moto g8 power liteを購入したらやっておきたい6つの設定

先日moto g8 powerの廉価モデル「moto g8 power lite」を購入しました。

正直な話、microUSBが厄介すぎてサブ機としても扱いずらいですねー。今って他の家電もType-Cばかりですからね…。

と愚痴りながらも、なんだかんだ毎日サブ機として使っているのですが。というわけで今回は「moto g8 power lite」の購入したらやった方が良いおすすめの設定を紹介します。moto g8 power liteの購入を検討している方やmoto g8 power liteを買ったばかりの人は、ぜひ参考にしてみて下さい!

ちなみにmoto g8 power liteのレビュー記事もあるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。
moto g8 power liteは格安なのでサブ機にもおすすめ!

blankイッテツ

moto g8 power liteのおすすめ設定6つを紹介!

実際にmoto g8 power liteを購入した筆者イッテツが行ったカスタマイズを紹介します。また人によっては効果がありそうな機能も多かったので、そういった機能についても設定方法を紹介していこうと思います!

1.バッテリー残量を数字(%)で表示する

moto g8 power liteは初期設定だとバッテリー残量が数字(パーセント)で表示されていません。

blankイッテツ

バッテリー残量を数字(%)で表示する 端末上部にバッテリーアイコンが表示されていますが、数字が表示されていないので正確な残量が分かりません。これを設定していきましょう。
バッテリー残量を数字(%)で表示する2 ホーム画面にある「設定」をタップします。
バッテリー残量を数字(%)で表示する3 または下に引っ張って表示される上部メニューにある「歯車アイコン」からも飛ぶことができます。
バッテリー残量を数字(%)で表示する4 設定内にある「電池」をタップします。
バッテリー残量を数字(%)で表示する5 電池内にある「電池残量パーセント表示」の右にあるツマミをオン(右)にしましょう。
バッテリー残量を数字(%)で表示する6 これにて設定完了です。
無事バッテリーアイコンの横に数字がパーセントで表示されるようになりました!

2.スリープ時間を短くする

スマホを置いてから、画面が消えるまでの時間を「スリープ時間」と言います。
筆者はすぐに画面が消えてほしい派なので、スリープ時間を短く設定しておきました!

blankイッテツ

スリープ時間を短くする ホーム画面にある「設定」をタップします。
スリープ時間を短くする2 または下に引っ張って表示される上部メニューにある「歯車アイコン」からも飛ぶことができます。
スリープ時間を短くする3 設定内にある「ディスプレイ」をタップします。
スリープ時間を短くする4 ディスプレイ内にある「詳細設定」から追加項目を表示します。
スリープ時間を短くする5 追加された項目の中にある「スリープ」をタップします。
スリープ時間を短くする6 こちらの画面で自分の好きなスリープ時間へ変更することができます。
「30秒」か「15秒」ぐらいで大丈夫だと思います。

3.文字サイズを変更する

文字が見にくいと言う人は、文字サイズを変更しておきましょう。

blankイッテツ

文字サイズを変更する 先ほどの「スリープ時間を短くする」と途中まで同じ手順です。
「設定」→「ディスプレイ」→「詳細設定」を開きましょう。
追加された項目の中にある「フォントサイズ」をタップしてください。
文字サイズを変更する2 こちらの画面で文字サイズを変更できます。
下の方に動かせるバーがあるので、自分好みのサイズへ調整してください。

4.持ち上げてスリープを解除する

スマホを持ち上げるとロック画面が映るように設定しておきました。通知などを確認するときに便利です。

blankイッテツ

持ち上げてスリープを解除する 「スリープ時間を短くする」や「文字サイズを変更する」と途中まで同じ手順です。
「設定」→「ディスプレイ」→「詳細設定」を開きましょう。
追加された項目の中にある「アンビエント表示」をタップしてください。
持ち上げてスリープを解除する2 こちらの「持ち上げて通知をチェック」をオンにすることで、スマホを持ち上げるだけで画面が表示されるようになります。逆にそれがイヤだと言う方はこの設定をオフにしておいてください。

また新しい通知がきたときにスリープが解除されるかどうかも設定することができます。自分好みの方へカスタマイズしておきましょう。

5.ホームにカレンダーを追加する

ホーム画面にカレンダーのウィジェットを追加しておきました。
スペースに余裕があれば4×4のカレンダー、無ければ2×3のカレンダーを配置しておきましょう。

blankイッテツ

ホームにカレンダーを追加する まずはホーム画面を長押しして表示される「ウィジェット」をタップします。
ホームにカレンダーを追加する2 追加できるウィジェットの一番上に「カレンダー」があるので選択しましょう。
ホームにカレンダーを追加する3 ホーム画面にカレンダーが追加されました!

もしスペースが足らない場合はページを追加することもできます。
アプリをたくさんインストールしている方はお試しください。

6.無音スクショアプリを追加する

今回のmoto g8 power liteはスクリーンショット撮影時に音をオフにできません。
今回の記事を作成するにあたって無音でスクショ撮影ができるアプリを導入しておきました。
もしスクショを頻繁に撮るという方がいれば、ぜひ追加しておいてください。

blankイッテツ

無音スクショアプリを追加する Googleプレイストアから【無音】スクリーンショットをインストールしてください。
無音スクショアプリを追加する2 起動後に「キャプチャの開始」をタップすると、スクショメニューが表示されて無音スクショの撮影が可能。

正直かなり手間なので、そこまでスクショを撮らないと言う方には非推奨。

moto g8 power liteはテザリングにも対応!

moto g8 power liteはテザリング機能にも対応しているので、moto g8 power liteをルーターにして他機器でインターネットを使うことが出来ます!手順を解説している記事があるので、興味のある方はぜひ!

blank moto g8 power liteのテザリング手順【画像で解説】

まとめ

moto g8 power liteのおすすめ設定を6つ紹介しましたが、自分が使うシチュエーションで役立ちそうな設定はありましたか?

6つ全てを設定するのではなく、自分にとって扱いやすそうなものだけ変更してみて下さい。

あとはセキュリティ関係(指紋認証の登録)やディスプレイの明るさなんかも好みが分かれるので、気になる方は「設定」から色々とカスタマイズしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。