nova lite3がまさかの「1円」好評OCN投げ売りセール再び!

スマホ最適化の意味は?最適化アプリを使う必要はあるの?

「スマホが重い時は、最適化して軽くしましょう。」

スマホの動作に関するトラブルを経験したことがある人は、こういった文章を見たことがあるかもしれません。

スマホだけでなくパソコンでもよく聞く「最適化」と言うワードですが、正確な意味はご存じでしょうか?

本記事では、そんな「スマホの最適化」の意味や具体的なやり方を紹介しています。

スマホの動作やバッテリーに関係する重要なことなので、スマホの最適化についてよく分からない人も、是非チェックしてみて下さい!

スマホの最適化とは?

スマホの最適化とは、スマホを「最適な状態へ近づけること」です。

最適な状態とは、スマホをストレスなく普通に使える状態のことです。スマホはキャッシュ・履歴・アプリ・データなどが溜まると重くなったり不具合が起こったりしてしまいます。このような不具合を解消できるのが「スマホの最適化」です。

「スマホが重くてカクつくなぁ」
「バッテリーの消耗が昔よりも早くなった気がする!」

こういったトラブルを抱えている人はスマホを最適化するべきです。

最適化すると言ってもいろんな項目があるので、それぞれの項目をしっかりとチェックして、最適な状態へと変更・削除していきましょう。

スマホを最適化する6つの方法

  1. いらないアプリをアンインストールする
  2. いらないウィジェットを削除する
  3. ホームランチャーアプリを変更する
  4. キャッシュデータを削除する
  5. メモリを解放する・タスクキルする
  6. 端末を再起動する

1.いらないアプリをアンインストールする

いらないアプリをアンインストールする

使っていないアプリをアンインストールすることで、スマホの容量に空きを作ることが出来ます。それが常駐するタイプのアプリだと普段の動作にも影響がありますので、より効果的です。

ちなみにアンインストールはホームランチャーに配置されているアイコンを削除するではダメです。それだとスマホ本体にアプリデータが残ったままになってしまいます。

アプリドロワー(アプリの一覧)や設定内のアプリ一覧から「アンインストール」することで、アプリを完全に削除することが出来ます。

2.いらないウィジェットを削除する

いらないウィジェットを削除する

ホーム画面に配置されているウィジェットは、物によってはスマホの動作が重くなってしまいます。

便利そうだからと配置したウィジェットで「そういえば全く使っていないな」というものがあれば削除しましょう。

3.ホームランチャーアプリを変更する

ホームランチャーアプリを変更する

ホームランチャーアプリは、複雑なものほどスマホが重くなる傾向にあります。

派手なデザインや便利な機能が搭載されているホームランチャーもオススメなのですが、もし「スマホが重い」と感じているのであればシンプルなランチャーアプリへと変更してみて下さい。

変更してしばらく使ってみて効果が無かったら、元のアプリに戻せばオッケーです。

4.キャッシュを削除する

キャッシュを削除する

スマホは使えば使うほど「キャッシュファイル」と呼ばれるデータが蓄積していきます。

キャッシュファイルは「一時保存ファイル」とも呼ばれており、例えば一度開いた画像を一時ファイルとして保存しておくことで、次に同じ画像をすぐに開くことが出来る仕組みになっています。

過去に再生したYoutube動画をもう一度再生するとき、読み込み速度が速く感じたことはありませんか?それもキャッシュファイルのおかげです。

そういった便利な機能のあるキャッシュファイルですが、保存され続けていくと、ファイルが蓄積してスマホが重くなってしまいます。定期的にキャッシュファイルを削除することでスマホの動作が快適になります。

キャッシュの削除についてはこちらの記事で解説しているので、興味のある方は合わせて参考にしてみて下さい!
参考:スマホでよく聞くキャッシュとは?削除のメリットや消去方法

5.メモリを解放する

メモリを解放する

「メモリの解放」「タスクキル」も、スマホの重さを改善する策としてよく出てくるワードですね。

メモリは現在スマホが動かしているプログラムを記憶する装置で、同時にたくさんのプログラムが動き始めると、メモリが足らなくなってしまいます。

起動した後に使わなくなったアプリも、すぐ動けるように裏で待機しています。これもメモリが記憶してくれているからです。そういう必要のないアプリの記憶を削除する方法が「メモリ解放」です。

ある程度スマホを使ったら後に、メモリの解放を行うことでスマホが軽くなります。

6.端末を再起動する

端末を再起動する

スマホはパソコンと違って電話がかかってくるかもしれないので、常に電源をオンにしておく必要があります。毎日ずっと電源をオンしておくと、いろんなプログラムが作動したり、削除されたり、を繰り返すので、裏でエラーが出ている可能性があります。

毎日とまでは言いませんが、ある程度スマホを使い続けた後は一度電源をオフにして、端末を休めることでトラブルが改善することがあります。

電源をオフにすると言っても「再起動」すれば良いので、ほんの1分や2分の話です。

1週間に1回だけでも良いので、スマホを再起動してエラーを解消させましょう。

最適化アプリは使うべきなの?

今回紹介したような最適化をかんたんに行えるアプリがたくさんあります。

「スマホ 最適化」で検索すればたくさん出ると思うので、使いたい人はレビュー評価の高いアプリを選んで使ってみて下さい。

最適化アプリはタップするだけでメモリ解放やキャッシュの削除をすることが出来ます。こういったアプリを導入しておけば、常にスマホが最適化された状態で使うことが出来ます。

しかし、その最適化アプリも容量を使いますし、動作のために裏で色んなプログラムが動いていることを忘れないでください。アプリを使わずに自分で手動でやった方が、より効果的なのは間違いありません。

効果を取るか、手間を取るか、と言った感じですね。

まとめ:定期的なメンテナンスが大事

スマホを軽くするためには今回紹介した最適化が重要ですが、そこまで徹底する必要もありません。

筆者のイッテツが今回紹介した内容で、実際にやっていることは3つだけです。

1つ目は「定期的に再起動する」ことです。決まった期間なども特になく、たまに思い立ったら端末を再起動しています。なんだかんだ再起動が一番効果的なのではないかと体感しています。

そして2つ目は「定期的にキャッシュを削除する」ことです。記事中にも記載したように、キャッシュデータは読み込み速度を早くする大切な役割がありますが、溜まりすぎるとスマホが重くなってしまいます。

最後は「重い時にメモリ解放をする」ことです。ある程度スマホを使ったり、複数のアプリを起動した後は、スマホの動作が鈍くなってしまいます。こういうときにこそメモリの解放をすることで、スマホを正常な状態へと戻すことが出来ます。

と言ったように、定期的にメンテナンス(キャッシュ削除・再起動)を行い、重い時にはメモリ解放をすることでスマホを最適な状態へと近づけることが出来ます。

皆さんも定期的なメンテナンスを習慣づけましょう!

期間限定nova lite3が「1円」で買える投売りセール開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。