P20 liteが1,800円!OCNの期間限定セールが激安!【6月3日まで】

【2019年最新】有機ELディスプレイを搭載したSIMフリースマホの比較

最近は有機ELディスプレイを搭載している端末が少し話題となっています。
と言うのもアップルの人気シリーズiPhoneの中で、大画面モデルのiPhone Xが有機ELディスプレイを採用したからです。
今回は実はこれまで有機ELディスプレイを搭載した端末がいくつか国内で登場しているので、搭載機をまとめてみました。
有機ELディスプレイを搭載しているSIMフリースマホをお探しの方はご参考下さい!

有機ELディスプレイとは?

有機ELディスプレイはカラーフィルターの部分が有機EL発光層になっており、有機EL素子が直接発光して発色する仕組みです。これによってバックライト部分が不要なので有機ELディスプレイは薄さが特徴とも言えます。グーグル画像検索を見れば仕組みが分かりやすい図で紹介されています。

ほとんどのスマホが「液晶ディスプレイ」搭載

これまでのスマートフォンで多く採用されてきたディスプレイ種類が液晶ディスプレイです。テレビやパソコンなんかでもよく聞くディスプレイの代表格とも言えます。この液晶ディスプレイにも種類があって、表示方式の違うTN液晶やIPS液晶やVA液晶などが有名ですが、スマホで言えばシャープのIGZO液晶なんかも液晶ディスプレイの一つです。

液晶と有機ELの違いとは?

方式によって少し異なるかもしれませんが、液晶ディスプレイではバックライトがカラーフィルターを通って発色します。一方の有機ELディスプレイは、先ほども記載したように有機EL素子が直接発光します。
液晶と有機ELでは発色の仕組みが違うということになります。

有機ELディスプレイのメリット

先ほど記載したように構造の都合で液晶ディスプレイと比べると 薄くて軽い です。

そして 消費電力が少ない です。液晶ディスプレイではフィルターを通す構造なので強い光が必要になりますが、有機ELは先ほど記載したように有機EL素子が直接発光するので効率が良いです。

また 自由な形状のディスプレイをつくること出来るのもメリットのひとつです。
平面な液晶ディスプレイに対して、有機ELでは曲面のディスプレイなどをつくることが出来ます。

他にも 反応速度の速さ、視野角の広さ、黒色の表現 などもメリットとして言われています。

有機ELディスプレイのデメリット

これまでの内容で言えば間違いなく液晶ディスプレイよりも有機ELディスプレイの方が優れていることになります。それならば全てのスマホで採用すれば良いのに、と思うかもしれません。
しかし有機ELにもデメリットがあります。

まず現状では 価格が高い ことです。スマホで言えばまだまだ採用端末は少なく、ディスプレイのコストが非常に高くなっています。
これからもしメインのディスプレイとして多くの端末に採用されるのであればもっともっとコストの安いディスプレイが登場するかもしれませんが、現状ではやはり液晶ディスプレイに比べると価格は高い傾向にあります。

そして 輝度の低さ もよく言われているデメリットです。
先ほどの説明で液晶ディスプレイではフィルターを通すためにバックライトで強い光が必要と記載しましたが、それによってとても輝度が高いです。一方の有機ELはもちろんメリットとして強い光が不要なので電力消費は抑えられていますが、輝度は低くなります。

輝度が低いと起こる弊害といえばやはり屋外での画面の見にくさでしょう。液晶ディスプレイと比べると明るい場所では見難いです。

最後に 寿命が短い とも言われています。
液晶ディスプレイと比べると倍程度の差があるといわれています。有機ELディスプレイを搭載したテレビの寿命が10年とも言われているのでスマホでもそこまで大きな問題ではないかもしれません。
しかし単純な寿命が問題なくとも 焼付きが起こる可能性が高い ことの方が大きなデメリットと言えます。
焼付きは長時間同じ画面のままでいると、その画面がいつまでも残ってしまう現象です。有機ELではその構造の都合でか焼き付きのリスクが高いといわれています。この焼き付きも寿命の一つと考えてよいでしょう。

ちなみに私は有機ELのNexus6と言う端末をベッドの横に動画視聴用に固定していますが、
なんだかんだで4年か5年ぐらい問題なく使用できています。焼き付きの対策としては、時計のウィジェットを変えたり、ホーム画面をたまに変えたりすることです。これによって同じ部分が同じ色で何度も発色しなくて済むので少しは対策になります。

有機ELディスプレイ搭載スマホの一覧

実際に国内で販売されている有機ELディスプレイ搭載端末(SIMフリースマホ)をまとめてみました。参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

有機ELディスプレイのSIMフリースマホ比較表
 名称   メーカー   発売時期   参考価格 
Mate S HUAWEI 2015/12 79,800円
AXON mini ZTE 2015/12 39,800円
ZenFone 3 Deluxe ZS570KL ASUS 2016/10 89,800円
Moto Z Play モトローラ 2016/10 45,800円
Moto Z モトローラ 2016/10 85,800円
AXON 7 ZTE 2016/10 59,800円
AXON 7 mini ZTE 2016/10 39,800円
KIWAMI 極 2 FREETEL 2016/12 49,800円
ZenFone Zoom S ASUS 2017/06 54,800円
ZenFone AR ASUS 2017/06 99,800円
Moto Z2 Play モトローラ 2017/06 53,800円
Zenfone 4 Selfie Pro ASUS 2017/09 42,800円
ZenFone 4 Pro ASUS 2017/10 89,800円
Mate 10 Pro HUAWEI 2017/12 89,800円
R11s OPPO 2018/02 57,980円
R15 Pro OPPO 2018/10 57,980円
Pixel 3 グーグル 2018/11 95,000円
107,000円
Pixel 3 XL グーグル 2018/11 119,000円
131,000円
Find X OPPO 2018/11 111,880円
R17 Pro OPPO 2018/12 69,800円
Mate 20 Pro HUAWEI 2018/12 111,880円

白ロムと言う選択肢も

有機ELディスプレイを搭載したSIMフリースマホは上記のみとなっておりますが、キャリアスマホを含めればもっと種類があります。例えばGalaxyシリーズなんかもそうですし、最近ではXperia XZ3が搭載したことでも話題となっております。

そういったキャリアスマホを入手して使うことが出来ます。白ロムスマホと呼ばれている端末のことですね。
白ロムの販売店はいろいろとあるのでこちらのページをご参考下さい。
安心取引の中古スマホ(白ロム)の販売ショップ一覧

まとめると

iPhoneシリーズの採用や、Xperia XZ3での採用などを考えても、有機ELはこれからも対応端末が増えると思います。明確なメリット・デメリットがあるので、自身の使い用途に合いそうなら、ぜひ次は有機ELディスプレイ搭載スマホを選んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。