ/3168×1440 qHD+
カメラ 背面4800万+1220万+1220万画素
前面1640万画素
バッテリー 3730mAh
サイズ 162 x 75 x 10.3 mm/189 g
カラー ブラックレイ
オーロラホワイト

AQUOS R3 SH-04L

AQUOS R3 SH-04L

こちらはAQUOS Rシリーズの2019年モデル「AQUOS R3 SH-04L」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは50万前後を記録しております。
ハイスペックの割に価格が安いのでお買い得です。
発売 シャープ/2019年6月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu:50万
ストレージ 内部128GB/外部512GB
ディスプレイ 6.2インチ/3120×1440 qHD+
カメラ 背面2010万+1220万画素
前面1630万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 156 x 74 x 10.4 mm/185 g
カラー プレミアムブラック
プラチナホワイト
ラグジュアリーレッド

AQUOS R2 SH-03K

AQUOS R2 SH-03K

こちらは2018年に登場したハイスペックモデル「AQUOS R2 SH-03K」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは32万前後です。
2018年のモデルなのでかなり価格が安いです。コスパ優先でハイスペックモデルを選ぶならR3かR2辺りがお買い得です。
発売 シャープ/2018年6月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu8:32万
ストレージ 内部64GB/外部400GB
ディスプレイ 6.0インチ/1440×2560 WQHD+
カメラ 背面2260万+1630万画素
前面1630万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 156 x 74 x 9.0 mm/181 g
カラー アクアマリン
プラチナホワイト
プレミアムブラック

AQUOS zero2 SH-01M

AQUOS zero2 SH-01M

こちらは2020年に登場した軽量型ハイスペックモデル「AQUOS zero2 SH-01M」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは45万前後です。
こちらは何と言っても「141グラム」という軽さが特徴のモデル。ハイスペックなので価格は高め。
発売 シャープ/2020年3月
動作性能 Snapdragon 855/8GBRAM
AnTuTu:45万
ストレージ 内部256GB/外部非対応
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面2010万+1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3130mAh
サイズ 158 x 74 x 9.5 mm/141 g
カラー アストロブラック
ミスティホワイト

AQUOS sense4 SH-41A

AQUOS sense4 SH-41A

こちらはAQUOS senseシリーズの2020年モデル「AQUOS sense4 SH-41A」です。
チップセットにSnapdragon 720Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは25万前後を記録しております。
AQUOS senseシリーズは、AQUOS Rシリーズよりも性能が低い代わりに価格が安いです。
発売 シャープ/2020年11月
動作性能 Snapdragon 720G/4GBRAM
AnTuTu:25万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 5.8インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 4570mAh
サイズ 148 x 71 x 10.2 mm/177 g
カラー ブラック
シルバー
レッド
ライトカッパー
イエロー
ライトブルー
ブルー

<スポンサーリンク>

arrowsシリーズでおすすめの白ロムスマホ

富士通のarrowsシリーズの中からオススメ白ロムをピックアップ!

arrows 5G


こちらはドコモで採用されている富士通製スマホ「arrows 5G」です。
チップセットにSnapdragon 765Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは45万前後を記録しています。
こちらはおサイフケータイ対応の5G国産モデル。かなり新しいモデルですが、そこそこ安い価格で入手可能。
発売 富士通/2020年7月
動作性能 Snapdragon 865/8GBRAM
AnTuTu:45万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.3インチ/3120×1440 QHD+ 有機EL
カメラ 背面4850万+1630万+800万画素
前面3200万画素
バッテリー 4070mAh
サイズ 164 × 76 × 9.5 mm/171 g
参考価格 4~5万円

arrows NX9

arrows NX9

こちらはドコモで採用されている富士通製スマホ「arrows NX9」です。
チップセットにSnapdragon 765Gが搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアは38万前後を記録しています。
こちらはおサイフケータイ対応の国産モデル。ミドルクラスなのでそこそこ安い価格で入手可能。
発売 富士通/2020年12月
動作性能 Snapdragon 765G/8GBRAM
AnTuTu:38万
ストレージ 内部128GB/外部1TB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+ 有機EL
カメラ 背面4850万+800万+500万画素
前面1630万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 152 × 72 × 9.3 mm/162 g
参考価格 3~5万円

arrows Be4 F-41A

arrows Be4 F-41A

こちらはarrows Beシリーズの2020年モデル「arrows Be4 F-41A」です。
チップセットにクアルコム社のSnapdragon 450が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが9万前後となっております。
ライトモデルなのでそこまで動作性能は高くありませんが、普段使いであれば問題なく使えます。
発売 富士通/2020年6月
動作性能 Snapdragon 450/3GBRAM
AnTuTu:9万
ストレージ 内部32GB/外部1TB
ディスプレイ 5.6インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1310万画素
前面810万画素
バッテリー 2780mAh
サイズ 147 x 70 x 8.9 mm/144 g
カラー ホワイト
ブラック
ゴールド
パープル

arrows Be4 Plus F-41B

arrows Be4 Plus F-41B

こちらはarrows Be4の上位モデル「arrows Be4 Plus F-41B」です。
チップセットにクアルコム社のSnapdragon 460が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアが13万前後となっております。
arrows Be4から動作性能やバッテリーが強化された上位モデルです。ただし画面解像度はFHD+からHD+にダウングレードされているので注意。
発売 富士通/2021年5月
動作性能 Snapdragon 460/4GBRAM
AnTuTu:13万
ストレージ 内部64GB/外部1TB
ディスプレイ 5.6インチ/1480×720 HD+ 有機EL
カメラ 背面1310万画素
前面800万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 148 x 71 x 9.4 mm/160 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド

arrows NX F-01K

arrows NX F-01K

こちらは2017年代に登場したハイスペックモデル「arrows NX F-01K」です。
チップセットにSnapdragon 660が搭載されているので、AnTuTuのベンチマークスコアは14万前後です。
こちらはかなり古いモデルなので、値段がめちゃくちゃ安いです。
発売 富士通/2017年12月
動作性能 Snapdragon 660/4GBRAM
AnTuTu:14万
ストレージ 内部32GB/外部256GB
ディスプレイ 5.3インチ/1920×1080 FHD
カメラ 背面2300万画素
前面500万画素
バッテリー 2580mAh
サイズ 149 x 72 x 8.1 mm/150 g
カラー ブルーブラック
アイボリーホワイト
モスグリーン

まとめ

使い込まれた古いモデルはバッテリーが劣化している可能性があるので、出来れば状態の良い商品を選びたいところです。「せっかく安く購入出来たのに、手元に届いたらボロボロだった」なんて事もあり得るので、信用できる出品者か専門店での購入をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。