前回売り切れ続出!!最強の乗り換えセール開催!!

【2022年最新】ワイモバイルのAndroid Oneはどれがおすすめ?【現行モデル比較】

ワイモバイルのスマホと言えば「Android One」シリーズです。

Android Oneシリーズはグーグルと各メーカーが共同で開発するスマートフォンのシリーズで、ワイモバイルではシャープや京セラなどの国産メーカーが担当しています。

ワイモバイルでスマホを契約しようとしているのなら、看板機種であるAndroid Oneシリーズをしっかりとチェックしておきましょう。

というわけで本記事ではワイモバイルのAndroid One現行モデルを比較してみました!

ワイモバイルでどの端末を選べば良いのか分からないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

Android Oneとは?

Android Oneとは?

冒頭でも紹介しましたが、Android Oneシリーズはグーグルと各スマホメーカーが共同で開発するスマートフォンのシリーズです。例えば「Android One S8」の開発メーカーは京セラですが、「Android S7」の開発メーカーはシャープです。

<スポンサーリンク>

Android Oneのメリットは?

  1. 最新OSへのアップデート保証
  2. 余計なアプリが入っていない
  3. 価格が安い
  4. 機能面が充実

最新OSへのアップデート保証

ワイモバイルのAndroid Oneでは、24ヶ月間に最低1回以上のOSアップデートの実施と、3年間の定期的なセキュリティアップデートが保証されています。これによって常に最新のAndroid OSを利用できるのが強みです。

余計なアプリが入っていない

キャリアスマホを購入した時は、様々なアプリが初めからインストールされています。自分が使わないような無駄アプリが多く入っていると端末の動作が鈍くなってしまいます。それに比べてAndroid Oneシリーズは最低限のアプリしか入っていないのでシンプルで且つ容量にも余裕ができます。

価格が安い

ワイモバイルのAndroid Oneシリーズは価格の安いモデルが多いです。ワイモバイルのスマホ料金は安いので、Android Oneシリーズを選ぶことによって、さらに格安の月額プランを組むことが可能です。

機能面が充実

キャリアスマホではお馴染みの「おサイフケータイ」や「防水防塵」に対応しているのもAndroid Oneを選ぶメリットです。

\ 送料無料!オンラインで購入可! /

現行Android Oneのスペック比較

名称 メーカー 発売日 価格
Android One X5 LG 2018年12月 54,000円
Android One S5 シャープ 2018年12月 49,700円
Android One S6 京セラ 2019年12月 23,760円
Android One S7 シャープ 2019年12月 26,640円
Android One S8 京セラ 2020年12月 36,000円
Android One S9 京セラ 2022年3月 36,000円

動作性能(CPU・RAM・AnTuTu)の比較

名称 CPU RAM AnTuTuベンチマークスコア
Android One X5 Snapdragon 835 4GB 20万
Android One S5 Snapdragon 450 3GB 10万
Android One S6 Helio P35 3GB 10万
Android One S7 Snapdragon 630 3GB 11万
Android One S8 Helio P65 4GB 15万
Android One S9 Snapdragon 480 4GB 28万

Android One X5とAndroid One S9は唯一AnTuTuベンチマークスコアが20万スコア台を記録しております。最近のミドルレンジの中で言えばあまり良いスコアではありませんが、Android Oneシリーズの中では優秀な部類です。

こちらの記事でCPUやベンチマークの目安についてまとめてあるので、興味のある方はチェックしてみてください。

blank スマホの動作性能を示すCPU・ベンチマークの目安

保存容量(内部・外部ストレージ)の比較

名称 内部ストレージ
(ROM)
外部ストレージ
Android One X5 32GB 512GB
Android One S5 32GB 512GB
Android One S6 32GB 512GB
Android One S7 32GB 512GB
Android One S8 64GB 1TB
Android One S8 64GB 1TB

スマホのストレージとは、ファイルを保存できる容量のことです。「ROM」「ストレージ」「内部ストレージ」などと呼ばれています。またSDカードを使って増設できる容量のことを「外部ストレージ」と言います。Android One S8が内部外部共に大容量ストレージを搭載しているので、スマホで多くのファイルを管理したいと言う方はAndroid One S8とS9がおすすめ。

こちらの記事でスマホで使う容量の目安やSDカードの選ぶポイントを紹介しています。

blank スマホのmicroSDカードはどのくらいの容量が最適なのか

ディスプレイ(サイズ・解像度)の比較

名称 サイズ 画面解像度
Android One X5 6.1 3120×1440
QHD+
Android One S5 5.5 2160×1080
FHD+
Android One S6 5.84 2280×1080
FHD+
Android One S7 5.5 2160×1080
FHD+
Android One S8 6.26 2280×1080
FHD+
Android One S9 6.1 2400×1080
FHD+

画面解像度はディスプレイの縦横の点の数のことで、この点それぞれに色が入ることによって画面が表示されます。ようするに画面解像度が高いほど、縦横の点の数が増えるので、より細かいところまで色を表現出来るのです。

解像度や縦横比についてはこちらの記事で解説しているので、興味のある方は合わせてご参考下さい。

blank FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

カメラ性能(背面・前面レンズ画素数)の比較

名称 背面カメラの画素数 前面カメラの画素数
Android One X5 1600万画素 800万画素
Android One S5 1200万画素 800万画素
Android One S6 1600万画素
800万画素
800万画素
Android One S7 1200万画素 800万画素
Android One S8 1600万画素
800万画素
800万画素
Android One S9 1600万画素
1600万画素
800万画素

Android One S6とS8とS9が背面にデュアルカメラが搭載されております。しかし最近のスマホはトリプルやクアッドが多いので、ワイモバイルのAndroid Oneシリーズは比較的カメラ性能が控えめですね。

バッテリー(容量・連続使用時間)の比較

名称 容量 連続通話
(FDD LTE)
連続待ち受け
(FDD LTE)
Android One X5 3000mAh 1100分 420時間
Android One S5 2700mAh 1960分 650時間
Android One S6 3050mAh 1560分 630時間
Android One S7 4000mAh 2630分 980時間
Android One S8 4100mAh 2170分 930時間
Android One S9 4500mAh 2470分 660時間

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありません。連続使用時間はワイモバイルの公式サイトで公表されているLTE接続時のデータです。

データを見る限り、Android One S7とS8のバッテリー持ちが優れています。

対応機能(防水防塵・指紋認証・おサイフケータイ)の比較

名称 防水防塵 指紋認証 おサイフケータイ
Android One X5
Android One S5
Android One S6
Android One S7
Android One S8
Android One S9

Android Oneシリーズは機能面に優れています。ほとんどの端末が防水防じん・おサイフケータイに対応しております。

<スポンサーリンク>

まとめ

ワイモバイルで採用されているAndroid Oneシリーズの現行モデルを比較してみました。

無難なのは最新モデルの「Android One S9」ですね。2022年代のモデルということもあって、スペックのバランスが良いですし、ディスプレイのベゼルが狭くてデザインも良い感じです。

\ 送料無料!オンラインで購入可! /
ちなみに筆者も5年ほどワイモバを愛用しております!

blankイッテツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。