人気スマホが1円!!前回在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び

【2020年最新】Nokia(ノキア)のおすすめスマホ3選【海外で人気】

ガラケー時代に人気の高かった「Nokia」と言うメーカーをご存じでしょうか?

スマホの流行に乗り遅れて、その後姿を消してしまったNokia(ノキア)ですが、最近は世界各国でシェア率を伸ばしているそうです。その内日本でもNokiaスマホが取り扱われるかもしれませんね。

本記事ではそんな海外で販売されているNokiaスマホのおすすめ機種をまとめてみました!

どのNokiaスマホを買うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

Nokiaスマホの特徴は?

Nokiaスマホの特徴は?

Nokiaはヨーロッパの老舗企業が製造するスマホです。2018年辺りからシェア率を伸ばしており、今では世界各国で販売されている人気スマホへと成長しています。

そんなNokiaスマホは、コストパフォーマンスの良さや高性能カメラが特徴的です。2019年には「Nokia 9 PureView」と言う5眼レンズを搭載したモデルが登場し、話題となりました。

Nokiaスマホは、Pureviewのように分かりやすい名称のモデルが少なくて、「Nokia 2.3」「Nokia 8.1」など数字だけ違うモデルが多く販売されているので、初めての方には分かりにくいかもしれません。

Nokiaスマホは日本で使えるの?

Nokiaスマホは日本で使えるの?

海外スマホを買うときに注意したい対応バンドですが、Nokiaスマホは注意が必要です。

と言うのも、NokiaのスマホはドコモのプラチナバンドB19に非対応なので、ドコモ回線で快適に通信することが出来ないのです。

もしNokiaスマホを輸入して日本で使おうとしている方は、ソフトバンク回線を用意しておいた方が良いでしょう。

<スポンサーリンク>

海外スマホの購入方法

海外スマホの購入方法は?

NokiaスマホはAmazonや楽天市場などのネットモールにて出品されています。

しかし海外スマホはAmazonや楽天市場などのネットモールで購入するよりもEtoren.comEtorenGearbestAliExpressなどの輸入店で直輸入した方が安く入手できます。

アカウント登録が必要なので多少の手間はありますが、どの輸入店もガジェットが安い上にいきなりセールが開催されるので、ガジェット好きなら登録しておいて損はないと思います。

輸入店のデメリットは2つあります。

  1. 商品の到着が遅い
  2. 税金がかかる場合がある

商品の到着が遅いのは、海外からの発送なので仕方ありません。EMSやDHLなどの追跡可能な発送方法を選べば、到着が早いですが、その分送料が余分にかかってしまいます。発送方法にもよりますが10日ほどかかると思ってください。

そして16669円以上のスマホを購入した場合、商品代金の60%に輸入消費税が10%かかるので注意しましょう。
3万円のスマホを輸入するなら60%の1万8000円に対して輸入消費税が10%かかります。つまり1800円ほどの税金がとられてしまうわけですね。

海外スマホを選ぶポイント

海外スマホを選ぶポイント

まず分かりやすいスマホを選ぶポイントは、「動作性能」と「価格」のバランスです。

動作性能が高くて価格も高いのは当たり前のことですが、
動作性能が平均的で価格が激安だったら、それは「コスパが良い」と言うことになりますよね。

スマホを選ぶときに重要なのは、価格に見合った性能なのか、価格以上にパフォーマンスが優れているのか、を見極めることです。

そして価格だけではなく、
「広角撮影が使いたい!」と言う方は広角レンズを搭載したモデルが必要ですし、「バッテリー持ちが命!」と言う方は大容量バッテリーを搭載したモデルを選ぶべきです。

コストパフォーマンスも大事ですが、それ以上に自分に必要なスペックや機能を考えて選ぶことが大事です。

Nokiaスマホは数字が付いているだけのモデルが多いです。自分が探している端末と間違えないように注意しましょう。

Nokiaのおすすめスマホ3選

実際に人気の高いNokiaスマホを3機種紹介します。Nokiaスマホの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

Nokia 9 PureView

Nokia 9 PureView

こちらは5眼レンズ搭載モデル「Nokia 9 PureView」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは25万超えを記録しています。
特徴は何と言っても5つのレンズを搭載したカメラ機能です。価格は8万円前後とかなり高めに設定されています。。バンド1/3/8に対応しているのでソフトバンク回線のみ快適に利用できます。ハイスペックモデルや高性能カメラ搭載モデルをお探しの方にオススメ。
発売 Nokia/2019年3月
動作性能 Snapdragon 845/6GBRAM
AnTuTu7:26万
ストレージ 内部128GB/非搭載
ディスプレイ 5.9インチ/2960×1440 qHD+
カメラ 背面1200万画素×5
前面2000万画素
バッテリー 4150mAh
サイズ 155 x 75 x 7.9 mm/172 g
参考価格 80,000円前後

Nokia 7.2

Nokia 7.2

こちらはコスパの優れたミドルクラス「Nokia 7.2」です。
チップセットにSnapdragon 660が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは15万前後を記録しています。
またミドルレンジながらにトリプルカメラも搭載されているAndroid Oneシリーズのスマホです。価格は35,000円ほどで購入出来るのでコストパフォーマンスはかなり高いです。
こちらもBand1/3/8対応なのでソフトバンク回線であればフル対応です。
発売 Nokia/2019年9月
動作性能 Snapdragon 660/4or6GBRAM
AnTuTu8:15万
ストレージ 内部64or128GB/最大512GB
ディスプレイ 6.3インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+800万+200万画素
前面2000万画素
バッテリー 3500mAh
サイズ 159.9 x 75.2 x 8.0 mm/180 g
参考価格 35,000円前後

Nokia 8

Nokia 8

こちらは2017年代のハイスペックモデル「Nokia 8」です。
チップセットにSnapdragon 835が搭載されているので、AnTuTu7のベンチマークスコアは17万前後を記録しています。
輸入店次第では200ドル以下で購入出来ますが、日Amazon等では出品数が少なくて価格が高いので注意。こちらの端末もBand1/3/8対応なのでソフトバンク回線で通信できます。
発売 Nokia/2017年10月
動作性能 Snapdragon 835/4or6GBRAM
AnTuTu7:17万
ストレージ 内部64or128GB/最大256GB
ディスプレイ 5.3インチ/2560×1440 WQHD
カメラ 背面1300万+1300万画素
前面1300万画素
バッテリー 3090mAh
サイズ 151.5 x 73.7 x 7.9 mm/160 g
参考価格 200ドル以下

<スポンサーリンク>

中国スマホのおすすめ機種は?

Nokiaはヨーロッパで開発されているスマートフォンです。最近は日本でも海外スマホを購入するユーザーが増えておりますが、なんと言っても中国スマホの人気が高いです。中国スマホはコスパの良いモデルが多いですし、いろんなショップで販売されているので日本でも入手しやすいです。当サイトでも中国スマホのまとめ記事があるので、海外スマホを探していると言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい!
参考:【2020年最新】中国スマホのおすすめ機種16選【中華スマホ】

まとめ

Nokiaスマホは、2018年辺りから完全に復活しました。

今回取り上げた「Nokia 9 Preview」は世界的にも話題になりましたし、「Nokia 7.2」はコスパが良いのでオススメです。今後も新しく登場する新生Nokiaスマホに期待しておきましょう!

期間限定スマホが1円!?在庫切れ続出のスマホ投売りセール再び開催!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。