前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

【比較レビュー】人気のスマホスタンド「MOFT X」と「MOFT O」はどっちがいいの?

人気のスマホスタンド「MOFTシリーズ」より新製品「MOFT O」が登場しました。

MOFTのスマホスタンドと言えば、平べったくて安定感のある「MOFT X」が有名でしたが、今回のMOFT Oはサイズがかなりコンパクトなので安定感がどうなのか気になるところ。

というわけで今回はそんなMOFTのスマホスタンド「MOFT O」と「MOFT X」の違いを比較してみました!

先に言っておくと、MOFTのスマホスタンドは超便利なのでおすすめです!

スマホスタンドを探している方はもちろんですが、よくスマホで動画を見る方寝ながらスマホを触るという方は、ぜひ今回の2製品をチェックしてみてください!

「MOFT X」と「MOFT O」のスペックを比較

「MOFT X」と「MOFT O」の違いを比較

MOFT X MOFT O
画像
形状 縦長
サイズ 64×105mm 直径61mm
厚み 4.7mm 5.5mm
素材 PU
グラスファイバー
メタルシート
マグネット
マイクロファイバー
ヴィーガンレザー
PC
磁石
金属シート
カラー スペースグレー
ネービーブルー
ミッドナイトグリーン
ナイトブラック
レザーブラウン
フレッシュオレンジ
オーシャンブルー
ジェットブラック
サンセットオレンジ
ハローイエロー
ワンダラストブルー
価格 2,980円 3,480円

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ

MOFT XはMOFT Oよりも圧倒的に面積が多く、接着部分も広くなっているため、
とにかく安定感が抜群です。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ2

背面部分を開いてスマホスタンドとして機能します。また指を間に入れる事で落下防止のホルダーとしても活躍してくれます。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ3

裏面全てが粘着部分となっております。こちらを直接スマホ背面に張り付けます。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ4

今回はOPPO Reno3 Aに張り付けてみます。カメラユニットさえ避ければ適当に押し込むだけでオッケーです。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ5

指を通すだけでスマホリングのように扱えます。かなり便利なのでおすすめの機能です!

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ6

粘着部分の面積が広いため剥がれる心配は無さそう。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ7

もちろんホルダーとしての機能だけでなくスタンドとしての機能もあります。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ8

スマホスタンドを開いてスマホを固定できます。動画の視聴などに便利です。

MOFT Xは安定感抜群で片手操作にも役立つ9

ちなみに横置きにも対応しています。

MOFT Xは見て分かるように、スマホの背面半分以上を占有してしまいます。しかしその分安定感があるので、簡単に剥がれないだろうし、片手操作もやりやすいのでおすすめです!

blankイッテツ

MOFT Oはマグネット式スタンド

MOFT Oはマグネット式スタンド

続いてMOFT Oです。こちらはMOFT Xと違って円形でコンパクトな造りとなっております。
また「マグネット式」なので、iPhone 12シリーズのMagSafeに対応し、背面に磁石でくっつきます。

MOFT Oはマグネット式スタンド2

しかし「マグシール」が付いているので、MagSageに対応していない他のスマホでも使うことができます。

MOFT Oはマグネット式スタンド3

こんな感じにスマホの背面にマグシールを貼り付けます。今回はOPPO A73に装着してみましょう。

MOFT Oはマグネット式スタンド4

MOFT O本体を近づけると磁石でくっつきます。

MOFT Oはマグネット式スタンド5

こんな感じ。MOFT Xと比べて安定感はありませんが、コンパクトなのが特徴的ですね。

MOFT Oはマグネット式スタンド6

もちろんMOFT Oもスタンド機能に対応しております。

MOFT Oはマグネット式スタンド7

MOFT Xよりも固定できる角度が多いです。

MOFT Oはマグネット式スタンド8

またMOFT Oの特徴として90度置きに対応しております。最近ビデオ通話が流行っているので90度置きはありがたいですね。

MOFT Oはマグネット式スタンド9

一応ホルダー機能にも対応しているのでスマホリングのように扱うことができますが、推奨はされていないとのこと。
磁石で固定されているだけなので、少し力を入れると外れてしまいます。
ホルダー機能を利用したいのであれば素直にMOFT Xを選びましょう。

MOFT Oは90度置きに対応したコンパクトモデルです。
しかし磁石でくっついているだけなのでスマホリングのように扱うのは難しそうです!

blankイッテツ

重量はMOFT Xの方が軽い

MOFT Xの重量

MOFT Xの重量は「28.8グラム」でした。

MOFT Oの重量

MOFT Oのマグシール付き重量は「29.9グラム」でした。

あくまでマグシール込みの重量ですが、MOFT Xの方が1.1グラムほど軽かったです。
ただしマグシールを外した時の重量は「23.9グラム」だったので、むしろMOFT Oの方が6グラムほど軽いです。

blankイッテツ

カード収納はMOFT Xのみ

カード収納はMOFT Xのみ

MOFT Xの背面を開く(スタンドを出す)と、カードやお札を収納できるスペースが用意されています。

カード収納はMOFT Xのみ2

カードは最大3枚まで収納可能と書かれていましたが、実際に収納してみると3枚はかなりキツイです。収納は2枚までと考えておいてください。
ちなみに公式サイトによると「スキミング防止対応」とのことです。

どちらも超薄型のスマホスタンド

どちらも超薄型のスマホスタンド

MOFT Xの厚みは「4.7 mm」で、MOFT Oの厚みは「5.5 mm」です。
どちらもかなり薄型のスマホスタンドとなっております。

どちらも超薄型のスマホスタンド2

よくあるスマホリングと比べてもMOFTスタンドは薄いのでおすすめです。

<スポンサーリンク>

結局MOFT XとMOFT Oはどちらが良いのか?

結局MOFT XとMOFT Oはどちらが良いのか?

MOFT XとMOFT Oそれぞれの特徴やポイントを書き出してみましたので、どちらを選ぶか迷っている方は参考にしてみて下さい。

MOFT Xを選ぶポイント

MOFT Xを選ぶメリット

  • 粘着面積が広いので剥がる心配がない
  • 粘着面積が広いのでケースにも貼れる
  • ホルダー機能で片手操作ができる
  • カードやお札を収納できる

MOFT Xを選ぶポイントは上記の通り。なんと言っても片手操作がやりやすいのがMOFT Oとの決定的な違いです。

気になるところがあるとすればサイズが大きいから端末次第でカメラユニットと干渉しそうってところですかね。

MOFT Oを選ぶポイント

MOFT Oを選ぶメリット

  • コンパクトで可愛らしい円形デザイン
  • スタンドの固定角度が多い(90度置きにも対応)

MOFT Oを選ぶポイントは上記の通り。90度置きに対応したスタンド機能が特徴なので、ビデオ通話を行う方におすすめです。

残念なのはやはりスマホリングのように扱えないというところです。実際に筆者がMOFT Xを使っていて、一番多用したのがホルダー機能です。いつもスマホリングのように指を通して、仰向けで寝ながらスマホを触っています。

「MOFT X」と「MOFT O」の日本での購入先

MOFTは海外の製品ですが、日本でも公式ストアやAmazonにて販売されています。今回取り上げた2製品の公式ページはこちらです。

<スポンサーリンク>

まとめ

まとめ

というわけでMOFTの大人気スマホスタンド「MOFT X」と、MagSafeに対応したコンパクトな新型モデル「MOFT O」を比較してみました!

スマホスタンドをお探しの方は、ぜひ今回のMOFTシリーズをチェックしてみてくださいね!

期間限定前回売り切れ続出の投売りセールが再びやってきた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。